肝臓病と共に生きる人たちを応援します

肝炎友の会との関わりで成長した肝臓専門医のブログです。2007.9.4より新規開始しました。

元気で長生き医療講演会 道内版 2016年11月以降 12月19日岩見沢 1月28日札幌 2月7日石狩予定へ

2016年12月08日 | 医療講演
 
 
 
 
ウイルス肝炎患者支援全国キャンペーンってことで道内中心の企画、今後の予定(出来るんでないかなあを含め)を並べてみました。各地区の患者会には本当に相談にのってもらって助けてもらっています。この場を借りてお礼申し上げます。
必ず、肝炎対策基本法の内容充実を実現させましょ-。絶対出来る。そう思う人が増えれば必ず出来るんですから。2016年10月30日作成 2016年12月8日更新 石狩日程決まってきました

問い合わせ先は書いていますが 講演の申し込みは不要です。留守番電話での対応となっているのもボランテアのため常駐する人はいないのでご理解いただければ幸いです。

B型肝炎の最新治療や C型肝炎の最新情報、遺伝子型の1型、2型の人も必見ですよー。肝硬変の治療薬の話、治った後の脂肪肝対策体重、増える方が激増しています。また治った後の肝がんチェックも必ず受けましょう。
原始人食ダイエット、アーシング、野菜スープについても話すようになってきました。自分に合った方法を是非作り上げていって下さい。

2016年11月以降の私が関与する医療講演の把握している予定をお知らせいたします。日程や場所など変更する場合があるので直前に確認を忘れずにお願いします。講演の基本的な内容は以下の通りです。うたとギター付きです。
会場により変わりますが、相談も受けることがあります、是非ご参加下さい。

講演内容テーマ 2016年10月30日更新(場所によって少しずつちがいますがメインテーマです)
元気で長生きのコツ伝授します!?
B型・C型ウイルス性肝炎は副作用少なく飲み薬で治る時代

講師 肝がん検診団団長
   札幌緑愛病院 肝臓センター所長 川西輝明
演者からのメッセージ
体を作る食事の大切さ、ボケ防止、がんの予防のヒントになれば。
肝臓専門医が自分の体験とともに語ります。
原始人食ダイエットや野菜スープなどすぐ役立つ話が盛りだくさんです。
アーシング無料体験コーナーも有り

無料療養相談 講演会終了後(先着順となること有り) 過去の講演会のDVD無料配布有
り(希望者先着順)
問い合わせ(申し込みは不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
決定分 日程が案として出てきたものは検討中も一緒にのせてみました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演会 in 岩見沢
日時 2016年12月19日(月)午前10時から1時間
場所 岩見沢市民会館 多目的室(1+2) 
住所 岩見沢市9条西4丁目1番地1 電話0126-22-4233(場所確認用)

共催 肝炎友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演 in 札幌
日時 2017年1月28日(土)午前10時半から
場所 水色の木もれ陽 研修センター(仮称)
住所 〒060-0011 札幌市中央区北11条西15丁目2-1
   桑園メディカルプラザ3F
共催 肝炎友の会はるにれ会 肝がん検診団
後援 北海道肝炎患者対策協議会
はるにれ会の新年会もあるので、交流に参加していただければ幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元気で長生き医療講演 in 石狩
日時 2017年2月7日(火)午後2時から
場所 総合福祉センター りんくる
住所 石狩市花川北6条1丁目41番地1 電話0133-72-8343
共催 肝炎友の会はるにれ会 肝がん検診団 えりすいしかりネットテレビ
後援 北海道肝炎患者対策協議会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下はまだ未定ですが、可能であれば実施していこうと思っている日程と場所を書いていきます。要望があれば検討します。講演の依頼は人を集めてもらえれば講演料無料で伺うことも可能です(要相談コメント下さい)。道外版は別コーナーを作りました。
江別、おんねゆなど検討中

終了分
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おんねゆから石北峠

2016年12月08日 | 花、植物、風景
 
 
 
火曜日おんねゆの肝臓外来終わって帰り道、雪が凄かったです。道の脇の木々には雪が積もって樹氷のような綺麗な風景が広がっていました。真冬って感じの風景でした。マイナス4℃くらいでしたねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この世界の片隅に 映画 マンガ 戦争を知るために

2016年12月05日 | 映画 模型 プラモデル
 
Yukettaさんのページで紹介されていたのをみて、漫画を購入して読みました。ほのぼのした絵の中、戦争の時代のなかでの生き様が描かれています。大変な体験ももちろん込められていますが、戦争を知ってもらうために伝えたい内容がしっかりと描かれていて、恐怖心をあおることなく自然と受け入れられる、そんな内容になっているので、若い世代の方には是非読んで欲しいマンガ、見て欲しい映画だと思います。マンガでは旧字体が結構あるので読めない字もあるかも知れませんが、内容は伝わってくる絵になっているので大丈夫です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なぜ必要? 4番目のIFNフリーC型肝炎治療薬の価値とは エレルサ/グラジナ記念講演から ケアネットさんから

2016年12月05日 | 学会研究会報告
 
ケアネットさんで以下の記事が載っていました。IFNフリーの各薬の注意点と。
12月3日の熊田先生の講演会の内容の一部がアップされていました。発売されたばかりのエレルサ/グラジナの使い方がわかりやすくのっていますー。私が聞きにいった講演会の内容です。転載は禁止ですー。
写真は、飛行機からみたディズニーランドです。
ページはこちら
http://www.carenet.com/news/general/carenet/43066?utm_source=m1&utm_medium=email&utm_campaign=2016120100

なぜ必要? 4番目のIFNフリーC型肝炎治療薬の価値とは
提供元:ケアネット 公開日:2016/12/05 

 インターフェロン(IFN)フリーのジェノタイプ1型のC型肝炎治療薬として、これまでにダクラタスビル/アスナプレビル(商品名:ダクルインザ/スンベプラ)、ソホスブビル/レジパスビル(同:ハーボニー)、オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル(同:ヴィキラックス)の3つが発売されている。そこに、今年3月の申請から半年後の9月に承認されたエルバスビル/グラゾプレビル(同:エレルサ/グラジナ)が、11月18日に発売された。治療効果の高い薬剤があるなかで、新薬が発売される価値はどこにあるのか。11月29日、MSD株式会社主催の発売メディアセミナーにて、熊田 博光氏(虎の門病院分院長)がその価値について、今後の治療戦略とともに紹介した。

患者背景によらず一貫した有効性
 エレルサ/グラジナは、国内第III相試験において、SVR12(投与終了後12週時点のウイルス持続陰性化)率が慢性肝炎患者で96.5%、代償性肝硬変患者で97.1%と高いことが認められている。また、サブグループ解析では、前治療歴、性別、IL28Bの遺伝子型、ジェノタイプ(1a、1b)、耐性変異の有無にかかわらず、一貫した有効性が認められており、慢性腎臓病合併患者、HIV合併患者においても、海外第III相試験で95%以上のSVR12率を示している。

IFNフリー治療薬4剤の効果を比較
 しかしながら、すでにIFNフリー治療薬が3剤ある状況で、新薬が発売される価値はあるのかという疑問に、熊田氏はまず4剤の効果を治験成績と市販後成績で比較した。

 薬剤耐性(NS5A)なしの症例では、治験時の各薬剤の効果(SVR24率)は、ダクルインザ/スンベプラが91.3%、ハーボニーが100%、ヴィキラックスが98.6%、エレルサ/グラジナが98.9%であり、実臨床である虎の門病院での市販後成績でも、ダクルインザ/スンベプラが94.0%、ハーボニーが98.2%、ヴィキラックスが97.7%(SVR12率)と、どの薬剤も良好であった。

 一方、薬剤耐性(NS5A)保有例の治験時の成績は、ダクルインザ/スンベプラが38%、ハーボニーが100%、ヴィキラックスが83%、エレルサ/グラジナが93.2%であり、虎の門病院の市販後成績では、ダクルインザ/スンベプラが63.7%、ハーボニーが89.6%、ヴィキラックスが80.0%(SVR12率)であった。熊田氏は、「治験時の100%よりは低いがハーボニーが3剤の中では良好であるのは確かであり、実際に使用している患者も多い」と述べた。

副作用はそれぞれ異なる
 次に、熊田氏は虎の門病院での症例の有害事象の集計から、各薬剤の副作用の特徴と注意点について説明した。

 最初に発売されたダクルインザ/スンベプラは、ALT上昇と発熱が多く、風邪のような症状が多いのが特徴という。

 ハーボニーは、ALT上昇は少ないが、心臓・腎臓への影響があるため、高血圧・糖尿病・高齢者への投与には十分注意する必要があり、熊田氏は「これがエレルサ/グラジナが発売される価値があることにつながる」と指摘した。

 ヴィキラックスは、心臓系の副作用はないが、腎障害やビリルビンの上昇がみられるのが特徴である。また、Ca拮抗薬併用患者で死亡例が出ているため、高血圧症合併例では必ず他の降圧薬に変更することが必要という。

 発売されたばかりのエレルサ/グラジナについては、今後、症例数が増えてくれば他の副作用が発現するかもしれないが、現在のところ、ALT上昇と下痢が多く、脳出血や心筋梗塞などの重篤な副作用がないのが特徴、と熊田氏は述べた。

 このように、各薬剤の副作用の特徴は大きく異なるため、合併症による薬剤選択が必要となってくる。

今後の薬剤選択
 熊田氏は、各種治療薬の薬剤耐性の有無別の治療効果と腎臓・心臓・肝臓への影響をまとめ、「エレルサ/グラジナは、耐性変異の有無にかかわらず、ハーボニーと同等の高い治療効果を示すが、ハーボニーで注意すべき腎臓や心臓への影響が少なく、ここに新しい薬剤が発売される価値がある」と述べた。

 また、今後の虎の門病院におけるジェノタイプ1型C型肝炎の薬剤選択について、「耐性変異なし、心臓・腎臓の合併症なし」の患者にはハーボニーまたはヴィキラックスまたはエレルサ/グラジナ、「NS5A耐性変異あり」の患者にはハーボニーまたはエレルサ/グラジナ、「腎障害」のある患者にはヴィキラックスまたはエレルサ/グラジナ(透析症例はダクルインザ/スンベプラ)という方針を紹介した。さらに、「NS5A耐性変異あり」の患者には、「これまではハーボニー以外に選択肢がなかったが、今後はエレルサ/グラジナが使用できるようになる。とくに心臓の合併症がある場合には安全かもしれない」と期待を示した。
(ケアネット 金沢 浩子)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ABT493+ABT530(ピブレンタスビル・グレカプビル)などすごいです 2016.12.3熊田先生講演から

2016年12月04日 | 学会研究会報告
 
 
全国から1200人くらいの先生が集まって聞いた講演でした。
聞きながらのメモなので、誤字脱字内容間違いありえますので御了承のうえ読んでください。参考になれば幸いです。

これからのC型肝炎に対する治療選択、広がる経口剤治療の可能性
熊田先生

先週のヴィキラックスの話しが基本
IFNフリーの成績
ダグアス 耐性無いと91.3 市販後94
ハーボニー100 98.2
ヴィキラックス
エレルサグラジナ 
みんな95は超えている

耐性があった場合は ハーボニーがいちばんよかった
IL28のTT以外の効きにくいのでくらべたら、エレルサグラジナもかなりいい

ハーボニー 徐脈注意
ヴィキラックス ビリルビン上昇、腎障害注意かなと
カルシウム拮抗剤禁忌 直接が上がるときは要注意、間接は大丈夫

○エレルサ・グラジナの副作用 45例治験
トランスアミナーゼ上昇、下痢便秘

中止例3例 ALTの上昇 早期に上がったらどうするか、減らせばいいだろうと
ダクルインザ・スンベプラ併用療法の経験でアスナを減らして乗り切れた
グラジナを1錠へらせばいいともいえるだろう 2錠だから1錠にすればいいと思うと

エレルサ・グラジナ併用療法は8例がはじまった 市販後
ハーボニーの再燃効くんじゃないかとやってみてる、ダグラアスナの再燃例にも使ってみている

1型のDAAの再燃無効
ダクルインザ・スンベプラ併用療法の無効67例 先週の報告
SVR12は70%くらいだろうもっといい治療が求められる

ABT493+ABT530(ピブレンタスビル・グレカプビル:ダクルインザ・スンベプラと同じレジメン)8例を治験した(これが新しい薬の話し)
NS3とNS5Aの組み合わせ
治らなかったのはダグアスの無効例の1例だけ
DAAの無効例につかって7例中6例に効いた

ダクルインザ・スンベプラ併用療法の無効例の31例だけにしてみたら
再燃は100% 14例
ブレイクスルー13例中12例
無効は4例とも治った
すごいわねえ。
1型100%だったと

その前にジメンシーが出てくるどちらにしてもあまり気にしなくてよくなってくる
NS5A、5B 3の薬剤、安全性はまだ問題がある
日本人はNS3が黄疸でやすいと知られている、
アスナでビリルビンが上がりやすい、第一にはならないだろうと中国と韓国は100%きいて、黄疸無い。日本人だけ。

虎の門で残ってる非治癒の人は 83例6.4% どれを使うかがこれから

2型の人の治療
ソフとリバは リバビリン量と線維化が関係する
AFPが高い人は充分なリバビリン量が必要という結果だった

ピブレンタスビル・グレカプビルの治験9例で新薬があたったのが5例 4例はソフリバ。
8週で両群治癒したよう
二人が行方不明で95%になっちゃってるので、多分それ以上

1型も2型も再燃無効例に対する治療法は次々開発治験が行われており、将来は明るい。
写真は、朝一で飛行機に乗ったので、朝焼けですー。きれいでした。C型肝炎の患者さんの未来はどんどん明るくなるそんな話が増えていますね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハーボニーC型肝炎1型 74例71例陰性72例終了 1例中止 38例SVR24確認 3例再燃 11月30日更新

2016年12月01日 | C型肝炎ウイルスの治療
 
 
ソバルディと同じく、28日ボトル処方となるのは間違いないです。でも、2週に1回のチェックが必要です。
副作用がほとんど無いと言われていますが、ゼロではないので、しっかりと診察を受ける予定で準備しましょう。2015年9月1日10時作成 9月9日更新

1錠が8万171円、12週間なので84錠飲むことになります。トータル673万4364円、3割負担で202万、月60万超えは必要って、やっぱりすごい値段です。。。助成制度が来るまでは高額療養費でしのいでいくのがいいと思われます。
9月14日追記 7例目のかた 朝方頭痛 関節痛が楽になってきた、時々かゆみでる
9月16日追記 10例目の方 9月12日食欲不振でた、夏ばて後なのでそのせいかと思うが、その後はすぐ消失と
       9例目の方 吐き気とだるみがでる、耳鳴りも出てきている。暑くなったり寒くなったり。
          IFNから比べればかなり楽。薬の副作用が出やすいひとなのでこのくらいで済んでいるのはいい方
       4例目の方 夜は疲れて休みたいって感じになると。
       2例目の方 IFNの時から続いているが夏ばてのような症状が続いている、薬のせいではなさそう。
     やはりソバルディと同じように倦怠感などはでやすいと思った方がいいようですね。高齢の方は要注意です。
9月19日追記 19例目開始
9月25日追記 12例目の方 足のむくみは出るが体重は増えていない 頭痛は前から変わらずで
9月25日追記 11例目の方 ふわふわ感が出てきてあまり調子よくない
       10日から飲み始めて、8時のんで11時にすごいだるみがでて1時間くらいでおさまり
       1週くらいででなくなってきた。
       IFNのときの倦怠感とは明らかに違ってすっきりいしてるけど、具合悪い感じだったと
       食欲も落ちているが、IFNほどではないので、治療中にお出かけできてるのはとても嬉しいと
       2週目からふわふわした感じと立ちくらみが有り気を付けている。
       具合悪いときはワイパックスとレンドルミンでしのげている寝れているとのこと。
       副作用が出やすかったひとには要注意であることは間違いなさそう。
9月29日追記 2例目 9月16日採血2週後RNA陰性化確認
 飲み始め30分で熱っぽくなる夕にはおさまる ドライアイ、寝汗がある。IFN中と似てる感じと
10月1日2日追記追記 陰性化確認増加
10月5日   7例目の方 関節痛がなくなってとても楽と だるみの無くなった方も増えています
10月10日追記 3例陰性化9例陰性となる
10月17日追記 2週目採血の方ウイルス2台でした 陰性化した方が2例増えて、11例となりました
10月19日追記 7例目陰性化 これで12例
10月23日追記 17例陰性化
10月28日追記 18例陰性化
11月2日追記  19例陰性化 25例目開始
11月4日追記 20例陰性化 26例目開始
11月13日追記 22例陰性化
12月2日追記 14例目の方 11月18日ふらつき強いため1日おきへ変更 12月16日まで投与となる ふらつきはこれによりよくなっている
       23例陰性化
12月9日追記 27例目開始 24例陰性化
12月15日追記 28例目開始
12月16日追記 29例目開始
1月4日追記 30,31,32例目開始
1月6日追記 33,34,35例目開始
1月18日追記 22例目の陰性かを確認25例陰性
1月27日追記 38,39例目開始 29例目陰性化 26例陰性
1月30日追記 33例目陰性化 27例陰性
2月1日追記 31例目陰性化 28例陰性
2月8日追記 数え間違い有り33例陰性化でした
2月11日追記 41例になる
2月19日追記 40例目の方 2月18日夜間転倒 眠剤の内服の影響もあるが要注意にて眠剤止めて様子見ている
3月4日追記 40例目の方、ハーボニー中止として、ヴィキラックスを3月1日より開始
3月7日追記 42例目開始登録
3月10日追記 44例まで追記 36例陰性化
3月15日追記 45例開始
3月23日追記 46例開始 41例陰性化
4月6日追記 48例開始 43例陰性
4月14日追記 56例になっていました
4月21日追記 45例陰性 38例が終了
4月26日追記 30例目の方 3ヶ月目でふらつき 42例目の方めまい有り様子見 45例目の方皮疹でプレドニン使用
4月27日追記 48例目の方 めまいから耳鳴に変わり耳鳴のあとふらつく感じ有りとかゆみも有り
5月6日追記 63例開始 48例陰性化
5月11日追記 65例開始
5月23日追記 2例陰性化追加
6月15日追記 SVR24に6例確認 65例陰性化確認
6月27日追記 SVR24は、まれな陽性になった場合にかきますが、かいていない場合は8ヶ月以上経っていたら陰性だと思っていただければ幸いです。遠方での診療の患者さんなどは後から確認になります。終了後6ヶ月の説明は1カ月後に受診で説明記録することが多いので基本7ヶ月後以降にわかります。
番号が前後しているので誤差ありますこと御了承下さい。
8月24日追記 終了後4週で1例再燃
11月1日追記 終了後8週で1例再燃計2例
11月30日 現在陰性化している人は74例中71例95.6%です。ダクルインザ・スンベプラ併用療法の陰性化率は70%となっています

記号の意味 ◎治療中の陰性化 ☆注意を要した場合 △陽性化 ○SVR24達成
武蔵野の研究班 メモになっています。武蔵野日赤の先生方が中心となってダクルインザ・スンベプラ併用療法で効果のなかった患者さんの耐性ウイルスの分析をしている国の研究班に血液を提供しているという意味でした。

2015年9月1日開始
◎○1例目 64才女性 1b 高ウイルス量 D168A弱陽性、D168V陽性、Y93H弱陽性なのでダクルとスンベはせず
ペグイントロン80 レベ200 うつ状態が出た方なので、とにかく副作用のない形でできるかを追求
シメプレビル再燃 少しでも早く陰性化させたいという思いで。でも苦しいなら次回の薬を待っても同様なので無理しない方向でとバニプレつかうも、再度、倦怠感皮膚症状でてすぐにやめた2015.5.13開始で3日間で中止。
頭痛と胸苦が最初でたがその後問題なし、心電図、心臓エコーでも軽度異常のみ。
9月9日追記 ちょっと足にかゆみが出ている。前にも出てたこと有り。
9月16日追記 1週目でRNA1.6
10月1日追記 2週目でRNA検出せず


◎○2例目 65才男性 1b 高ウイルス量 インターフェロン3回するも再燃、2015.3.6より少量で少しでもALT改善させたいと月2でペガシス45単独を開始、ハーボニーのため8月終了として9月開始
9月16日追記 IFNの時から続いているが夏ばてのような症状が続いている、薬のせいではなさそう。
9月29日追記 9月16日採血2週後RNA陰性化確認
 飲み始め30分で熱っぽくなる夕にはおさまる ドライアイ、寝汗がある。IFN中と似てる感じと


9月2日開始 11月24日まで
◎○3例目 70才男性 1b 高ウイルス量 B型でIFNの経験あり、自殺の寸前まで行ったと。なのでその後はIFNはしていない。
9月29日追記 2週目RNA1.2未満検出有り
10月23日追記 10月14日採血6週目RNA陰性化


◎○4例目 55才女性 1a 高ウイルス量 2013.4.3ペグレベ開始 2014.2.19陰性化して終了するも再燃 以後はせず
9月16日追記 夜は疲れて休みたいって感じになると。
9月30日追記 9月16日2週目RNA陰性化


9月4日開始 11月26日まで
◎○5例目 51才女性 1b 高ウイルス量 ぺぐ100 レベなし 無効例24週予定 シメプレ(ペガコペ少量)16週目で再上昇
2015年 1月14日水バニヘップ開始時6.7 1月28日2週目4.9 2月25日6週目3.6
ウイルス量減らず、倦怠感も強くなってきたため5月後半中止 次に備えて今回のハーボニー
10月2日追記 2週目1.2未満検出有り
10月23日追記 10月14日採血6週目RNA陰性化


◎○6例目 88才女性 1b 低ウイルス量 4.8 高齢、本人と家族の希望にて 初回治療
10月2日追記 9月18日2週目陰性化


9月7日開始 11月29日まで 新発寒
◎○7例目 63才女性 1b 高ウイルス量 そぶり(2014.5.12から開始)でペガシス30の少量だったが副作用強く4ヶ月で中断後、再燃 ペガシスの少量長期なども行ってきた方 高額療養費で
9月14日追記 朝方頭痛 関節痛が楽になってきた、時々かゆみでる
10月5日追記 1週目RNA2.3 関節痛なくなったのは本当に楽だと
10月19日追記 4週目RNA陰性化 5週目から目のちかちかする感じのどのいがいが感もあり粘膜の症状と思われます
2016.6.27追記 SVR24


◎○8例目 48歳女性 1b 抗ウイルス 副作用が心配でペガシス60少量長期月一回でようすみて来た。2015.8月でやめて今回ハーボニー。
10月5日報告 関節の腫れが少しあった。
10月23日追記 10月5日採血4週目RNA陰性化
2016.6.27追記 5月採血来れず、たぶん、SVR24


9月9日開始 12月1日まで
◎○9例目 女性 L31、Y93は野生型、1b高ウイルス量 肝がん治療中だったのでダクルスンベ内服できず、
9月16日追記 吐き気とだるみがでる、耳鳴りも出てきている。暑くなったり寒くなったり。
      IFNから比べればかなり楽。薬の副作用が出やすいひとなのでこのくらいで済んでいるのはいい方
9月24日追記 1週後ウイルス量1.2未満検出あり
10月17日追記 10月7日4週目RNA陰性化
2016.6.27追記 6月8日採血でSVR24確認


◎○10例目 女性 高額で D168A、D168E陽性 D168T、D168v弱陽性、L31M弱陽性 インターフェロン勧められるもしないで来た方、ウルソでふらふらするデータは改善するので体調見ながら服用していた。ハーボニー開始にてウルソは止めることとした。
9月16日追記 9月12日食欲不振でた、夏ばて後なのでそのせいかと思うが、その後はすぐ消失と
9月29日追記 9月16日1週目1.2未満検出有り
10月17日追記 10月7日4週目RNA陰性化
2016.6.27追記 6月1日採血でSVR24確認


◎○11例目 68才女性 1b 高ウイルス量 5.1
ペガコペ少量で陰性化するも再燃、少量長期などもチャレンジしていた方
シメプレとペガコペ少量で陰性化するも 終了後16週目で陽性化
12月3日水 バニヘップ試みるも 陰性化ならず中止 1月21日追記 6週目RNA4.0 2月14日追記 8週目RNA2.7
今回のハーボニー待ちとした
9月25日追記 11例目の方 ふわふわ感が出てきてあまり調子よくない
       10日から飲み始めて、8時のんで11時にすごいだるみがでて1時間くらいでおさまり
       1週くらいででなくなってきた。
       IFNのときの倦怠感とは明らかに違ってすっきりいしてるけど、具合悪い感じだったと
       食欲も落ちているが、IFNほどではないので、治療中にお出かけできてるのはとても嬉しいと
       2週目からふわふわした感じと立ちくらみが有り気を付けている。
       具合悪いときはワイパックスとレンドルミンでしのげている寝れているとのこと。
       副作用が出やすかったひとには要注意であることは間違いなさそう。
10月2日追記 9月25日採血約2週目陰性化
2016.6.27追記 6月1日採血でSVR24確認


◎○12例目 54才女性 1bhigh ALT150前後有り待てない
ペグリバも長期に行い無効、シメプレも無効例 1月21日水バニヘップするも消えずバニヘップ開始時5.8 2月4日採血2週目RNA4.5
IFNの最大量の治療をリバビリンは頭痛がひどく増やせずの方
9月25日追記 足のむくみは出るが体重は増えていない 頭痛は前から変わらずで
10月10日追記 10月3日3週目採血RNA検出せず
2016.6.27追記 6月11日採血でSVR24確認


◎○13例目 66才女性 1b 高ウイルス量 1993年にIFNしてうつ状態辛くて中止、その後IFN治療せずできた方 Y93、L31はいない
10月2日追記 9月25日採血2週目1.2未満検出有り
10月10日追記 10月3日3週目採血RNA検出せず
11月4日追記 くも状血管腫が出てたのがでなくなった、ヘルペス出やすかったのが出なくなった、
       少し喘息気味畑仕事したせいかな
       治療前にあった鉛をしょったような体のおもだるさもすっかりとれている
2016.6.27追記 6月10日採血でSVR24確認


◎○14例目 71才女性 1b 高ウイルス量 高額療養 ペガシス18の月一少量長期するも倦怠感あり
 耐性ウイルスはいないこと確認 ハーボニー待ちとした
10月2日追記 9月25日採血2週目1.2未満検出有り
10月23日追記 10月7日採血4週目RNA陰性化
11月4日追記 眠気ふらつき、夜間は不眠がある
12月2日追記 11月18日ふらつき強いため1日おきへ変更 12月16日まで ふらつきよくなっている
2016.6.27追記 6月17日採血でSVR24確認


◎○15例目 74才女性 1b 高ウイルス量 ペガシス少量長期などでしのいできた 肝がん再発繰り返してきた方
10月2日追記 9月25日採血2週目1.2未満検出有り
10月7日追記 Y93 変異有り L31なし
10月23日追記 10月7日採血4週目RNA陰性化
2016.6.27追記 6月15日採血でSVR24確認


9月14日開始 12月6日まで
◎16例目 83才 男性 1b 高ウイルス量 ペガシス9で月一長期でがんばってきた、普通量では全身の痛みでて続けられず
10月5日 9月28日2週後RNA陰性化 だるさも今はほとんど無い


9月16日 12月8日
◎○17例目 68才女性1b高ウイルス量 
59歳にIFNにて食欲低下脱毛有り、その後せず、少量ならできるかもと2015.1.9 少量ペガシスでソブリアードするも憩室炎悪化にて6週で中止、ウイルスも2.8までしか下がらず、夫脳梗塞後で過敏性腸症候群、腹痛繰り返し、安定剤も服用中であるが、早く治した方がいいため。D168E陽性、Y93、L31は陰性 ソブリ前に測定
9月30日追記 飲み始めて頭痛が朝あるけど、体はすっきりして、前の治療より遥かに楽
10月23日追記 9月30日2週目RNA1.8
11月4日追記 10月28日採血6週目陰性化確認
2016.6.27追記 6月17日採血でSVR24確認


◎○18例目 69才女性 1b 高ウイルス量
ペガシス90でふらつき有り、中止、ペガシス9を時々やるかたちだった。
9月30日追記 血圧上がってふらふらして具合悪かった、その後少し落ち着く
10月23日追記 10月14日採血4週目RNA陰性化
2016.6.27追記 6月8日採血でSVR24確認


9月18日 12月10日
◎○19例目 58才女性 1a ぺぐ602週1回れべ200毎日で 副作用無いかたちで無効例 シメプレ(ペガ月1コペ200) 16週で再燃
2015年1月16日バニプレ開始時5.3 2週5.14週4.9 なので、中止して ハーボニー待ちとしてた。 1Aだったので効きが悪かったのもありそう。
10月10日追記 10月2日採血2週目RNA検出せず
2016.6.27追記 6月3日採血でSVR24確認


9月25日 12月17日
◎○20例目 69才女性 1b 高ウイルス ペガシス少量でも胃の調子悪くなる、このため副作用が心配で肝硬変になってもIFNをしないで来た方、副作用が少ないこと発癌の可能性が高いことを説明繰り返しやっと治療する気持になった。
10月17日追記 10月6日2週目RNA2.4
11月13日追記 6週目11月6日採血 陰性化確認
2016.6.27追記 6月10日採血でSVR24確認


◎○21例目 55才女性 1b 高ウイルス IFNは使いたくない。耐性ウイルスではY93あり野生80%変異20% L31は耐性無し、155判定不能にてハーボニー待ちとした
10月17日追記 10月6日2週目RNA2.2
11月13日追記 6週目11月6日採血 陰性化確認
2016.6.27追記 6月17日採血でSVR24確認


9月28日新発寒 12月20日終了
◎○22例目 80歳 女性 1b高ウイルス量
ペガシス45での少量長期月2回するも皮膚症状強くなり中止 一度陰性化したが再燃 耐性チェックでD168EとY93Hが弱陽性だった 肝がんのハイリスクで有り治療を急ぐことが必要と考えたがダクルとスンベの手続き忘れあり ハーボニー待ちとなった
10月26日追記 インターフェロン後あったかゆみがなくなっている、朝飲むとむかむかするのが続いている、大きいのが飲みづらい、便秘気味はアローゼンでしのいでる。近医で採血してもらって月2回チェックしている。
1月18日追記 12月14日11週目陰性化 8週目とっていない。。。爪が白癬疑い1カ月前からと検査中


10月5日新発寒 12月27日終了
◎○23例目 56才女性 1b高ウイルス量 ペグイントロン502週1回 レベ200週1回 腎臓の副作用が出ないように減らして併用へ
 バニヘップは結局2014年6月22日開始 9月13日で12週 12月6日まで 8月24日中止 ウイルスは陰性化してるので再燃するかチェックへ。
ウイルス 3.4から4週で1.2未満検出あり ペグリバでここまで減ったのは初めて
6月22日バニヘップはじめて、胃部不快感で夜中に目が冷める 4から2T 2×朝夕食後に2週後7月6日より減量
7月13日血小板3.4万 3万切ったらIFN休薬へ髪の毛は抜けてきてる
8月24日追記 ウイルスは消えているが、白斑が広がっている、痒くなったあとにぬけている感じ。皮膚の症状悪化するようなので中止として再燃するなら、ハーボニー待ちへ8月24日中止とした
10月5日ついき9月7日1.2未満検出有り再燃となり 10月5日より開始となる
11月2日追記 10月19日2週後で陰性化
2016.7.25 SVR24報告終了

10月7日開始 12月29終了
◎○24例目 76才女性 1b高ウイルス量 肝硬変症(C型)
10月28日追記 10月21日2週目RNA陰性化
12月2日追記 外来で吐いた 検査のため絶食時間を長く取り過ぎたためだったよう
2016.6.27追記 6月17日採血でSVR24確認


11月2日開始 1月24日終了
◎25例目 66才 女性 1B高ウイルス量 Y93H陽性のためダクルとスンベせず ペグリバでうつ症状でて大変だった方、今回ハーボニー待ちで、地方から札幌へ来て治療
12月5日追記 11月16日採血2週後RNA1.2未満検出有り
12月9日追記 12月3日採血4週目陰性化


11月4日開始 1月26日終了
◎26例目 51才女性 1B高ウイルス量 ペグリバで副作用辛く、待っていた方。
12月2日 11月18日2週目 陰性化確認 2週間で2kふとったと。


12月9日 処方開始12月10日から内服 3月2日終了
◎27例目 71才男性 ゲノタイプ1b高ウイルス ソブリアード再燃 その後肝がんS5 15mm 2015年10月RFA施行後治癒
今回地元月一こちらで月一でフォローとする
12月22日追記 12月10日排尿時の違和感 12月12日おさまった データは正常化 ALT 13となる
1月4日追記 12月22日2週目RNA1.6
1月6日追記 かゆみおなかとやわらかいところ塗り薬塗っておさまる リンデロン出す
1月18日追記 1月6日4週目陰性化


12月16日 処方開始 3月9日終了
◎29例目 65才女性 1b 高ウイルス量 耐性はQ80L弱陽性 R155K弱陽性 Y93弱陽性 v36判定不能2014.11.19
2010.6.2HCVRNA6.0LogIU/ml
初診時ALT25 経過中32まで上昇あり、脾摘後で血小板33万ある
2016.1.27追記 12月25日10日目1.2未満プラス、1月13日採血にて4週目陰性化確認


1月4日 新 処方開始 3月28日終了
◎28例目 助成が来たので12月14日回予定としたが手続き煩雑なため予定通り1月からとした
 57才女性 1b高ウイルス量 ソブリやった方ペガシス30月1回 コペガスのまず そぶり毎日 そぶり4月20日で終了 3月17日追記 4週後陰性化
7月6日 6月も陰性化持続、ペガシスだけでもウイルス出てきていない。
10月5日追記 9月7日採血にて陽性 2.7 ハーボニー待ちへ10月助成だして12月には来た
12月14日 受診にて開始 11月9日採血ALT224まで上昇
2月1日追記1月18日2週目採血RNA1.2未満検出有り 節々のだるさIFNほどではないけどある感じ
2月8日追記2月1日採血4週目陰性化 かゆみがあり軟膏処方


◎30例目 55才女性 1b 高ウイルス量7.4 
初診時ALT26 その後 118で上昇有り 過去の治療歴無し
2月1日追記1月18日2週目採血RNA1.6
2月8日追記2月1日採血4週目陰性化 頭痛や湿疹少しあったが気にならない程度いまはない
2016.4.25追記 3月中頃から1日1回ふわっとめまいする、妊娠中になった症状と似てるとのこと。薬飲むほどではないとのことで様子みることとした


◎31例目 66才女性 1b高ウイルス量 6.1
初診ALT59 経過中ソブリアード開始し10台で経過 ソブリ2014年3月から8月終了 2014.12.1RNA1.2陽性再燃にて、データも落ち着いていたのでハーボニー待ちとした 2015.10月申請して12月にきた、1月から開始
2月1日追記1月18日2週目採血RNA1.2未満検出せず 1日3回突っ張ってたのがなくなって、体もとても軽くなって20代のときにも感じたことない体調の良さですと、なめ茸納豆もおいしくてすごいよかったですと。


◎32例目 67才女性 1b高ウイルス量
初診時ALT40 経過中85まで上昇 ソブリペガコペ少量2014.5月から10月 陰性化するも10週目で1.2陽性で再燃、耐性あり(耐性D168A弱陽性、D168v陽性、Q80陰性、Y93H弱陽性)ダクルスンベはせず、バニヘップ検討するもせずに、ハーボニーへ
2月1日追記1月18日2週目採血RNA1.2未満検出有り
2月8日追記2月8日4週目陰性化 食欲でてたのがおさまった


1月5日開始 3月28日終了
◎39例目(登録あとからになったため) 72才女性 1b高ウイルス量 フェロン単独 無効 副作用出せないためそれ以上はせず HCV薬剤耐性 D168やL31、Y93BMLのインベーダー法で薬剤耐性ウイルス無し
1月27日追記 1月18日採血 2週目RNA2.0
3月10日追記 2月24日7週目陰性化


2016年1月6日処方 3月30日終了
◎33例目 41才女性 1b 高ウイルス量初診時6.4 L31Y93変異無し 副作用少ない薬まっていた
1月20日追記 くびのまわりに痒み発疹ははっきりしない、リンデロン軟膏処方。
1月30日追記 2週目RNA陰性化

◎34例目 75才女性 1b 高ウイルス量 2014.4。9から9.24ソブリペガシス普通コペ減量 終了後12週RNA3.8と再燃
耐性D168弱陽性 D168v陽性 Q80L31Y93はなし 耐性いるのでハーボニーへ
1月30日追記 2週目RNA1.2未満検出あり
3月10日追記 2月17日 6週目陰性化


◎35例目 77才女性 1b高ウイルス量2015.10.30RNA6.4 薬剤耐性INV法 Y93H陽性
1992年慢性肝炎(C型)指摘、2001年IFN施行し、AIH様変化起こり中止。2006.7.5からペガシス45μgを月1回ペースで施行、トランスアミナーゼ正常化するも倦怠感強いため9.27で終了。
遠方でもあることから、その後はハーボニー待ち、地元ではこのままでいいのではと言われたりもしたと。。。
2月3日追記 1月21日2週目1.2未満検出有り ふたの開け方慣れるの大変だった。ふらつきは少しあった。
3月15日追記 2月3日4週目陰性化


2016年1月18日処方 1月19日から開始4月12日まで 新発寒
◎36例目 70才女性 1b 高ウイルス量
インターフェロン拒否の患者さん 耐性ウイルスL31とY93なし
2月8日追記 1月30日11日目 HCVRNA1.4
3月14日追記 2月29日6週目HCVRNA陰性化 かゆみは有るがいつもの乾燥肌の時期なのでと


◎37例目 70才女性 1b 高ウイルス量
2015.11.20 HCVRNA 6.3LogIU/ml
1994年他医にてC型肝炎指摘され、1997年12月から6月IFNするもウイルス減らず。
2月8日追記 1月30日11日目 HCVRNA1.8 症状全くないと 食事がおいしくなってきているので気を付けていると
3月14日追記 2月29日HCVRNA陰性化 症状なし


2016年1月27日処方 28日から内服 4月20日終了
◎38例目 58歳男性 1b高ウイルス量 出張多く、IFNせずできてたかたL31、Y93の耐性無し
初診時 RNA 1400K 1b型 AST53 経過中80まで上昇したこと有り AFPも10を超えるようになってきた
2015.12.18 HCVRNA5.2
3月9日追記 2月24日4週目でウイルス陰性化


2016年2月10日処方 2月13日から内服5月6日終了
☆△40例目 89歳女性 1b 高ウイルス量 L31Y93野生型
初診時2015.12.2RNA 5.7 ALT29 33となることもあり 倦怠感強く治療希望あり
血小板数13万と低下傾向あり
エコー,CT3月予定 他医ではHCCなし
2月19日追記 2月18日夜間転倒 眠剤の内服の影響もあるが要注意にて眠剤止めて様子見ている
3月4日追記 眠剤の中止では症状改善せず、ハーボニー中止し改善、再開するにはリスクがあることから中止として、拠点病院と相談し、ヴィキラックスに変更し3月1日より再治療とした。
3月10日追記 2月26日2週目 1.2未満検出有りになっていた


2016年2月3日処方 2月3日から内服4月27日終了 2016.3.7登録になっている
◎42例目 68歳男性 1b 高ウイルス量 仕事休めないためインターフェロンせず
初診時2015.11.11 ALT47 50を超える経過もあり
3月7日追記治療後2週目で 2016.2.17HCVRNA 


2016年2月10日処方 2月11日から開始5月4日終了
◎41例目 67歳女性 1b 高ウイルス量
ペグイントロン80 レベ400レベだけ減らしてる そぶりで再燃待てないのでかゆみまだ残っているがしたいと そぶり後の耐性
168a弱陽性 168v陽性 Y93弱陽性 ブリストルのを取ってみると野生型だった
2015年12月9日追記 11月11日終了後3ヶ月目1.2未満検出有り ソブリ、バニプレ再燃でハーボニー待ちだった
2016.3.10追記 2.242週後採血1.2未満検出有り
2016.3.23追記 3.94週後陰性化


2016年3月9日処方 3月10日から内服6月1日終了
◎43例目 77歳女性 1b 高ウイルス量 6.8LogIU/ml 副作用心配とIFNしないで来た方
2016.4.1追記 3.23 2週目RNA1,2未満検出有り
2016.4.20追記 4.6 4週目ウイルス陰性化


◎44例目 79歳男性 1b 低ウイルス量 4.5LogIU/ml 治療歴なし
2016.4.1追記 3.23 2週目RNA陰性化


2016年3月14日処方 3月15日から内服6月7日終了
◎45例目 女性 1b高ウイルス量 シメプレ再燃 無効として パニプレ再燃
助成が来るのがちょっと遅れて2月ではなくて3月開始となる。
2016.3.28追記 かゆみ有るが湿疹はない 結構痒い、アレルギーの薬は飲んでいる状態での話 様子みる
2016.4.11追記 3.282週目採血でRNA陰性化確認
2016.4.25追記 4.18ころよりくびの湿疹かゆみ強くなっている アレグラは飲んでいたが、プレドニン5mg追加としてみる

2016年3月23日処方 24日から内服 6月15日終了
◎46例目 79才女性 1b高ウイルス量 前医にて肝生検 2007.10.18CH(F1/A) 少量ペガシスするも中断
2016.4.20追記 4月13日採血3週目で陰性化確認


2016年4月5日終了 他医にて終了
◎47例目 74歳女性 1b 高ウイルス量ウイスルは消えているとのこと
ペガコペ少量するも貧血にて4回中止、少量で3年、ハーボニーに向けて終了とした方


2016.4.6処方 7日から内服 6月29日終了
◎△48例目 1B 高ウイルス量 70歳女性 ダクルとスンベの再燃例
ダクルスンベ前は 耐性ウイルス Y93とL31なし Q80LとT54ありそぶりが聞かない理由が分かった。効果あるパターンで有ったことからダクルとスンベにて 陰性化するも再燃 ハーボニーへ
2016.3.2採血 LSIの採血でL31、Y93、Q54耐性ウイルスは全てあり 武蔵野の研究班に追加で提出
2016.4.22追記 19日めまい回転性有り、その時だけでおさまる。少し前額部に皮疹でてるがかゆみなし様子見とする。
2016.4.27追記 めまいは落ち着いてきたが、耳鳴りがあってそのあとにめまいが出てくるようになった、かゆみは体の中で移動して言ってる感じ、眠剤を飲んでいる人なのでふらつきが夜に来ないように薬を調整、アレルギーの薬めまいの薬を追加して何とかしのげるようにしてもらう。
2016.5.6追記 4月22日 1.2未満検出あり
2016.6.1追記 5月18日採血にて6週目陰性か かゆみなくなり、めまいも薬で落ち着いた耳鳴りがまだでるときがある
2016.8.24追記 7月29日終了後4週で再燃 5.6 8月10日より右殿部から下肢に帯状疱疹出現


2016年4月8日処方 4月9日から7月1日まで
49例目 82歳女性 1B高ウイルス量
2009年IFNするも1回うって中止 狭心症予備軍と言われている
2016.5.6追記 4月22日 1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月3日 8週目RNA1.2未満検出あり

◎50例目 37歳女性 1b高ウイルス量 仕事休めないのでIFNせず未治療で来た方
2016.5.6 4月22日 2週後RNA陰性化


◎57例目 69歳女性 1b高ウイルス量 新規治療
2016.4.20追記 4日目で嘔吐頭痛あり、サプリ飲んだらなんとか落ち着いて、その後は大丈夫。ただハーボニー内服で四時間くらいすると頭重感倦怠感がで
てくるのでサプリでしのいでいるとのこと、ロキソニンも処方してみて様子みる。
2016.4.27追記 2週目で陰性化確認


2016年4月8日処方 4月9日から7月1日まで 2016.4.14追加登録
◎55例目 80歳女性 1b高ウイルス量 初回治療
2016.5.6 4月22日 1週後ウイルス量 1.3
2016年5月24日 5.6採血4週目で陰性化


◎56例目 72歳女性 1b高ウイルス量 ペグリバで間質性肺炎後
2016.6.16追記 5月25日6週目RNA1.2未満検出せず


2016年 4月12日内服開始の形で 7月4日まで 他医にて
◎51例目 56歳男性 1b高ウイルス量 ダクルスンベ治療後に再燃
Y91L33ないので168弱陽性なので大丈夫として開始したが再燃 シメプレ無効
武蔵野に検体提出
2016.5.14追記 4.25 2週目でRNA陰性化確認
研究班泉班耐性 L31、Y94 Q54、Q62、NS3はQ80、D168に変異有り


2016年 4月11日処方 4月12日内服開始の形で 7月4日まで
◎52例目 68歳女性 1b 高ウイルス量 ソブリの再燃
2016.5.9追記 4.25 2週後RNA陰性化確認


2016年4月13日処方 4月14日開始 7月6日終了
◎53例目 ダクルスンベ再燃 Y93陽性ダクルスンベ再燃 武蔵野提出 残薬有り1
2016.4.27追記 1週間目で倦怠感増強、ネオフォーゲンで楽になるとのことで、抗炎症剤をついかしてみる。ネオファーゲンは止めてみる。
2016.5.23追記 5.11 4週目 RNA1.2未満検出なし陰性化


◎54例目 80才女性 1b 高ウイルス量 肝がん治療後 初回治療
2016.5.6追記 4.27 2週目 RNA1.2未満検出有り
2016.5.23追記 5.11 4週目 RNA1.2未満検出なし陰性化


◎62例目 68歳男性 1b 高ウイルス量
2016.5.6追記 4.26 2週目 RNA1.9
2016.5.23追記 5.11 4週目 RNA1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月8日8週目RNA1.2未満検出せず


2016年1月17日から3月23日内服 他医にて導入終了
◎58例目 70歳女性 1b 高ウイルス量 ペガシスコペガス少量長期するも陰性化ならず、
3週目 1.2未満検出
7週目陰性化 副作用ほとんどなし、ペグリバの頃からみれば夢のようと


2016年4月27から内服開始 7月19日終了
◎59例目 1b高ウイルス量 じんましん心配、
処方開始するも 飲むのは3ヶ月後とした。アレルギー疹有り心配とのこととで。
2016.5.23追記 5.11 2週目 RNA1.2未満検出なし陰性化


2016年5月6日処方 5月7日開始 7月29日終了
◎60例目 76歳女性 1b 高ウイルス量 ダクルとスンベ再燃例
今回の耐性分析は、L31、Y93 Q54 全て変異有り 武蔵野班へも提出
2016.6.16追記 6月3日4週目RNA1.2未満検出せず

◎61例目 81歳女性 高齢まてず ダクルスンベ治療中再燃例 武蔵野研究班提出 残薬有り2
2016.6.16追記 6月3日4週目RNA1.2未満検出せず
2016.7.29終了 もうこの年なら治らなくていいと思っていたけど、治ったと聞いたら嬉しいもんだねと、笑顔で話していました。このままSVRになってくれたらいいなあ。


◎△63例目 58歳女性 1b 高ウイルス量 肝硬変 腹水むくみ強くサムスカ使用にて軽減
ダクルスンベの再燃例 武蔵野研究班 採血提出
2016.5.25追記 10日目でRNA1.2未満検出有り
2016.6.16追記 6月3日4週目RNA1.2未満検出せず
2016.11.30追記 8.26検出有り2.1再燃


2016年5月11日処方 5月12日から8月3日まで
◎64例目 53歳女性 肝癌治療後 ダクルスンベ前 耐性調べ31なしy93弱陽性 168陽性 待てないので開始
ダクルインザ・スンベプラ併用療法にて再燃 残薬有り3
武蔵野の採血提出
2016.6.5追記 5.20 9日目RNA1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月8日4週目RNA1.2未満検出せず


◎65例目 57歳男性 1b 高ウイルス量 IFN単独二回治療するも再燃
2016.6.5追記 5.20 9日目RNA1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月8日4週目RNA1.2未満検出せず


◎69例目 77歳男性 1b高ウイルス量 IFN歴あり ダクルスンベで再燃(治療前Y93なし 168、80ありだった) 武蔵野班提出
2016.6.5追記 5.20 9日目RNA1.2未満検出あり
2016.6.16追記 6月8日4週目RNA1.2未満検出せず


2016年5月13日処方 5月14日から8月5日まで
◎66例目 70歳男性 1b高ウイルス量
ダクルスンベ無効 残薬有り4(ダクルスンベ前 肝がん治療後待てず、耐性チェックにてQ80陽性 D168陽性 93,31陰性)
武蔵野班提出
2016.5.24追記 かゆみ強くなったので ザイザル処方 ビリルビン軽度上昇
2016.6.1追記 5月24日 10日目でRNA2.6まで低下 かゆみ飲み薬でたまに飲む程度 ビリルビン1.2と正常化
2016.6.18追記 6.10 4週目 RNA、1.2未満検出あり
2016.7.25追記 7.10 8週目 RNA陰性化確認
2016.11.1追記 10.12採血にて 終了後8週目再燃確認

◎67例目 75才女性 (ダクルスンベ前データ 血小板は14万 Y93とL31なし Q80Rありそぶりが効かない理由が分かった。168E弱陽性)ダクルスンベ再燃 武蔵野採血提出
2016.6.11追記 2週目5月中で陰性化


2016年5月18日処方 5月19日から8月10日終了
◎68例目 44歳男性 1b 高ウイルス量
2016.4.22初診 HCVRNA6.9 ALT 54
初診時 エコー,CTでは肝がんなし
インターフェロン単独療法で効果なし 不詳 助成なしで 身障で無料で開始
2016.7.25追記 7.13 8週目 RNA陰性化確認


2016年6月13日処方 14日から9月5日終了
70例目 84歳女性 1b 高ウイルス量 助成4月からで来てたが、本人わからず6月に変更して開始となる
ペガシス少量するも倦怠感強く中止

2016年6月21日開始 9月13日終了
◎71例目 39才男性 1b高ウイルス量 血小板低下 待てないとダクルスンベするも治療中に再燃 残薬有り5
武蔵野班提出
2016.7.25追記 6.30 9日目 RNA2.3
2016.8.24追記 7.4 2週目RNA1.2未満検出有り 7.275週目で検出せず


2016年7月11日処方 7月12日から内服 10月10日終了
◎72例目 80才女性 1b高ウイルス量
インターフェロンの少量でも皮疹が出やすくむくみ下肢炎がでるためできず。単独でだめだったので、ハーボニーを待っていた。ca拮抗薬飲んでいるので、ハーボニー
5日目より皮疹でるも何とかしのげるとのことで続けている。プレドニンを14日目より併用とした。
2016.8.22 8.1の3週目で陰性化確認 関節痛少し有り、プレドニン5mg 継続


2016年10月5日処方6より開始 12月28日終了
73例目女性 genotype1b 6.3LogIU/ml 初回
2016.11.2追記 10.19 2週目RNA1.2未満検出有り
2016.11.30追記 11.16 6週目 陰性化


2016年10月7日処方 8日開始 12月30日終了
74例目 女性 1b 高ウイルス量 L31に耐性ありハーボニーへ
2016.11.30追記 11.18 6週目 陰性化
コメント (110)
この記事をはてなブックマークに追加

ソバルディ C型肝炎2型用 38例中35例終了 32例陰性 1例中止 1例中断 終了後再燃2例 SVR21例 92才が最高齢 11月17日更新

2016年11月30日 | C型肝炎ウイルスの治療
 
5月25日より発売開始でつかえるようになりました。ソフォスブビル ソバルディ錠400mg 開始になった方の背景を紹介していきたいと思います。助成がすぐ使えないので、使えるようになるまでは高額療養制度を活用していただいています。
第一例目が日本ではじめての症例になったそうです。みんなまだ助成がないので使うの躊躇してるのもあるようです。。。2015.5.27作成 6.8更新3例目追記 6月10日症状追記めまいがきつそう 6月13日4例目5例目追記
6月23日追記 6例目追記、この間ヘモグロビンが12g/dlを超えず実施できてない患者さんが4名ほど。C型肝炎のデータを落ち着かせるために、貧血気味でコントロールしてたかたについては、まずは貧血の改善を目指しています。再起に開始した2例が陰性化、採血のタイミングでずれがありますが2例目の方は10日目で陰性化していました。
6月24日追記 2例目の方 回転性のめまいがあった2,3日でおさまったが
6月26日追記 7例目開始 5例目の方データがとてもよくなって泣きそうと喜んでいました。うるうるしました。
7月3日追記 8例目開始 4例目の方ウイルス量測定2週目追記
7月6日追記 3例目の方陰性化確認 9例目開始
7月10日追記 4例目の方 寝れなくなってきてる寝付けず途中で目が覚める レンドルミンだしてみる
       貧血進行ありヘモグロビンが12から11へ下がった コペガス朝1に減らす
7月13日追記 6例目の方 コペガス10日から夕休んで朝2つにしてる 眠れなかった
       貧血10.8まで下がったので、ちょうどいいかも
7月13日追記 9例目の方 1日目だるみあったが、2日目から普通になった。
7月15日追記 1例目の方 めまいはなくなり頭痛は少し、不眠も改善してきた。
       眠剤飲まないでも寝れるようになってきている
7月23日追記 8例目 7月16日採血 2週で陰性化
7月24日追記 7例目 18日めまいにて救急病院 メリスロン錠6 6T 3×食後で少しいいがまだありと、コペガス夕2つを一つにしてそれでもだめなら夕はゼロにするように話す。もともとふらつきやめまいの出やすい方ではある。
2週目7月10日で陰性化した。
7月29日追記 11例目開始
8月3日追記 9例目 7月27日3週目の採血にて陰性化確認
      8例目 28日くらいより、口数少なく元気なくなってきており、
       貧血も若干進んでいるためコペガスを夕二つ減量、
       発熱もあるため尿路感染によると判断し抗生剤を開始とした
      6例目 レンドルミンで眠れるようになった
8月6日追記 8例目 その後も倦怠感増強食欲もなくなり興奮状態もあるため残りのコペガスとソバルディも
       8月6日より休薬
      12,13,14例目開始
8月7日追記 8例目の方食欲出てきて元気になってきたため、ソバルディ再開としてみる。
       調子悪ければ無理しないこととした
      15例目開始
8月25日追記 16例目開始
8月26日追記 10例目 8月3日 3週目で陰性化確認
        Hb10を切る貧血進行あり、8月9日より朝コペガス1となっている17日にはその後10こえ
      2例目終了 かゆみはないがアレルギーの薬で鼻水が止まって助かってたと
      14例目 2週目で陰性化確認
      17例目開始
8月26日追記 11例目 Hb2週で2.9低下11.9から9.0となり 夕のコペガス止めとする 1週後再度採血追加
9月2日追記 18例目開始
9月4日追記 4例目、5例目の方終了とても喜んでいました。
9月8日追記 19例目開始
2015.9.9追記 14例目 コペガスを夕1つ増やしても全然大丈夫、肝臓の状態や体調良くなってきているからと思われる。
       増やしたのに貧血も改善している
9月13日追記 20例目開始
9月16日追記 16例目の方 頭痛、古傷の痛み、皮膚の乾燥あり、薬処方
      18例目 以前から有った倦怠感かわからない感じと、かゆみは少しあるが薬飲まないで様子みたいと
          2週でHb1下がったので、コペガスを夕一つへ減量
9月18日追記 17例目の方 9月9日1週後1.3 症状ないのでコペガス600へ増量
      19例目の方9月18日追記 頭痛はあるが前と変わらない頭痛、ふらつき少しあるが大丈夫とのこと
      貧血の進行はないのでコペガス400から600へ増量してみる
9月29日追記 15例目まで治療中の陰性化確認
10月23日追記 18例陰性 1例中止後再燃
10月24日追記 19例陰性
11月9日追記 20例陰性
11月20日追記 24例目開始
11月27日追記 15例目の方 治療終了後1カ月 認知症気味で口数が少ない方だったが、すっきりしてはきはきしゃべれるようになっている、以前はぼおっとしてたと本人もしっかり話してくれていてびっくり
2015.12.22追記 14例目の方 終了後 髪の毛が抜ける感じがありとのこと、3ヶ月目以降である感じ
12月25日追記 15例目治療後1カ月で再燃 2例陰性化確認 計22例陰性中
1月18日追記 26例目開始
2月11日追記 27例目開始
2月12日追記 28例目開始
2月19日追記 29例目開始
2016.2.22追記 9例目終了後4ヶ月目 むくみがすごく強くなっている日がある 体重は増え気味 様子みることとした
3月7日追記 30例目開始
3月15日追記 25例陰性
4月4日追記 26例陰性
4月27日追記 28例目 終了後のふらつき 31例目血小板減少にてコペガス減量
5月2日追記 27例目の方終了 31例目の方も陰性化
5月11日追記 32例目開始
6月8日追記 34例開始
8月11日追記 35例開始
11月9日追記 37例となる
11月14日追記 38例開始

記号の意味 ◎治療中の陰性化 ☆注意を要した場合 △陽性化 ○SVR24達成

2015年5月26日開始  8月17日まで 終了 日本ではじめての使用だったそうです。びっくり。
◎○1例目 genotype 2a 高ウイルス量 コペガス3錠 ペグリバで副作用強く中止歴あり陰性化まではいっていない 高額療養費使って開始 ALTは基準内だが、血小板は20万から15万へと低下傾向に有りなるべく早くしたいと開始
6月2日追記、ひどいめまいと吐き気出現し、2日目の夕からコペガス2錠を止めて内服
6月10日追記、ひどいめまいは落ち着いたが、めまいは持続、コペガスを止めずにもう少し頑張れそうと継続。コペガスが少ないので貧血は起こっていない
6月23日追記 6月10日の2週目採血で陰性化検出せずになっていた。
7月15日追記 めまいはなくなり頭痛は少し、不眠も改善してきた。
       眠剤飲まないでも寝れるようになってきている


2015年6月2日開始 8月24日まで 終了
◎○2例目 genotype 2a高ウイルス量 高額療養費申請にて
 初回治療としてペガシス90コペガス2の半量で2015.3月開始するも2ヶ月で陰性化ならず
体重換算でコペガス4の基準量として開始
6月12日追記 だるみぼおっとする感じある かゆみはちょっとある IFNの頃とは比べものにならないくらい
6月23日追記6月10日の採血で陰性化 10日目採血と言うこと
6月24日追記 回転性のめまいがあった2,3日でおさまったが
8月26日追記 かゆみはないがアレルギーの薬で鼻水が止まって助かってたと


2015年6月8日開始 8月30日まで 高額療養費申請にて
◎○3例目 新発寒の方 genotype 2b 高ウイルス量、コペガス3錠の標準量で開始
ALT高値のため2015年2月よりペガシス少量月1回で新薬待ちをしていた、以前普通量の治療で眼底出血ありその後インターフェロンでは再治療していなかった。
近くの医療機関でネオファーゲン週3回している
7月6日追記 6月22日採血 2週後RNA陰性化


2015年6月12日開始 9月3日まで 高額療養費申請にて
◎○4例目 72才 2a 高ウイルス量
ペグリバなどしても副作用強く量は減らして行ってきて、消えず、2014.10.8テラビックするも レベトールのめずで ペグイントロン50とテラビック3で開始4週で陰性化するも治療後4週で再燃
リバビリンは皮膚症状が強くのめない。今回、コペガス3で開始 インターフェロン併用時にでた皮膚の副作用が少なくて済むことを期待している、アレルギーの薬を一緒に処方。
2015.6.26 いぜんの治療と比べてとっても楽、こんなに楽なんだと喜んでいました。
2015.7.3追記 2週目RNA1.2未満検出あり
7月10日追記 4例目の方 寝れなくなってきてる寝付けず途中で目が覚める レンドルミンだしてみる
       貧血進行ありヘモグロビンが12から11へ下がった コペガス朝1に減らす
8月26日追記 8月4日採血 8週目陰性化
9月4日追記 終了にて、喜んでいた。こんなに楽によくなるなんてと。


◎○5例目 68才 2a 2015年2月よりペガシス60の少量月一、初回IFNとなる。この量ではウイルス減らず、かゆみ出てきているとのこともありソバルディに変更 コペガス3錠。
6月26日追記 AST202から54へ ALT180が42に2週で改善、泣き出しそうって喜んでくれていました。私も思わずうるうるしちゃいました。皮疹は継続しているけどだんだんとよくなってくれそうです。
7月10日追記 皮疹改善、倦怠感がとれていろんな仕事ができるようになったととっても喜んでくれています。
貧血は14から12と進行しているがふらつき等は全くないと
7月10日4週目採血にて陰性化確認
9月4日すごく体が楽になってうそのようですと喜んでいました。


2015年6月22日開始  9月13日まで 高額療養費申請にて
◎○6例目 77才 2a 高ウイルス量 コペガス4から 手続きすごい簡単でしたという方でした。よかったあ。
2006.7.13から12.7 ペガシス90、5ヶ月でうつ状態となり中止の既往あり
7月13日追記 コペガス10日から夕休んで朝2つにしてる 眠れなかった 貧血10.8まで下がったので、ちょうどいいかも
8月3日追記 レンドルミンで眠れるようになった
2ヶ月目で陰性化


6月26日開始 9月13日まで
◎○7例目 2a 高ウイルス量で,ペガシス単独週1回90 48週で再燃、再度チャレンジして ペガコペするもふらつきついよいためコペガス中止 陰性化するも新薬が近くなったので4月終了で5月再燃。
コペガス3つで開始とした。
7月24日追記 18日めまいにて救急病院 メリスロン錠6 6T 3×食後で少しいいがまだありと、コペガス夕2つを一つにしてそれでもだめなら夕はゼロにするように話す。もともとふらつきやめまいの出やすい方ではある。
2週目7月10日で陰性化した


7月3日開始 9月17日まで
◎☆8例目 80才 女性 2A 5.9高ウイルス量 インターフェロン歴あり辛かったががんばった。再燃。
肝硬変 高齢であるが、本人とても楽しみで治療を希望された。
7月23日追記 7月16日採血 2週で陰性化
8月3日追記 28日くらいより、口数少なく元気なくなってきており、貧血も若干進んでいるためコペガスを夕二つ減量、発熱もあるため感染症の合併を疑い抗生剤を開始とした
8月6日追記 その後も倦怠感増強食欲もなくなり興奮状態もあるため残りのコペガスとソバルディも8月6日より休薬
8月7日追記 8例目の方食欲出てきて元気になってきたため、ソバルディ再開としてみる。
       調子悪ければ無理しないこととした、その後中止し 2ヶ月後再燃


7月6日開始 9月27日まで
◎○9例目 2a 高ウイルス量6.4 37才女性 高額の認定証来たので
いままで3回チャレンジして、消えてないので心配と 直前はペガ90コペ200少量10回で喘息でて中止
過去 ロフェロン88回無効で、アドバフェロンも施行した
7月13日追記 9例目の方 1日目だるみあったが、2日目から普通になった。
8月3日追記 7月27日3週目の採血にて陰性化確認
2016.2.22追記 むくみがすごく強くなっている日がある 体重は増え気味 様子みることとした


7月12日開始 10月4日まで
◎○10例目 セロ2 6月25日予定としていたが、鉄剤での貧血改善狙い、12を超えたので7月12日開始とした
ペガシス単独療法60を月2回では消えず 肝硬変症(C型)代償期として治療
コペガス3で開始
7月27日追記 まったく症状ないと
8月26日追記 10例目 8月3日 3週目で陰性化確認
        Hb10を切る貧血進行あり、8月9日より朝コペガス1となっている17日にはその後10こえ
10月5日追記 9月20日 夕一つ追加して Hb10以上で経過 無事終了となった


7月29日水 10月21日まで
◎○11例目 77才 2b 6.6 2013.8.21からペガシス30 月1回 10月から月2回その後45に増やし2014.8月から陰性化、ペガシス60で半年陰性化続いた時点で次の飲み薬も出てくるので終了とした3.27 2ヶ月で再燃
コペガス3で開始
8月4日1週後の採血で2.8のウイルス量となっていた
8月26日追記 Hb2週で2.9低下11.9から9.0となるがあり 夕のコペガス止めとする
9月29日追記 9月9日採血でRNA陰性化6週目


8月4日水 10月28日まで
◎○12例目 女性 80才 ALT40代 血小板12万 高額ちょっと間に合わず同月内で処理方向で 鉄剤使うもHB10で上がらず コペガス600のところ400から開始とする
2008年11.28よりペガシス45月一開始、ペガシス90月1回で陰性化したりするも再燃を繰り返していた、2015.1.16テラビックするも、痙攣出現し止め、2015.1.30で終了として、のみのみまちとした。
8月26日追記 ウイルス量2週後1.9
9月29日追記 9月2日採血4週目で陰性化


◎○13例目 男性 74才 ウイルス5.8 2b Hb10.4のため コペガスは600のところ400から開始
ペガシス45 月1回からウイルス減って、1.2陽性になるも再上昇し、7月15日終了時は陰性化していた、それまで下がらずだったのでソバルディ内服へ切り替える。
8月26日追記 2週目陰性化確認


◎○14例目 女性 73才 2a 4.5 Hb10台のため、受診頻回できないこともあり、コペガス200から開始 
2015.4からペガシス30 月一から始めるもウイルス減らず、眼底出血ありちょうど休むでよかった 7月で終了し 今回8月からソバルディ開始
8月26日追記 2週目で陰性化確認
2015.9.2追記 眼科も大丈夫言われたと 貧血進行ないのでコペガス夕1追加 計2つとする
2015.9.9追記 14例目 コペガスを夕1つ増やしても全然大丈夫、肝臓の状態や体調良くなってきているからと思われる。
       増やしたのに貧血も改善している
2015.12.22追記 髪の毛が抜ける感じがありとのこと、3ヶ月目以降である感じ


8月7日開始 10月30日まで
◎△○15例目 女性 83才 2a 6.1 肝がん治療後待てない。認知症あるも家族本人の希望にて開始 貧血10から11に鉄剤で回復後開始
8月26日追記 2週目で陰性化確認
12月25日追記 15例目治療後1カ月で再燃 11月27日RNA4.2と再燃 肝がん発症治療へ、本人以前は治療しないといっていたが、やる気が出てきてびっくり


8月26日開始 11月17日まで
◎○16例目 女性 54才 2a 6.2 IFN既往有りβ56回するも途中で再燃した無効例 コペガス600の基準量で開始 少しでも早くしたいので高額療養費で開始
9月16日追記 頭痛、古傷の痛み、皮膚の乾燥あり、薬処方 9月9日2週後RNA1.9
10月21日追記 10月7日7週目ウイルス陰性化


◎○17例目 女性 55才 2a 6.2 初回 体重少ないので コペガス400で開始 貧血はなくHb14台
9月18日追記 9月9日1週後1.3 症状ないのでコペガス600へ増量
10月23日追記 10月7日5週後陰性化


9月2日開始 11月24日まで
◎○18例目 2a高ウイルス量 IFN1回したこと有り うつ病になり治療できず、今回ソバルディコペガス800の標準で開始
9月16日追記 以前から有った倦怠感かわからない感じと、かゆみは少しあるが薬飲まないで様子みたいと
      2週でHb1下がったので、コペガスを夕一つへ減量
9月29日追記 9月16日2週目RNA1.9
10月23日追記 10月7日6週目陰性化


9月4日開始 11月26日まで
◎○19例目 67才女性 2a抗ウイルス 2008年ペグレベするも腹痛下痢の副作用強くすぐ中止、このため、2009年ペガシス少量チャレンジするもいらいら上昇にて中止、
9月18日追記 頭痛はあるが前と変わらない頭痛、ふらつき少しあるが大丈夫と貧血の進行はないのでコペガス400から600へ増量してみる
9月29日追記 9月18日2週目1.2未満検出有り
10月23日追記 10月16日6週目RNA陰性化


9月12日開始 12月4日まで おんねゆ
◎△20例目 63才男性 ゲノタイプ2 セロタイプ2 初回治療 ALT150以上あり
10月24日追記 2週後1.2未満検出有り 4週後RNA陰性化
1月9日追記 1月4日終了4週後RNA6.3再燃


10月5日 12月27日終了
◎○21例目 53才男性 2bhigh ペガコペ、ペグレベ無効例 かゆみだるみはあった方 助成が来てから 8月9月で使えるか7月6日に申請して9月20日に助成が来た。
コペガス800から開始、1000へ増やせるか。以前かゆみが強かったため減量から開始
11月9日追記 11月2日4週目陰性化確認


10月7日 12月29日終了
◎22例目 77才男性 2a高ウイルス量 後期高齢者75才以上なので 外来で12000円で可能 ダクルスンベで2aが残ったので国の助成使えず、貧血あるが、ALT200こえ進行が急速であるため、使うコペガス1つから
10月30日追記 10月21日2週目1.2未満検出有り
11月13日追記 11月4日6週目検出せず


◎23例目 62才女性 2a高ウイルス量 他医から依頼
過去のペガコペで再燃、貧血も辛かった。 コペガス4から開始
10月30日追記 10月21日2週目1.2未満検出有り
11月13日追記 11月4日6週目検出あり
12月25日追記 12月2日 8週目RNA検出せず


10月23日金開始 1月14日終了
◎24例目 49才女性 2a 高ウイルス量 開始時RNA6.5 新規治療 コペガス錠800普通量で開始
11月20日追記 10月30日採血 1週後RNA2.3
11月27日追記 11月20日 4週目採血RNA1.2未満検出有り
12月25日追記 12月18日 8週目RNA検出せず


◎25例目 69才女性 2a 高ウイルス量 血小板少なく AFP高値37.2
IFN勧められるも断ってきた方、
1月6日67 痒みは開始時もあり
ソバルディとコペガス3つ開始
2月19日追記 1月22日2週目ウイルス陰性化


2016年1月18日処方 1月19日から開始4月12日まで
◎26例目 92才女性 2a 低ウイルス量
ALT52 経過中80代まで上昇あるも本人インターフェロン希望せず、ソバルディ待ちとした
2016年2月8日追記 2月1日2週目ウイルス陰性化確認 肌の色改善 口数も増えている

2016年2月8日処方9日開始 5月2日終了
◎27例目 男性 2a高ウイルス量 フェロンレベ、ペガコペ、うつ状態あり、少量でするも再燃パターン
2016.4.4追記 3月7日4週目 採血陰性化確認

2016年2月12日処方13日開始 5月6日終了予定だったが4月20日で飲みきってしまった。。。
◎28例目 36才男性 高ウイルス量 初回治療 HCVRNA 6.5 ALT98まで上がる倦怠感あり
3月15日追記 2月26日2週目HCVRNA1.3
4月8日追記 3月25日採血 6週目 HCVRNA陰性化確認
2016.4.27追記 多めに飲んでいたときがあって4.20終了となった かゆみは治まってきた。飲み終わって不あっとふらつく感じがあったとのこと、今は大丈夫。

2016年2月19日処方20日開始 5月13日終了
29例目 58才女性 2b 高ウイルス量 コペガス600mg
4月8日追記 3月11日3週目 HCVRNA1.8検出あり 遠方のため中断。

2016年2月22日処方23日開始 5月16日終了 3月7日登録
◎30例目 42歳男性 2015.5.1採血 2a 4.3LogIU/ml 低ウイルス量 今回開始時は5.3で高ウイルス量となっていた
フラッシュバックあり得るため少量で開始ペガ90コペ600で、皮疹いらいら出現有り、無理せず中止として、再燃、コペガス600の減量で開始
2016年3月14日追記 3月7日採血2週目HCVRNA陰性化確認


2016年4月8日処方 4月9日から7月1日まで
◎31例目 84歳男性 2a 高ウイルス量 肝がん治療後
2016.4.22追記 血小板減少あり,コペガス2から1へ減量
2016.4.27追記 血小板減少続いているのでコペガス1錠をさらに週3に減量
2016.5.2 4月22日2週目 採血ウイルス陰性化
2016.5.20 血小板回復 HCC治療後の影響だったよう コペガス毎日にもどした


2016年5月11日処方 5月12日から8月3日まで
◎32例目 80歳女性 2a 高ウイルス量 Afあり IFNペガシス少量するも倦怠感強く中止
2016.6.1追記 5.24 2週目でウイルス陰性化 もともと倦怠感強い人


2016年6月8日処方 6月9日から8月31日まで
◎33例目 26才男性 genotype 2a 6.7高ウイルス量 コペガス3つで開始
治療歴ありペグレベ12週で再燃
2016.7.20 7月4日HCVRNA陰性化確認


34例目 60歳女性 2B 高ウイルス量 コペガス3つで 初回治療
2016.7.20 7月4日HCVRNA1.2未満検出有り
2016.9.21 8月3日8週目HCVRNA陰性化確認


2016年8月10日内服は11日から11月2日終了
◎35例目 75歳女性 2B 高ウイルス量 他医にて2011.1月肝生検 CH:A2,F3 ペグレベ2011.2から8でしてた ウイスル消えず瀉血してた
治療希望にて来院
2016.9.21 9月7日4週目HCVRNA陰性化確認


2016年10月12日処方 13にち開始1月4日終了
◎36例目 62歳女性 genotype 2a 高ウイルス量
2016.11.9追記 10月26日 2週目1.2未満検出有り
2016.11.16追記 11月9日 4週目検出せず


2016年11月2日内服は3日より開始 1月25日終了
37例目 79歳女性 genotype 2b 高ウイルス量
2016.11.30追記 11.16 2週目 1.2未満検出有り

2016年11月14日 内服は15日から 3月6日終了
38例目 44歳男性 genotype 2a 高ウイルス量 6.9LogIU/ml 初回治療
コメント (64)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

○FMアップル B型肝炎訴訟応援枠 2016年11月28日月 午後4時から30分にいってきました

2016年11月29日 | FMアップル ニュースJapan
161128FMアップルきっときっと

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○FMアップル B型肝炎訴訟応援枠 2016年11月28日月 午後4時から30分にいってきました
FMアップルでのB型肝炎訴訟応援放送も午後4時から有ります。
http://www.ustream.tv/channel/8155634
エリア外はインターネットで見れますので是非生中継みてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
肝がん検診団では各地での医療講演を実施、肝炎の最新治療や食事の重要性、肝がん検診を知っていただくことをメインに活動を継続しています。

ニュース
C型肝炎の新しい薬が、11月発売開始になりました。高齢者の方や血圧の薬や腎臓の働きが低い方にも使いやすい薬になると言うことで、これまで以上にやさしい薬になりそうです。
飲み薬の新薬情報も、次々と出てきてます。
また、ダクルインザ・スンベプラ併用療法でウイルスが消えなかった人の治療法の効果も徐々に明らかになってきています。
基本的には、繰り返し治療をすることで消えて来ているのが現状です。2回目で消える確率は7割前後と待って治療した人達と比較すると最終的には同じくに効果が出ていますから、早く治療できた分、よかったという人が沢山いるといえます。

国の助成制度の申請が、B型肝炎の核酸アナログ製剤を飲んでいる方については、検査データと処方内容がわかるものでいいことになっています。患者さんにとってはとても楽ちんな助成申請になったといえますが、もっと簡単になってくれるにこしたことはないです。C型肝炎でウイルスが消えた方データの落ち着いている方には、助成がないことなど、全国で年2回の画像チェックを助成する動きが広がっていることから北海道でもこういった人達に助成が広がってくれたらと思います。

これまでの取り組み 道新などでの告知など、新しくつながる方がでていてとてもあ
りがたいです。
10月25日火 せたな医療講演
11月4日金 福岡医療講演
11月5日土 名古屋医療講演
肝がん検診は11月19日苫小牧 20日せたなで行ってきました

啓発活動 全道各地 いろんな集まりで声をかけていただければありがたい。
10月29日 石狩 リンクル 健康まつり 図書館 10時から4時まで 啓発活動してく

11月18日期日 原告団交流
地区交流会
札幌市内
11月13日 清田豊平合同
11月27日 厚別白石
12月2日 南区中央区西区

今後の予定
啓発活動 全道各地 いろんな集まりで声をかけていただければありがたい。
区毎に交流会などを計画している
ハンドブック作成を手懸けている 活動や状況、病気のこと、今後のことなど

仲間を増やしていく、地方交流会をすすめている
連絡先 0112311941 弁護団の方に

肝がん検診は2月19日札幌で行います。1月中から予約受付開始です。
今回は場所が変わります。かでる2・7ではなく、桑園メディカルプラザ3Fの水色の木もれ陽研修センターになります。
住所は
札幌市中央区北11条西15丁目2-1桑園メディカルプラザ3F
問い合わせ先は、011-350-1008 の肝がん検診団の留守番電話になります。

道内での医療講演の予定
演題名
元気で長生きのコツ伝授します!?
B型・C型ウイルス性肝炎は副作用少なく飲み薬で治る時代

講師 肝がん検診団団長
   札幌緑愛病院 肝臓センター所長 川西輝明
演者からのメッセージ
体を作る食事の大切さ、ボケ防止、がんの予防のヒントになれば。
肝臓専門医が自分の体験とともに語ります。
原始人食ダイエットや野菜スープなどすぐ役立つ話が盛りだくさんです。
アーシング無料体験コーナーも有り

12月16日 午前10時から 岩見沢市民会館 多目的室(1+2) 
1月28日 午前10時半から 水色の木もれ陽研修センター その後交流会を予定してい
ます。
2月はじめ 石狩市 総合福祉センター りんくる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンガーソングライターあきのギター弾き語り付きは きっときっと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回、12月26日FMアップル
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第28回 北海道門脈圧亢進症研究会 ご案内演題募集 2017年3月25日にむけて準備中

2016年11月28日 | 学会研究会報告
 
第28回 北海道門脈圧亢進症研究会 ご案内演題募集 2017年3月25日にむけて準備中
日時:2017年3月25日(土)13:30~17:30(予定)
  ※世話人会:札幌医科大学記念ホール 1階 会議室 12:30~13:30 
会場:札幌医科大学記念ホール
住所:札幌市中央区南1条西18丁目

謹啓
時下、先生方におかれましては、ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、第28回北海道門脈圧亢進症研究会を開催する運びとなりました。
つきましては、会員皆様より多数の演題を下記の要領にて募集いたします。奮ってご応募ください。ご多用とは存じておりますが、ご臨席賜りますようお願い申し上げます。
謹白
《演題・抄録提出期限》1月27日(金)
《演題応募要項》
演題名、施設名、発表者氏名(かなを振ってください)、
共同演者名、抄録(800字以内)をメールにてお知らせ下さい。
《演題申込、抄録送付先》
〒065-0024 札幌市東区北24条東3-3-7
カイゲンファーマ株式会社 小西久美
TEL 011-742-1960
メールアドレス h_konishi@kaigen-pharma.co.jp  
《発表方法》
コンピューターのみ(パソコンの種類をお知らせください。会場にはWindowsのPCで、ソフトPPT2007 を準備しています)
 尚、今回は以下の先生に招聘講演をお願いしております。

《特別講演》16:30~17:30予定
「胃静脈瘤に対する内視鏡治療の新たな試み」
演者:福島県立医科大学会津医療センター
消化器内科学講座 教授 入澤 篤志 先生

代表世話人: 札幌厚生病院 第三消化器内科   佐藤 隆啓
当番世話人: 医療法人 菊郷会 札幌センチュリ-病院  町田 卓郎 
共   催  : 北海道門脈圧亢進症研究会・カイゲンファーマ・大塚製薬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

C型肝炎の最新治療 DAA無効例をどうするか 熊田先生の講演から 2016.11.26実施

2016年11月27日 | 学会研究会報告
 
IFNフリー治療のこれまでとこれからーDAA無効例をどうするかー
熊田博光先生
の講演の中で、再燃例への治療の話しがありました。基本的には次々出てくるので、将来は明るいと思うと言うことは言えそうです。
以下講演の中の話しのメモです。誤字脱字解釈の間違いあり得るので気を付けてください。写真は見通しが明るいってことで飛行機から見た富士山にしました。
この中ででてくる肝硬変は、特別に説明がない場合は代償期肝硬変のことです。注追加2016.11.29
○1型の再燃例にはどうするか
1.ハーボニー
2.ピブレンタスビルと他
3.ギリアド
4.ヤンセン 3剤
5.MSD 3剤治験するかどうか の5種類がある

実際ハーボニー ダグアスで無効だった67例に使った 肝硬変の方は46%いた。
SVR12 69% SVR24 60%
ILがある肝硬変は36%のSVR12

JDDWのダグアスのSVR12で集めたのをまとめてみた 計72.7% リバビリン抜くと69.9となった。
ハーボニーで治る人と治らない人は何が違うのか ダブルもシングルもあるが
ダグアスが再燃か無効なのか再治療の効果に関係ありそう 効いた人は再燃が17中12例
効いた人には、ダグアスの再燃の人が多いことがわかった。
効かない人はダグアスの無効例の人が多かった
ダブル耐性(L31とY93の変異を両方もっている人)とは関係が無かったと思われると
新たな変異は、でなかったと

同じレジメンの再治療はするべきではない?という既成概念があるだろうと
(同じレジメンでも効く人がいるのは明らかハーボニーだって繰り返し使って消えている人がいるから既成概念と言えるかな。。。)
ダグアスの無効例30例を入れてみた来週のMSDの講演で

将来は再燃無効例に対しても将来は明るいと。

新しい薬の開発 ブリストルマイヤーズから
ジメンシー
3と5Aと5Bのコンポーネントを併せた治験
ダクラ+アスナ+ベクラブビル 耐性17例を含んでいた
薬剤中止例だけが治らなかった、3週目無効と6週目は治った、2週目で中止例で再燃した
4週以上使えたら消えている感じ
R30は関係無かった
ビリルビンが上がるので気を付けないとならない
治験はやっていないが、承認が2月にはでるのではと
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪景色

2016年11月22日 | 花、植物、風景
 
 
 
朝雪が降って、あちこちにちらっと積もっていました。木々には枝に雪がついて樹氷になりかけに見えました。その後暖かくなって溶けました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

せたなの風景

2016年11月20日 | 花、植物、風景
 
 
展望台から街を見た風景、風車も綺麗ですねえ。三本杉岩と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肝がん検診2016年 苫小牧19名 せたな48名受診 大成功

2016年11月20日 | 肝がん検診
 
 
 せたなの保健師さんといつも町民の健康を願って頑張っている保健師さんたちです、いつもありがとうございます。写真は左から保健師さん、私、検査技師さんですー。
苫小牧せたなの肝がん検診いってきました。せたなでは朝雨が降っていましたが、昼には天気になってきました。脂肪肝の方とても熱心に食事について聞いてくれていて、関心が高まっているのを感じました。幸い肝がんの方はいませんでしたが、肝炎の治療を検討した方がいい方が2名ほどいましたので引きつづき通院するよう促しました。
またいつも診てもらっている先生が専門ではないので、この治療方針でいいのだろうかと相談に来られる方もいました、しっかりと治療が上手く行っているので安心して下さいと伝えることができました。

写真はせたなのゆるキャラのセターナちゃん。平成27年3月決定したそうです。めんこいですねえ。
波(海)の妖精セターナちゃんです。町の花スイセン、町の鳥カモメ、「せたな」のSをモチーフとした奇岩、せたな町の町章をあしらっています。とのこと
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

みかんの効能 体にいいけど食べ過ぎには注意です

2016年11月19日 | ダイエット
 
 
愛媛からみかんを取り寄せて、そのなかにみかんの効能が書いている紙がありました。こんなにあるんだあってびっくり、もうおなかが空いたらこれでしのいでいます。あはは。

【ご存知ですか?みかんの意外な効能】
その1.ご存知、みかんにはビタミンCがたくさん含まれています。免疫力がアップして風邪を吹き飛ばしてくれます。
その2.みかんに含まれる甘酸っぱいクエン酸。クエン酸は疲労回復に大きな効果をもたらせます。1日1個のみかんが疲労回復に大いに役立ちます。
その3.果物にはカロチノイド色素というものが含まれています。その中に今注目されているβークリプトキサンチンという発がん抑制効果の高い種類がありますが、みかん、下記には特異的に多く含まれています。
その4.みかんはできるだけ内皮とそれについたスジも一緒に食べましょう。ペクチンという食物繊維が豊富に含まれていて、実だけ食べるの比べて4倍もの繊維を摂ることができます。便秘解消に効果が期待できます。またヘスペリジンという、血管や血液を元気にする物質も含まれています。
その5.眠気を覚まさせたいとき、みかんの皮をつぶして香りをかいで下さい。この香りが眠気を覚まし、頭をすっきりさせてくれます。ストレス解消にも効果があります。
その6.みかんの果肉を包む内皮(じょうのう)には脂肪を分解し、さらに体内への吸収を抑える働きがあることがわかりました。ダイエットをされる方にも最適なフルーツと言えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

C型肝炎の1型の人達への新しい薬と2型の人へのくすりが増えました!!

2016年11月15日 | C型肝炎ウイルスの治療
C型肝炎セロタイプ1型(ゲノタイプ1aと1b用)の飲み薬の新薬がまたでます!!
2型の人にはヴィキラックスも適応になりました。

経口C型肝炎治療薬「エレルサ®」(エルバスビル:NS5A阻害剤)および「グラジナ®」(グラゾプレビル水和物:NS3/4プロテアーゼ阻害剤)といいます。
下の図の左の二枠に属する薬になります。
 
2016年9月28日製造販売が承認されて、11月なかすぎには使えるようになるのではと言われています。これまた、1日1回エレルサは1錠、グラジナは2錠、12週間、飲めばいいタイプの薬です。薬の値段は3ヶ月で390万弱、ヴィキラックスと同じくらいの値段ということで決まったようです。
C型肝炎ウイルス治療薬として、ダクルインザ・スンベプラ、次にハーボニー、次にヴィキラックスと登場してきました。こんどは、この薬です。今まで、高齢者(80歳の方まで治験に参加しています)や、腎臓の働きの悪い人、高血圧の薬(カルシウム拮抗薬高血圧では飲んでる方が多い薬)を飲んでる人に注意が必要だった部分が比較的安心に使えるという薬になっています。
その他の併用薬に注意が必要な部分はこの間の薬で共通してる部分が多いので大丈夫かと思いますが注意が必要です。
とくに透析を受けている患者さんでも99.1%の効果があったと言うことはすごいことです。

飲み薬中心の薬での耐性ウイルスへの配慮はほとんど必要ないとは言われていますが、この間耐性がでてきている患者さんへどのくらいの効果があるかなど今後のデータの集積が望まれるところです。それにしても、約97%が治癒するということで、こうなると本当に差がないと言える時代になっています。耐性があると言われている薬でも繰り返し使えば効果があるとも言われていて、費用面がクリアされるならどんどん使って治る人は治していける方がいいのではと思えてしまいます。。。治らない場合はより治りにくくなると言う面が注意点として言い割れていますが、それでも、発癌率から見ていくとそれすらもクリアしてしまうくらいに治る人が多いとも言えるかも知れません。

2型の人への薬もソバルディの他にヴィキラックスも使えるようになります。リバビリン併用は同じですがこの際のリバビリンはレベトールだけになる点が注意です。

さらに来年2017年はパンジェノタイプと言って、C型肝炎初ウルスのほとんどの型に使えるという薬が登場してきます。治りにくいと言われる方も効果がありそうだという話しも聞こえてきています。治験の結果期待したいところです。

参考
日本におけるC型肝炎の患者さんは、肝炎症状のないキャリア(持続感染者)を含めると150万〜200万人いると推測されています*1。また、日本の肝がんによる死亡者数は1975年以降急増しており、2013年には約3万人が死亡し、肺がん、胃がんに次いでがん死亡の第3位となっています。また、肝がんの原因の約80%はC型肝炎ウイルス由来であることがわかっています*2。
*1 C型肝炎治療ガイドライン(第5版)
*2 国立がんセンター がん対策情報センターによる「がんの統計’14(2014年更新版)」
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加