DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

福永、サルダールを攻略(WBOアジア太平洋スーパーフライ級)

2020年02月18日 00時13分17秒 | 世界ボクシング

先週14日・金曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
WBOアジア太平洋スーパーフライ級戦:
挑戦者福永 亮次(角海老宝石)TKO7回1分40秒 王者フローイラン サルダール(比国)

*6回終了時までの採点は、1対1(58-56、57-57、56-58)と全くのイーブンだったこの戦い。試合全般で右目下を大きく腫らしていた福永ですが、最期は気持ちで比国人を上回ることに成功。7回にボディーでダウンを奪った福永は、試合再開後、連打でサルダールをストップ。33歳にして念願の初タイトル獲得に成功しました。

この試合後の福永の戦績は12勝4敗。その12勝すべてをKO/TKO勝利で収めています。

昨年9月に後楽園ホールで村地 翼(駿河男児)に勝利を収め、同王座を獲得していたサルダール。これまでに井上 拓真(大橋)や木村 翔(花形)とも対戦し、敗戦を喫するも両試合とも見せ場を作っていた中々の実力者。今回の試合前にはWBO同級の9位にランキングされていました。現在、WBOスーパーフライ級のトップに君臨するのはご存じの通り井岡 一翔(Reason大貴)。福永もコツコツと防衛/勝利を重ねていけば、一翔への挑戦が叶うというわけです。

コメント