Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

の、乗りたくなる!

2005-11-28 | もの。
といってもクルマではなく...






これ。






フランス製の体重計。

すんごく気に入って、一昨年、
体脂肪計とかついてたハイテクの既存品があったのに衝動買いしちゃったもの。
(あ...そのハイテク体重計は捨てちゃいました^^;

表面が柔らかいクッション材+ビニール。踏み心地バツグン(笑
洗面所に出しておくと、乗りたくないはずなのに
なんでだか妙に乗りたくなる...不思議。



>>今日のアニス!

>>皆さん、真っ黒くろすけのアニスですが、
目はちゃんとあります(笑
証拠写真です(^^


手足は長いのだ


がうがう


>>昨日まで2日家を空けたからか(世話は家にいた義母がしてくれたのだけど)、
ミーティングから帰宅後、いつもよりも「遊んで!」攻撃が凄かったです。
寝るときにはあやしてサークルに入れるんだけど昨日はダメ、
全然言うこと聞かない。
なのでずーっと抱っこ。落ち着いたあとにおやつのボーロあげたら満足したのか、
ようやく寝てくれました。

>>わかるんですね、居なかったのが。
コメント (7)

クリオ&エスパスミーティング2005

2005-11-27 | いう゛ぇんと
先日のエントリにも書きましたとおり、11/27(日)はエスパスミーティングでした。
でも、オーナー猫澤君がなんと出発前にダウン...
急遽ひとりでの参加となりました。

早朝、浅羽町(袋井市の海よりにある町)の、
嫁さまの友人宅からひとりで出発。
途中、寄り道しながら会場(岡崎)を目指します。

朝陽が嬉しくて綺麗なので、いろいろ撮ってみた



綺麗なデザインのモノスペース。
まったく見飽きない。いいね。


で、午前11時ちょっと前。
岡崎に到着、まずは「はせべ」の鰻をみなさんで頂きました。
評判通り、マジで美味しかった!
朝から何も食べないで行ったのでそれはもう...(^^



いよいよ会場に到着、
ズラッと並ぶエスパス&アヴァンの雄姿!


素敵なお尻達。


1-2型と4型。デザインは変われどエスパスの精神は同じ。



今回はクリオミーティングとの同時開催?ということで
本家イベントのクリオ/ルーテシアももちろんズラリ!スゴイ台数でした。



それ以外にもこんなに魅力的なクルマ達も

ええなあ...アルピーヌ。A610に最近すごく惹かれます。


ホウショウさんもエスパスでイベント初参加!
おお、2型が3台そろい踏み、ということで
FCHさんのクワドラともども並べてみました!ウホッー!


いやー、すごいですね♪

イベントでは、クルマだけでなく、皆さんに会えるのが凄く楽しいです。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。




>>幹事のしんのすけさん、有難う御座いました。
とってもまったり、のんびりで楽しかったです。
結局1型(1-2)が3台、2型が3台、3型が1台、
4様が2台、アヴァンが2台...ということで
なんとルノーのモノスペースが11台も揃いました。
いやー、圧巻ですね、何度見ても!

>>オーナの猫澤君、お加減如何でしょう。
ゆっくり休んでくらさひ。エスパス貸してくれてアリガトね。
コメント (15)   トラックバック (3)

明後日は!

2005-11-25 | いう゛ぇんと
いよいよ今度の日曜日(11/27)、
昨年に引き続いて「エスパスミーティング」が行われます!


これは昨年の様子です。

今年幹事のしんのすけさんのブログから転載します。


今回はルノー・ルーテシア、クリオミーテイング
へお邪魔しての開催となります。
今回はespace の参加車両は少ないと思いますが、
その他のルノー車も沢山見る事が出来ると思いますので、振るってご参加くださいね。


今年は岡崎市役所に届け出を行い、正式に会場を借りての開催となりました。
 その為会場使用料が発生し、今年からは車単位で参加費をいただく事となりましたので
ご了承くださいませ。

日 時  2005年11月27日(日曜日)お昼12時から


場 所  愛知県岡崎市 岡崎中央総合公園
     美術博物館北側駐車場(岡崎ICから東へ5分)
    ※昨年までの会場(Pa)のもう一段上の砂利敷きの駐車場(Pc)です。

     現地までの地図はここをクリックしてください。

参加資格 Clio,Lutecia、espaceに乗っている人、乗っていた人、興味のある人

参加費用 車1台に付き500円

内容   特に決まり事はありません、車談義や車自慢、
     各自の車の試乗などでお楽しみください。
     またお宝自慢なんかもOK!。

注意事項 火気、暴走、ENGかけっぱなし厳禁です。
     車の試乗などは自由ですが、一般の方も来る公園です、
     騒音や事故など無いようくれぐれもお気を付けください。
     また主催者はここで起きたトラブルについては一切責任をもてません。



>>僕は猫澤君のエスパスで参加決定!お越しの皆様お気を付けて...
岡崎でお会いしましょう!


>>今日のアニス~♪

サークルを開けるとすぐ出てっちゃうんだけど
今日は遊びすぎたのかぐったり。眠くて仕方ない様子。

>>アニス、サークルの中に入るのはキライじゃないんだけど、
遊んで欲しいときにサークルの前で何もしないで座っていたりすると
ひんひん鳴いて、猛烈に甘えます...

>>その手にのっちゃいかん、呼んだら来て貰えると覚えてしまい
甘えん坊になっちゃうから。
でも.........ダメ!
結局、遊びにいっちゃうダメダメなie家なのでありました(汗
コメント (12)

サンボマスター君(仮)に泣く

2005-11-24 | できごと。
僕の仕事の外注先に、会社から近い+すごく安い+早いので使ってきた出力屋があります。


ちょっと話は古いけど、先月のこと。
とあるスーパーマーケットの看板の出力を頼みました。
それをウチで板に貼り付けて、施工することになっていました。


結構な量だったのだけど出力が上がったというので、
昼過ぎにその会社へ引き取りに。
で、出力品を見て愕然。

色が全然合ってない...

指定色は、濃い緑色ベタ。東海道線のみたいな。
でも出てきた色は、渋子の色(泣
しかも、入っていないといけない画像も抜けてるし、散々の出来。

色は、その会社で一度出力合わせまでしてるのに.....。


早速連絡を入れて、出し直して貰うことに。
無論、色はカラー調整した時のものに合わせて!という話をして。

で、夕方。加工をウチでその日にしないといけない(タイト!)から、
今度は営業が急いで取りに行った。そしたらしばらくして電話が入る。
「.....色が合ってないんすよ......もう一度出し直しさせます」だって。

結局、その仕上がりが夜の9時半。
それから加工...一晩かかったよ(怒




続きはまだある。
結局そのとき作った看板が、スーパーマーケット側のミスで作り直すことに(泣

そこで、再出力品を出力屋に取りに行った。
そしたら、また色が合ってない!
前回間違った色で出てきたんです。
無論、またまた再出力。呆れた...。



.......おかしい...おかしいよ。
なんで、正しい色と違う(誰が見ても明らかに違う)のにそのまま出しちゃうの?
誰もチェックしないの?
ちなみに今回の物件を出力したのは、僕らの社内で「サンボマスター君(仮称)」
と呼ばれている30代後半?の彼なのだが、「彼はベテラン?」と思っていた。
ちなみにこんな事態になっても一度も謝らなかった。なんてやっちゃ(怒

そしたら、新人さんだっていうじゃないか。
いやいや新人に任せるのは構わない。
だけど、それをちゃんと誰かが監督しないとねえ....。


>>実は今回のサンボマスター君に限らずこの会社、早くて安いのは良いけど、
相性悪いのか何かしら予期しないトラブルが起きる会社ではあったのですが。
それにしてもなあ...そして今も実は2~3件でもめてます(困

>>他の所探さないと。だけどこんなに融通効くところも他にないのよ(涙





コメント (9)

紅葉狩り@都内(奥地)

2005-11-23 | できごと。
まあまあの天候の中、
ルノー19で向かうは檜原。この日の記事にもありますが、良く行くここは、
東京都のはずれ、人口3600人の村。
でも面積は世田谷+目黒区なみの広さ。
景色は見渡す限りの森林森林!
この檜原村では、ちょうど上の方が紅葉のピークだというので
行くことにしたのです。

朝9時にのんびり出発。中央道八王子で降りてずんずん山へ向かって登っていきます。
でも、檜原村、正直なところ針葉樹が多くて紅葉する樹が少ない。
ところどころ黄色い&赤いのだけど...。
仕方なく走っていくと、そのまま奥多摩周遊道路へ。


奥多摩湖を見下ろす展望台にて。
そうか、湖畔周囲が見頃だったのね。
そのあと奥多摩~青梅経由で6時間走って帰宅したのだけど、
それだけ走って、「都内」から出ていません(^^;
狭そうに見えて東京も広いのだ。


ところでルノー19、リアショックを変えてから2ヶ月になろうかという頃ですが
中速以上の段差や隆起のいなし方はかなり良くなりました。
うっとりするほど気持ちいいときがあります。
ただし如何せん、まだまだ低速の突き上げは消えていません...
これはゴムブッシュ等で解決できるかな。

ちなみに今まであまり触れていなかったけど、ルノー19の操縦性はかなりいいです。
パワステの絶妙さと懐の深いハンドリングは、他のルノー同様に惚れ惚れするフィーリング。
自製の4段オートマは、吹け上がりの軽いエンジンをしっかりと引っ張ってくれるので
とても軽快にこのクルマを走らせます。
見た目地味、でも乗れば快適・快感・感動の出来。
それがこのルノー19の魅力かもしれませんね。
マニュアルでガンガン乗りたいなあ(^^


奥多摩湖を見下ろす展望台にて。
秋冬に似合う、枯れたヴェール・グリ。



>>お待たせいたしますたあ、今日のアニス~


>>昨日書いた、サークル外でのトイレは間違いなく...の件。
でも、今日また粗相しちゃったんです。

>>で、なんでだろ、と思い行動パターンを観察してみると、
アニス、必ず人のいる前でトイレする。
ちゃんと出来たら褒めてきたので、
アニス自身もトイレすると褒めて貰えると思っているのですね。
朝起きて、ウチは3人住まいなのですが3人にオシッコ・ウンチを小分けして見せたがる。
そうすればみんなに褒めて貰えるからですね。
だから逆に、トイレ(ソファ裏)にいて頑張っても誰も見てくれない場所(台所)に
家人がいてしまうと、台所で粗相する、といった感じなのではないかと。

>>ところで、昨日褒めちぎってあげるといいと書きましたが、まさにその通りだと実感。
しつけは基本的にすべてそうで、サークル内=楽しい、嬉しい
クルマに乗る=楽しい、嬉しい トイレする=楽しい、嬉しい
という感じで覚えさせる。ほんと、勉強になります。
実家の柴犬は、ほったらかしてたんだけどなあ...しつけしたことなかった(汗

>>まいにちが、アニスとの楽しい頭脳戦です...(^^

コメント (2)   トラックバック (1)

思い出のXANTIA

2005-11-22 | シトロエンな話。
車歴回顧シリーズは順不同ですのでご注意下さい(^^

今回は、シトロエン・エグザンティア


本国ではクサンティアと読むかと思います。
シトロエンに新しい時代を開いた、GS以上に大衆のハイドロとなったBXの後継として
1993年に登場、日本でもある程度の台数が売れました。


僕は、1998.11~2000.7頃に、まだボンネットにダブルシェブロンがあったころの
V-SX(ハイドラクティブ)に乗っていました。

ただあのころはちょっと自分に合わなくて、もっと身軽なクルマがいいということで
206に乗り換えたのですが、齢30代半ばを迎えんとする今、
改めてエグザンティアを思い出すことが増えてきました。
いまだもって、街でエグザンティアを見るとハッとします。
それは、デザインの美しさ、そしてあの居住性・乗り心地が素晴らしかったからです。

拙稿から引用すると、

>>とにかく広くて快適なリアシート
特筆に値する。思うに4.5M以内の車体であんなに広いクルマはそうは無い。
座り心地も相当イイ。背もたれの角度も丁度良い。
ダブルフォールディング(折り畳み)が出来るというのに、この出来の良さ!

>>抜群のユーティリティ
セダンに見えてハッチバック。
シートを畳めば洗濯機も小さい冷蔵庫も入る(実話)。
ハッチバックで4.5M無い車体で、ほんとに良く積めた。
なにより、車体を常に水平に保とうとするハイドロ(ハイドラ)の恩恵で、
いくら重いものを積んでもヘッドライトの光軸が不変。

>>快適そのものの前席
すんごく柔らかかったサンクやボビンBXの椅子などに比べると固いけれど、
XANTIAの前椅子も可成りいい椅子であった。疲れさせない。いや、疲れない。

>>傑出・無敵の中型車
このクルマはバランスが非常に良い。
サイズは大きくもなく小さくもなく、車内は広く、直進性に優れ、椅子は絶品、
荷物は積めて、ハイドロゆえ車体やブレーキの踏力は荷物や人の量に合わせて
水平と同じ踏力を保つ。
シトロエンの思う理想、快適に地点から地点へ移動するという目的は高次元で達成されている。
しかも驚くべき実用性とユーティリティを持って。

ベタ褒めですな(W
大小トラブル、燃費の問題などいろいろあったし、信頼性もやはり今一歩。
でも、それでもエグザンティアはいまだに
中型サルーンの中でもずば抜けて素晴らしいという気持ちがあります。


え?渋子?さすがにエグザンティアには敵いませんよ(笑


>>さすがにもう一度買うことはないと思うけど、
今持っていたら、今の生活にかなりフィットはするんだろうな。

>>気が付けばエグザンティアも古いクルマになってしまいましたね。時代の移り変わりは
早いなあ...(遠い目。



>>お待たせしました、今日のアニス!
最近、サークルからなるたけ多くの時間外へ出すようにしているのですが
なかなか外でのトイレを覚えてくれなかった。
でも、昨日今日と、かなりの進歩を見せたのです。

>>ソファの裏で粗相が多かったので、
思い切ってそこにトイレシートをたくさん敷いてみました。
すると、その界隈で間違いなくトイレするようになったのです!
まだシートが4~5枚敷いてあるのですが、段々狭くしていけばきっと覚えてくれるはず。
ううう、嬉しい!

>>ポイントは、うまくトイレ出来たら褒めちぎる!
粗相したらほったらかし。怒ってはいけないのですね。
怒ると、トイレすること自体をダメだと勘違いしちゃうからだとか。


>>相変わらず黒い毛の固まりですなあ...(笑
コメント (7)   トラックバック (1)

ポーランドからこんばんわ

2005-11-21 | ルノー19。
日本ではジミで生息数も少ないルノー19ですが、以前も書いたように全世界で300万台も売れた車なのです。
そのジミさ?が受けたのか、実直さが受けたのか、西欧以外でも大好評。
東欧もしかりで、可成りの台数が出たようです。

ということで今日は「ルノー19クラブ・ポーランド」を訪問してみました。




......だけどもコトバがぜんぜんわかりません(笑



ですので直感でずんずん進みました。
おお、ダウンロードコーナー発見!期待大。
早速、こんな泣きそうな画像をゲット!





いやー今更ながら、インターネットってすんごいですね~(^^


>>欧州で、いや世界中で「素っけなく」使われている実用車の姿を見るのが大好き。
飾らず、あたりまえのように汚く、生活の一部になっているようなその姿を。
ですので、こういう「オーナーズクラブ」のメンバーの車写真などはほんとに面白いんです。
コメント (6)

君のためなら

2005-11-20 | トイプードル様
我が家はフローリングと竹製の敷物。
でも、これがまたつるつるすべる。
これって犬には良くないそうなのです。
関節を痛め、脱臼になるのだとか。

そこで、アニスをサークルから出すときはタオルケットを敷いていたんだけど
手間が掛かるし、タオルケットも結局は固定されてないのでイマイチ。

ということで思い切って敷物をちゃんとすることにしました。
昨日のホームセンターにはいいものが無くて、
今日はここへ。

で、帰宅後セッティング。
こんな感じに。


あまり部屋に色を増やしたくないのでソファと同系色。
でもそんな色がなかなか無くて、気に入ったものを買ったら予算は...
大幅にオーバーしてしまいました。

元の計画は、買ってもどうせオシッコされてしまうだろうから
安くて簡単なものにしようと思ったけどヤッパリだめでした(笑
どうせ買うなら...ってことになる、我が家の悪い?癖(汗
まあ、いいもの長く、って考えるようにしてます(^^;

買ったけど既存の敷物を変えるのは容易では無いんですよね、
頑張りました...今日も僕らは君のために!アニス!



>>昨日も書いた、「一眼デジカメ」。
実は、ニコンD70を猫澤君からレンズ代くらいの価格で格安で借り受けました。
借りた、というか、預かった、というか、自由に使えるのです(嬉
やっぱりええわ~、一眼デジカメ!
猫澤君、どうもありがとう感謝しています!
昨日からの写真は全部D70です~


↑あ、これはIXYで撮ったものね(^^


>>ケツセンサー、紛失していた取材ノート発見!うれしいいいい!
ということでアップを早速しました!ぜひご覧下さい。
コメント (3)

難しい時期

2005-11-19 | トイプードル様
今日はホームセンターに買い出し。

いつもいくこのホームセンター、ペット用品が結構充実してるので
ついつい立ち寄り。

で、すごく気に入ったダウンを発見。
でも。でもなのだけど、ウチのアニスはまだ3ヶ月。
これからどんどん大きくなると思う。
そうなると、あまりいいものを買ってしまうと
勿体ないのですねえ。
そう思うと、おうちで着る服や、
これから散歩デビューするときに着せる冬物が
あっという間に着れなくなる可能性が高い。
難しいですねえ。今の時期に服選ぶのは...
まあ、ダウンは3000円なんだけど(w

と悩んでいたら、見回すと夏物処分で500円コーナーに犬の服が山積み。
こりゃいい!
結局3着も買ってしまいました。まあ、1,500円なんだけど~(^^

何しろ真っ黒で、フローリングも濃茶のウチでは
アニスがすぐ行方不明になっちゃうので
はっきりした色のものを選びました。
黒い毛並みなので何でも似合うのが嬉しい!



抱っこしてるのは義理の母。
犬買うとき、ちょっと躊躇してたけど
今はもう可愛くて仕方ない様子。良かったです。




これも買ったもの。プリントT。
ブラッシングしたいんだけど地べたでは暴れるので、
獣医さんに聞いた方法、
高い台に乗せると落ち着く、というのを実践。
効果は、まあまあ(笑




>>ちなみに...数日前に「デジタル一眼欲しい」という願いを書いたけど
もう叶っちゃった♪
詳細は、後日~^^

コメント (4)

ちゃんとした歩き方って

2005-11-18 | 思うこと。
靴が、片減りして困っております。

だいたい、内側が薄くなっていくので、
足が安定して接地しない状態で歩いている、
という事なのでしょうか。

で、調べてみました、正しい歩き方について。
そしたら、まあたいへん、本当に正しく歩くにはかなりの練習が必要なようです。

さらに、このサイトから転載しますと...

Point 1
下腹を下から持ち上げるように引き締める。

Point 2
頭頂部をひもで引き上げられるように背筋をしっかり伸ばし、軽く胸を張る。

Point 3
膝を軽く伸ばし、足先を引き上げ、踵から着地し、着地した踵の上にすばやく腰を乗せていく。
(中略)

Pointの追加
脊椎ストレッチウォーキングのポイントは以上の3つですが、
もう一点最後に加えるとすれば
「踵から着地し、着地した踵の上にすばやく腰を乗せた」あとの足抜けのポイントです。
「靴の中で足指を広げるように意識しながら親指の付け根(母指球)に体重を移動させる」です。
親指の付け根への足抜けを意識することにより、小指側に体重が移動することによる、
あおり動作を押さえます。
(以下略)..........


.........
...実際に歩くのにこんなにいろいろ考えないといけないとは(泣

無意識で出来るようになるには訓練が必要ですね。奥が深いなあ。
健康は足から、なんて言うのもわかる気がします...。
といいつつ。
もっと簡単な「靴の減らない、正しい歩き方」を
知りたいなと素直に思ったです(汗



>>ちなみに...靴の内側が減るひとは
●血行障害
●脳卒中
●心不全
のおそれありだって。げげー
コメント (6)

消えていった商用車~第3回 プリンス編

2005-11-16 | 消えていった商用車
紀宮さまご成婚記念!
好評?商用車シリーズ、第3弾は皇族に関わりの深い「プリンス自動車」編を
お送りします。

1965年に日産に吸収合併されて消えてしまったプリンス。
スカイライン、グロリアなどが有名なこのメーカーにも
ちゃんと商用車があったのですねえ。


まずは

●プリンス マイラー


相変わらずこんなものから(w
かつては日本も乗用車よりも商用車のほうが種類が多いような時期があり、
乗用車メーカーなら、ほぼどこの会社でもこのタイプのトラックを用意していました。
エンジンは初代スカイライン・グロリアに積まれた名機・G型、1500/1900。
ちなみに、当時プリンスはさかんに「ノンスリップデフ」をうたい文句にしていたようですね。
しかし子供の頃見た記憶に残っていない...これは(笑


●プリンス クリッパー

おお、これは見たことある!って方も多いかと。
独特の十文字グリルが懐かしいですね。
日産クリッパー、の印象が強くて、
まさかプリンス由来のクルマだとは最近まで知らなかった。
それにしても、愛嬌のあるデザインですね。

ちなみにこのカタチの前モデルはこれ。やっぱり穴あきグリル


そのバス版。ほ、欲しい(^^


続いて。
●プリンス ホーマー

......これも懐かしい!良く走っていました。これも日産ホーマーの印象が強くて、
プリンス出身?だなんて、知らなかった。
見る目が変わりますね、って、もう走ってねー!(爆
写真はダブルキャブ。それにしても窓が小さい~

さらに続いて
●プリンス ライトコーチ

......えープリンスもマイクロバスを!?って感じですよね。
ところが昔は、なんとほぼ何処のメーカーも出していた!
ダイハツ、マツダ(のちのち紹介します)すらも...。
なかなか精悍なスタイリングですね。いま、残っているのかなあ。
ちなみにこの画像は1967年式です。エンジンは1900、91馬力...
って満員(26人)乗ったら、走らないだろうなあ(^^;


>>なお、最近トミカビンテージからクリッパーが発売中...選択が渋すぎます!
青いボデーも、「クリッパー」といえば紺!って感じで、感涙...。

>>今日のアニス

なんだか、胴が伸びたし手足も伸びたです。
来たときは2.5等身だったのになあ(笑
で、相変わらずサークルの外ではトイレが出来ません。うひー
コメント (13)   トラックバック (1)

あなたを忘れられない

2005-11-14 | ズバリその他のこと。

ドン・ホフマン。

この名前にピンと来たアナタ、かなりのパチモン(ばったもん)好きです。

そう...彼は...ガンダムブームの頃、
ちゃっかり発売されていたガンダムの<パチモン>シリーズ、
「ガルダン」シリーズの「最強戦士ドン(爆)」のパイロットです
この日の記事に関連の話題をアップしてます)。


なんでこんなネタか?というと、自分ちょっと困った状態になっていまして
このドン・ホフマン
ってコトバが頭から離れないんです。

ドン・ホフマン...

ドン・ホフマン....
(クドイってw)



ちなみに、これが「ドン」。

いろいろツッコミたいのは我慢して(笑)、
操縦するのはドン・ホフマン...

このひと



で、これが仲間?のロボ。
ガン


マグ


バク


いろいろツッコミたいのを必死に我慢して進みましょう(笑
で、操縦者は

ガン=ガン・ラミア


マグ=マグ・ジライオン


バク=バク・サラバン


.....ロボと名前一緒じゃん(泣


で。ガルダンシリーズには何故か戦車もあるんですが(謎
まあ、いろいろツッコミたいのを懸命に我慢して進みましょう(笑

特殊用戦車ゴムル
操縦者=ドン・ホフマン


機動戦車ダムラ
操縦者=ガン・ラミア


歯光戦車(???) ジラン
操縦者=マグ・ジライオン


突撃戦車ベラダ
操縦者=ドン・ホフマン



あれ...なんかおかしくないですか?


ドン・ホフマン、二人おりますが(爆
しかも絵が違うじゃん(号泣





>>ちなみに...ガルダンよりももっとパチモンくさい、ガンガルというシリーズもありますよ(汗


コメント (7)

五反田へ、ネコに会いに?

2005-11-13 | できごと。
ネコといっても、「キャッツ」です。
ミュージカル・キャッツ。
前から見に行きたかったので、ようやく行くことが出来ました。


ちなみに、劇団四季の観劇は、「ライオンキング」についで2回目です。


いや~良かった。
まず専用設計のキャッツ・シアター(五反田)が驚き。
専用だけあって、普通の劇場と違うのが、
円形の舞台を客席が取り囲んでいるんです。
そして、会場自体も小さい。すごい臨場感、一体感でした。
...これ以上は、行ったときのサプライズが減っちゃうので(^^
あんまり書けません。
ほんと、驚きの連続でした。
...ツッコミどころもあったんですけど、
まあそれもお楽しみということで(^^;


女性のネコの演技、なかなかせくすぃでした。ネコっぽい。



ということで、今日のアニス...

昨日に引き続きお医者へ。耳の診断。
今日は結果出ず。

そして!いよいよサークルの外へ「ちょっとデビュー」です!
広い場所で嬉しそうにはしゃぐアニス。
でも、ウチはフローリングと竹編みの敷物なので
ツルツルすべってこりゃダメだー。
なのでタオルや毛布を敷いたんです。

そしたら、おしっこしちゃうんですね、ソコに。嬉しくて。
部屋完全デビュー、まだまだ先は長そうです。頑張らないと。



>>僕が歩くと、ついてくるんです!
ちゃかちゃか跳ねながら...







ほっかむり(パーカーのフード)被せてみました*^^*

もータマラン!(犬バカ

>>だけど、滑ると足腰に負担がかかるので早くカーペットを敷かないといけませんね(^^
コメント (4)

秋空さんぽ

2005-11-12 | できごと。
土曜日は昼間で寝てるのが常だったけど、
アニスが来て今日も早起き...6時(笑泣


お昼は近所の「花市」という和食の店でランチ
定食が800円~で、天ぷら・カンパチの焼き魚ともにんまいんまい
ていねいに作ってある、という印象

また来ようっと



そのままてくてくと駒沢公園まで散歩


空が、高い
キモチイイ

ちなみにこの塔、ロボコンのエンディングで出てきます(笑


やっと秋色

木枯らし吹いて、ちょっと寒かったけど



帰り道、近所の駄菓子やに立ちよったりして

イチローと中田の写真が古すぎます(泣


で、収穫
これで130円...すごく豪勢に買い物した気分。
俺って安い人(笑




夜は「白菜鍋」にしました
昆布の出汁に鶏肉、白菜、水菜、ほうれん草だけいれます
調味料は胡麻油を少々
そんでマイ小皿に塩を適宜入れる...
味付けはほんとにそれだけ、
でも、逆に野菜の味ってこんなにあるんだ!ってわかって、美味しいです。

ポン酢は鍋に使ってません(笑)
サラダにかけました。
ちなみに高知県・馬路村(うまじむら)の品
さっぱりで薫り高く、んまい!
(馬路村といえば、ナローゲージ好きにはおなじみの村ですね^^)



>>好評???今日のアニス

>>最初の健康診断。便に虫はいないけど、耳にダニがいるんだって
今日からちょっと様子見で明後日まで通院

>>体重は来たときが950g、今日は1300g。で、でかくなってるやっぱり(^^

すごくおとなしくて感動 ええ子や(泣


>>散歩の目的は、実はグッズさがし。
というのも駒沢界隈は犬グッズのメッカ。
気が早いけどアニスの服を買ってきたりして

で、着せてみた....





ヤヴァイ、かわいい....(犬バカ
コメント (7)

謝謝、タバレスさん

2005-11-10 | ルノー19。




カルロス・タバレスさん

ルノー出身の、日産の副社長さん。
なぜ、この人に「謝謝!(ありがとう)」なのでしょうか?

履歴に注目...



1982年     ルノー入社
          テストセンターエンジニア、操縦安定性および乗り心地担当
1985年     R19プロジェクトのサスペンション担当エンジニア 
          ルノー車全ラインアップのサスペンションを担当
1991年     クリオIIのプラットフォームレイアウトエンジニア
1996年     先端技術レイアウト担当部長
          ルノーのプラットフォーム戦略を担当
1998年     メガーヌII、セニックIIプロジェクトを担当



......ルノー19の乗り心地は
あなた(たち)が作って呉れたのねん♪アーリガトォオオ!

R19に限らず、1985年-1990年だとR5、R21、R25、エスパスなども生産していたので、
タバレスさんにお世話になっている???方も多いのではないでしょうか。
ルノーのあの素晴らしい操縦性、乗り心地に関わっていた方が日産の副社長だなんて、
期待が持てますね、日産!



>>クリオ2(ルーテシア2)、メガーヌ2/セニック2などでは
さらに深く関係しているようです!
オーナーのみなさん、ご一緒に「アーリガトォオオ!」(*^^*
コメント (9)