さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

散歩道11月i

2017-11-29 18:27:52 | ダイアリー

六義園


山陰橋


水面の紅葉が素敵です


千鳥橋


心泉亭と宜春亭と


雪つりと吹上茶屋


渡月橋


藤波橋


シックな色合いです


昨年はもう少し赤かったような気がします


藤代峠


ベンチから 六義園の見納めです


旧古河庭園 70円の入場料は安いです


紅葉は濃淡で映えますね


裏門です


渓谷です ここが一番好きな撮影スポットですが、例年よりコントラストが弱いようです


お屋敷という感じです


薔薇が有名ですね


さようならー



良い日和で
11時といえば
皆さんの一番の狙いどころでした。

六義園では 列に並んでの入場となりました。

今年の紅葉は
光線の具合ですか
気温の上がり下がりのせいですか、
例年より
真っ赤は すこし茶系、
真っ黄は すこしベイジュ系 でした。

旧古川庭園も
混んでいましたが、

両庭園とも
昨年より外国からの方が減っていて
お年を召した方が多かった ような感じがしました。
(ミサイルのせい?)
コメント

好い季節です~

2017-11-29 08:42:03 | デジャヴ



木の葉も 緑 黄から赤へ かなぁ

もうあと一か月で今年も終わりです。

道行く人も 車も 心なしか
足早ですが、

知人のリストが 短くなったせいでしょう
酒量が減ったせいでしょう

周囲は いつもより 幾分 閑かです。

ただ
柿、干し柿、リンゴ、ブドウと
美味しいものに
取り巻かれ、

カキフライも タラの鍋もいいですね…

ここで とどめ置いてほしい 季節です。

コメント

野田氏のブログから~

2017-11-28 12:13:33 | ダイアリー


驚いたニュースは 野田元首相のブログでした。

ブログには、
・11 月 1日の特別国会召集日、衆院本会議場で、希望の党の細野議員が「 ‘排除’ は小池前希望の党代表の指示でした(自分は逆らえずにすいません)」 と断りを入れに来た 

そして

・小池氏は 排除を振りかざす きわめて非寛容で 寛容な保守を掲げるにふさわしくない人物である と書かれていました。

驚いたのは、

これで希望の党は終わりではないかと感じたことです。細野豪志議員は 前原民進党前代表が党をあげて希望の党への移行を決める以前に 最初に民進党を離党して 希望の党に入党した人物で、彼が 民進党所属議員の信条をよく知っているというので ‘排除’ を任された(憲法や安全保障の考え方の違いや 組織として纏め難い古株ボスのような人物 を除く という指示はあったにせよ)人物でした。 その彼が 希望の党とは 無関係の 無所属の野田議員のところに ‘排除’ は良くなかった と言いに行ったとは どういうこと? 希望の党の組織の崩壊を意味するものでしょう…

また

小池氏を寛容な保守を掲げるにはふさわしくないと野田議員が断言したとことも 驚きです。保守政党を目指すということは 革新的な考え方とは相容れないはずで、相容れないものを同胞扱いにする方が 非寛容な気がします。政治の世界では…

情けない現希望の党と細野議員に そして野田議員には がっかりです。


若者を政治に惹きつけるには、各政党が理念や信条をはっきり打ち出し、現実的な下々の生活や環境を変える原動力でもある と認識してもらうことが必要だと思います。

現下の政党勢力図では ベースアップや昇給幅までもが 自民次第? これでいいのだろうか? 将来暴走する恐れはないのだろうか?

なぜなら 今の自民党は器が大き過ぎて(思想的には右からかなり機械的な平等的左翼まで OK・ 小泉さんが掲げた小さな政府から公明党のいう大きな政府まで OK )何が真の信条か見えません。選挙が近くなると大きな政党(得票目当てのばらまき)へ動くような感じもしますし。今のところ安定している不安定船に乗っている感じかなぁ…

一方民進党は 現在は立憲民主党というのでしょうか 内政は共産党と連携? 外政(外交・安全保障)については 自衛隊の扱いについても 全く現状を把握したうえでの信念・信条があるとは思えません。政権政党ではないような 反自民の政党で終わるようにしか思えません…

二大政党で 安倍政権が(トランプさん頼みが過ぎる・憲法改正は改正案を出してから議論すべき・森友問題には裏に誰かいる)怪しい となると 政権は変わる とのシナリオが欲しいところです。

外交は親米しかないでしょう、中韓北露の対日政治姿勢からは自衛隊の強化や ギブ & ギブの 関係を 互恵的関係へ見直すべきでしょう。共産主義的な機械的な平等主義に基づく内政では 予算がもたないでしょう。痛みがともなう改革もありということでは? 中間保守の政党が 待ち望まれるところです。 

次の希望の党が 出てくることを期待します。
コメント

最終的には 米上院の知性でしょう…

2017-11-27 18:13:45 | ダイアリー



米国ではこのところ 行政局のトップが二人になった 異常事態 とニュースが続いています。

問題の行政局とは 消費者金融保護局(CFPB)です。

この行政局は、以前に 市中の金融機関が 雑な審査で 多くの人に無謀な住宅ローンを組ませ、ひいては このローンの証券化(サブプライムローン証券)を通して、金融危機、リーマンショックを引き起こさせたことから、この再発を防止すべく、消費者が金融機関に騙されたり、不公正な契約をさせられたりすることを防止することを目的に 2011 年に連邦準備制度理事会(FRB)の下に新設された 銀行及び信用組合を規制・監督する 機関です。

長くなりましたが、CFPB は リーマンショックの反省から 民主党政権・オバマ大統領が作らせた 銀行が 金融に無知な消費者につけ込むような金融商品やサービスを提供させないよう見張る役所なのです。

良いところですよね。

ところが 任期5年のこの局の局長さん(民主党員)が 8か月ほどの任期を残して、州知事に立候補したいがために 11 月末で辞めるとことになり、問題が起きたのです。


局長任期(5年間)中は、局長が辞めば、副局長が昇格して任期5年を終えるはずと、辞任する局長は 副局長(民主党員)を局長としたところ、数時間後、トランプ大統領(共和党)がほかの人(共和党員)を新局長に任命したのでした。

ではなぜ トランプ大統領は新局長を任命したのか?

トランプ大統領は 大統領選で 経済の活性化には金融規制は少ない方が良い と訴えていたことと、共和党(小さな政府を目指す政党で 自由な経済活動を国が規制するものは最小限であるべしとの政策から)は オバマ大統領の設立したこの役所 CFPB には当初から反対であったことから、CFPB 局長の辞任は 金融規制当局を(小さく?)変えるチャンスととらえて、共和党員の新局長を指名した模様。

CFPB の局長になるには 大統領の任命と議会上院の承認が必要ですので、まだ 共和党員の新局長は(議会の承認得られていないので)局長ではありませんが、共和党が上院の過半数(52vs48)を占めていますので マスコミは局長扱いで報道しているようです。


今後どうなるのでしょうか?

米金融監督局 CFPB の席取りゲームは 交易の公正化を通じて 世界に 日本に 米国の金融の方向性 自由か規制か として 寄せて来ますので 要注意ということなのです…

コメント

散歩道11月h

2017-11-26 16:59:27 | ダイアリー

もうすぐ植物園


神代植物公園前の楓です


ダリアは先日までの寒さで ほぼ全滅  例年12月までいけるのに


薔薇も 一部を除いて みなダウン




その代り 雑木林は素敵です




山茶花も元気な花は限られます


お一人の方も




ご家族の方も


みなさん 楓園へまっしぐら でした。












ジョギング? 女の子の紅葉の楽しみ方でしょうね


紅葉のピクニックも ‘あり’ ですね


帰ります バイバイ~



神代植物公園へ 楓をみに 行きました。

やはり ダリア、薔薇、山茶花は 
先日までの寒さで 傷んでました。

来場者の方は よくご存じで
みなさん 楓園へ 一直線に向かわれます。

今年の楓の色づきは
カラッとではなく
シトッとした 感じでした。

六義園などでも確かめようかなぁ
コメント

散歩道11月g

2017-11-25 16:29:25 | ダイアリー

府中市の多磨霊園です


紅葉を左右に


贅沢な敷地です






帰ります。




親父の命日が近いので
今日は多磨霊園へ行きました。

親父が死んで もうかれこれ 30年近くたつんだ・・・

親父で浮かぶのは、

週末に顔をみたかなー
ただ 大概雑誌や本を読んでいて 外出はなかったなー
夕方気が向くとキャッチボールをしたっけ

スピードボールで 相手に合わせることはなし
いつもマイペース・・・

今年は例年より紅葉がきれいでした。
記憶も蘇りました・・・


コメント

三菱までもですか…

2017-11-24 19:29:44 | be short


三菱マテリアルは 昨日 子会社の三社で 検査データの改ざんなどで 顧客との契約品質に満たない製品を集荷していたことを発表した。三菱はグループ内の取引が多いので、三菱全体の質のイメージにかかわる問題でしょう。三菱は伝統ある大会社を多く抱えているので、日本製品の品質にも 負のイメージが広がることでしょう。

影響は 改ざんをされた商品を買い入れた 300社ほど会社にはとどまらないはずです。

そういえば、
三井グループの不祥事で大きかったのは 横浜のマンションの傾斜工事でした。マスコミは旭化成建設を責めてましたが、大元は三井不動産、三井住友建設が請け負っていたものでした。そして東芝は 三井グループですよね。

住友グループの不祥事で思い出すのは 住商が 90年代に 10年にわたる不正な銅の取引や銀行からの借り入れで 3000億円ほど損を出したこと/2014年に杜撰な調査で不良シェールガス田を買って 2700億円の損失を出したこと。

最近は、
日産自動車・スバル・神戸製鋼・タカタ・三菱自動車・東芝・オリンパス等々の不祥事ですから、また、杜撰な森友学園関連資料管理の文科省もありました からすると、組織内の統治や遵法精神は 日本には ‘ない’ といわれても仕方がないでしょう。

企業の社風を表すものとして、組織の三菱 人の三井 結束の住友といわれてきましたが、今や 部課ぐるみ 組織ぐるみ 会社ぐるみ 役所ぐるみの 不正隠しの三菱三井住友と日本 ということでしょうか…


業務の細分化・専門化・馴れ合いなど 外から見えにくい業務環境での 「やっちまえ」 → 「わかりゃしないよ」 → 「常態化」 などが原因でしょうから、対策は 密告だけ?

従って 防止策は 密告‘しがい’のある マスメディアへの暴露と その暴露記事でしょうか?

品質の日本を取り戻すには 我々にできることは 企業や役所の 不祥事の記事を ‘よく読む’ ことでしょう(か)

コメント

学びの貧困について…

2017-11-22 19:33:05 | 抜き書き


<もし、あなたが読み書きや計算を学べないまま大人になったとしたら、そんなことを考えたことはありますか?「教育を受ける権利」は憲法ですべての国民に保障されています。しかし、いま、小中学校にすら通えず、義務教育からこぼれ落ちてしまった若者たちがいることが、NHKの調査で明らかになりました。「平方メートルやミリリットルの意味がわからない」。「30%オフや2割引の計算ができない」。「漢字が読めず薬の飲み方がわからない」。学べないまま大人になり、生活にも支障をきたす状態。それを私たちは「学びの貧困」と呼び、その実態を取材しました。・・・・・NHKは、全国約800か所の生活困窮者の自立支援相談窓口の担当者にアンケートを実施しました。(回答率40.7%)「義務教育を十分に受けられなかった」という若者は597人。そのうち、読み書きに困難を抱える人は78人、計算が難しいという人は69人にのぼりました。・・・・・学校へ通えなくなった背景についても尋ねました。「いじめ」や「本人の障害」がそれぞれ101件あった一方で、「親の病気」が71件、「親の無理解」「虐待」がそれぞれ67件、「貧困」が51件と、保護者の仕事や病気、貧困などの家庭環境が“学びの貧困”につながる実態が浮かび上がってきました。私たちが取材した若者たちの多くが、社会から一歩ひいて身を潜めるように暮らしていました。そして、問題の深刻さは読み書きや計算ができないから日常生活で困るといった物理的ことだけでなく、学歴がないために就職もできず、いわば社会人としてのスタートラインにすら立てないような状態で人生を切りひらく意欲がそがれてしまっていることにあると感じました。・・・・・> 2017・11・21付NHK NEWS WEB “学びの貧困”に苦しむ若者たち より抜粋

今朝 ネットサーフィンしていると 学びの貧困 というタイトルが気になりました。
記事を読んでゆくと 無責任な親もいるものだ と思いました。

どんなに貧しくても 病に倒れても 仕事を色々掛け持ちして忙しくても わが子のことを考えれば 役所に あるいは学校の先生に 相談に行く時間は取れるだろうにと…

今の学校や役所は昔とは違うはず。何かアイディがあるはずです…

ただ 親の無理解には 学校の先生方の努力も必要でしょう…


学びの貧困では 二つほど思い浮かびます。

一つは 山田洋二監督の 夜間中学「学校」のイノさん(役;故田中邦衛)です。くそー 何で世の中は不公平なんだ 一生とは 泣き笑いの悲劇なんだ と思ったりした映画でした。どうにもならないこともあるんだということでした。

もう一つは わたしこと 小学校卒業のころに海外から帰国し、 学びの貧困 に直面したことです。授業後の掃除が終わってから 先生に 特別に 熱心に 日本語の個人授業をしてもらいました。学校の先生方には お世話になりました。尊敬する人は? と昔の履歴書には 書く欄がありまして、先生 と書いたものでした。

今は 尊敬する人に 先生 と書く方はいらっしゃるのだろうか?

先生方頼み 先生 頑張ってください とするほかないような問題だと思いました。
コメント

北朝鮮考Ⅱ~

2017-11-21 10:10:37 | ダイアリー


米国が北朝鮮を 9年ぶりに テロ支援国家 に再指定した。
再指定とは 1988 年の大韓航空機爆破で指定されたのが 2008 年に「核開発をしていないことを海外機関に見てもらっても構いません」と約束したので解除された こと を受けてのことです。

米国は マレーシア空港での金正男の毒殺や、ホテルのポスターを持ち帰ろうとした米人大学生を 1年以上も拘束し 重い脳障害を負わせ死亡させたこと などを挙げて 北朝鮮をテロ支援国家に再指定した としましたが、核開発を続行したことでも理由になるのでは?

テロ支援国家指定によって、交易や金融取引への制約/制裁強化が図られますが、制裁は今までと大差なく、悪い国という象徴的なイメージ制裁色の強いものが 今回の指定のようです。

よかったのだろうか?

先日トランプ政権の元 要の一人で 白人至上主義色が強すぎるとの批判で 解任された S.バノン前首席戦略官が NHKのインタビューに出ていました。インタビューを読んで 印象に残ったのは、

・今もってトランプ大統領とは話し合っている
・トランプ大統領は色々な人に会って 質問形式で 話を聞いて 政策を出している
・北朝鮮は 昔も今も中国の 従属国である  でした。


そして 今回のテロ支援国再指定で 出てきた疑問は、
中国は 朝鮮半島の核武装には反対(北朝鮮の核開発は認めない)と発言しているのに、なぜ‘属国’に 核開発を許し続けてきたのだろうか? ということ…


中国の目標は 2050年に米国と同等以上の軍事力を持ち(先日の中国共産党大会での習主席発言)米国と 少なくとも 太平洋を分割支配すること(尖閣・沖縄・西日本は中国の東海省になる)のようですが、先ずは 南沙諸島の次になるのですが 台湾・フィリピン・朝鮮半島を領土化(欧米の研究機関誌)することのようです。

これが正とすると、

北朝鮮の核武装は 中国の計画では 朝鮮半島の領土化計画とつながるものなのでしょう。また 先日の米中首脳会談で、終始 和やかな会談だったということは、米国は北朝鮮をテロ支援国家に再指定することを中国に知らせていたでしょうから 北朝鮮に怒らせたい、暴発させたい という中国の計画通り の米国からの再指定 シナリオ ということでしょう。

今月 17日から中国習国家主席の特使が北朝鮮に入って 核・ミサイル開発について話し合いましたが、金正恩最高主導者が特使に会わず?成果なく?特使は引き返しました。これも 米国との打ち合わせ通り(特使の派遣失敗の場合は 米国はテロ支援国家の再指定をする) のシナリオ ということだったのでしょう。

今後も 中国の思惑(北朝鮮暴走 → 中国の北朝鮮への進軍か 勝手な中国による北朝鮮の信託統治化)通り ということなのでしょうか?

北朝鮮が 中国の思惑通りに反応しないことを、北朝鮮の暴走がないことを、祈ります…
コメント

東芝大丈夫…

2017-11-20 13:43:50 | ダイアリー


東芝は昨日の取締役会で6000億円の増資を決めた という。海外のファンド 60社に新株を発行し 6000億円を調達するという。これは米国にある東芝子会社ウェスチングハウスの債務の補てんする費用で、半導体子会社の東芝メモリ売却が遅れても、東芝本体が債務超過を免れる 対応策といわれています。

しかし東芝は大丈夫?

6000億円を調達しても、
考えられる今後のリスクは、

・米国のウェスチングハウスは売却できるだろうか?
・東芝メモりを購入する会社には 同業種の半導体関連会社もありますので 東芝メモリの購入が各国の競争法の審査をパスできるのだろうか(パスしなければ東芝メモリは売却できないのでは)?

・東芝メモリ売却後の東芝は、社会インフラ(水道・鉄道・電波・産業のシステム整備、昇降機、空調等)、エネルギー(発電機とシステム)、電子デバイス(電子部品)、デジタルソリューション(システム開発)を柱に 事業展開をするというが、今年の今までの半導体を除く売上高利益率は 1%未満で、東芝はやっていけるの?

・今回の 6000億円の増資は 既存発行株数の50%以上に当たり、今までの株主の利は現在の 3分の2になってしまう。今までの株主は株を売って、株価はかなり下がる?更なる増資(資金調達)は難しいのでは?

・新株の発行で筆頭株主となるのはエフィッシモ・キャピタル・マネージメント(旧村上ファンドのメンバーのファンド・村上氏は参加していない)という。安い株を大量買いし、短期的な収益を経営陣に迫り、株価を上げて売却し、利益を取る手法をとる 欧米型ファンドですので、東芝の従業員は職を維持できるだろうか?

など多数 でしょう。

東芝には サザエさんで 昔からお世話になりました。
早く復活してもらいたいものです…
コメント