宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2018/04/28
(つづき)
二毛作を出て向かったのは11周年を迎えた丸忠おでんです。



ところが満席御礼、繁盛していて何よりです。それではと線路を渡り、鳥房脇を抜けて呑んべ横丁へ突入します。江戸っ子もほぼ満席だったものの、すぐに入店できました。大箱のお店に加え、ひとり呑みのアドバンテージ。ボールをいただきます。



さすがにここのボリューミーな煮込みは今のお腹には無理、ということで豆もやしをいただきます。そしてここのボールが効くのです。



焼き台へ続くストレートカウンターのご常連さんたち、みなさんいい笑顔をなさってます。そんな様子を眺めながら、ボールをおかわり。そしてそろそろ酔いも回ってきて、記憶も薄らいでいきます。



ごちそうさまをしてお店を出ると、18時近くでも空は明るくなってきました。この日はTシャツでひとり呑み歩き、GW初日を楽しんで帰宅したのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/04/28
(つづき)
四ツ木製麺所を出て、ふたたびてくてくと腹ごなし。それでもさすがに最初のラーメンが効いて、お腹は空いてきません。10分弱で二毛作に到着しました。鍋前の特等席が空いていて、熟選をお願いします。ゴクリ一口。



お通しも立派です。ちょうどいいボリューム。日高さんや内山さんと他愛もない話で盛り上がりながら、熟選を呑み干します。



2杯目は志賀高原ビールのnot so mildをいただきました。ゆるゆると過ぎていくGW初日の午後、ここでも1時間ほどの滞在でごちそうさまをします。そろそろ酔いも回ってきた頃、でもまだまだ次に行ってしまうのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/04/28
(つづき)
宇ち多゛を出て腹ごなし、奥戸街道を渡り10分弱で四ツ木製麺所に到着します。



13時近くなり、いつものご常連さんたちは既にいらっしゃらず。カウンターにお邪魔してしぞーか割をお願いしてから、メニューを見上げます。



残念ながらツナサラダはありませんでした。いつもあるとは限らないのも、絶品メニューのありがたみが感じられるというもの。そして、他にも美味しいメニューがあるのです。



里芋ゴママヨサラダをいただきました。里芋のモチモチ感ときゅうりのシャキシャキ感、そして胡麻の効いたマヨネーズ味が抜群のハーモニー。美味しいです。しぞーか割との相性もバッチリ。おかわりです。



金宮グラスを眺めながら、のんびりひとり酒。GWのスタートで心も軽く、ゆったりと過ごさせていただきました。1時間ほどの滞在でごちそうさま。気持ちよくなってお会計をしたのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/04/28
ゴールデンウィークの初日、自宅からてくてくウィーキングして倖佳さんでブランチをしたあと、宇ち多゛へ向かいます。12時ジャストの到着で行列なし、二の字一番に案内していただくと、隣には回転寿司評論家でNMBE仲間の寿司よねさんがご友人といらっしゃってました。どうもどうもとご挨拶。小瓶と煮込みをいただきます。



もうお店も終盤、いい感じで煮込まれてます。そしてボリュームたっぷり。小瓶を空けるころ、寿司よねさんたちはお会計、また後ほどどちらかでお見送りして、空いたどん尻へ移動させていただきます。



あとからいらっしゃったご常連カップルさんと和気藹々に会話をしながら、梅をいただきつつ煮込みをつつきます。ラーメンあとの禁断の宇ち入りなのか、呑んだあとの禁断のラーメンなのか。ラーメンのあとだと若干抑え気味になるので、いいんじゃないかななんて思いつつごちそうさま。この日は小瓶のあと梅1つでごちそうさま。でもやっぱり次のお店へ向かうのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/04/27
(つづき)
この日は二毛作としてオープンした現おでん丸忠の11周年の日。おめでとうを言いにおかあさんと西村さんに会いに来ました。熟選をいただいて、祝杯です。



トリ貝サラダ、美味しいです。二毛作は、ボクが立石で呑むようになって3年経った2006年3月に、まだ店先で20時オープンだった12年前からのおつきあい。その1年後の4月27日に、隣のスペースで本格的にスタートし、そして3年前の日高さんの独立によりリニューアル。おでん丸忠となってなおますます人気店になってます。そんな思い出に浸りつつ、熟選を呑み干し2杯目は琥珀を。空豆も茹で上がりました。



茹でたて空豆。空豆は皮ごといただいちゃいます。西村さんとの会話も楽しく、琥珀のあとは燗酒をいただくことにしました。



別嬪。にごりの燗が美味しいです。そして、アテも追加。おかあさんの煮物をお願いします。



味が沁みた、まさに家庭的な味。燗酒も進みます。11周年をお祝いするお客さんも次々にいらっしゃって、賑やかな夜になりました。燗酒を3合いただいて、22時過ぎにごちそうさま。これからもますます繁盛して欲しいと思いつつ、丸忠をあとにしたのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/04/27
この日は奇跡的に残業を回避できて、19時過ぎに宇ち多゛に付くとなんと大行列。しかも進みが悪く、20分待ちでようやく入店できました。二の字にはボヤさん、プー子さん。煮込みが終わっていたので、シロ味噌をお願いしました。



ほどなくシノさんもいらっしゃって、楽しい二の字に。小瓶を呑み干し、梅をいただきます。



シロ味噌を平らげ、アブラ多いとこたれを頼みます。



ブリンブリン、コラーゲンなアブラたれ。これがまた絶品。会話も楽しく、梅も進んでおかわりです。



あんちゃんに半分?と訊かれるところ、一杯でお願いしますと返します。最近はめっきり減った2杯目。このあと、じんわり効いてくるんですよね。金曜日なのでまあいいか、ということでいただいちゃいました。梅を呑み干しごちそうさま。この日は小瓶のあと梅2つで大満足。お店を出て閉店作業中のあんちゃんとシノさんと戯れつつ、お店をあとにしたのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/04/26
(つづき)
王将を出て、前回同様高砂家へ向かいますが、なんと満席NGとのこと。それではと向かったのは、ゆうゆうという居酒屋さんです。以前はラーメンもやっていて、何度かひとり呑みでも訪れたことのあるこちら。大勢で訪れるのは初めてです。大テーブルにお邪魔し、いろいろアテを注文します。



最初に呑んだのはレモンサワーです。



キンキンジョッキのレモンサワー、美味しいです。そしてこちらのお店、お店の方が丸忠のご常連さんとのことで、サービスでハラミステーキをくださいました。



このハラミステーキが絶品。生ビールをいただきます。



結局24時近くまで盛り上がりごちそうさま。お店の前でぱちりと撮って、解散となったのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/04/26
木曜のこの日、丸忠が定休日ということで西村さんと王将呑みが開催されました。残念ながら残業回避できず、遅れての合流です。ほぼみなさん出来上がりな状態、自分のために餃子と唐揚げを頼んでくださいました。まずはビールで乾杯、追いつかなくちゃとゴクゴク呑んじゃいます。



餃子も出来上がってきました。安くて美味しい王将の餃子、ビールがすすみます。



そして唐揚げも揚げたてで絶品なのです。秘密のスパイスをかけていただきます。そしてこのあと、天津飯3種類の食べ比べをして盛り上がります。みなさん好みもそれぞれ、1月以来の2度目の王将呑みで盛り上がったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/04/25
(つづき)
ブンさんチームと別れ、ひとり向かったのは高砂家です。暖簾をくぐるなり、威勢のいいねえさんの声が。カツオがオススメだそうです。



ねえさんがカツオをオススメするときは、本当に美味しいのです。お腹も満たされていたので、ボリューム的にもちょうど良く。ホッピーを呑みながら、楽し過ぎたブンさんたちとのはしご酒を振り返ります。ホッピー1ラウンドでごちそうさま。十分酔っ払って帰宅したのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/04/25
(つづき)
蘭州を堪能してごちそうさまをしたのが20時45分。まだ間に合いますよ、ということで向かったのは鳥房です。21時までにインすればセーフ。ラッキーなことにここでもすんなり入店でき、換気下の席にお邪魔します。注文してほどなく鳥サラダがやってきました。



茹で加減が絶品な葱に、マヨネーズのハーモニー。最高です。すぐにポン酢さしもやってきます。



ピリ辛のポン酢刺し、これもまた鳥房名物。絶品です。半身揚げも出来上がってきました。



閉店間際の鳥房、22時には完全クローズなので、このあと画像も撮らず一心不乱にいただきます。絶品半身揚げに一同大満足、お腹いっぱいになってごちそうさまをしたのでした。さらに線路を渡って丸忠へ。



楽し過ぎたブンさんツアー、一杯だけいただいてごちそうさま。立石駅で上り電車に乗り込むみなさんと別れ、下り電車のホームへ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ