雪景色

東京には珍しく大雪?が降りました。滅多に見られない庭の雪景色を撮っておきました。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

言語バーの切り替え

前回の続きですが、二種類の言語バーを切り替えて使うときには、次のようにします。

「Microsoft Office IME」 から 「Google 日本語入力」に切り替えるときは、左端の赤丸をクリックして、「Google 日本語入力」の方にチェックを入れます。

逆に、 「Google 日本語入力」から「Microsoft Office IME」に切り替えるときは、多分中央にある青丸をクリックして、「Microsoft Office IME」の方にチェックを入れます。 このようにして、私は切り替えて両方を使っています。

 

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

Google日本語入力が面白い

今日の情報は、高橋浩子さんから教えてもらったのですが、Google日本語入力 が面白くなっています。 どんどん新しくなって、最近のバージョンはWindows版が「v1.3.974.0」だそうです。 そして、自分のバージョンを見るには、この Google日本語入力 を出して、「ばーじょん」と入れて変換すればよい、ということです。

それから、例えば今日の日付を入力するとき、「きょう」と入れて変換すると、いろいろ日付が表示されるので、選択ができます。

 

顔文字なんかも簡単に出ます。「ばんざい」と入れると、いろいろの顔文字も出ます。

絵文字も出せます。例えば「はーと」で変換すると、いろいろの が出ます。 遊びには面白いです。

前に一度、この Google日本語入力 について、ブログの記事にしたことがありますが、その時とは随分変わっています。 まだ無い場合は、下記からdownload ができます (この英字も「ダウンロード」と入れて変換したものです)。

http://www.google.com/intl/ja/ime/

 

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

重複ファイルを検出する

パソコンを長く使っていると、同じ名前のファイルが重複して保存されている例が多いです。 今回は、Glary Utilities を使ってこれらを検出し、不要のものは削除することを試みます。 同じ「モジュール」タブで、「ファイル&フォルダ」の「重複ファイルの検出」をクリックします。

「スキャンウィザード」の画面になり、対象をドライブにするかフォルダにするか、選択します。今回は、私はドライブにし「C」と{D」の両ドライブを指定しました。

「次へ」でスキャンが始まり、量が多いので時間がかかりましたが、今回の場合は、「合計 176666 のファイルを検索し、539 の重複が見つかりました」と報告されました。

「完了」をクリックすると、その一覧がでます。 内容を見ると、その大部分が画像のファイルで、カメラが勝手に決めた番号のファイル名をそのまま放置していました。 内容を点検し、明らかに重複したものについてチェックを入れて、「チェックしたファイルを削除」をクリックします。

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

羽根木公園の梅まつり

今年は特別に寒さが続いているためか、梅の開花が大分遅れています。 それでも、世田谷区の羽根木公園梅まつりは、暦どおりに開かれています。昨日の日曜、出かけた序でに立ち寄ってみました。 人出は大勢で、お店なども開かれていますが、肝心の梅の花は、開いた花を探すのに苦労します。 やむを得ず、写真撮影会に参加して、美女を少々撮ってきました。 その一部を披露します。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

不要ソフトの一括削除

Glary Utilities をインストールしたので、今回はこれを使って、不要ソフトの一括削除を試みます。普通はソフトの削除は、「プログラムの追加と削除」を使うのですが、一件一件では面倒なので、沢山のソフトをまとめて削除する場合は、これを使うと便利です。 まず Glary Utilities を起動し、「モジュール」タブの「クリーン&修復」から「アンインストールの管理」をクリックします。

「アンインストールの管理」画面になるので、「一括アンインストール」を選択し、削除するソフトにチェックを入れ、「選択したプログラムをアンインストール」をクリックします。 不要のプログラムを選ぶには、右側にある「インストールの日付」を参考とし、古くて全く使用していないものを取り上げました。

アンインストール中に、確認のメッセージが出るソフトもありますが、「OK」をクリックします。

それらについては、削除完了の表示が出るので、「完了」をクリックします。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「レジストリ」を修復する

パソコンの動作が鈍くなったときに、「一時ファイル」を削除したり、「レジストリ」を掃除したりします。「一時ファイル」の削除は、「ディスク クリーンアップ」で簡単に出来ますが、「レジストリ」の方は、不用意に変更すると、パソコンが動かなくなるらしいので、ちょっと厄介です。私も日頃は敬遠していましたが、Glary Utilities という便利なソフトがあるので、今日はこれを試みます。 まず次のところからダウンロードします。

http://glary-utilities.softonic.jp/

Glary Utilities を起動して、「1-クリック メンテナンス」タブを開き、「レジストリ クリーナー」にチェックを入れて、「問題点をスキャン」をクリックします。

暫くの間、次のような表示でスキャンが続きます。

スキャンが終わり、問題点がある場合は赤い文字、無い場合は緑の文字で結果が出ます。私の場合は、358の問題点を発見と出ました。

詳細を表示 をクリックすると、下のような問題点の詳細情報が出ます。

しかし、私にはこれは不要につき、元に戻して「問題点をスキャン」をクリックします。 それで問題点の修復が行われ、次のような緑文字に変わります。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3大ブラウザーの「印刷」場所

3大ブラウザーとは、Internet Explorer, Google Chrome, Firefox の3つです。 それぞれ特色があって、一長一短ですが、新しい版では、お互いに良いところを取り入れています。 その最たるものは、ボタンやバーを減らして、画面を広く使うようにしています。 それはそれで便利ですが、、私がよく使う「印刷」のボタンも無くなってしまいました。 そこで今日は、それぞれの「印刷」場所を探します。

まずInternet Explorerについては、右上歯車マークの「ツール」をクリックすると、一番上にあります。 これが標準型でしょう。

次にGoogle Chromeについても、やはり右上の、これはペンチマークの「設定」ですが、クリックして、中央部分に「印刷」を見つけることができました。

一番分からなくて苦労したのは、 Firefoxです。 なんとこれは、左最上部の「 Firefoxマーク」のボタンの中にありました。

何れも、印刷そのものの機能は変わりませんが、Internet Explorerについては、プレビューのバーに「全体を縮小して印刷する」ボタンがあります。これを使うと、5%単位で縮小ができるので、実用上便利であり、私は専らこの機能を使っています。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )