漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

入荷した胡瓜を見て思うこと☆

2013年08月17日 08時22分08秒 | 店主のたわごと
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

8月17日(土)の山形県酒田市は現在曇りの天気、今日も日中は晴れて気温が上がる予報となっています。

昨日は午前中、入荷した胡瓜の漬け込みを行いました。

入荷した胡瓜は450kgと、一回の入荷量としては少なめでした。

漬物の梨屋 齋藤真は、この胡瓜を従業員と一緒に2時間ほどかけて漬け込みました。


胡瓜の漬け込み風景(漬物の梨屋亀ヶ崎工場)



入荷して来る胡瓜を見て、毎回思うことがあります。

漬物の梨屋で仕入れる胡瓜は、胡瓜のうちでもランクの一番高いASというランクの胡瓜です。

もちろん、ランクが良いだけに値段も高くなります。

しかし、ランクが高い胡瓜のはずなのに、中に格外ではないかと思われる胡瓜が混じっているのです。

これは、ほんの一部の生産者なのですが、高い対価を払って仕入れた側からすると、本当にがっかりします。

箱にはしっかりと生産者番号が記されており、誰がこの胡瓜を出荷したのかが判るのですが、目先の利益につられてこのような行為を行うのだと思います。

このような行為は、自分だけでなく地域のブランド力の低下につながると思います。

多くの真面目な生産者のためにも、このような行為はやめてもらいたいと思うのです。



漬物王国 山形 漬物の梨屋ホームページ

コメント