windows 10 の検索機能の改良

Windows 10 の最新のアップデートでは、大きな新しい機能追加はなく、既存機能の改良が中心にように思われます。その中の一つに、検索窓の改変のようなものがあるので、今日はそれを取り上げます。従来は、タスクバーにある検索窓が、「コルタナ」と一体になっており、検索をクリックしてもコルタナも出てくる不自由がありました。

これが、最新のアップデートから、コルタナと検索が分離して別々の機能になり、使いやすくなりました。

それから、タスクバーの右クリックで、コルタナの表示方法を変更できますが、従来は検索窓と一体になっているため、「表示しない」を選ぶと検索窓ごと消えてしまいました。

最新版の改正では、タスクバーの右クリックメニューに「検索」と「Corutanaのボタンを表示する」という別々の表示ができたので、例えばコルタナを非表示にして検索を残すことも可能になりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

windows 10 の スタートメニュー強化

Windows 10 は、春と秋との年二回が恒例になっている大型アップデートがありますが、今回の「メイ2019アップデート」が7回目になります。これにより改正された点を、折を見て取り上げてみようと思います。最初に、スタートメニューが変わったことを表示します。従来は背景が黒であったものが、白にも変更できるようになりました。まず「設定」から「個人用設定」を開きます。

「個人用設定」の画面で「色」を選び、「カスタム」をクリックすると、「黒」と「白」が選べるようになります。

ここで「白」をクリックすると、背景が白で文字が黒になります。

「黒」を選べば、元の背景が黒で文字が白になります。

その他、スタートメニューの「電卓」とか「カレンダー」のような標準で組み込まれているアプリを、右クリックから「アンインストール」で簡単に削除が出来るようになりまあした。

因みに、従来のバージョンでは、同じように右クリックしても「アンインストール」は無く、再度「その他」をクリックしてみても、有りません。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Windows 10 のバージョンアップ

東京は、梅雨入りから連日雨降りで家に篭っており、パソコンでも弄ろうか、ということになります。Windows 10 は、大体半年毎に大型バージョンアップがあり、そのアップデートには相当の時間がかかります。もうその時期になっているので、これを試すのもよいでしょう。その状況を見るには、まず設定の「更新とセキュリテイ」から「Windows Update」を開き、「更新プログラムのチェック」をクリックします。すると、「Windows 10、バージョン 1903 の機能更新プログラム」というのが出たので、説明を見て「今すぐダウンロードしてインストールする」をチェックします。

すると、「windows 10,バージョン 1903 の機能更新プログラム 状態:準備しています」として %の数字がしばらく続きます。

それが 100% で終わると、「ダウンロード中 %」ということになって、この数字が100%になるまで、時間がかかります。

これが終わると、「インストール中 %」になって、やはり相当な時間がかかります。

漸くインストールも100%になって終わると、「再起動が必要です」になるので「今すぐ再起動する」をクリックします。

この時の再起動は、普通の再起動と違って、いろいろ画面が出て時間もかかります。しかしこれでアップデートが出来たのでしょう。それを確認するには、設定の「システム」から「バージョン情報」を選び、「Windows の仕様」の「バージョン」を見ます。これが「1903」になっていたら成功です。

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パソコン間でファイルを送受信する

私は今までは、パソコン間のファイルの送受信は、いちいちUSBメモリーにコピーしていました。しかし「近距離共有」の機能を使えば、手軽に送受信ができるようになりました。今日はそれを試行します。まず両方のパソコンで、「システム」の「共有エクスペリエンス」を選び、「近距離共有」項目で「BluetoothとWi-Fi を使って近くのデバイスとコンテンツをを共有する」のスイッチを「オン」にします。なお、受信側のパソコンでは、その下で、保存先を設定しておきます。

送信側パソコンから、送信したいファイルを右クリックして、「共有」をクリックします。

受信側のパソコン名が表示されたら、そのアイコンをクリックしてファイルを送信します。

受信側のパソコンには、受信した旨通知が入りますので「保存」をクリックしておきます。それにより、予め指定した場所に保存されます。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アカウントの代わりに4桁のPINを設定する

Windows にサインインするには、アカウントパスワードの入力が必要ですが、そのパスワードは大文字や小文字を含む英数字の場合もあって面倒です。これを4桁のPIN数字によるサインインに切り替える設定を行います。まず、スタートメニューから「設定」を開き、「アカウント」を選択します。

次に、「サインインオプション」を選択し、「PIN」の項目にある「追加」をクリックします。

「PIN のセットアップ」が出るので、PIN として使いたい4桁の数字を、両方の枠に記入して「OK」をクリックします。

以上により、今後のサインインは4桁の数字でOKになります。私はこれを利用していますが、かなり便利です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

簡単にパソコンの電源を切る

パソコンの電源を切るときに、通常は「スタート」ボタンから「電源」をクリックし、その中から「シャットダウン」を選びます。その3ステップが1ステップに短縮ができます。パソコンを切るのは毎回のことなので、その方が便利です。今回私は、パソコンを新しくしたので、新しいパソコンにそれを作ります。まず、デスクトップの何もないところを右クリックし、「新規作成」から「ショートカット」選びます。

「ショートカットの作成」の画面になるので、「項目の場所を入力してください」の欄に「shutdown /p」と入力し、「次へ」をクリックします。

「ショートカットの名前を入力してください」の欄に何か名前を入れますが、私は「shutdown」と入力しておきます。その後で「完了」をクリックします。

以上で、デスクトップに「shutdown」のアイコンが出来ます。これをダブルクリックすると、シャットダウンが行われます。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

クリックボードが改善された

文章の一部をコピーして他に張り付ける機会があります。次に何かコピーすると、その前にコピーしたものは上書きされて消えてしまうのが当たり前でした。しかし、Windows 10 の少し前のバージョンから、コピーの履歴が記録されて、前のコピーも利用できるようになりました。今日はそれを試みます。まず事前に、設定の「システム」から「クリックボード」を選び、「クリップボードの履歴」を「オン」にします。

その後何かコピーしたら「Windows」キーと「V」キーを押します。すると、前にもコピーした履歴が一覧で表示され、そこから選んで貼り付けができます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スタートメニューの左端にフォルダーを追加する

Wibdows10 では、シャットダウンがやや面倒になって、スタートボタンを押した画面の左端「電源」ボタンの中にあります。この左端は何んと呼ぶのか、「設定」ボタンもここにあります。この場所に、他のよく使うフォルダーを入れておけば、それは便利で、ワンクリックでエクスプローラーの画面が出ます。今日は、それを試みます。

まず、「設定」から「個人設定」を選びます。

個人設定の「スタート」にある「スタートに表示するフォルダーを選ぶ」をクリックします。

スタートメニュウの左側に表示できる項目が並んでいるので、任意のフォルダーを「オン」にします。

今回私は、よく使うものとして「ドキュメント」と「ピクチャ」を選んでオンにした結果、下のようにボタンが追加されました。

 

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「クイックアクション」を整理する

クイックアクション」とは Windows 10 で画面右に「通知」が表示される「アクションセンター」の下に並ぶ長方形のパネルの集まりです。画面の右下端の吹き出し型アイコンをクリックすると表示されます。いろいろな機能のオン・オフが出来る便利なボタンですが、当面不要なものも有るので、整理して小さく纏めることを試みます。

まず「設定」から「システム」を選び、「通知とアクション」をクリックします。画面の右側に「クイックアクション」が出ますから、その下の「クイックアクションの追加または削除」をクリックします。

「クイックアクションの追加または削除」のメニューが出ます。最初は全部オンになっていますから、その中で特に必要なものを残して、他はオフに切り替えます。

その結果、下のように簡単なパネルになり、使い易くなります。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パソコンで絵文字を入力する

最近は、スマホとパソコンが接近して、共通に使う機能も出来てきました。そして、スマホの方が便利になっていますが、私は高齢で小さい文字が苦手のため、やはりパソコン党です。しかし、パソコンでもスマホのような絵文字が使えないものか、と思っていたところ、簡単に使える方法がありました。まずタスクバーの空いている所を右クリックして「タッチキーボードボタンを表示」をクリックします。

そうすると、通知領域に横長四角の「タッチキーボード」アイコンができます。

このアイコンをクリックすると、タッチキーボードが現れます。

キーボードの左下にある顔のイラストのキーをクリックすると、絵文字が現れます。いろいろの種類の選択も出来ます。😁🎶🐱‍👓🎉

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ