Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メトロポリタン・オペラ ワーグナー《パルシファル》

2014-02-19 23:26:35 | オペラ
メトロポリタン・オペラ
ワーグナー《パルシファル》

指揮:ダニエレ・ガッティ
演出:フランソワ・ジラール

パルシファル:ヨナス・カウフマン
グルネマンツ:ルネ・パーペ
アンフォルタス:ペーター・マッティ
クンドリ:カタリーナ・ダライマン
クリングゾル:エフゲニ・ニキティン

メトロポリタン歌劇場
2013年3月2日上演

ワーグナーが苦手なdolce-vita
このキャストでダメだったら
ワーグナーのことはきっぱり忘れよう( ̄^ ̄)
背水の陣じみた決意で挑んだパルシファルですっ

カウフマン&パーぺ
先日観たファウストでもカッコいいコンビネーションで聴かせてくれた
dolce-vitaの大好きな最強コンビ

それからペーター・マッティ
dolce-vitaの中では、フィガロ、もしくはドン・ジョヴァンニのマッティ
ロッシーニ歌うヒトがワーグナーを歌う…
振り幅ハンパないっす。

しかも意外にも一番心に残ったのがマッティだったの

タイトルロールのカウフマンでもなく
歌いっぱのパーぺでもなく

マッティすごいっ

もちろん、イノセント☆カウフマンも聴きどころいっぱい
パーぺの歌声は快適なBGMと化し~

ワーグナーも…ありっちゃありかな
(↑なんとか踏ん張った( ̄^ ̄)

しかし、このジラール演出、日本人にはどうだろう…
花の乙女がどうしても貞子に見えちゃう
きょわいっ

…つか、長かった
18時から観始めて終わったのは22時30分
予想通り…途中…トコロドコロ気を失ったのデシタ
コメント   この記事についてブログを書く
« koharu亭 | トップ | HOLLANDISCHE KAKAO-STUBE »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オペラ」カテゴリの最新記事