Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

【もやっと列伝】更新 Vol.6,7,8,9 サーブ900、サンク、クライスラー、W124

2014-10-31 | おしごと。
お仕事報告ばかりでごめんなさい!

毎週金曜のお楽しみ!?

ホビダスオートで連載させていただいております
「ヤングタイマーもやもや列伝」ですが、毎週着実に更新されております〜!

気がついたら前回のアルファ164から4号も配信されています!


第6回はサーブ900





第7回はルノーシュペールサンク





第8回は80年代末クライスラー





第9回はメルセデス・ベンツW124



となっております!

車種は珍しいのはあまりありません(月末は「レアな正規もの」ですが)。
紹介する車種がメジャーなのがこのコーナーの特徴です。
でもテキストのどこかにいつも小ネタが仕込んであるので、ぜひ本文も隅々までご一読くださいね!

 
どうぞよろしくお願いいたします!



>>ちなみに、描いている車種も、選抜はかなり本気です^^
色も、仕様も、年式やバリエーションのバランスを考えていますー!

>>どの車種のオーナさんにも「そうそうこれこれ」って膝を叩いていただけるようにしたく思っています。
これからもどうぞご期待ください。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【もやっと列伝】更新 Vol.5... | トップ | 【フィアット500タイプ鏡餅】... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けんじ)
2014-11-02 23:01:11
サンクのイラスト、うれしいです~

ルバロン・コンバーチブルは鹿児島に未登録の新車を見に行きました。
http://tricolore5.exblog.jp/19656468/
宝くじが当たったら欲しいクルマです!
Unknown (真鍋清)
2015-01-13 21:23:53
1980年代末~90年代前半のクライスラー社製ダッジスピリット/プリムスアクレイム姉妹はその見事に直角の後部Cピラーの按配が渋くて今も心惹かれます。
かくも「視覚面」ではアメリカ的良き個性が滲み出た同車も、品質面では及第点以下でクライスラーの経営危機に間接的にせよ影響を与えたことがどこか「影」を感じさせてくれますね。
さてこのクラスのアメリカ車ってかねてから「アメリカにおけるサニー/カローラ他1500ccセダン」的位置づけに見えてなりませんがie様は如何でしょうか?―フォードトーラスやGMのWカーなど「全長5m、3000cc周辺を中心にしたFF車」がコロナやブルーバードなど1800cc中心の中級セダンなら「そこまであと一歩で届かない」中級の下、と言う意味で。

コメントを投稿

おしごと。」カテゴリの最新記事