さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

11月下Ⅲ

2006-11-26 10:44:02 | 時の花
日陰より
向こうの
日向の方が
暖かそうで良さそうだ

若者の転職は
リストラや定年後という
切羽詰った職探しと違い
新しい靴の靴づれのような
社内コミュニケーショントラブルをベースに
やりがいと処遇アップを口実とする
ケースが殆どだ

民間職業紹介3社の4-9月の統計よると
ホワイトカラーの転職者数が
1年前の40%増とニュースにあった

日本での
転職は
本人にとって大損害
柔かな革靴に履き替えると大概靴は型崩れ...
を念頭に今の会社に頑張って欲しいもの

こちらの
日陰に
汗を拭き拭きやってくる人もいる
明日になれば
こちらにも日は当たる
そう考えて欲しいもの

コメント

楓Ⅱ

2006-11-25 10:15:31 | 草合はせ
楓も
光の加減では
黄金色
お金色に見えてくる

このところ
立て続けに
県知事に収賄容疑がかかっている
立派な方々をも私利私欲に奔らせる
お金の力を感じさせる
事件である

確かに
お金は
夢を
気持ちを
大きく豊かにふくらませ
魅力だが
お金以外にも
豊かな気持ちや
夢をふくらませる手段は沢山ある

楓を栞にする
書はどうだろう
本の中の主人公になりきって
自分をふくらませるのもすばらしい
コメント

11月下Ⅱ

2006-11-24 09:04:56 | 時の花
石碑を見ていたら...
何十年も前に貰った
校長先生の
言葉を思い出した
「何もしないということは何も知らないということ」

自分自身に嘘をつかないように
とのことでした

このところ
殆どの
いじめ校の校長さんや先生は
いじめがあったとは「知らなかった」と公言する

昔の校長先生の言葉を
少し借りると
「何も知らなかった」ということは
「何もしていなかった」ということ
生徒に接しない教育はありえないことから
皆さん方は損害賠償責任を回避すべく
「嘘」をついているのだろう

嘘がある間は
いじめは少なくならないだろう...
教育基本法改正より
被保険者先生方の
損害賠償請求をカバーする保険を作る方が
いじめには効果的即効的
教育界にも嘘がまかり通るとは
残念だ
コメント

スロー・ホリデー

2006-11-23 13:15:51 | デジャヴ
木陰と日向の
行き交う道を進み
風を聞き
書物の
前書きを思い起こす

即断即決の
スピード時代にこそ
読書
熟慮と感情の細やかさが
求められる
気がする

休日も
ドライブより
散策がよいような
気がする

何時までも続いて欲しい
このホリデー
コメント

11月下Ⅰ

2006-11-22 08:48:43 | 時の花

だいぶ
痛んできました

戦場から帰還した兵士に
今何がしたいかと質問したら
一番多かった答えは
「熱いシャワーが浴びたい」でした

明日は
勤労感謝の日
いつもは最後のお風呂の
おとうさん
明日は
お風呂を独り占め

そういえば
寒さに強いといいながら
日当たりのよい菊のほうが
元気がいい

コメント

ランタナⅢ

2006-11-21 09:10:37 | 花一匁
この紅は
毛糸
お手玉
おはじきの色として
うっすらと
覚えています
残ってます

蕾の
丸から角への
花の
黄色から紅への
変化も
幼児園児の頃の
成長のよう

ランタナに
幼かった
昔を
思い出す


コメント

デージー

2006-11-20 09:53:47 | 花一匁
校庭の端
忘れ去られているように
咲いています
頭花の紫が
まるで
目のまわりの痣のよう
いじめ?

書によると
社会の進歩と
その原動力は...
本人の責に帰すことが出来ない
社会的経済的身体的問題を
仲間で社会で解決し
共存共生社会を作ってきたことだとある

自分に責のないものに
非があるとの指摘がいじめだろう
共生社会を説く学校で
いじめがあるとは教育危機
社会危機...

オステオスペリアム
もっと咲いてはいないかと探したが
この一つだけ
ここは
いじめが一つだけ?
コメント

コリウス

2006-11-19 10:18:24 | 草合はせ
玄関前の
赤緑のコリウスは
白いプランターで
楽しそう

赤白緑の取り合わせでは
アモーレ
カンターレ
マンジャーレを思い出す
「恋して歌って食して...
明日のエネルギーに先ずは人生を楽しもうー」と
経営難の伊太利亜人の社長さん
顔をてかてかにして話しした
「大切なもものは何か」を教えてもらった時だった

きっと
この家の
ご家族は
どんな時にでも
明るい人たちに違いない
玄関前のコリウスが楽しそう
コメント

シロタエギク

2006-11-18 11:01:05 | 草合はせ
上へ上へと
伸びてくる
元気な
シロタエギク
寒には強そうだ

本当に寒くなってきた

29年目で
拉致と認められた
松本京子さん
京子さんの
お母さん
お兄さんの涙をみて
寒くなった
圧力や脅しに弱い
政治 外交 警察 報道に
本当に寒くなる

寒さに強い
シロタエギク
この雪のような「結晶」は
これからの努力の結果を
現すもの
せめてそう考えたい
シロタエギク
コメント

夕焼け

2006-11-17 08:43:54 | デジャヴ
海山にみる
夕焼けは
言わずもがな
街中の
路地の夕焼けも
素晴らしい

空は狭く
限られた時間だが
家族に言えない
「疲れ」を
癒してくれるのだ

「涙」をも
美しく変えてしまうのだ

コメント