さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

枕もとの整理整頓~

2019-02-15 17:44:38 | be short


今朝早く目が覚めたとき、トイレに行こうと寝床に置いてある照明のスイッチを入れようとしたら、点かずに、すっかり目を覚ましてしまいました。
枕もとをよく見ると、間違えて、空調のコントローラーを操作していました。
電気は点きませんよ(ね)

思えば最近やたらとものを寝床に置くようになりました。

昔を思い起こすと、
幼年のときは、天井に大きな蜘蛛がよく這っていましたので、父親の手があると安心して寝られた記憶があります…
小学生のころはおもちゃ箱をベッドわきに置いていました(ね)心配症だったのでしょう…
学生のころは目覚まし時計と本でした…
社会に出るようになってからは懐中電灯と目覚ましラジオを置くようにしてました…
海外では電気スタンドとお水と貴重品でした。

最近は、寒がりになったのでしょうね、寝床に入ってからそのままじっとしていられるように、枕もとに置くのは 照明器具と空調のコントローラー、スマホにお茶のペットボトルと空気清浄器です。

これは皆さんと同じなのでは?
ただこのほかに TVとビデオ機器、音響製品のコントローラーを置いていたりして…

そのうち 高齢化社会が進むこともあって 安眠対策として  AIスピーカーが広がったりして…
それは太古の召使いだったりして、大昔のお手伝いさんだったりして…

コメント

気になるニュースです

2019-02-13 17:43:48 | be short


池江選手が白血病になって治療を始めるとのニュースと、
このニュースに桜田五輪相が「がっかりしている(残念だ)」と言ったら、野党が大臣を辞めろと言い出したとのニュースがありました。

びっくりです。

社会人になって暫く経った頃、一緒に働いていた女子社員の弟さんが白血病になった ことを思い出しました。
おねえさんの女子社員は、突然の知らせでもあったのでしょう、職場に戻ってきても、仕事が手につきませんでした。
そして課員全員が 気落ちした ことを思い出しました。

本人も含めて 「がっかり」が普通の感情なのでは?

桜田氏は、選手強化に、東京五輪で金メダル30を目標に していましたので、池江選手には金を期待していましたので、がっかりだったのでしょう。
病が病だけに、私もこれで金は少なくとも一つはなくなった と残念に思いました。
なんでこれが失言なのだろうか?

びっくりです。

国会議員の主な仕事は、外交防衛・国全体にかかわる予算・財政・教育・経済・厚生・農林・交通・環境などにかかわり立法と行政・司法の監視役にあたることです。

野党は 桜田氏への批判より、現在は 韓国の反日発言や政策、中国の領海侵犯、北方領土返還交渉、日米交易交渉、財政赤字削減策、定年制撤廃、働く女性のための保育園/幼稚園/学童保育支援などへの積極的な立案・助言が求められているように感じます。

野党がしっかりすれば、もっといい首相も誕生するように思います。

池江さん 若いのですから 性急な治療などに走らず、無理せずに治療に専念して、東京の次のパリ五輪を目標にするのもいいのでは? そんな気にさせる二つのニュースです。
コメント

急いては…

2019-02-08 16:18:03 | be short



急いては事をし損じる、とはよく言ったものです。

大昔 欧州滞在を一年あまり余す前に、賃貸の社屋を、買い取ろうとしたことがありました。帰国前に取引を終えようと交渉を急ぎましたが、契約直前になって、念のため調査した土壌に疑念が生じたため、計画を取りやめました。あとを濁さず良かったと思いましたが、一度得た本社決済を無効にしたと、本社の面子をつぶしたと、不興を買ったこと がありました。

安倍さんもトランプさんも今 焦っていませんか?

安倍首相は最後の首相の座にあり、アベノミクスの不完成を挽回しようと、また 父親 安倍晋太郎の親ソ政策(ゴルバチョフ氏との親交)を引き継ぐべく、外交で(親子で)日露関係改善したものと 名を残す機会と、ロシアからの北方四島の返還に並々ならぬ時間を割いています。そして、現在 日露平和条約締結と 北方二島返還手続きに入っているという。

急いては事をし損じるということでは?

プーチンさんとゴルバチョフさんとでは、両者には それぞれの政治理念に、前者はロシア第一主義、後者は(共産主義崩壊後は)ソ連の国際社会入り=国際協調と 大きな差があります。そして日本へ返還予定の二島(歯舞群島と色丹島)とは国後島の削り節みたいに小さな島々です。開発対象の領土とはとても言えないほどの二島です。こんな二島で長年の希望が満たされるのだろうか?また 二島返還時には国後島と択捉島を永遠に手放す仕掛けをロシアにかけられるでしょう。暗黙の了解という形で…ロシアはマフィアと官民汚職の国(国民は法律は助けてくれないもの、助けてくれるのはお金とコネと力のみ、と歴史から学んでいるといわれています。これが温床でマフィアと賄賂横行につながるよう)です。モスクワやサンクトぺテルスブルグ観光では案人が公然とロシアのお金持ちはギャングと政府高官と公言していましたし、20年位前ですが、モスクワに販売店を出すと‘みかじめ料’が発生すると現地人から念を押されました。ロシアでは行政とマフィアはつながっていると理解しました。他に 日露平和条約締結後、ロシアはビザ無しの市民の交流を目指すでしょう。ロシア人は、特に北海道や日本海側の都市に、交易を求めて大挙して渡来することでしょう。犯罪組織も入ってくるでしょう。化学薬品薬物が各地に広がるでしょう。ロシア人を取り締ると、ウクライナにロシアが侵攻したように、ロシア人の安全確保のためと、ロシア軍が攻めてくる事態も考えられます。平和条約締結と二島返還政策は推進すべきものでしょうか?

安倍首相は、二島返還は7月の参院選挙に有利に働くとの思惑で(も)ロシア プーチン大統領との交渉を急いでいますが、(因みに小生は自公立憲民主いずれの支持者でもありませんが) 逆効果=安倍政権の敗北 になるのでは?

トランプさん 北朝鮮が核およびロケットの開発を陰ながら進めていることを承知で 米朝首脳会談に臨むようです。トランプさんは次期大統領選挙に出るため、選挙へのポイント稼ぎのために米朝会談を使おうとしているのでしょう。首脳会談はいいのですが、トランプさんの人気取り政策から予想される会談の結果は、朝鮮戦争の終結宣言によって、北朝鮮への経済制裁の緩和と、米軍の韓国駐在暫減が予想されます。駐留軍の削減は米国家予算の削減で良いものとされるのでは?北朝鮮の金正恩指導者は、父親と祖父と異なり、中国に占領されていた歴史を顧みずに、中国を全面的に頼る政策を採っています。北の親中+米の離韓から、また文韓国政権の親中・親北政策から、韓国民は、将来不安から、周辺国へ流れ始めるのでしょう。先ずは近い日本国へ。日本の在日を頼って、反日の韓国民が大挙して日本へ押し寄せてきて、日本の治安はどうなるのでしょう?

安倍さんとトランプさんの 焦りからの政策は 日本に危機をもたらすもののように見えます。

習主席も米中交易摩擦(景気後退)への焦りから、とっぴな政策(国民の関心をよそに向けさせる政策)に出ないとも限りません。矛先は、おとなしい日本でしょう… 尖閣諸島上陸でしょう(か)

文韓国大統領も 米中蝙蝠外交から どっちつかずの交易政策からの景気の悪化で、支持率は下降中といわれています。反日政策に輪を掛けて、国民の反日感情を期待しての人気取りの政策に出るのでは?

我が国の外交は微妙な天秤の上にあるようなものですので、安倍さん トランプさんには 急いては事をし損じる ことを念頭に置いてもらいたいものです(ね)

コメント

白内障etc.

2018-12-29 17:21:52 | be short

今年を振り返ると 先ず思い浮かぶのは 株と視力かなぁ。

株取引は前半稼いだ分の倍ほどを年後半で吐き出したことででした…
視力は 白内障の手術を受けたことでした。

友人に白内障手術のことを話したら、早速 彼の奥さんが色々詳しく教えて欲しいと言ってきました。
他の方への参考になればと思い、手術をふり返ります…


片目が見えなくなってから15年以上でした。
しかし今年に入り、急に、カメラのファインダーを覗くのが億劫になり、下り階段が怖くなり、テレビや読書が続かなくなり、テーブルの醤油の瓶やボトルがとりにくくなり、バスや電車の降車に杖が必要になり、「これは駄目だ」と目医者さんに行きました。

ただ若い時に目医者さんで、眼球に注射を刺すガンチュウを見てから目医者さんは嫌いとなり、医者に行くには「踏ん切り」が必要でした。

母から昔聞いていた等々力の目医者さんに行きました。
見てくれたの女医さんで、「ずいぶん長く(白内障を)放っておかれましたね」 そして「これでは(手術は)失敗するかもしれませんね、ただ(水晶体を包む)膜が破れている方もいらっしゃいますのでね(超最悪ではありませんね)」とほとんど聞こえない程度に つぶやかれ、「(白内障の)手術を受けられるかどうかは患者さんのご意志ですが…」と これは大きな声で 言われました。

何があってもあなたが悪いのですよ と言われた感が少ししました。

手術前に見るパンフレットに、ガンチュウは無いこと、10分程の手術であること、先生は色々な科と病院を経験され、そのうえでお母さんの(眼科の)この病院を引き継がれた経歴の持ち主であること、ものすごい数の白内障の手術を熟されていること などが書かれていました。手術は全てこの先生(医院長)が行うとのことでした。

先生(物静かで、手先の器用な方←採血してもらったときに分かりました)の手術前、診察前の検査では、改めて、小生の水晶体は真っ白で、視力はゼロ、眼球内は覗くこと・写真も撮れないことが確認され、網膜の現状や水晶体から網膜までの距離は分からずとの結論での 診察とはあいなりました。
そして、
先生からは「眼球内や(水晶体を包む)後嚢の状態が分からないままの手術になるので、手術時間はすこし長め、手術後網膜に炎症が起きる可能性は普通の手術の方と比べると大(網膜のダメージが大きくなると最悪失明)といわれました。

診察から10日ほど後の手術は 30分ほどで終わりました。

記憶にあるのは、先生の集中している視線と 手術器具にLEICAと刻まれており「これは大丈夫」と思ったこと、手術中は海中から海面を見上げている感じだった ことでした。

手術後15分間別室で休んで、血圧を測ってから帰宅となりました。

翌日病院へ行って眼帯を外すとびっくり左の視界が広がっていました。
両目で外に出ると光景の明るさにびっくりしました。道路の白線はVの字に見えましたが後日直りました。


友人の奥さんへのアドバスは、
・白内障の手術は簡単、ガンチュウもなくすぐ終わる、早く治した方が 楽で安全、
・手術後 室内では眼鏡なしで過ごせますが、外出用の眼鏡は必要です。ただ健康保険に入っていれば、手術の手当て(申請は必要です)が出ますので、眼鏡はこの支給額で作れます、
・手術費は 小生の場合は 片目で5万ほど、 でした。


コメント

秋も好きです~

2018-10-28 10:16:16 | be short

最近は最高気温が 22、3度で過ごしやすい。
好い季節です。

昔一番過ごしやすい気温は 18度と聞いたことがあるので 欧州赴任当初 室内気温を 18度に設定したことがありました。でも寒がりからでしょうか 寒くて 22度にした記憶があります。

過ごしやすいから色々出来る。
外に出てはスポーツ、散策に旅行など。集中もし易いので読書や勉強。音楽や絵画を楽しんでもいいかなぁ。
体を動かすので食欲も出てくる。旬の食材はとても多い。

冬に向かうので時間を意識し始めるのも秋ですね。
美しい光景や若い方々の活躍を見ると わが身を顧みて 少しさびしくもなります。

今朝TVを見ていたら 長野の小布施町が紹介されてました。農園の方が、代々受け継がれてきた栗農園を 重労働の栗拾いを 頑張れるのは 時の当番 だからとおっしゃってました。時の当番 とはいい言葉です。

時の当番 を 老いも若きも意識する 季節でもあるのですね。

今晩は 牡蠣鍋 たら鍋?
牡蠣+たらの寄せ鍋が好いかなぁ
〆はうどんすきかなぁ
コメント

米国の暴挙だろうか?

2018-10-21 15:16:38 | be short
米国が国際条約などから 不公平を唱えて 脱退をしています…

先ず今月 17日に米国は万国郵便連合(UPUと呼ばれ国連の部門です)から脱退すると UPU に通告しました。脱退は一年後に効力を発揮するようです。
米国の不公平とは、中国から米国へ 例えば2kgの郵便物の料金は 560円なのに対し、米内陸の 2kg 郵送料は2000円ほどかかり、この差額は年間330億円で米国の負担というもの。米国の負担で(中国製)品は安く米国に入ってきていて、延いては米国品の競争力を(米国内で)削いでいる という。

これは UPUは 世界各国を4つのグループに分け、上位グループ国ほど多くの国際郵送料を負担する仕組みをとる料金体系にあるからだという。米国や日本は第一グループにある一方 中国は第三グループにあることで起きているという。

中国は世界第二の経済大国で 第二・三の軍事大国であるのに なぜ第三グループにあるのでしょう?


昨日のニュースに 米国はロシアとの中距離核ミサイル全廃条約(INF)を破棄する とトランプ大統領は考えている がありました。
廃棄の理由は ①ロシアが条約違反を繰り返し 核戦力を強化していることと ②中国が INF に加入していないことを盾に核ミサイルを大量保有し 脅威となっているから のよう。

ロシアは ①バルト三国や旧ソ連邦国に ロシア語を国語から外したら攻撃すると ②ウクライナ領クリミアをロシアが強制占拠したときにロシアは反対者は核攻撃を受けるとし、③デンマークに対しては NATO 軍のミサイル防衛計画に参加したら核攻撃仕掛ける としています。ウクライナの占領に 欧米はロシアに経済制裁をしていますが、効き目は今一つです。ロシアの核の脅迫には 米国の INF 脱退ぐらいの脅しがないと効き目がないということなのでしょう。

喧嘩に喧嘩のお返しとは危険ではありますが、理性が通用しない国には仕方がないような気がします。


日本は ①(米国との通商バトルの長期化対策で)秋波を送る中国に ②尖閣諸島海域に毎日のように侵入する中国に 現在接近中で、ロシアには 北方領土返還期待をかけてロシアの言いなり(経済支援・協力中)の最中です。まるで日本は強者に何も言えないような 中露の対応です。このままだと 米国も日本に強く出れば 通商交渉で勝てるとの姿勢をとるでしょうね。

世界は トランプ大統領の政策に端を発して Yes No をはっきりさせろ 何事にも と迫ってきてます。日本の現有諸問題も はっきり意見を表明すべき時点で 表明しなかったことが 問題を大きくしているように思います(ex. 竹島を韓国に占領されたときに 橋本首相は強硬意見を控えました、北方領土は先代からの領土故敗戦で取り上げられる島ではないと終戦直後に表明しなかった、靖国参拝は神道の問題であると言い損ねていますね、沖縄米軍基地の問題は日本の防衛の問題であることを米国と沖縄県になぜ断言しない、拉致問題は拉致当初に朝鮮総連への弱腰対応で拉致の有無をはっきりさせなかった etc.)。

日本は UPU の仕組みや 米の INF に対する姿勢に対し 当事者ではないにせよ 意見をはっきり表明すべきでしょう。

日本は そして現在の多くの国際機関は 公平に物事を判断する・見るという観点よりは 強者(仕返しが強い相手)に配慮しがちで、仕返しの然程でもない相手(トランプさん前の米国は王者の気風で鷹揚でこの仲間でした)には 強く出る傾向です(よくて物事・対立を 内内にか 先延ばしした対応です)。

これらは見直すべきで、米国の姿勢は国際規範への挑戦とトランプ米政権を非難するマスメディアは多勢ですが、米国の主張も一考すべきではと思った 米国の諸条約脱退ニュースです。
コメント

海はきれいに~

2018-10-17 14:38:09 | be short
マイクロプラスチック(5㎜以下のプラスチック粒子)が海洋を汚染していて 今問題になってます。

小さなプラスチックがたくさん浮いているプルーで泳げますか? 泳げないし、プラスチック入りのお魚は食べられません(よね)海を お魚を 守るため、プラスチック製品を捨てないように、プラスチック製品を出来るだけ使わないようにすることは我々の義務です(ね)

海は きれいにしたいもの。先ずはレジ袋・ストローはプラスチックに代わるものを使うことにしましょう!

レジ袋は買い物袋持参で対応可ですし、ナイロン製の袋なら 軽いし嵩張りません。
ポリ袋をレジで有料にしなくても ヴィトンや シャネルからロゴ入り買い物袋を出したら レジ袋は一気に無くなるのでは…

ストローは麦わらストロー、紙ストロー、ステンレスストローなどは有名です。一時 資源保護の立場から 使い捨て割り箸を止めましょう マイ箸にしましょう が流行りました。男性もポーチを持ち歩く時代ですので マイ歯ブラシと共にマイストローは粋かも…

要は オピニオンリーダーが先頭を切れば いいということでしょう…

ニュース映像には 昭恵夫人に買い物袋を持ってもらい、嵐の面々や 館氏には マイストローでドリンクする映像が TV に流れるだけでいいのでは?

私?
紀伊国屋の買い物袋に 昔懐かしい麦わらストローの持ち歩き かなー
コメント

キャッシュレス化に思うこと~

2018-10-16 12:36:37 | be short
政府は 消費者がキャッシュレス決済を志向できるよう 来年の消費税増税時に合わせて 諸策を繰り出すという。
具体的には 消費増税分(2%分)をカードにポイントとして溜められるようにして このポイントを色々なお店で お金扱いで 使用できるシステムです。
消費増税による需要減を食い止めることにもつながるという。

(注)3年前のデータでは日本のキャッシュレス決済率は 18%で、韓国 89%、中国 60%、カナダの 55%と比べるとかなり低い。これは ATM(現金)が身近に多い一方、カード会社の手数料が結構高いためカード決済導入に躊躇する小売店が多いこと( 20年ぐらい前ですが、信用度の低い小さなお店にカード会社が要求する手数料は確か 7%ほどでした ― お店はカード決済を導入してもお客は 7%以上増えるだろうか とカード決済に消極的になる)のようです。

政府の掲げるキャッシュレス化の目的は 消費者が物・サービスを買いやすくなり、商流が盛んになり、延いては経済の活性化が期待できる とのことです。 消費増税後の景気悪化にもブレーキ役が期待できるというものでしょうが、 はたしてそれだけでしょうか?

消費税を 顧客から徴収しても税務署に申告せずに、猫糞するお店が結構あると 国に納められない消費税は半分近くあると 昔 政治家が発言していたことがありました。消費税を外から確定するには 売り上げを(消費税を)自動記録するマシンがあるに越したことはありません(よね)政府が進めるカート決済によるキャッシュレス化は 消費税額徴収の効率化もあるように思います。

それなら…

政府は 小売店のカード決済マシンの導入費を援助金で支援したり、導入経費を所得控除扱いにしたり、カード会社に手数料を下げるよう指導(携帯電話会社にするように)する メリットがあるということでしょう。コストをかけて脱税を少なくする。税収は増える…

脱税が少なくなれば 今まで消費税を申告せざるを得ない大型店でしか買い物をしなかったお客が、小売店にも戻ってきて買い物をするようになるのでは?
政府も、お店も得をして、 2%ほどですが消費者も当分はポイント・ゲットで 経済も好回転するのでは? いうことなしの策では?

コメント

ニュース雑感

2018-10-15 14:53:20 | be short
いま世界が騒いでいるニュースに サウジアラビア(サウジ)人記者が サウジ人グループに トルコのサウジ領事館内で 殺害されたのではないか というものがあります。

サウジのこの記者の名はジャマル・カショギ(60歳位)といい 米国の大学を出て、サウジに戻り 新聞記者やレポーターを務めた方。 15年ほど前からサウジの宗教特権階級や王政を批判する記事を書いて 勤めていた会社などを通じてサウジ政府から圧力をかけられていた という。トルコにはトルコ人婚約者と婚姻に必要な書類作成で行き 行方不明になった という。

最初に騒いだのはトルコ政府で、サウジの暗殺団に殺された/証拠はあるとし、また カショギ氏がロンドンでも働いたこともあり、英国紙や米国のマスメディアが騒ぎ出し、トランプ大統領も、もしサウジが彼を殺害したなら厳罰を処す必要がある といって ニュースが大きくなりました。

昨日でしたか サウジ外務省(事件には関与してないと声明を出しています)が もし この件でサウジに処罰などが下されれば 大きな反撃を覚悟せよ とニュースは国家間の大事の様相です…


反政府的な記事を書く記者が行方不明になったり殺されたりするのは ロシアや中国ではよくあるし、マルタでは首相の収賄疑惑を伝えていた記者が爆殺されましたが、このカショギ氏ほどは騒がれませんでした。

なぜ? マスメディアも 裏の圧力に晒されていて 圧力のあまりないものを書きがちということでしょうか?

裏の圧力は 女性スキャンダル絡みの脅し(日本の元首相が周辺国の諜報員から受けていたという噂は有名。トランプさんは露でのプレーが録画されている?)、博打、収賄、借金、薬物使用の弱みを握られるなど様々ですが 脅しの主体は各国の諜報員のよう… ターゲットは各界の権力者・実力者に マスメディアでしょう。


マスメディア(情報媒体、新聞社や出版社やTV局等)は 裏の圧力のほかに 編集方針と称して 社会主義的・共産主義的な思想でニュースの強弱・軽重を加工しているように思う節があります。

思い返すのは 希望の党が民進党を受け入れるとき党員の政策を検証したことを大批判して、希望の党を報道でつぶしたのに対して、立憲民主党が国民民主党全員を受け入れずに、一人一人の政策で入党の可否を判断するとしたのには黙認したこと です。マスメディアは中道右派を認めないし、小池都知事嫌いなのでしょうか?

また 民主党の管政権下で幹事長を務めていた枝野氏が、国民の前で福島原発事故で メルトダウンはない と嘘の発言を繰り返していたのを 嘘が明確になった時点でも 批判をしなかった。マスメディアは枝野ファンなのでしょうか?

マスメディアは国民世論を結構左右しますので マスメディアを丸ごと信用するのは危険でしょう(ね)
時には フェイクニュースというのもマスメディアに対する牽制球になり、必要なことかもしれません(ね)

因みに小生は サウジ・小池・トランプファンではありませんし、反トルコ・反立憲民主でもありません…
コメント

地下駅の PM2.5

2018-10-14 10:03:34 | be short
ニュースを見ていたら 地下鉄ホームの PM 2.5は地上の約 5倍 とありました。
そうですよね 地下街や地下鉄の においには時々気が付いてましたが、PM 2.5には気が付きませんでした。

ニュースには 2003 年のロンドン地下鉄内測定では 一時間当たりの立方mの空気に 480マイクログラムの PM2.5 が検出され、先日 横浜の地下鉄で慶応大学が行った調査では 最大値 120マイクロブラムが測定された(環境省設定の地上環境レベルは 35マイクログラム以下)という。

都内地下鉄のホームで売店働く女性の話もニュースにあって 彼女が 仕事が終わって鼻をかむと鼻紙が真っ黒と 紹介されてました。線路や車輪、パンタグラフの擦れから鉄粉や飛び散っているのでしょう。思い起こせば 地下鉄内のトンネルも線路周りも こびり付いた鉄粉で その錆で 真っ黒ですよね。

誰かは 昔から気が付いていて 2003年のロンドンの測定値も知っていて 大したことはないはずと 黙っていたのだろうか? 気が付いていた方は 大丈夫だと勝手に判断していた方は 車出勤/移動だったりして(?)と勘繰りたくもなりますよね。

地上駅も 最近では 渋谷は地下になり、このあたりでは田園調布、大岡山、目黒が地下駅です。電車が来ると むわっと 向かい風もあり これが鉄粉風だと思うと たまりません。
鉄道だけではなく地下街も年々大きくなる東京ですので 地下駅とつながる地下街の PM 2.5 の基準値も 地下鉄ホーム内のものと 同様に 早急に作ってもらいたいものです。

マスクがまた急に売れ始めたりして?

地下ホームの基準値が出来るまで そして鉄粉吸収装置が機能するまでは、マスクをしている売り子さんのいるホームではマスクをつけて 売り子さんのいないホームではマスクをつけて 地下駅を利用するのがよいのでは…

是非 原田新環境相の初仕事にしてほしいものです。
コメント