DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

リナレス、世界奪回へ前進(ライト級)

2020年02月21日 04時08分49秒 | 世界ボクシング

今月14日、米国・カリフォルニア州で行われた試合結果です。
ライト級12回戦:
ホルヘ リナレス(ベネズエラ/帝拳)TKO4回2分9秒 カルロス モラレス(米)

*慎重な立ち上がりを見せた両選手ですが、3回にリナレスがダウンを奪うと、試合は一気にフィナーレに。4回にダウンを追加した元世界3階級制覇王はそのまま勝利。リナレスが47度目の勝利(内29KO)を収めると同時に、同じ興行で初回KO勝利を収めているライアン ガルシア(米)との対戦が7月にも予定されています。

リナレスはこれまでにフェザー級、スーパーフェザー級、そしてライト級で世界王座を獲得。戦績は47勝(29KO)5敗(全KO負け)の34歳。対するガルシアはリナレスより一回り以上若い21歳で、20戦全勝(17KO)の持ち主。リナレスには打たれ脆さという欠点がありますが、まだまだ若手の踏み台になるには早すぎるでしょう。リナレスには是非ガルシアを撃退してもらい、世界王座への返り咲きに向け前進して貰いたいものです。 

コメント