さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

円安もほどほどに…

2015-02-28 13:53:50 | 抜き書き

<「・・・合衆国にいくら現金があるか知っている、ジャック?」あの銀行で聞いたことを思い出した。「千三百億ドル」「そうよ。ところが、ちょうど二倍の現金が海の向こうにある。・・・どうしてだかわかる?」「わからない」「ドルは世界でもっとも信頼されている通貨だからよ。みんなその価値を信じている。ほしがっている。当然政府はそれを大喜びしている」・・・「感情的な問題じゃないのよ。ビジネスの問題なの。ちょっと考えてみて、ジャック。ブカレストの誰かの引き出しに百ドル札が入っていたとする。つまり、私たちの政府はグリーンと黒のインクで刷った紙一枚を百ドルで彼らに売ったわけ。いい商売ね。しかもそれは信頼されている通貨だから、その百ドルはブカレストの引き出しにたぶん長年しまわれているわ。合衆国としては、その外国資産を引き戻す必要もない。ドルが信頼されているかぎりは、何も失わないのよ」>「キリング・フロアー」リー・チャイルド下P40~41より

海外で自国通貨が出回ることはいい商売なんだ。まして円が高くなればもっといい商売になるんだ。

為替で思い出すのは ロシアとギリシャだ。

ロシア滞在では ルーブルが足りなくなって 円で両替してもらうと なんと 米ドルで両替するのと比べて、なんと 3割ほど安かった。なぜかと聞くと 円はロシアではあまり流通していないから安い、とのことだった。
ギリシャは ドラクマという通貨単位を持っていた当時のことだった。ギリシャでは 仕事を端折って あちこち観光したいと思い、入国時に 米ドルをかなりのドラクマに両替しましたが、残念ながら仕事はトラブって、観光はかなわず、手元に余ったドラクマを 米ドルに替えかえそうとしたら、出来ないと断られた。外貨を持たないギリシャは 外貨の持ち出しを制限していたのです。旅行者の小銭まで…

円は スイスフランと並んで世界でも非常に偽造しにくい通貨といわれている。また、為替市場でも 非常時に強い円という立場は出来上がっている。 

これ以上の円安を防げば、世界に日本の信用 円は 広く流通することになるでしょう… 円高歓迎論がなぜ広まらないのだろう?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 嘘に痛みはなくなった? | トップ | 残された時間を計算すると… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

抜き書き」カテゴリの最新記事