肝臓病と共に生きる人たちを応援します

肝炎友の会との関わりで成長した肝臓専門医のブログです。2007.9.4より新規開始しました。

どんどんしてください肝炎肝がんについての相談 再掲載 2016.6.25コメント追記 メールアドレス記載の仕方

2016年06月25日 | 療養相談 肝臓など
現在、私の方も相談にのれます。返事が遅くなることがありますこと、お許しください。メッセージやコメント欄を使用して、相談していただければと思います。
個別の相談の形の方が望ましい場合も多いので、可能ならメールアドレスを一緒にご記入ください。一般的な内容で返事のできるものはコメント欄で回答しますが、個人情報が入っている形では公開しませんのでご安心ください。
気になることがあったら、気軽に相談してください。心配している方が免疫力下げちゃいますから。全国から来院される方もいますので、受診の形も大丈夫ですよー。

メルアドを記載していただければと思います。電話での対応は時間的に難しいのでできるだけ、メールで対応していきたいと思います。
利用者の環境によってメールアドレスがはじかれることがあるので、メールアドレスのアットマーク@のところをアットマークとかってカタカナでいれて送ってくれると入力し直してお返事しますので、遠慮なく相談ください。いまのところはお返事できる件数なので、お答えできると思います。2014.7.31更新2014.8.2追記 2016.6.25コメント追記
インターネットで結ぶ肝臓患者と支援者の会に入会して相談のパターンも使えます。

また、公開すると同じような悩みの方の解決にもなるので、公開してもよろしい場合は、その旨記載していただけると有り難いです。

あとgooのブログのコメント欄にうまくかけない方もいるようで、インターネットで結ぶ肝臓患者と支援者の会に入会して相談内容を入力することでも私の方へつながりますので、入会していただければと思います。会費は取っていないので、是非ご入会ください。
http://web1.nazca.co.jp/hkkawa/
こちらをクリックすることでもつながります。

コメント欄での記載がうまくいかない場合もあるとのことで、肝がん検診団の電話でも相談を受け付けることにしました。
011-350-1008 受付時間 午前9時~午後5時 不在のことも多いので留守番電話対応(月土日祝日休み)としています。平日の日中に連絡の取れる電話番号とお名前を録音下さい、後ほど事務局の方から、折り返しお電話いたします。
メールよりは、お時間いただきますが、休み以外で二日以上かかる場合は、聞き取れなかった可能性が有りますので再度録音いただければ幸いです。

ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント (209)
この記事をはてなブックマークに追加

ハーボニーC型肝炎1型 71例開始65例陰性46例終了1例中止6例SVR24確認 6月24日更新

2016年06月24日 | C型肝炎ウイルスの治療
 
 
ソバルディと同じく、28日ボトル処方となるのは間違いないです。でも、2週に1回のチェックが必要です。
副作用がほとんど無いと言われていますが、ゼロではないので、しっかりと診察を受ける予定で準備しましょう。2015年9月1日10時作成 9月9日更新

1錠が8万171円、12週間なので84錠飲むことになります。トータル673万4364円、3割負担で202万、月60万超えは必要って、やっぱりすごい値段です。。。助成制度が来るまでは高額療養費でしのいでいくのがいいと思われます。
9月14日追記 7例目のかた 朝方頭痛 関節痛が楽になってきた、時々かゆみでる
9月16日追記 10例目の方 9月12日食欲不振でた、夏ばて後なのでそのせいかと思うが、その後はすぐ消失と
       9例目の方 吐き気とだるみがでる、耳鳴りも出てきている。暑くなったり寒くなったり。
          IFNから比べればかなり楽。薬の副作用が出やすいひとなのでこのくらいで済んでいるのはいい方
       4例目の方 夜は疲れて休みたいって感じになると。
       2例目の方 IFNの時から続いているが夏ばてのような症状が続いている、薬のせいではなさそう。
     やはりソバルディと同じように倦怠感などはでやすいと思った方がいいようですね。高齢の方は要注意です。
9月19日追記 19例目開始
9月25日追記 12例目の方 足のむくみは出るが体重は増えていない 頭痛は前から変わらずで
9月25日追記 11例目の方 ふわふわ感が出てきてあまり調子よくない
       10日から飲み始めて、8時のんで11時にすごいだるみがでて1時間くらいでおさまり
       1週くらいででなくなってきた。
       IFNのときの倦怠感とは明らかに違ってすっきりいしてるけど、具合悪い感じだったと
       食欲も落ちているが、IFNほどではないので、治療中にお出かけできてるのはとても嬉しいと
       2週目からふわふわした感じと立ちくらみが有り気を付けている。
       具合悪いときはワイパックスとレンドルミンでしのげている寝れているとのこと。
       副作用が出やすかったひとには要注意であることは間違いなさそう。
9月29日追記 2例目 9月16日採血2週後RNA陰性化確認
 飲み始め30分で熱っぽくなる夕にはおさまる ドライアイ、寝汗がある。IFN中と似てる感じと
10月1日2日追記追記 陰性化確認増加
10月5日   7例目の方 関節痛がなくなってとても楽と だるみの無くなった方も増えています
10月10日追記 3例陰性化9例陰性となる
10月17日追記 2週目採血の方ウイルス2台でした 陰性化した方が2例増えて、11例となりました
10月19日追記 7例目陰性化 これで12例
10月23日追記 17例陰性化
10月28日追記 18例陰性化
11月2日追記  19例陰性化 25例目開始
11月4日追記 20例陰性化 26例目開始
11月13日追記 22例陰性化
12月2日追記 14例目の方 11月18日ふらつき強いため1日おきへ変更 12月16日まで投与となる ふらつきはこれによりよくなっている
       23例陰性化
12月9日追記 27例目開始 24例陰性化
12月15日追記 28例目開始
12月16日追記 29例目開始
1月4日追記 30,31,32例目開始
1月6日追記 33,34,35例目開始
1月18日追記 22例目の陰性かを確認25例陰性
1月27日追記 38,39例目開始 29例目陰性化 26例陰性
1月30日追記 33例目陰性化 27例陰性
2月1日追記 31例目陰性化 28例陰性
2月8日追記 数え間違い有り33例陰性化でした
2月11日追記 41例になる
2月19日追記 40例目の方 2月18日夜間転倒 眠剤の内服の影響もあるが要注意にて眠剤止めて様子見ている
3月4日追記 40例目の方、ハーボニー中止として、ヴィキラックスを3月1日より開始
3月7日追記 42例目開始登録
3月10日追記 44例まで追記 36例陰性化
3月15日追記 45例開始
3月23日追記 46例開始 41例陰性化
4月6日追記 48例開始 43例陰性
4月14日追記 56例になっていました
4月21日追記 45例陰性 38例が終了
4月26日追記 30例目の方 3ヶ月目でふらつき 42例目の方めまい有り様子見 45例目の方皮疹でプレドニン使用
4月27日追記 48例目の方 めまいから耳鳴に変わり耳鳴のあとふらつく感じ有りとかゆみも有り
5月6日追記 63例開始 48例陰性化
5月11日追記 65例開始
5月23日追記 2例陰性化追加
6月15日追記 SVR24に6例確認 65例陰性化確認

記号の意味 ◎治療中の陰性化 ☆注意を要した場合 △陽性化 ○SVR24達成
武蔵野の研究班 メモになっています。武蔵野日赤の先生方が中心となってダクルインザ・スンベプラ併用療法で効果のなかった患者さんの耐性ウイルスの分析をしている国の研究班に血液を提供しているという意味でした。

2015年9月1日開始
◎○1例目 64才女性 1b 高ウイルス量 D168A弱陽性、D168V陽性、Y93H弱陽性なのでダクルとスンベはせず
ペグイントロン80 レベ200 うつ状態が出た方なので、とにかく副作用のない形でできるかを追求
シメプレビル再燃 少しでも早く陰性化させたいという思いで。でも苦しいなら次回の薬を待っても同様なので無理しない方向でとバニプレつかうも、再度、倦怠感皮膚症状でてすぐにやめた2015.5.13開始で3日間で中止。
頭痛と胸苦が最初でたがその後問題なし、心電図、心臓エコーでも軽度異常のみ。
9月9日追記 ちょっと足にかゆみが出ている。前にも出てたこと有り。
9月16日追記 1週目でRNA1.6
10月1日追記 2週目でRNA検出せず


◎○2例目 65才男性 1b 高ウイルス量 インターフェロン3回するも再燃、2015.3.6より少量で少しでもALT改善させたいと月2でペガシス45単独を開始、ハーボニーのため8月終了として9月開始
9月16日追記 IFNの時から続いているが夏ばてのような症状が続いている、薬のせいではなさそう。
9月29日追記 9月16日採血2週後RNA陰性化確認
 飲み始め30分で熱っぽくなる夕にはおさまる ドライアイ、寝汗がある。IFN中と似てる感じと


9月2日開始 11月24日まで
◎○3例目 70才男性 1b 高ウイルス量 B型でIFNの経験あり、自殺の寸前まで行ったと。なのでその後はIFNはしていない。
9月29日追記 2週目RNA1.2未満検出有り
10月23日追記 10月14日採血6週目RNA陰性化


◎○4例目 55才女性 1a 高ウイルス量 2013.4.3ペグレベ開始 2014.2.19陰性化して終了するも再燃 以後はせず
9月16日追記 夜は疲れて休みたいって感じになると。
9月30日追記 9月16日2週目RNA陰性化


9月4日開始 11月26日まで
◎○5例目 51才女性 1b 高ウイルス量 ぺぐ100 レベなし 無効例24週予定 シメプレ(ペガコペ少量)16週目で再上昇
2015年 1月14日水バニヘップ開始時6.7 1月28日2週目4.9 2月25日6週目3.6
ウイルス量減らず、倦怠感も強くなってきたため5月後半中止 次に備えて今回のハーボニー
10月2日追記 2週目1.2未満検出有り
10月23日追記 10月14日採血6週目RNA陰性化


◎○6例目 88才女性 1b 低ウイルス量 4.8 高齢、本人と家族の希望にて 初回治療
10月2日追記 9月18日2週目陰性化


9月7日開始 11月29日まで 新発寒
◎7例目 63才女性 1b 高ウイルス量 そぶり(2014.5.12から開始)でペガシス30の少量だったが副作用強く4ヶ月で中断後、再燃 ペガシスの少量長期なども行ってきた方 高額療養費で
9月14日追記 朝方頭痛 関節痛が楽になってきた、時々かゆみでる
10月5日追記 1週目RNA2.3 関節痛なくなったのは本当に楽だと
10月19日追記 4週目RNA陰性化 5週目から目のちかちかする感じのどのいがいが感もあり粘膜の症状と思われます


◎8例目 48歳女性 1b 抗ウイルス 副作用が心配でペガシス60少量長期月一回でようすみて来た。2015.8月でやめて今回ハーボニー。
10月5日報告 関節の腫れが少しあった。
10月23日追記 10月5日採血4週目RNA陰性化


9月9日開始 12月1日まで
◎9例目 女性 L31、Y93は野生型、1b高ウイルス量 肝がん治療中だったのでダクルスンベ内服できず、
9月16日追記 吐き気とだるみがでる、耳鳴りも出てきている。暑くなったり寒くなったり。
      IFNから比べればかなり楽。薬の副作用が出やすいひとなのでこのくらいで済んでいるのはいい方
9月24日追記 1週後ウイルス量1.2未満検出あり
10月17日追記 10月7日4週目RNA陰性化


◎10例目 女性 高額で D168A、D168E陽性 D168T、D168v弱陽性、L31M弱陽性 インターフェロン勧められるもしないで来た方、ウルソでふらふらするデータは改善するので体調見ながら服用していた。ハーボニー開始にてウルソは止めることとした。
9月16日追記 9月12日食欲不振でた、夏ばて後なのでそのせいかと思うが、その後はすぐ消失と
9月29日追記 9月16日1週目1.2未満検出有り
10月17日追記 10月7日4週目RNA陰性化


◎11例目 68才女性 1b 高ウイルス量 5.1
ペガコペ少量で陰性化するも再燃、少量長期などもチャレンジしていた方
シメプレとペガコペ少量で陰性化するも 終了後16週目で陽性化
12月3日水 バニヘップ試みるも 陰性化ならず中止 1月21日追記 6週目RNA4.0 2月14日追記 8週目RNA2.7
今回のハーボニー待ちとした
9月25日追記 11例目の方 ふわふわ感が出てきてあまり調子よくない
       10日から飲み始めて、8時のんで11時にすごいだるみがでて1時間くらいでおさまり
       1週くらいででなくなってきた。
       IFNのときの倦怠感とは明らかに違ってすっきりいしてるけど、具合悪い感じだったと
       食欲も落ちているが、IFNほどではないので、治療中にお出かけできてるのはとても嬉しいと
       2週目からふわふわした感じと立ちくらみが有り気を付けている。
       具合悪いときはワイパックスとレンドルミンでしのげている寝れているとのこと。
       副作用が出やすかったひとには要注意であることは間違いなさそう。
10月2日追記 9月25日採血約2週目陰性化


◎12例目 54才女性 1bhigh ALT150前後有り待てない
ペグリバも長期に行い無効、シメプレも無効例 1月21日水バニヘップするも消えずバニヘップ開始時5.8 2月4日採血2週目RNA4.5
IFNの最大量の治療をリバビリンは頭痛がひどく増やせずの方
9月25日追記 足のむくみは出るが体重は増えていない 頭痛は前から変わらずで
10月10日追記 10月3日3週目採血RNA検出せず


◎13例目 66才女性 1b 高ウイルス量 1993年にIFNしてうつ状態辛くて中止、その後IFN治療せずできた方 Y93、L31はいない
10月2日追記 9月25日採血2週目1.2未満検出有り
10月10日追記 10月3日3週目採血RNA検出せず
11月4日追記 くも状血管腫が出てたのがでなくなった、ヘルペス出やすかったのが出なくなった、
       少し喘息気味畑仕事したせいかな
       治療前にあった鉛をしょったような体のおもだるさもすっかりとれている


◎14例目 71才女性 1b 高ウイルス量 高額療養 ペガシス18の月一少量長期するも倦怠感あり
 耐性ウイルスはいないこと確認 ハーボニー待ちとした
10月2日追記 9月25日採血2週目1.2未満検出有り
10月23日追記 10月7日採血4週目RNA陰性化
11月4日追記 眠気ふらつき、夜間は不眠がある
12月2日追記 11月18日ふらつき強いため1日おきへ変更 12月16日まで ふらつきよくなっている


◎15例目 74才女性 1b 高ウイルス量 ペガシス少量長期などでしのいできた 肝がん再発繰り返してきた方
10月2日追記 9月25日採血2週目1.2未満検出有り
10月7日追記 Y93 変異有り L31なし
10月23日追記 10月7日採血4週目RNA陰性化


9月14日開始 12月6日まで
◎16例目 83才 男性 1b 高ウイルス量 ペガシス9で月一長期でがんばってきた、普通量では全身の痛みでて続けられず
10月5日 9月28日2週後RNA陰性化 だるさも今はほとんど無い


9月16日 12月8日
◎17例目 68才女性1b高ウイルス量 
59歳にIFNにて食欲低下脱毛有り、その後せず、少量ならできるかもと2015.1.9 少量ペガシスでソブリアードするも憩室炎悪化にて6週で中止、ウイルスも2.8までしか下がらず、夫脳梗塞後で過敏性腸症候群、腹痛繰り返し、安定剤も服用中であるが、早く治した方がいいため。D168E陽性、Y93、L31は陰性 ソブリ前に測定
9月30日追記 飲み始めて頭痛が朝あるけど、体はすっきりして、前の治療より遥かに楽
10月23日追記 9月30日2週目RNA1.8
11月4日追記 10月28日採血6週目陰性化確認


◎18例目 69才女性 1b 高ウイルス量
ペガシス90でふらつき有り、中止、ペガシス9を時々やるかたちだった。
9月30日追記 血圧上がってふらふらして具合悪かった、その後少し落ち着く
10月23日追記 10月14日採血4週目RNA陰性化


9月18日 12月10日
◎19例目 58才女性 1a ぺぐ602週1回れべ200毎日で 副作用無いかたちで無効例 シメプレ(ペガ月1コペ200) 16週で再燃
2015年1月16日バニプレ開始時5.3 2週5.14週4.9 なので、中止して ハーボニー待ちとしてた。 1Aだったので効きが悪かったのもありそう。
10月10日追記 10月2日採血2週目RNA検出せず


9月25日 12月17日
◎20例目 69才女性 1b 高ウイルス ペガシス少量でも胃の調子悪くなる、このため副作用が心配で肝硬変になってもIFNをしないで来た方、副作用が少ないこと発癌の可能性が高いことを説明繰り返しやっと治療する気持になった。
10月17日追記 10月6日2週目RNA2.4
11月13日追記 6週目11月6日採血 陰性化確認


◎21例目 55才女性 1b 高ウイルス IFNは使いたくない。耐性ウイルスではY93あり野生80%変異20% L31は耐性無し、155判定不能にてハーボニー待ちとした
10月17日追記 10月6日2週目RNA2.2
11月13日追記 6週目11月6日採血 陰性化確認


9月28日新発寒 12月20日終了
◎22例目 80歳 女性 1b高ウイルス量
ペガシス45での少量長期月2回するも皮膚症状強くなり中止 一度陰性化したが再燃 耐性チェックでD168EとY93Hが弱陽性だった 肝がんのハイリスクで有り治療を急ぐことが必要と考えたがダクルとスンベの手続き忘れあり ハーボニー待ちとなった
10月26日追記 インターフェロン後あったかゆみがなくなっている、朝飲むとむかむかするのが続いている、大きいのが飲みづらい、便秘気味はアローゼンでしのいでる。近医で採血してもらって月2回チェックしている。
1月18日追記 12月14日11週目陰性化 8週目とっていない。。。爪が白癬疑い1カ月前からと検査中


10月5日新発寒 12月27日終了
◎23例目 56才女性 1b高ウイルス量 ペグイントロン502週1回 レベ200週1回 腎臓の副作用が出ないように減らして併用へ
 バニヘップは結局2014年6月22日開始 9月13日で12週 12月6日まで 8月24日中止 ウイルスは陰性化してるので再燃するかチェックへ。
ウイルス 3.4から4週で1.2未満検出あり ペグリバでここまで減ったのは初めて
6月22日バニヘップはじめて、胃部不快感で夜中に目が冷める 4から2T 2×朝夕食後に2週後7月6日より減量
7月13日血小板3.4万 3万切ったらIFN休薬へ髪の毛は抜けてきてる
8月24日追記 ウイルスは消えているが、白斑が広がっている、痒くなったあとにぬけている感じ。皮膚の症状悪化するようなので中止として再燃するなら、ハーボニー待ちへ8月24日中止とした
10月5日ついき9月7日1.2未満検出有り再燃となり 10月5日より開始となる
11月2日追記 10月19日2週後で陰性化

10月7日開始 12月29終了
◎24例目 76才女性 1b高ウイルス量 肝硬変症(C型)
10月28日追記 10月21日2週目RNA陰性化
12月2日追記 外来で吐いた 検査のため絶食時間を長く取り過ぎたためだったよう


11月2日開始 1月24日終了
◎25例目 66才 女性 1B高ウイルス量 Y93H陽性のためダクルとスンベせず ペグリバでうつ症状でて大変だった方、今回ハーボニー待ちで、地方から札幌へ来て治療
12月5日追記 11月16日採血2週後RNA1.2未満検出有り
12月9日追記 12月3日採血4週目陰性化


11月4日開始 1月26日終了
◎26例目 51才女性 1B高ウイルス量 ペグリバで副作用辛く、待っていた方。
12月2日 11月18日2週目 陰性化確認 2週間で2kふとったと。


12月9日 処方開始12月10日から内服 3月2日終了
◎27例目 71才男性 ゲノタイプ1b高ウイルス ソブリアード再燃 その後肝がんS5 15mm 2015年10月RFA施行後治癒
今回地元月一こちらで月一でフォローとする
12月22日追記 12月10日排尿時の違和感 12月12日おさまった データは正常化 ALT 13となる
1月4日追記 12月22日2週目RNA1.6
1月6日追記 かゆみおなかとやわらかいところ塗り薬塗っておさまる リンデロン出す
1月18日追記 1月6日4週目陰性化


12月16日 処方開始 3月9日終了
◎29例目 65才女性 1b 高ウイルス量 耐性はQ80L弱陽性 R155K弱陽性 Y93弱陽性 v36判定不能2014.11.19
2010.6.2HCVRNA6.0LogIU/ml
初診時ALT25 経過中32まで上昇あり、脾摘後で血小板33万ある
2016.1.27追記 12月25日10日目1.2未満プラス、1月13日採血にて4週目陰性化確認


1月4日 新 処方開始 3月28日終了
◎28例目 助成が来たので12月14日回予定としたが手続き煩雑なため予定通り1月からとした
 57才女性 1b高ウイルス量 ソブリやった方ペガシス30月1回 コペガスのまず そぶり毎日 そぶり4月20日で終了 3月17日追記 4週後陰性化
7月6日 6月も陰性化持続、ペガシスだけでもウイルス出てきていない。
10月5日追記 9月7日採血にて陽性 2.7 ハーボニー待ちへ10月助成だして12月には来た
12月14日 受診にて開始 11月9日採血ALT224まで上昇
2月1日追記1月18日2週目採血RNA1.2未満検出有り 節々のだるさIFNほどではないけどある感じ
2月8日追記2月1日採血4週目陰性化 かゆみがあり軟膏処方


◎30例目 55才女性 1b 高ウイルス量7.4 
初診時ALT26 その後 118で上昇有り 過去の治療歴無し
2月1日追記1月18日2週目採血RNA1.6
2月8日追記2月1日採血4週目陰性化 頭痛や湿疹少しあったが気にならない程度いまはない
2016.4.25追記 3月中頃から1日1回ふわっとめまいする、妊娠中になった症状と似てるとのこと。薬飲むほどではないとのことで様子みることとした


◎31例目 66才女性 1b高ウイルス量 6.1
初診ALT59 経過中ソブリアード開始し10台で経過 ソブリ2014年3月から8月終了 2014.12.1RNA1.2陽性再燃にて、データも落ち着いていたのでハーボニー待ちとした 2015.10月申請して12月にきた、1月から開始
2月1日追記1月18日2週目採血RNA1.2未満検出せず 1日3回突っ張ってたのがなくなって、体もとても軽くなって20代のときにも感じたことない体調の良さですと、なめ茸納豆もおいしくてすごいよかったですと。


◎32例目 67才女性 1b高ウイルス量
初診時ALT40 経過中85まで上昇 ソブリペガコペ少量2014.5月から10月 陰性化するも10週目で1.2陽性で再燃、耐性あり(耐性D168A弱陽性、D168v陽性、Q80陰性、Y93H弱陽性)ダクルスンベはせず、バニヘップ検討するもせずに、ハーボニーへ
2月1日追記1月18日2週目採血RNA1.2未満検出有り
2月8日追記2月8日4週目陰性化 食欲でてたのがおさまった


1月5日開始 3月28日終了
◎39例目(登録あとからになったため) 72才女性 1b高ウイルス量 フェロン単独 無効 副作用出せないためそれ以上はせず HCV薬剤耐性 D168やL31、Y93BMLのインベーダー法で薬剤耐性ウイルス無し
1月27日追記 1月18日採血 2週目RNA2.0
3月10日追記 2月24日7週目陰性化


2016年1月6日処方 3月30日終了
◎33例目 41才女性 1b 高ウイルス量初診時6.4 L31Y93変異無し 副作用少ない薬まっていた
1月20日追記 くびのまわりに痒み発疹ははっきりしない、リンデロン軟膏処方。
1月30日追記 2週目RNA陰性化

◎34例目 75才女性 1b 高ウイルス量 2014.4。9から9.24ソブリペガシス普通コペ減量 終了後12週RNA3.8と再燃
耐性D168弱陽性 D168v陽性 Q80L31Y93はなし 耐性いるのでハーボニーへ
1月30日追記 2週目RNA1.2未満検出あり
3月10日追記 2月17日 6週目陰性化


◎35例目 77才女性 1b高ウイルス量2015.10.30RNA6.4 薬剤耐性INV法 Y93H陽性
1992年慢性肝炎(C型)指摘、2001年IFN施行し、AIH様変化起こり中止。2006.7.5からペガシス45μgを月1回ペースで施行、トランスアミナーゼ正常化するも倦怠感強いため9.27で終了。
遠方でもあることから、その後はハーボニー待ち、地元ではこのままでいいのではと言われたりもしたと。。。
2月3日追記 1月21日2週目1.2未満検出有り ふたの開け方慣れるの大変だった。ふらつきは少しあった。
3月15日追記 2月3日4週目陰性化


2016年1月18日処方 1月19日から開始4月12日まで 新発寒
◎36例目 70才女性 1b 高ウイルス量
インターフェロン拒否の患者さん 耐性ウイルスL31とY93なし
2月8日追記 1月30日11日目 HCVRNA1.4
3月14日追記 2月29日6週目HCVRNA陰性化 かゆみは有るがいつもの乾燥肌の時期なのでと


◎37例目 70才女性 1b 高ウイルス量
2015.11.20 HCVRNA 6.3LogIU/ml
1994年他医にてC型肝炎指摘され、1997年12月から6月IFNするもウイルス減らず。
2月8日追記 1月30日11日目 HCVRNA1.8 症状全くないと 食事がおいしくなってきているので気を付けていると
3月14日追記 2月29日HCVRNA陰性化 症状なし


2016年1月27日処方 28日から内服 4月20日終了
◎38例目 58歳男性 1b高ウイルス量 出張多く、IFNせずできてたかたL31、Y93の耐性無し
初診時 RNA 1400K 1b型 AST53 経過中80まで上昇したこと有り AFPも10を超えるようになってきた
2015.12.18 HCVRNA5.2
3月9日追記 2月24日4週目でウイルス陰性化


2016年2月10日処方 2月13日から内服5月6日終了
☆△40例目 89歳女性 1b 高ウイルス量 L31Y93野生型
初診時2015.12.2RNA 5.7 ALT29 33となることもあり 倦怠感強く治療希望あり
血小板数13万と低下傾向あり
エコー,CT3月予定 他医ではHCCなし
2月19日追記 2月18日夜間転倒 眠剤の内服の影響もあるが要注意にて眠剤止めて様子見ている
3月4日追記 眠剤の中止では症状改善せず、ハーボニー中止し改善、再開するにはリスクがあることから中止として、拠点病院と相談し、ヴィキラックスに変更し3月1日より再治療とした。
3月10日追記 2月26日2週目 1.2未満検出有りになっていた


2016年2月3日処方 2月3日から内服4月27日終了 2016.3.7登録になっている
◎42例目 68歳男性 1b 高ウイルス量 仕事休めないためインターフェロンせず
初診時2015.11.11 ALT47 50を超える経過もあり
3月7日追記治療後2週目で 2016.2.17HCVRNA <1.2LogIU/ml検出有り
3月15日追記 3月2日採血 4週目陰性化</font>

2016年2月10日処方 2月11日から開始5月4日終了
◎41例目 67歳女性 1b 高ウイルス量
ペグイントロン80 レベ400レベだけ減らしてる そぶりで再燃待てないのでかゆみまだ残っているがしたいと そぶり後の耐性
168a弱陽性 168v陽性 Y93弱陽性 ブリストルのを取ってみると野生型だった
2015年12月9日追記 11月11日終了後3ヶ月目1.2未満検出有り ソブリ、バニプレ再燃でハーボニー待ちだった
2016.3.10追記 2.242週後採血1.2未満検出有り
2016.3.23追記 3.94週後陰性化


2016年3月9日処方 3月10日から内服6月1日終了
◎43例目 77歳女性 1b 高ウイルス量 6.8LogIU/ml 副作用心配とIFNしないで来た方
2016.4.1追記 3.23 2週目RNA1,2未満検出有り
2016.4.20追記 4.6 4週目ウイルス陰性化


◎44例目 79歳男性 1b 低ウイルス量 4.5LogIU/ml 治療歴なし
2016.4.1追記 3.23 2週目RNA陰性化


2016年3月14日処方 3月15日から内服6月7日終了
◎45例目 女性 1b高ウイルス量 シメプレ再燃 無効として パニプレ再燃
助成が来るのがちょっと遅れて2月ではなくて3月開始となる。
2016.3.28追記 かゆみ有るが湿疹はない 結構痒い、アレルギーの薬は飲んでいる状態での話 様子みる
2016.4.11追記 3.282週目採血でRNA陰性化確認
2016.4.25追記 4.18ころよりくびの湿疹かゆみ強くなっている アレグラは飲んでいたが、プレドニン5mg追加としてみる

2016年3月23日処方 24日から内服 6月15日終了
◎46例目 79才女性 1b高ウイルス量 前医にて肝生検 2007.10.18CH(F1/A) 少量ペガシスするも中断
2016.4.20追記 4月13日採血3週目で陰性化確認


2016年4月5日終了 他医にて終了
◎47例目 74歳女性 1b 高ウイルス量ウイスルは消えているとのこと
ペガコペ少量するも貧血にて4回中止、少量で3年、ハーボニーに向けて終了とした方


2016.4.6処方 7日から内服 6月29日終了
◎48例目 1B 高ウイルス量 70歳女性 ダクルとスンベの再燃例
ダクルスンベ前は 耐性ウイルス Y93とL31なし Q80LとT54ありそぶりが聞かない理由が分かった。効果あるパターンで有ったことからダクルとスンベにて 陰性化するも再燃 ハーボニーへ
2016.3.2採血 LSIの採血でL31、Y93、Q54耐性ウイルスは全てあり 武蔵野の研究班に追加で提出
2016.4.22追記 19日めまい回転性有り、その時だけでおさまる。少し前額部に皮疹でてるがかゆみなし様子見とする。
2016.4.27追記 めまいは落ち着いてきたが、耳鳴りがあってそのあとにめまいが出てくるようになった、かゆみは体の中で移動して言ってる感じ、眠剤を飲んでいる人なのでふらつきが夜に来ないように薬を調整、アレルギーの薬めまいの薬を追加して何とかしのげるようにしてもらう。
2016.5.6追記 4月22日 1.2未満検出あり
2016.6.1追記 5月18日採血にて6週目陰性か かゆみなくなり、めまいも薬で落ち着いた耳鳴りがまだでるときがある


2016年4月8日処方 4月9日から7月1日まで
49例目 82歳女性 1B高ウイルス量
2009年IFNするも1回うって中止 狭心症予備軍と言われている
2016.5.6追記 4月22日 1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月3日 8週目RNA1.2未満検出あり

◎50例目 37歳女性 1b高ウイルス量 仕事休めないのでIFNせず未治療で来た方
2016.5.6 4月22日 2週後RNA陰性化


◎57例目 69歳女性 1b高ウイルス量 新規治療
2016.4.20追記 4日目で嘔吐頭痛あり、サプリ飲んだらなんとか落ち着いて、その後は大丈夫。ただハーボニー内服で四時間くらいすると頭重感倦怠感がで
てくるのでサプリでしのいでいるとのこと、ロキソニンも処方してみて様子みる。
2016.4.27追記 2週目で陰性化確認


2016年4月8日処方 4月9日から7月1日まで 2016.4.14追加登録
◎55例目 80歳女性 1b高ウイルス量 初回治療
2016.5.6 4月22日 1週後ウイルス量 1.3
2016年5月24日 5.6採血4週目で陰性化


◎56例目 72歳女性 1b高ウイルス量 ペグリバで間質性肺炎後
2016.6.16追記 5月25日6週目RNA1.2未満検出せず


2016年 4月12日内服開始の形で 7月4日まで 他医にて
◎51例目 56歳男性 1b高ウイルス量 ダクルスンベ治療後に再燃
Y91L33ないので168弱陽性なので大丈夫として開始したが再燃 シメプレ無効
武蔵野に検体提出
2016.5.14追記 4.25 2週目でRNA陰性化確認
研究班泉班耐性 L31、Y94 Q54、Q62、NS3はQ80、D168に変異有り


2016年 4月11日処方 4月12日内服開始の形で 7月4日まで
◎52例目 68歳女性 1b 高ウイルス量 ソブリの再燃
2016.5.9追記 4.25 2週後RNA陰性化確認


2016年4月13日処方 4月14日開始 7月6日終了
◎53例目 ダクルスンベ再燃 Y93陽性ダクルスンベ再燃 武蔵野提出 残薬有り1
2016.4.27追記 1週間目で倦怠感増強、ネオフォーゲンで楽になるとのことで、抗炎症剤をついかしてみる。ネオファーゲンは止めてみる。
2016.5.23追記 5.11 4週目 RNA1.2未満検出なし陰性化


◎54例目 80才女性 1b 高ウイルス量 肝がん治療後 初回治療
2016.5.6追記 4.27 2週目 RNA1.2未満検出有り
2016.5.23追記 5.11 4週目 RNA1.2未満検出なし陰性化


◎62例目 68歳男性 1b 高ウイルス量
2016.5.6追記 4.26 2週目 RNA1.9
2016.5.23追記 5.11 4週目 RNA1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月8日8週目RNA1.2未満検出せず


2016年1月17日から3月23日内服 他医にて導入終了
◎58例目 70歳女性 1b 高ウイルス量 ペガシスコペガス少量長期するも陰性化ならず、
3週目 1.2未満検出
7週目陰性化 副作用ほとんどなし、ペグリバの頃からみれば夢のようと


2016年4月27から内服開始 7月19日終了
◎59例目 1b高ウイルス量 じんましん心配、
処方開始するも 飲むのは3ヶ月後とした。アレルギー疹有り心配とのこととで。
2016.5.23追記 5.11 2週目 RNA1.2未満検出なし陰性化


2016年5月6日処方 5月7日開始 7月29日終了
◎60例目 76歳女性 1b 高ウイルス量 ダクルとスンベ再燃例
今回の耐性分析は、L31、Y93 Q54 全て変異有り 武蔵野班へも提出
2016.6.16追記 6月3日4週目RNA1.2未満検出せず

◎61例目 81歳女性 高齢まてず ダクルスンベ治療中再燃例 武蔵野研究班提出 残薬有り2
2016.6.16追記 6月3日4週目RNA1.2未満検出せず


◎63例目 58歳女性 1b 高ウイルス量 肝硬変 腹水むくみ強くサムスカ使用にて軽減
ダクルスンベの再燃例 武蔵野研究班 採血提出
2016.5.25追記 10日目でRNA1.2未満検出有り
2016.6.16追記 6月3日4週目RNA1.2未満検出せず


2016年5月11日処方 5月12日から8月3日まで
◎64例目 53歳女性 肝癌治療後 ダクルスンベ前 耐性調べ31なしy93弱陽性 168陽性 待てないので開始
ダクルインザ・スンベプラ併用療法にて再燃 残薬有り3
武蔵野の採血提出
2016.6.5追記 5.20 9日目RNA1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月8日4週目RNA1.2未満検出せず


◎65例目 57歳男性 1b 高ウイルス量 IFN単独二回治療するも再燃
2016.6.5追記 5.20 9日目RNA1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月8日4週目RNA1.2未満検出せず


◎69例目 77歳男性 1b高ウイルス量 IFN歴あり ダクルスンベで再燃(治療前Y93なし 168、80ありだった) 武蔵野班提出
2016.6.5追記 5.20 9日目RNA1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月8日4週目RNA1.2未満検出せず


2016年5月13日処方 5月14日から8月5日まで
66例目 70歳男性 1b高ウイルス量
ダクルスンベ無効 残薬有り4(ダクルスンベ前 肝がん治療後待てず、耐性チェックにてQ80陽性 D168陽性 93,31陰性)
武蔵野班提出
2016.5.24追記 かゆみ強くなったので ザイザル処方 ビリルビン軽度上昇
2016.6.1追記 5月24日 10日目でRNA2.6まで低下 かゆみ飲み薬でたまに飲む程度 ビリルビン1.2と正常化
2016.6.18追記 6.10 4週目 RNA、1.2未満検出あり

◎67例目 75才女性 (ダクルスンベ前データ 血小板は14万 Y93とL31なし Q80Rありそぶりが効かない理由が分かった。168E弱陽性)ダクルスンベ再燃 武蔵野採血提出
2016.6.11追記 2週目5月中で陰性化


2016年5月18日処方 5月19日から8月10日終了
68例目 44歳男性 1b 高ウイルス量
2016.4.22初診 HCVRNA6.9 ALT 54
初診時 エコー,CTでは肝がんなし
インターフェロン単独療法で効果なし 不詳 助成なしで 身障で無料で開始

2016年6月13日処方 14日から9月5日終了
70例目 84歳女性 1b 高ウイルス量 助成4月からで来てたが、本人わからず6月に変更して開始となる
ペガシス少量するも倦怠感強く中止

2016年6月21日開始 9月13日終了
71例目 39才男性 1b高ウイルス量 血小板低下 待てないとダクルスンベするも治療中に再燃 残薬有り5
武蔵野班提出
コメント (104)
この記事をはてなブックマークに追加

元気の出る肝臓医療講演 in 音威子府、枝幸 医療講演大成功!!

2016年06月22日 | 医療講演や歌の集いの動画
元気の出る肝臓医療講演 in 音威子府、枝幸 医療講演大成功
 160621元気の出る肝臓医療講演in音威子府

 
 160620元気の出る肝臓医療講演in枝幸

 地元の保健福祉部の方々が、住民への呼びかけや回覧などをしてくれて集めてくれました。ありがとうございます。職員や保健師さんも参加してくれて、多くの方に肝臓の最新治療や状況を知っていただくことができたこと、本当にありがたいです。

肝臓を元気にするために!?
B型・C型ウイルス性肝炎は副作用少なく飲み薬で治る時代へ
治った後は脂肪肝対策と肝がんチェックが重要です

体を作る食事の大切さ、ボケ防止、がんの予防のヒントになれば。
肝臓専門医が自分の体験とともに語ります。
原始人食ダイエットやアーシング、野菜スープなどすぐ役立つ話が盛りだくさんです。

無料療養相談 無料DVD有り 過去の講演会のDVD(希望者先着順)
アーシング無料体験コーナー有り
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気の出る医療講演会 in 上川音威子府 15名参加
2016年6月20日(月) 午後2時から1時間
場所 音威子府 保健福祉センター
住所 北海道中川郡音威子府村字音威子府509-88

問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
共催 肝炎友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会 音威子府村
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気の出る医療講演会 in 宗谷枝幸 20名参加
2016年6月20日(月) 午後6時から1時間
場所 枝幸町保健福祉センター 
住所 北海道枝幸郡枝幸町北栄町1474-1

問い合わせ(参加無料申し込み不要です)
枝幸町役場保健福祉課保健予防グループ 電話 0163-62-4658

共催 宗谷肝友会 肝がん検診団 枝幸町
後援 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

元気の出る医療講演!!2016年7月8日清田 8月8日小樽 8月27日北見相内 9月19日北斗市決定!

2016年06月22日 | 医療講演
 
 
 
 
 
 
 
ウイルス肝炎患者支援全国キャンペーンってことで道内中心の企画を今後の予定(出来るんでないかなあを含め)を並べてみました。各地区の患者会には本当に相談にのってもらって助けてもらっています。この場を借りてお礼申し上げます。
必ず、肝炎対策基本法の内容充実を実現させましょ-。絶対出来る。そう思う人が増えれば必ず出来るんですから。2016年5月1日作成 6月10日更新 小樽、北見、函館、森町、7月8日清田、決定

問い合わせ先は書いていますが 講演の申し込みは不要です。留守番電話での対応となっているのもボランテアのため常駐する人はいないのでご理解いただければ幸いです。

B型肝炎の最新治療や C型肝炎の最新情報、遺伝子型の1型、2型の人も必見ですよー。肝硬変の治療薬の話、治った後の脂肪肝対策体重、増える方が激増しています。また治った後の肝がんチェックも必ず受けましょう。
原始人食ダイエット、アーシング、野菜スープについても話すようになってきました。自分に合った方法を是非作り上げていって下さい。

2016年6月以降の私が関与する医療講演の把握している予定をお知らせいたします。日程や場所など変更する場合があるので直前に確認を忘れずにお願いします。講演の基本的な内容は以下の通りです。うたとギター付きです。
会場により変わりますが、相談も受けることがあります、是非ご参加下さい。

講演内容テーマ 2016年1月26日更新(場所によって少しずつちがいますがメインテーマです)
肝臓を元気にするために!?
B型・C型ウイルス性肝炎は副作用少なく飲み薬で治る時代へ
治った後は脂肪肝対策と肝がんチェックが重要です
演者 肝がん検診団団長  
 札幌緑愛病院肝臓センター所長 川西 輝明
 演者からのメッセージ 肝がんや肝硬変でも年齢が高くてもそのとき時でできる治療があります。
 肝がん検診団の取り組みから得た経験を交えてお話したいと思います。 あきらめないで笑顔で長生きしましょう。もっともっといい治療に巡り会えるように。

北見、北斗では以下の演題
演題名
元気で長生きのコツ伝授します!?
B型・C型ウイルス性肝炎は副作用少なく飲み薬で治る時代

講師 肝がん検診団団長
   札幌緑愛病院 肝臓センター所長 川西輝明
演者からのメッセージ
体を作る食事の大切さ、ボケ防止、がんの予防のヒントになれば。
肝臓専門医が自分の体験とともに語ります。
原始人食ダイエットや野菜スープなどすぐ役立つ話が盛りだくさんです。
アーシング無料体験コーナーも有り

無料療養相談 講演会終了後(先着順となること有り) 過去の講演会のDVD無料配布有
り(希望者先着順)
問い合わせ(申し込みは不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
決定分 日程が案として出てきたものは検討中も一緒にのせてみました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演会 in 清田
日時 2016年7月8日金 午後2時から
場所 里塚・美しが丘地区センター 視聴覚室
住所札幌市清田区里塚2条5丁目1番1号
電話番号 011-888-5005(場所確認用)
問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
共催 北見肝炎友の会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気の出る医療講演会 in 小樽
8月8日月 午後1時半から 小樽 小樽市民センター 3階 研修室予定
問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
共催 肝炎友の会はるにれ会
後援 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演会 in 北見相内 
日時 2016年8月27日土 午前11時から
場所 相内地区住民センター 大研修室
住所 北見市相内町122番地
電話 0157-35-3399(場所確認用)
問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
共催 北見肝炎友の会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会 北見市
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演会 in 森 
日時 2016年9月13日火 午前11時から
場所 森町保健センター
住所 北海道茅部郡森町字森川町278番地2
申し込み先 森町保健センター 電話 01374-3ー2311
共催 はまなす肝炎友の会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会 森町
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お茶の間医療講演会 in 北斗 
日時 2016年9月19日月 午後1時から1時間くらい
場所 北斗市商業活性化支援センター エイド‘03
住所 北海道北斗市飯生3-4-1
電話0138-73-2408

問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
主催 北斗市飯生2丁目自治会 
後援 北斗市 はまなす肝友会 肝がん検診団 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下はまだ未定ですが、可能であれば実施していこうと思っている日程と場所を書いていきます。要望があれば検討します。講演の依頼は人を集めてもらえれば講演料無料で伺うことも可能です(要相談コメント下さい)。道外版は別コーナーを作りました。
江別、岩見沢、北区など検討中

終了分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
元気の出る医療講演会 in 共和 岩内 参加11名相談1名
① 2016年6月7日(火)午前10時~11時半 
場所 共和町生涯学習センター
住所 共和町南幌似37ー22 
電話 0135-73-2508
② 2016年6月7日(火)午後1時半~3時 参加16名参加相談2名
場所 岩内地方文化センター
住所 岩内町字万代51ー7 
電話 0135-62-0001
無料療養相談
講演終了後(時間に限りが有るため先着順となる場合があります)
問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
共催 肝がん検診団 北海道肝炎患者対策協議会 後援 共和町 岩内町
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
元気の出る医療講演会 in 上川音威子府 15名参加
2016年6月20日(月) 午後2時から1時間
場所 音威子府 保健福祉センター
住所 北海道中川郡音威子府村字音威子府509-88

問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
共催 肝炎友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会 音威子府村
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
元気の出る医療講演会 in 宗谷枝幸 20名参加
2016年6月20日(月) 午後6時から1時間
場所 枝幸町保健福祉センター 
住所 北海道枝幸郡枝幸町北栄町1474-1

問い合わせ(参加無料申し込み不要です)
枝幸町役場保健福祉課保健予防グループ 電話 0163-62-4658

共催 宗谷肝友会 肝がん検診団 枝幸町
後援 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元気の出る!医療講演 in 東京 2016.8.6 参加表明ありがとうございます 6月21日更新

2016年06月21日 | 医療講演
 
 東京での医療講演が決定しましたー。会場は25人くらいの場所なので参加表明が多かったら、広い部屋に変更検討しますー。
参加表明できる方は是非お願いします。交流会は別会場を予約するのでコメントで内緒でもかまわないので参加表明お願いします。
2016.6.10作成
講演会参加表明 akioさん、和食さん、ひでほさん、sunnysideさん、デルさんなど。
交流会参加表明 akioさん、和食さん、ひでほさん、sunnysideさんなど

○元気で長生き医療講演会 in 東京 
演題名    
元気で長生きのコツ伝授します?
 B型・C型ウイルス性肝炎は副作用少なく飲み薬治る時代

演者からのメッセージ
体を作る食事の大切さ、ボケ防止、がんの予防のヒントになれば。肝臓専門医の体験とともに語ります。原始人食ダイエットや野菜スープなどすぐに役立つはなしが盛りだくさんです。
過去の講演会DVD無料配布有り(先着順)アーシング無料体験コーナーもあります。

日時 2016年8月6日土 午後1時半から2時半
場所 TKP品川カンファレンスセンター ミーティイングルーム5J
品川駅高輪口から出たら右手にあるので迷子にならずにはすむかと思います。
電話 03-5793-3571(事務所直通)
講演会終了後別会場で交流会予定 要申し込み 3時過ぎを予定(予算的には3千円前後かと)
問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
共催 インターネットで結ぶ肝臓患者と支援者の会 肝がん検診団
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

肝がん検診2016年 新篠津22名受診 滝川44人名受診 終了しました

2016年06月19日 | 肝がん検診
 
 
新篠津、滝川の肝がん検診が終了しました。幸い肝がんの方はいませんでしたが、C型肝炎のかたで新薬の治療を受けた方がいい方が数名いました。かかりつけの先生が専門医ではないため治療を得にすすめられていない様子でしたので、受診するよう勧めました。
毎年勧めている人もいましたが、何とか、つながってくれたらと思いました。
上の写真が新篠津、下は滝川のコスモス会の皆さんと一緒の写真です。皆さんありがとうございました。
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医療講演、肝がん検診の準備にむけて、森町、安平町訪問してきました

2016年06月19日 | 肝炎救済に関連して
 
2016年9月13日火曜日の森町での医療講演の企画について森町の保健センターの所長さん保健師さんにお会いしてきました。以前森町で行った医療講演にも参加してくれていたってことで、肝炎ウイルス検診、肝がん検診の意義についても理解してくれていて、どんな協力が可能かアドバイス検討をしていただくことができました。道南地区での患者会のはまなす会の川上会長も一緒に行ってくれて、有意義な交流が図れたことありがたかったです。写真は森町の所長さんと保健師さんと一緒に撮った写真です。

安平町では、肝がん健診を受ける方が多い地区でもあることから、毎年医療講演を実施してきました。一人でも多くの方に肝炎ウイルス検診の重要性最新治療の情報を伝えることが大切であることを再度認識しつつ、医療講演の日程等調整することといたしました。

保健師さんたち本当に忙しいなか対応してくれること本当に有り難い限りです。
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リフォーム進行中 外来待合 健診センター外回り

2016年06月15日 | その他
 
 
 
 
 
外来の待合のリフォームがはじまりました。囲いがされて中で工事が進みます。受付会計前のスペースがすごく小さくなっていますが、何とかなりそうです。しばらく不便かけますが、玄関から受付まで今までは通れなかったところが通れるようになっていますので、ちょっと新鮮かも。健診センターの外壁のリフォームもはじまりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年上川町肝がん検診終了

2016年06月13日 | 肝がん検診
 
 
層雲峡の天気よかったですー。上川町では12名肝がん検診を行ってきました。肝がんの方はいなくてよかったです。町での取り組みとして今年から3年間、住民の方への検診として位置づけてやることになりました。一人でも多くの方に安心が届いてくれますように。保健師さんたちが熱心に準備してくれていることに感動しますー。町民が大好きな人達なんだなあって思います。
次は、新篠津滝川行ってきます。
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう 新十津川で講演参加者からいただきました。

2016年06月11日 | 医療講演
 
武田双雲さんのポジティブの教科書を紹介しながらありがとうって気持ちをもって過ごすといいことが起こってきますよーって話をしていたので、終わって先生にこれ上げますーって言ってくれたハガキ、いい感じですー。ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食堂ができあがりましたー 札幌緑愛病院リフォーム

2016年06月11日 | その他
 
 
 ←完成直前
2016年4月からはじまった病院のリフォーム、6月10日食堂が完成しました。入ったときと出るとき、天井の蛍光灯の囲いの色が違うのがミソって、わかりにくいかも知れないけど。廊下も入口があることがわかるように色分けされています。壁には工事の時にデザインしてくれた方の絵が、とっても癒し系の絵です。前の食堂とは明るさが違います。是非、体験してほしいです。お昼時には食数限定(1食税込み540円)ですが、昼食を取ることができます。原始人食ランチは完全予約で水金に3食ずつ提供です。(川西の肝臓外来がある日税込み756円で提供)予約してこの食堂をご利用下さい。
 検査で絶食された方にはとっても好評ですし、体にいい食事って意味では、原始人食だけではなく、普通の病院食も体験するのはいいことだと思いますー。

健診側の外側が覆いはじまりました。正面側は半分以上見えてきました。綺麗になっています。煙突もしっかり塗ってもらいましたし、みどりが綺麗に見えてきました。
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソバルディ錠400mg C型肝炎2型用 34例中30例終了 28例陰性 1例中止 1例中断 終了後再燃2例 6月8日更新

2016年06月08日 | C型肝炎ウイルスの治療
 
5月25日より発売開始でつかえるようになりました。ソフォスブビル ソバルディ錠400mg 開始になった方の背景を紹介していきたいと思います。助成がすぐ使えないので、使えるようになるまでは高額療養制度を活用していただいています。
第一例目が日本ではじめての症例になったそうです。みんなまだ助成がないので使うの躊躇してるのもあるようです。。。2015.5.27作成 6.8更新3例目追記 6月10日症状追記めまいがきつそう 6月13日4例目5例目追記
6月23日追記 6例目追記、この間ヘモグロビンが12g/dlを超えず実施できてない患者さんが4名ほど。C型肝炎のデータを落ち着かせるために、貧血気味でコントロールしてたかたについては、まずは貧血の改善を目指しています。再起に開始した2例が陰性化、採血のタイミングでずれがありますが2例目の方は10日目で陰性化していました。
6月24日追記 2例目の方 回転性のめまいがあった2,3日でおさまったが
6月26日追記 7例目開始 5例目の方データがとてもよくなって泣きそうと喜んでいました。うるうるしました。
7月3日追記 8例目開始 4例目の方ウイルス量測定2週目追記
7月6日追記 3例目の方陰性化確認 9例目開始
7月10日追記 4例目の方 寝れなくなってきてる寝付けず途中で目が覚める レンドルミンだしてみる
       貧血進行ありヘモグロビンが12から11へ下がった コペガス朝1に減らす
7月13日追記 6例目の方 コペガス10日から夕休んで朝2つにしてる 眠れなかった
       貧血10.8まで下がったので、ちょうどいいかも
7月13日追記 9例目の方 1日目だるみあったが、2日目から普通になった。
7月15日追記 1例目の方 めまいはなくなり頭痛は少し、不眠も改善してきた。
       眠剤飲まないでも寝れるようになってきている
7月23日追記 8例目 7月16日採血 2週で陰性化
7月24日追記 7例目 18日めまいにて救急病院 メリスロン錠6 6T 3×食後で少しいいがまだありと、コペガス夕2つを一つにしてそれでもだめなら夕はゼロにするように話す。もともとふらつきやめまいの出やすい方ではある。
2週目7月10日で陰性化した。
7月29日追記 11例目開始
8月3日追記 9例目 7月27日3週目の採血にて陰性化確認
      8例目 28日くらいより、口数少なく元気なくなってきており、
       貧血も若干進んでいるためコペガスを夕二つ減量、
       発熱もあるため尿路感染によると判断し抗生剤を開始とした
      6例目 レンドルミンで眠れるようになった
8月6日追記 8例目 その後も倦怠感増強食欲もなくなり興奮状態もあるため残りのコペガスとソバルディも
       8月6日より休薬
      12,13,14例目開始
8月7日追記 8例目の方食欲出てきて元気になってきたため、ソバルディ再開としてみる。
       調子悪ければ無理しないこととした
      15例目開始
8月25日追記 16例目開始
8月26日追記 10例目 8月3日 3週目で陰性化確認
        Hb10を切る貧血進行あり、8月9日より朝コペガス1となっている17日にはその後10こえ
      2例目終了 かゆみはないがアレルギーの薬で鼻水が止まって助かってたと
      14例目 2週目で陰性化確認
      17例目開始
8月26日追記 11例目 Hb2週で2.9低下11.9から9.0となり 夕のコペガス止めとする 1週後再度採血追加
9月2日追記 18例目開始
9月4日追記 4例目、5例目の方終了とても喜んでいました。
9月8日追記 19例目開始
2015.9.9追記 14例目 コペガスを夕1つ増やしても全然大丈夫、肝臓の状態や体調良くなってきているからと思われる。
       増やしたのに貧血も改善している
9月13日追記 20例目開始
9月16日追記 16例目の方 頭痛、古傷の痛み、皮膚の乾燥あり、薬処方
      18例目 以前から有った倦怠感かわからない感じと、かゆみは少しあるが薬飲まないで様子みたいと
          2週でHb1下がったので、コペガスを夕一つへ減量
9月18日追記 17例目の方 9月9日1週後1.3 症状ないのでコペガス600へ増量
      19例目の方9月18日追記 頭痛はあるが前と変わらない頭痛、ふらつき少しあるが大丈夫とのこと
      貧血の進行はないのでコペガス400から600へ増量してみる
9月29日追記 15例目まで治療中の陰性化確認
10月23日追記 18例陰性 1例中止後再燃
10月24日追記 19例陰性
11月9日追記 20例陰性
11月20日追記 24例目開始
11月27日追記 15例目の方 治療終了後1カ月 認知症気味で口数が少ない方だったが、すっきりしてはきはきしゃべれるようになっている、以前はぼおっとしてたと本人もしっかり話してくれていてびっくり
2015.12.22追記 14例目の方 終了後 髪の毛が抜ける感じがありとのこと、3ヶ月目以降である感じ
12月25日追記 15例目治療後1カ月で再燃 2例陰性化確認 計22例陰性中
1月18日追記 26例目開始
2月11日追記 27例目開始
2月12日追記 28例目開始
2月19日追記 29例目開始
2016.2.22追記 9例目終了後4ヶ月目 むくみがすごく強くなっている日がある 体重は増え気味 様子みることとした
3月7日追記 30例目開始
3月15日追記 25例陰性
4月4日追記 26例陰性
4月27日追記 28例目 終了後のふらつき 31例目血小板減少にてコペガス減量
5月2日追記 27例目の方終了 31例目の方も陰性化
5月11日追記 32例目開始
6月8日追記 34例開始

記号の意味 ◎治療中の陰性化 ☆注意を要した場合 △陽性化 ○SVR24達成

2015年5月26日開始  8月17日まで 終了 日本ではじめての使用だったそうです。びっくり。
◎1例目 genotype 2a 高ウイルス量 コペガス3錠 ペグリバで副作用強く中止歴あり陰性化まではいっていない 高額療養費使って開始 ALTは基準内だが、血小板は20万から15万へと低下傾向に有りなるべく早くしたいと開始
6月2日追記、ひどいめまいと吐き気出現し、2日目の夕からコペガス2錠を止めて内服
6月10日追記、ひどいめまいは落ち着いたが、めまいは持続、コペガスを止めずにもう少し頑張れそうと継続。コペガスが少ないので貧血は起こっていない
6月23日追記 6月10日の2週目採血で陰性化検出せずになっていた。
7月15日追記 めまいはなくなり頭痛は少し、不眠も改善してきた。
       眠剤飲まないでも寝れるようになってきている


2015年6月2日開始 8月24日まで 終了
◎2例目 genotype 2a高ウイルス量 高額療養費申請にて
 初回治療としてペガシス90コペガス2の半量で2015.3月開始するも2ヶ月で陰性化ならず
体重換算でコペガス4の基準量として開始
6月12日追記 だるみぼおっとする感じある かゆみはちょっとある IFNの頃とは比べものにならないくらい
6月23日追記6月10日の採血で陰性化 10日目採血と言うこと
6月24日追記 回転性のめまいがあった2,3日でおさまったが
8月26日追記 かゆみはないがアレルギーの薬で鼻水が止まって助かってたと


2015年6月8日開始 8月30日まで 高額療養費申請にて
◎3例目 新発寒の方 genotype 2b 高ウイルス量、コペガス3錠の標準量で開始
ALT高値のため2015年2月よりペガシス少量月1回で新薬待ちをしていた、以前普通量の治療で眼底出血ありその後インターフェロンでは再治療していなかった。
近くの医療機関でネオファーゲン週3回している
7月6日追記 6月22日採血 2週後RNA陰性化


2015年6月12日開始 9月3日まで 高額療養費申請にて
◎4例目 72才 2a 高ウイルス量
ペグリバなどしても副作用強く量は減らして行ってきて、消えず、2014.10.8テラビックするも レベトールのめずで ペグイントロン50とテラビック3で開始4週で陰性化するも治療後4週で再燃
リバビリンは皮膚症状が強くのめない。今回、コペガス3で開始 インターフェロン併用時にでた皮膚の副作用が少なくて済むことを期待している、アレルギーの薬を一緒に処方。
2015.6.26 いぜんの治療と比べてとっても楽、こんなに楽なんだと喜んでいました。
2015.7.3追記 2週目RNA1.2未満検出あり
7月10日追記 4例目の方 寝れなくなってきてる寝付けず途中で目が覚める レンドルミンだしてみる
       貧血進行ありヘモグロビンが12から11へ下がった コペガス朝1に減らす
8月26日追記 8月4日採血 8週目陰性化
9月4日追記 終了にて、喜んでいた。こんなに楽によくなるなんてと。


◎5例目 68才 2a 2015年2月よりペガシス60の少量月一、初回IFNとなる。この量ではウイルス減らず、かゆみ出てきているとのこともありソバルディに変更 コペガス3錠。
6月26日追記 AST202から54へ ALT180が42に2週で改善、泣き出しそうって喜んでくれていました。私も思わずうるうるしちゃいました。皮疹は継続しているけどだんだんとよくなってくれそうです。
7月10日追記 皮疹改善、倦怠感がとれていろんな仕事ができるようになったととっても喜んでくれています。
貧血は14から12と進行しているがふらつき等は全くないと
7月10日4週目採血にて陰性化確認
9月4日すごく体が楽になってうそのようですと喜んでいました。


2015年6月22日開始  9月13日まで 高額療養費申請にて
◎6例目 77才 2a 高ウイルス量 コペガス4から 手続きすごい簡単でしたという方でした。よかったあ。
2006.7.13から12.7 ペガシス90、5ヶ月でうつ状態となり中止の既往あり
7月13日追記 コペガス10日から夕休んで朝2つにしてる 眠れなかった 貧血10.8まで下がったので、ちょうどいいかも
8月3日追記 レンドルミンで眠れるようになった
2ヶ月目で陰性化


6月26日開始 9月13日まで
◎7例目 2a 高ウイルス量で,ペガシス単独週1回90 48週で再燃、再度チャレンジして ペガコペするもふらつきついよいためコペガス中止 陰性化するも新薬が近くなったので4月終了で5月再燃。
コペガス3つで開始とした。
7月24日追記 18日めまいにて救急病院 メリスロン錠6 6T 3×食後で少しいいがまだありと、コペガス夕2つを一つにしてそれでもだめなら夕はゼロにするように話す。もともとふらつきやめまいの出やすい方ではある。
2週目7月10日で陰性化した


7月3日開始 9月17日まで
◎☆8例目 80才 女性 2A 5.9高ウイルス量 インターフェロン歴あり辛かったががんばった。再燃。
肝硬変 高齢であるが、本人とても楽しみで治療を希望された。
7月23日追記 7月16日採血 2週で陰性化
8月3日追記 28日くらいより、口数少なく元気なくなってきており、貧血も若干進んでいるためコペガスを夕二つ減量、発熱もあるため感染症の合併を疑い抗生剤を開始とした
8月6日追記 その後も倦怠感増強食欲もなくなり興奮状態もあるため残りのコペガスとソバルディも8月6日より休薬
8月7日追記 8例目の方食欲出てきて元気になってきたため、ソバルディ再開としてみる。
       調子悪ければ無理しないこととした、その後中止し 2ヶ月後再燃


7月6日開始 9月27日まで
◎9例目 2a 高ウイルス量6.4 37才女性 高額の認定証来たので
いままで3回チャレンジして、消えてないので心配と 直前はペガ90コペ200少量10回で喘息でて中止
過去 ロフェロン88回無効で、アドバフェロンも施行した
7月13日追記 9例目の方 1日目だるみあったが、2日目から普通になった。
8月3日追記 7月27日3週目の採血にて陰性化確認
2016.2.22追記 むくみがすごく強くなっている日がある 体重は増え気味 様子みることとした


7月12日開始 10月4日まで
◎10例目 セロ2 6月25日予定としていたが、鉄剤での貧血改善狙い、12を超えたので7月12日開始とした
ペガシス単独療法60を月2回では消えず 肝硬変症(C型)代償期として治療
コペガス3で開始
7月27日追記 まったく症状ないと
8月26日追記 10例目 8月3日 3週目で陰性化確認
        Hb10を切る貧血進行あり、8月9日より朝コペガス1となっている17日にはその後10こえ
10月5日追記 9月20日 夕一つ追加して Hb10以上で経過 無事終了となった


7月29日水 10月21日まで
◎11例目 77才 2b 6.6 2013.8.21からペガシス30 月1回 10月から月2回その後45に増やし2014.8月から陰性化、ペガシス60で半年陰性化続いた時点で次の飲み薬も出てくるので終了とした3.27 2ヶ月で再燃
コペガス3で開始
8月4日1週後の採血で2.8のウイルス量となっていた
8月26日追記 Hb2週で2.9低下11.9から9.0となるがあり 夕のコペガス止めとする
9月29日追記 9月9日採血でRNA陰性化6週目


8月4日水 10月28日まで
◎12例目 女性 80才 ALT40代 血小板12万 高額ちょっと間に合わず同月内で処理方向で 鉄剤使うもHB10で上がらず コペガス600のところ400から開始とする
2008年11.28よりペガシス45月一開始、ペガシス90月1回で陰性化したりするも再燃を繰り返していた、2015.1.16テラビックするも、痙攣出現し止め、2015.1.30で終了として、のみのみまちとした。
8月26日追記 ウイルス量2週後1.9
9月29日追記 9月2日採血4週目で陰性化


◎13例目 男性 74才 ウイルス5.8 2b Hb10.4のため コペガスは600のところ400から開始
ペガシス45 月1回からウイルス減って、1.2陽性になるも再上昇し、7月15日終了時は陰性化していた、それまで下がらずだったのでソバルディ内服へ切り替える。
8月26日追記 2週目陰性化確認


◎14例目 女性 73才 2a 4.5 Hb10台のため、受診頻回できないこともあり、コペガス200から開始 
2015.4からペガシス30 月一から始めるもウイルス減らず、眼底出血ありちょうど休むでよかった 7月で終了し 今回8月からソバルディ開始
8月26日追記 2週目で陰性化確認
2015.9.2追記 眼科も大丈夫言われたと 貧血進行ないのでコペガス夕1追加 計2つとする
2015.9.9追記 14例目 コペガスを夕1つ増やしても全然大丈夫、肝臓の状態や体調良くなってきているからと思われる。
       増やしたのに貧血も改善している
2015.12.22追記 髪の毛が抜ける感じがありとのこと、3ヶ月目以降である感じ


8月7日開始 10月30日まで
◎△15例目 女性 83才 2a 6.1 肝がん治療後待てない。認知症あるも家族本人の希望にて開始 貧血10から11に鉄剤で回復後開始
8月26日追記 2週目で陰性化確認
12月25日追記 15例目治療後1カ月で再燃 11月27日RNA4.2と再燃 肝がん発症治療へ、本人以前は治療しないといっていたが、やる気が出てきてびっくり


8月26日開始 11月17日まで
◎16例目 女性 54才 2a 6.2 IFN既往有りβ56回するも途中で再燃した無効例 コペガス600の基準量で開始 少しでも早くしたいので高額療養費で開始
9月16日追記 頭痛、古傷の痛み、皮膚の乾燥あり、薬処方 9月9日2週後RNA1.9
10月21日追記 10月7日7週目ウイルス陰性化


17例目 女性 55才 2a 6.2 初回 体重少ないので コペガス400で開始 貧血はなくHb14台
9月18日追記 9月9日1週後1.3 症状ないのでコペガス600へ増量
10月23日追記 10月7日5週後陰性化


9月2日開始 11月24日まで
◎18例目 2a高ウイルス量 IFN1回したこと有り うつ病になり治療できず、今回ソバルディコペガス800の標準で開始
9月16日追記 以前から有った倦怠感かわからない感じと、かゆみは少しあるが薬飲まないで様子みたいと
      2週でHb1下がったので、コペガスを夕一つへ減量
9月29日追記 9月16日2週目RNA1.9
10月23日追記 10月7日6週目陰性化


9月4日開始 11月26日まで
◎19例目 67才女性 2a抗ウイルス 2008年ペグレベするも腹痛下痢の副作用強くすぐ中止、このため、2009年ペガシス少量チャレンジするもいらいら上昇にて中止、
9月18日追記 頭痛はあるが前と変わらない頭痛、ふらつき少しあるが大丈夫と貧血の進行はないのでコペガス400から600へ増量してみる
9月29日追記 9月18日2週目1.2未満検出有り
10月23日追記 10月16日6週目RNA陰性化


9月12日開始 12月4日まで おんねゆ
◎△20例目 63才男性 ゲノタイプ2 セロタイプ2 初回治療 ALT150以上あり
10月24日追記 2週後1.2未満検出有り 4週後RNA陰性化
1月9日追記 1月4日終了4週後RNA6.3再燃


10月5日 12月27日終了
◎21例目 53才男性 2bhigh ペガコペ、ペグレベ無効例 かゆみだるみはあった方 助成が来てから 8月9月で使えるか7月6日に申請して9月20日に助成が来た。
コペガス800から開始、1000へ増やせるか。以前かゆみが強かったため減量から開始
11月9日追記 11月2日4週目陰性化確認


10月7日 12月29日終了
◎22例目 77才男性 2a高ウイルス量 後期高齢者75才以上なので 外来で12000円で可能 ダクルスンベで2aが残ったので国の助成使えず、貧血あるが、ALT200こえ進行が急速であるため、使うコペガス1つから
10月30日追記 10月21日2週目1.2未満検出有り
11月13日追記 11月4日6週目検出せず


◎23例目 62才女性 2a高ウイルス量 他医から依頼
過去のペガコペで再燃、貧血も辛かった。 コペガス4から開始
10月30日追記 10月21日2週目1.2未満検出有り
11月13日追記 11月4日6週目検出あり
12月25日追記 12月2日 8週目RNA検出せず


10月23日金開始 1月14日終了
◎24例目 49才女性 2a 高ウイルス量 開始時RNA6.5 新規治療 コペガス錠800普通量で開始
11月20日追記 10月30日採血 1週後RNA2.3
11月27日追記 11月20日 4週目採血RNA1.2未満検出有り
12月25日追記 12月18日 8週目RNA検出せず


◎25例目 69才女性 2a 高ウイルス量 血小板少なく AFP高値37.2
IFN勧められるも断ってきた方、
1月6日67 痒みは開始時もあり
ソバルディとコペガス3つ開始
2月19日追記 1月22日2週目ウイルス陰性化


2016年1月18日処方 1月19日から開始4月12日まで
◎26例目 92才女性 2a 低ウイルス量
ALT52 経過中80代まで上昇あるも本人インターフェロン希望せず、ソバルディ待ちとした
2016年2月8日追記 2月1日2週目ウイルス陰性化確認 肌の色改善 口数も増えている

2016年2月8日処方9日開始 5月2日終了
◎27例目 男性 2a高ウイルス量 フェロンレベ、ペガコペ、うつ状態あり、少量でするも再燃パターン
2016.4.4追記 3月7日4週目 採血陰性化確認

2016年2月12日処方13日開始 5月6日終了予定だったが4月20日で飲みきってしまった。。。
◎28例目 36才男性 高ウイルス量 初回治療 HCVRNA 6.5 ALT98まで上がる倦怠感あり
3月15日追記 2月26日2週目HCVRNA1.3
4月8日追記 3月25日採血 6週目 HCVRNA陰性化確認
2016.4.27追記 多めに飲んでいたときがあって4.20終了となった かゆみは治まってきた。飲み終わって不あっとふらつく感じがあったとのこと、今は大丈夫。

2016年2月19日処方20日開始 5月13日終了
29例目 58才女性 2b 高ウイルス量 コペガス600mg
4月8日追記 3月11日3週目 HCVRNA1.8検出あり 遠方のため中断。

2016年2月22日処方23日開始 5月16日終了 3月7日登録
◎30例目 42歳男性 2015.5.1採血 2a 4.3LogIU/ml 低ウイルス量 今回開始時は5.3で高ウイルス量となっていた
フラッシュバックあり得るため少量で開始ペガ90コペ600で、皮疹いらいら出現有り、無理せず中止として、再燃、コペガス600の減量で開始
2016年3月14日追記 3月7日採血2週目HCVRNA陰性化確認


2016年4月8日処方 4月9日から7月1日まで
◎31例目 84歳男性 2a 高ウイルス量 肝がん治療後
2016.4.22追記 血小板減少あり,コペガス2から1へ減量
2016.4.27追記 血小板減少続いているのでコペガス1錠をさらに週3に減量
2016.5.2 4月22日2週目 採血ウイルス陰性化
2016.5.20 血小板回復 HCC治療後の影響だったよう コペガス毎日にもどした


2016年5月11日処方 5月12日から8月3日まで
◎32例目 80歳女性 2a 高ウイルス量 Afあり IFNペガシス少量するも倦怠感強く中止
2016.6.1追記 5.24 2週目でウイルス陰性化 もともと倦怠感強い人


2016年6月8日処方 6月9日から8月31日まで
33例目 26才男性 genotype 2a 6.7高ウイルス量 コペガス3つで開始
治療歴ありペグレベ12週で再燃

34例目 60歳女性 2B 高ウイルス量 コペガス3つで 初回治療

コメント (61)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

元気の出る肝臓医療講演 in 共和 and 岩内 大成功!! 2016.6.7 動画アップしています。

2016年06月08日 | 医療講演や歌の集いの動画
 160607元気の出る肝臓医療講演in共和原始人食ダイエットアーシング買い物は投票だ

 

 160607元気の出る肝臓医療講演in岩内原始人食ダイエットアーシング買い物は投票だ

 
 
地元の保健師さんなど、多くの方が参加してくれました。今回はアーシングの体験コーナーを作ってみました。
肝炎の最新治療の他にも、原始人食ダイエット、買い物は投票だなど多くの取り組みを紹介しています。
相談では、高齢だから新薬の治療はしなくてもいいのではといわれている患者さんもいたり、持病や高額な薬だからと使う患者さんの線ひきが何かしら行われる場合があることがなんとも切ないと思いました。。。120歳まで元気で生きるのが当たり前だったら、そういう先生もきっと治療選択するんだろうなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
肝臓を元気にするために!?
B型・C型ウイルス性肝炎は副作用少なく飲み薬で治る時代へ
治った後は脂肪肝対策と肝がんチェックが重要です
演者 肝がん検診団団長  
 札幌緑愛病院肝臓センター所長 川西 輝明
 演者からのメッセージ 肝がんや肝硬変でも年齢が高くてもそのとき時でできる治療があります。
 肝がん検診団の取り組みから得た経験を交えてお話したいと思います。 あきらめないで笑顔で長生きしましょう。もっともっといい治療に巡り会えるように。

元気の出る医療講演会 in 共和 岩内 参加11名 相談1名
① 2016年6月7日(火)午前10時~11時半 
場所 共和町生涯学習センター
住所 共和町南幌似37ー22 
電話 0135-73-2508

② 2016年6月7日(火)午後1時半~3時 参加16名 相談2名
場所 岩内地方文化センター
住所 岩内町字万代51ー7 
電話 0135-62-0001

無料療養相談
講演終了後(時間に限りが有るため先着順となる場合があります)

問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
共催 肝がん検診団 北海道肝炎患者対策協議会 後援 共和町 岩内町
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あずきパン ベーカリーサンライズ 岩内のパン屋さん

2016年06月08日 | 
 
 
岩内のパン屋さんで、おいしいパンがあるからともってきてくれた小豆パン、おいしくて1斤たべてしまいました。ひえー。とまらなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩見沢健康まつりで 道民は無料肝炎ウイルス検査ができます 6月12日は岩見沢へ

2016年06月06日 | 肝炎救済に関連して
 

 
小川さんから連絡がありました。道民対象に、岩見沢の健康まつり会場で出張方の肝炎ウイルスの無料検査ができるということです。
すごいですー。是非、受けたことのない方は受けて下さい。

6月12日(日)10:30~16:00
いわみざわ健康まつりの会場で、岩見沢保健所が出張型肝炎ウイルス検査(無料)を行うこととなりました。
対象は、北海道民です。
当日、原告団6名が、ウイルス検査の呼びかけ・弁護団が普及啓発コーナー(2階)で活動します。
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加