さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

中日戦のTV中継増やしてほしい…

2013-05-31 18:55:00 | ダイアリー
29日のロッテ戦に負けて、最下位になり、中日ドラゴンズの高木監督は(今後はスタメンに成績不振のベテランに替えて)若手を使うといったという。普通のことじゃないかと思ったが、早々に今シーズンの成績を諦めた発言ではないかとの憶測が飛んでいるという。

確か高木監督は就任2年目で前の監督は落合氏。落合氏は監督時代、勝負は一試合一試合というよりシーズンという長丁場で考えるといって(負け試合だとわかると一線級を引っ込めたり出さなかったりしていたような気がする)戦って、負け試合も最後まで全力で戦ってシーズンの成績がいまいちだった巨人と好対照だった。結果、成績は良かったが集客力がないと、契約は更新されず、監督は高木氏にバトンタッチ…

監督交代のいきさつからして、球団が高木監督に期待するのは成績よりも集客力だろうから、高木監督がこだわっているのは観客数の方だろう…
技術力体力精神力でファンをうならせるプレーができる若手がたくさんいるに違いない…

今までは次期江川ヘッドコーチ+松井監督が公にされていた原監督が見ものだったが、これからは高木監督の采配ぶりも面白そう…
コメント

ポテトサラダは月一ぐらいかなー

2013-05-30 18:32:22 | 抜き書き
トーストにハムやはちみつをのせ、冷たいトマトジュースに、熱いコーヒー。ベルトを緩めるほどは摂らないが、一日のうちで朝食が一番ご機嫌だ。
旅に出ても、昼食は時間が来るから摂ることが多いし、夕食は疲れがでるうえ会食の場合は話やお酒の方に気を使う…

<ピーターは快い疲れで眠りにつき、翌朝目をさまして・・・・・ワッフルとメイプルシロップを勧めてくれた(ものをとると)・・・・・ワッフルはかりっと焼き上がっており、ベーコンはそれ以上にかりかりで、オレンジジュースはきりっと冷えていて、コーヒーはやけどしそうなほど熱かった。・・・・・ピーターはひと口ずつ味わって食べ、コーヒーのおかわりにはイエスと答えたが、三枚めのワッフルには残念な思いでノーと答えた。ズボンのウェストのあたりが苦しく感じられるようになってきたのだ。>シャーロット・マクラウドの「水のなかの何か」P169~170より

朝が一番頭も体もすっきりしているせいだろうか?
ぎりぎりまで寝ていたら話は違うと思うので朝食嗜好は目覚めが早い年寄りだけだろうか?
コメント

これも格差拡大ということ?

2013-05-29 19:19:26 | ダイアリー
景気回復期待や住宅購入意欲が高まっていることなどから、3大都心部の地価(3%未満のようです)が、3か月前と比べて上がっているという…

いいことなのだろうか?

これから住宅を買おうという方にとっては ×
住宅を持っている方にとっては固定資産税↑で ×
これから住宅を相続する方は相続税↑で ×
住宅を売って地方に移住する方にとっては ○

自然の豊かな地方は、特に仕事と縁の切れた退職者にとっては、魅力的だが、車がないと買い物や医療面での負荷は大きいし、文化や親族とも離れてしまう…

確かオランダだったと思うが、老人ホームやケアーハウスは、ほとんどが、お店屋さんが軒を連ね、大病院が近くにあり、公共交通の整備されている都心部に集中していた。
また、パリをはじめ西欧諸国の都心部での一人暮らしは半数を超え、80歳以上の方の半数は一人暮らしというという。

年を取っても、そのまま都心部に住み続けている方が多いということは、土地が上がってハッピーな方々は土地を売ったり貸したりしている大地主さんだけ?
コメント

危機感を持っているなら危機感を表して…

2013-05-28 19:09:39 | ダイアリー
財務省は個人国債を毎月発行することにしたという。
これは金利の低下で国債の魅力が薄れ、国債が売れなくなったためで、年間1.6兆円売る(個人資産から国が年1.6兆円借金する)ために、今まで3カ月毎に発行していたものを毎月発行に変えて売れ行きを良くしようという施策…

個人国債は、元本保証である点、個人しか買えない点、1万円単位で買える点、途中解約も可能な点が特徴で、10年満期物は2003年から、5年物は2006年から、3年物は2010年から発行されている。発行当初は金利もそこそこで特に株価低迷時に人気はあったが、最近は金利が(10年もので税引後金利は0.04%)低く売れなくなってきた。最近の株高や円安の進行で、投資信託や外国資産等の金融商品の魅力が高まってきたも売れ行きを悪くしているようだ。

日銀と政府は1年後を目安に物価を2%引き上げようと必至。ということは少なくとも2%の利率がないと元本割れ?また、元本保証なら預金の方が解約等手続きは簡単で慣れている?
どうみても個人国債は金融商品として魅力はないと言わざるを得ない…

唯一訴えられるのは復興国債・助け合い債でもあるということか…
個人国債のTVコマーシャルにタレントを使うより、3.11直後のACジャパンの全国キャンペーン広告をアレンジした方がいいのでは?
コメント

TPP参加で議員の待遇も変わったりして…

2013-05-27 18:39:46 | ダイアリー
今日公開された衆院議員の資産等の報告書によると、東京都23区に住居を持ちながら赤坂や青山の議員宿舎に入居している議員が24名もいることが判明したという。

議員宿舎への入居基準では23区に住居を持つものは入れないことになっているが、持ち家に家族や親族がいる、他人に貸している等の理由があれば入居が許されているという。

国が議員一人にかけているお金(給与+調査費+通信交通費+秘書人件費+政党助成金)は年間1億800万円。給与だけとっても年間2200万円で、米国の1600万円($90円ベース)、カナダの1250万円、英国の1000万円、ドイツの1150万、韓国の800万円と比べてもダントツに高い。

議院宿舎の家賃が高額(所得に見合うや家賃)に設定され儲けは国庫に収まるものであれば結構な話だが、ちなみに80㎡3LDKの赤坂議員宿舎の家賃は8万4千円/月ほど(民間相場では40万/月)で借りなきゃ損?

今日の記事を見て議員のやりたい放題に改めてやり切れない気持ちになった人は多いと思う。
給料や厚遇を是認しなくてはならないのなら、働きを2倍以上=議員数の半減以下にしてもらわねばならないでしょう…
コメント

マイナンバーというより管理番号でしょ?

2013-05-26 18:41:17 | ダイアリー
先週金曜に国民全員に番号を割り振る共通番号制度が自民、公明、民主、維新の会、みんなの党などの賛成で可決した。
これは2015年に11桁ほどの番号を国民一人一人に振り分け、知らしめ、この番号のもとに、すでに我々に振り分けられ、運用されている社会保障番号(現在は90種類以上の番号がばらばらに管理されているという)体系や納税番号体系を引っ付けるもの。

1968年から共通番号制度は検討されていたが、国民の金融資産の把握を主な目的にしていたもので日の目を見なかったが、4年ほど前の民主党政権になって所得に見合う公正な社会保障の給付と事務等の効率化には共通番号が必要と内容を変え、これが先週法律として成立した。
政府や役所が信用されていなかったのか、システム構築予算がなかったのか、役人が仕事を取り上げられるのに反対していたのか、共通番号制が成立したら困る人が多かったのかは不明だが、これでほとんどの先進国で採用されている管理システムが日本にも実現した。

2016年からの共通番号制の運用は、税と社会保障関連の管理を主にするが、以後、親族関係、金融口座、所有する固定資産、賞罰歴、各種免許等々が共通番号のもとに管理し得るか検討されえるだろうが、管理範囲が広くなればなるほど国家と国民の関係は硬直化する。
小さな行政(行政の効率化)は借金を軽くするにはよいが、一部の公人にはといえども、個人情報のかなりの部分を瞬時に把握されるのは、心理的に自由かつ遊びやゆとりを拘束するもので、あまり歓迎したくはない。税と社会保障以外への発展は要注意ということか…
コメント

ただ単に思うだけ…

2013-05-25 17:15:59 | 抜き書き
人生の意味とはなんだろう?
「メディチ家の暗号」を読みながら、ふと、イーディーが目をぬぐいながら言った「それで、これからどうする?」を常に問い続けることではないだろうかと思いました。

<「今晩のような気分のときは、人生の意味を考えてみるのもいいかもしれないね。どのようにして、終わらせるのか」「わたしたちは、ひとりひとり、まったくちがった結末をつけるのよ」「それはそうだけど、そこに共通した真理があるんじゃないかな」「おそらくそういうものは、ないのよ」「なにもかもが幻想、すべてが無意味だというのかい?死後の世界を信じようが信じまいが、ただひとつ、ほんとうに重要なのは、ほかの人たちになにを残すかということじゃないのかな。それは、偉大な美術作品であったり、死後何世紀にもわたって人々に聴きつがれる美しい音楽、いや、わが身をかえりみずに人のために尽くしたすばらしい人間だったという思い出だけでもいい」「そうかもしれない」イーディーはグラスの中身を飲み干し、自ら注ぎ足した。「でもなにをしても、なにを後の世に残しても、それは徐々に色あせ、やがて消えてしまう。・・・・・いつの日か、モーツアルトの音楽も忘れ去られ、キリストの言葉も意味を失う。人々にどのような貢献をしても、それは記憶の彼方へと消えていく。あの偉大なジョージ・ハリソンの曲のタイトルにもあるようにね。All things must pass(すべては去りゆく)」「まったくそのとうりさ」ジェフはそう答えて、グラスを掲げ、おどけて乾杯の仕草をした。ふたりは声をあげて笑った。「それで、これからどうする?」イーディーは目をぬぐいながら言った。>マイケル・ホワイトの「メディチ家の暗号」P345~346より
コメント

株は損を少なくすることが一番の近道という…

2013-05-24 19:06:57 | ダイアリー
株価の乱高下が激しい。昨日の日経平均はザラ場で1400円動き、前日比1143円安で引け、今日は1000円動き、終値は前日比128円高であった。

なぜ急に激い?
・日米ともに、債権から株式市場にお金が逃げ、債券が値を落とし、金利を上げ、さらに黒田日銀総裁が長期金利の上昇(→0.8~1.0%)を是認するとも思える発言をしたことで、値の張る不動産株や金融株が値を下げたこと、
・日米欧の金融緩和で大金を集めたヘッジファンドが、日経平均16000円を、一応の、ピークとみて昨日から大量の売りを仕掛け、今日にかけて買い戻しや売りをくり返したこと、
・超高速で売り買いを可能としている東証のシステムも値の激動を後押しした格好か、
・昨日の午前中に発表になった中国の経済指標がわるかったこと、
・一昨日米国FRB議長が年内に量的緩和縮小の可能性を示唆したこと、などによる変動といわれている。

日経平均は昨年11月中旬から、さしたる下げもなく一本調子で、8割以上値を上げ続へ、最近では円安のスピード以上に値を上げて、業績予想もよいとはいえない会社の株式まで、循環物色で拾われ、値を上げてきた。昨日今日の株価の乱高下はこうした株をふるいにかけるもので、また、株価の一服は、日本市場の健全性を示したとの見方もある。

今後日経平均は14000~16000円のレンジで(激しく)動き、年末はあわよくば17000円と、朝のTVでいっていた…

株価は理屈や正論で動くものではなく、多くの(株を売り買いする)人と同じ意見・見方に沿うものという…

消費税↑の閣議決定時は要注意だが、今年の株の売り買いは来週からかな?
コメント

相手から敵だとされたらどう反応すべきだろうか…

2013-05-23 19:10:17 | ダイアリー
韓国の大手新聞社が、広島と長崎への原爆投下は神からの懲罰だと書いたという…

NHKが当新聞社に問い合わせると、新聞社は、問題の記事は論説委員の個人の見解で新聞社の見解ではないと語ったという。
強権独裁国家を別にして、新聞掲載記事に新聞社が責任を持たない国はないので、韓国紙は信じられないコメントを出したことになる…

ただ、韓国マスコミにとって、米国は神様、日本は敵国なら、原爆=天罰は筋が通る話なのだろうが、敵国に爆弾を投下してもよいとする主張には、原爆を肯定している論理が潜んでいる。

韓国には核兵器の原料のプルトニウム抽出のため核燃料再処理工場の建設を秘密裏に乗り出したが米国の反対で最近断念した経緯がある。
ということは韓国紙のみならず韓国も原爆を肯定し、保有を考えているとみてよさそうだ。

韓国は北朝鮮に核兵器を放棄すべく、日米中露とともに働きかけているが、本気なのだろうか?
また、北朝鮮との間に、核は朝鮮半島では使わないという密約があるとすれば、韓国はどこに核兵器を突きつけようとしていたのだろうか?
コメント

白票は投じたくないもの…

2013-05-22 18:54:04 | ダイアリー
昨日は、みんなの党は維新の会とは連携しないと決めたとのニュースがあり、今日は参議院選挙に向けて、民主党は社民党とはお互いに選挙協力をしようと幹事長が話し合ったとのこと。各党の参院選体制が詰まってきているような感じです…

国会の会期延長はないようですので、参院選の公示日は、これから40日後の7月4日、投票日は7月21日(日)で決まりのようです。

昔、衆院選は政党に入れ、参院選では候補者に投票するといわれていましたが、候補者に投票するといっても個人的に知らない人ばっかりだし、候補者が当選しても陳情に行くことはないだろうし、選挙の時に演説していたことがコロッと変わる政治家は日常茶飯だし、やっぱり政党に入れるのが無難なようです…

今回の選挙の争点は:
・憲法改正の是非(特に96条改正の是非)
・年金改革を含む社会福祉制度の見直し(格差是正と称してバラマキにならないか否かと1千兆円の借金の返済案とのからみで)
・議員定数削減を含む選挙制度改革の内容(衆院議員数の削減数と参議院の存在意義への見解)
・経済成長戦略への是非(アベノミクスの三本目の矢はバラマキならないか否か)
・TPPへの参加の是非(日本経済の将来像がベースに語られているかどうか)
・原発の是非(現実的な日本のエネルギー政策とは)、
・消費税増税の是非(具体的な1千兆円の借金返済計画とは)などでしょうが…

後ろの四つについては、合従連衡が進む割に、今のところ、各党から中身のある主張はあまり伝わってきていない。
みんなの党と維新の会との別れは価値観の違いだということは参院選は価値観で投票しなくてはならないのだろうか?
このまま投票日まで進むことはないだろうが、大丈夫だろうか?
コメント