Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

八高線が非電化だったころ。

2007-05-17 | てつどう。
実家は都下F市にあるのですが、
家のちょっと脇を、八高線が通っています。


八王子と高崎を結ぶ八高線は、ちょっと前まで電化されておらず、
2両から5両に組まれたディーゼルカーがのんびり走る
「リアルローカル線」でした。


ローカルな非電化路線とはいえ、首都圏を走るだけあって
ディーゼルカーは一応「通勤型」のキハ30・35系。
独特の外吊りドアが懐かしいですね。


ステンレス車体の試作車であるキハ35-900を先頭にした、
キハ36などを含んだ4両編成。1984.7、拝島にて。


八高線は運転区感が長く、また八王子界隈と埼玉県内・高崎近郊での
輸送力の落差が激しいため、
八王子~高麗川(こまがわ)、までの折返しが多く、
通しで運転されるのは1時間に1本程度でした。

となると、すべてロングシートのキハ35系ではきびしいためか、
高崎行きにはクロスシートの車両が連結される機会が多かったのを思い出します。


キハ20。うーん、家のちょっと脇をキハ20が走っていたという事実、
今思うとすごいなあ(しみじみ)。
青梅線のホームで立川に向かうために待っていて、八王子行きにこれが来たら
走って跨線橋をわたり、乗り込んだりしてました。なつかしやー。



>>自分はディーゼルカーが大好きなんですが、最寄り駅に非電化路線があったっての
いやはや、ほんとすごいすごい(笑





コメント (11)

【セダン蒐集癖】Vol.73 プレジデントQ45

2007-05-16 | セダン蒐集癖。
ということで、インフィニティQ45ベースのプレジデントです。




日産の最高級車が、専用設計ではなく他の車種をベースにしているあたりが
なんとも台所事情って感じですが、
このプレジ、ビッグキャビンがむしろQ45よりもはまっているし、
ディッシュホイルもそれっぽい。
ダミーであるはずのグリルもいやらしくないですし、なかなかのグッドデザイン。
シーマをベースにしてるけどなんだか「ヘン」な現行型よりも
全然違和感無いですよね。

かたやトヨタは
ドメ車最高の装備と値段の専用設計V12センチュリー出して、
なんとも格の違いを見せちゃっておりますな...(涙


>>ちなみに写真のはマイナーチェンジ後。
このとき、懐かしのグレード名「タイプD」と「ソブリン」が復活しました。
コメント (9)

【セダン蒐集癖】Vol.72...醜いジュリアは永遠の憧れか

2007-05-15 | セダン蒐集癖。

こう見えても(汗)、アルファロメオは大好きなのであります。

ご存知の方もおられると思いますが、自分もいっちょまえにアルファを2台
乗っておりました



.....まあ......2台ともスッドなわけですが....何か.....(笑





で。本題なわけですが。


「醜いジュリア」
といえば、そうなんです、アルファのノルド(北)系のサルーン。
ジュリア・スーパーあたりが代名詞でしょう。

実を言うと 高校生の時いちばん欲しい車はコレじゃった...(遠い思いで)




ああなつかしや我れらが505の姿とともに(涙


で。オトナになっていつかは...と思っていたら
気が付けば仏蘭西車の虜、高額車を買うこともない状態が続き、
さらにこのジュリア箱系はちーっとも値段が下がらず
むしろ現在は高騰してる感ありやなしや...

さ、さんびゃくまんくらいするやんけ.....



ということで
自分の中では同じく高校生時代から悶絶するほど憧れたシトロエンdsとともに
憧れのまま終わるような、そんな気がする1台なのであります...(哀




>>映画「フェラーリの鷹」でdsとのカーチェイスのすえ無惨に破壊されまくる
ジュリアの1台でもいいからわけておくれ(笑
コメント (14)

【セダン蒐集癖】Vol.71 リンカーンLS これはこれでイイ!

2007-05-14 | セダン蒐集癖。
最近アメリカ車好きが再燃しているieです。

と言うことで、今日はリンカーンLS。



リンカーンに見えないよ!ってデザインのアメ車ですが、これはこれで
伸びやかなスタイル、甲冑のようなマスクはなかなかの存在感。
ちなみに「LS」とはラグジュアリースポーティの略。
これまでのショーファー系イメージを見事に脱却し、
スポーティなセダンとしてデビュー。
エンジンは3LのV6 DOHC&3.9LのV8 DOHC、
駆動方式はしかも後輪駆動。なかなかいいですねえ。
メルセデスやBMWに対抗して、このLSなんて如何でしょうか(^^



>>ということでおなじみ?相場チェック。最低ラインで59万。
良かった...。30万くらいだったらドキドキだったので...。
コメント (6)   トラックバック (2)

机の上のVF-1...

2007-05-09 | もの。
VF-1。
そうです、バルキリー。
マクロスの。
時は1982年。自分は小学4年か5年生。

航空機がロボットに変形するという驚異的なプロセス。
羽田健太郎作曲のオープニング映像のかっこよさ。
初めて見たときに、一撃でやられました。


以来、はや25年。
いまだに自分のなかでVF-1は大好きな「機体」です。
ことにファイター(飛行機形態)のかっこよさと言ったら。
それが、コンビニで買えるなんて...買わないわけにはいきませんってば。


ががーん


小さいけれど、バルキリーのファイター形態を実に良く捉えています。
とくに特徴的なノーズの出来がよろしい。

食玩系なので中身が分からないブラインドパッケージ。
出てきたのはいちばん欲しかったテレビ版量産機のVF-1A。
言うことないっす。「量産機」派なんです、自分...^^


>>マクロスはテレビ版派です。ってひと多いんじゃないでしょうか?

コメント (9)

みんなで聴いて!「夕焼けランプ」

2007-05-08 | ズバリその他のこと。
なかなか更新ペースが戻らないieです...


そんなこんなですが 今日は嬉しいお知らせ。
勤めている会社にアルバイトさんが、このたび
CDでメジャー・デビューしました。

バンド名は、夕焼けランプ。




ボーカルのゆんちゃんがすごくいい声。
そして心に染みる歌詞、きれいなリズム。
ぜひ、聴いてみて下さい!
試聴はこちらから...



>>メジャーデビューなんだな!って思ったのが、ituneで「曲名が取得」出来たこと...
当たり前と言えば当たり前ですが、これってすごいなあ。
ガンバレ夕焼けランプ!みなさんも応援してね。
コメント

【セダン蒐集癖】Vol.70 ホンダ ラファーガ 直列5気筒の魅力

2007-05-01 | セダン蒐集癖。
気がつけばこのコーナー、以外とホンダ車多い気がします。

で、ラファーガです。




2代目アスコットの兄弟車として、同じく5気筒エンジンを縦置き!する
インスパイア/ビガー(懐かしい...)のシャーシを用いて登場した
魅力的なFF5ナンバーサルーンです。
アコードが北米向きに大きくなったことを受けた、国内専売モデルの位置づけ。

まるでFR(後輪駆動)のプロポーションはおなじみ?フロントミッドマウントの
エンジン位置がなせるワザ。
当時のホンダらしいなかなか上質なインテリア。
1代限りで終わっちゃった車ですが、個人的にはデザイン、キャラクタともに
かなり好きな一台でした。


>>これの2.5Lがちょっと気になったときがあったなあ...(^^
あ、2.0CSも魅力あった...

>>それにしてもアスコット/ラファーガの後継は何だか知ってますか?
トルネオです...これまた一代限(以下ry
コメント (8)