宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2018/08/03
源氏とニコルを楽しんでから仙台で一泊し、この日は朝から山寺へ足を伸ばし、仙台駅へ戻って牛タンでランチしてから新幹線。16時前には東京駅に到着し、そのまま立石へ向かいます。16時40分に宇ち多゛に到着し、すんなりと鍋前に座ることができました。小瓶をもらって、煮込みを取ってもらいます。



ハツモトも入っていてラッキー。ほどなくあんちゃんから声がかかり、二の字のどん尻に移動することができました。Y社長がいらっしゃってご挨拶。小瓶も空いて梅をいただきます。



Y社長との話も盛り上がり、小瓶のあと梅1つで大満足。旅の疲れが出たのか、結構酔っ払ってごちそうさまをしました。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/08/02
(つづき)
この日の数日前、今度仙台に行くんですよとおでん丸忠で西村さんにお話ししたところ、オススメのお店があります、と教えていただいたのがニコルというお店。源氏を出て、スマホのGoogleマップに導かれて西に歩くこと10分ほどで到着しました。



交差点の角地、大きな暖簾で迎えてくれます。開け放たれた店内、空調はないのですがさすがは仙台、この時間いい風が店内に入ってきます。まずはグラスワインをいただくことにしました。赤白2種類ずつあるとのこと。



ボクは赤ワインを。



そして同行者は白を。いずれもフランスの美味しいワインです。お通しもやってきました。



ワカメとハモとのこと。店内には3人さんが1組いらっしゃるだけで、空いている感じですが、マスターおひとりのオペレーションでお忙しそうな感じです。それでもいろいろとオススメしてくださり、朝どれのホヤ刺しをいただくことにしました。



これがまさにオススメ通りの絶品でした。新鮮ピチピチ、口に入れるとみずみずしいホヤから海の香りが駆け抜けていきます。



もう1品、いぶりがっこをいただきました。1杯目のワインも呑み干し、やっぱりボトルでいただくことにします。



北海道は函館のワイナリー、農楽蔵のNORAKENがありました。これはなかなか珍しい。ワインを傾けながら、外の風を感じつつ過ぎゆく時間。21時近くまで、素敵なひとときでした。最後はマスターと3人でパチリと写真を撮ってごちそうさま。イイキモチでホテルまで歩いて戻ったのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/08/02
木・金と2日間夏休みをいただいて、東日本大震災の被災地を訪れる旅行に行きました。新幹線で仙台駅まで行き、レンタカーで松島を経由してから南三陸町まで行き、復興の進んでいる状況や、それでもまだまだ時間がかかりそうな状況を自分の目で見て、仙台に戻りました。レンタカーを返却しホテルにチェックインして、この日目指す1軒目は源氏です。口開けの17時から5分過ぎて到着。



既にお客さんは半分ほどの入りで、入って左奥の燗付け器前に着席します。クルマを運転したので、まず最初は生ビールをいただきます。



源氏で生ビールをいただくのは初めてです。お酒とお通しが1セットの源氏ですが、生ビールでも1杯目としてカウントされて、お通しも進行します。



まずは1杯目のお通し。夏らしい感じですね。そして、この席からの眺めは初めてです。



女将さんがお酒を注ぐ様子を目の前で見ることができます。そして生ビールを呑み干し、いよいよお酒をいただきます。



高清水の辛口、燗を付けていただきます。そして2杯目のお通しは冷や奴でした。



美味しい木綿豆腐です。お酒との相性もぴったりですね。お客さんも増えてきて、隣には東京からいらっしゃったという女性おふたりさんが楽しげに会話をされてます。お酒も進み、3杯目は浦霞の燗でいただきます。



季節柄、燗で呑むお客さんは少なめですが、それでもやっぱり燗酒が出てますね。3杯目のお通しもやってきました。



3杯目のお通しはお造りなのが通常なのですが、実はシマアジのお刺身を注文していたので、女将さんが「おでんになさいますか?」と聞いてくださったのです。嬉しいですね。そしてお刺身もやってきました。



メニューに銀だらの刺身があったので、珍しいと思って頼んでみたら品切れで、シマアジがオススメですよ、ということでいただいたのでした。とっても美味しいシマアジでした。1時間半ほどの滞在でごちそうさま。やっぱり仙台に来たら源氏に来たくなりますよね、ということを再確認したのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/07/28
(つづき)
マイマイさん、シゲさんと丸忠で盛り上がり、そして何と大さんも合流して二毛作へ向かいます。何とか二毛作に入ることができて、ここでも熟選をいただいて乾杯。セルフィーは何枚か残っていたのですが、デジカメで撮った写真はこの1枚だけでした。



お酒の写真は一切無く、恐らく熟選で通したことと思いますが、相当楽しかったことかと。二毛作は1時間ほどでごちそうさま。蘭州のオープンまでカラオケへ行きましょう、ということに。



かなり盛り上がってきました。1時間ほど楽しんで、蘭州へ向かうとラッキーにも奥のテーブル席が空いてました。



ビールや紹興酒などで乾杯。餃子もいただきます。



焼餃子と焼ニラ餃子。



そして焼餃子と焼ニラ餃子アゲイン。さらに水餃子もいただいた模様。餃子を平らげごちそうさま、もう1軒行きましょうということで、みなさんを高砂家へご案内。



白ホッピーで乾杯です。アテもいろいろといただきます。



鯵のなめろう。生姜でいただきます。



そしてニラ玉を。さらにハムエッグもいただきます。



とろーり半熟玉子が嬉しいハムエッグ。楽しい時間はあっという間、そして土曜日は早じまいの高砂家。21時過ぎにみなさんを高砂駅でお見送りし、解散となったのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/07/28
(つづき)
四ツ木製麺所を出たのが13時半過ぎ、仲見世に戻ってきて14時の丸忠口開けまで時間調整です。栄寿司は相変わらず大行列、界隈をてくてく歩き、盆踊り大会の会場に到着。



木曜日からやっている盆踊り大会、この日が最終日でした。すこしベンチで佇み、時間になって丸忠へ向かいます。特等席にお邪魔して、熟選をいただきます。



ゆるゆると呑んでいると、何とマイマイさんとシゲさんが。おふたりも口開けに予約をされていたとのこと。嬉しい偶然に乾杯です。熟選を呑み干し、琥珀の時間(とき)をいただきます。



マイマイさんもシゲさんも、立石の街が気に入ってしまったとのこと。嬉しいじゃないですか。カルーをアテにビールも美味しいです。



西村さん得製の、アツアツのカルー。美味しいですね。ビールも空いて、3杯目にワインをいただきます。



IL VEIのフリザンテ。こう見えて白ワインの製法で作られているとのこと。美味しいワインでした。マイマイさんたちとワイワイと、とっても楽しい丸忠になったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/07/28
この日はブンさんと土曜日立石ツアーをしましょうと予定していたのですが、台風接近の報を受けて安全を見て延期に。ところが当日になって、それほど影響が出てなかったので、遅めに立石に向かってみます。間に合うかなと思いつつ12時過ぎに宇ち多゛の裏へ向かってみると、何と既に椅子が上がっていてお片付け状態。気を取り直して向かったのは四ツ木製麺所です。



店内にはネコさんやブンさんなど、土曜の宇ち多゛を終えてくつろいでいらっしゃる先輩方がいらっしゃいました。ボクは生ビールからスタート。スパサラがやってきました。



ツナサラダがなかったので代替で頼んだこちら、とってもボリューミーでした。築地三点盛りもやってきます。



築地から仕入れるお刺身、特に白身魚に自信があるとのこと。さすがのクオリティです。フライド大根もやってきました。



定番メニューのフライド大根、揚げたてで美味しいです。生ビールを空けて、次は日本酒をいただくことにしました。



佐賀県のお酒、鍋島が530円でいただけるというのは嬉しいですね。宇ち多゛の常連さんたちがお会計でご挨拶。ボクはアテを追加、あさりペペロンうどんを注文します。



うどんにコシがあって、十分お酒のアテになるのです。日本酒を空けて、次はしぞーか割をいただくことにしました。



さすがに日本酒2杯いってしまうとこのあとヘロヘロになっちゃうと思って、しぞーか割に。1時間半ほどの滞在でごちそうさま。素敵な昼酒になってのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/07/27
この日は残業を終えて京成立石への到着は21時過ぎ。おでん丸忠に向かうと、先客にきゅうりちゃんがいらっしゃいます。隣にはご夫婦がいらっしゃって、もしかしたらご両親?と伺うとその通りでした。ボクは熟選をもらって乾杯、おでんもいただきます。



なんと、岩手から娘さんに会いに上京されていたところ、立石で何軒か巡って最後丸忠で締めているところとのこと。そしてお父さんも酒場好きとのこと、話が合うはずです。熟選の次は琥珀をいただきます。



ボクより少し年齢が上とのこと、娘さんが立派な社会人になって一緒に呑めるなんて、素敵なことですねと話が盛り上がります。とはいえきゅうりちゃんご家族も既に何軒目か巡ったあとなのでそろそろごちそうさま、とのことでお見送り。琥珀を呑み干し、3杯目はギネスをいただきます。



素敵なご両親でした。きゅうりちゃんのように真っ直ぐな子が育つはずです。そんなことを思いながらごちそうさま。蘭州に足が向かいます。22時を15分ほど過ぎた店内は比較的空いていて、入ってすぐ左のカウンター隅っこにお邪魔します。ビールをもらって、水餃子も出来上がりました。



絶品水餃子。そしてこのあと、香菜ワンタン麺をいただいてお腹いっぱいで帰宅したのでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/07/26
(つづき)
亀有の江戸っ子を出て、常磐線、金町線と乗り継いで京成高砂駅まで帰ってきました。高砂家へは線路沿いに歩いて数分です。お店に入ると、階段を店員さんが降りてきます。どうやら2階では宴会をやっているようですね。1階も常連さんたちがずらり、お邪魔してこの日のメニューを眺めます。



さてどれにしようかと、メニューの検討に入ったところでねえさんから「カツオがおススメよ」と。では生姜でいただきます。



多く仕入れて捌いてしまいたいのでお勧めするお店はありますが、ねえさんのおススメは本当に美味しいんです。常連さんたちとの会話もたのしく盛り上がりますが、ホッピー1ラウンドでごちそうさま。後ろ髪をひかれつつ帰宅したのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/07/26
亀有に来たついでに、軽く呑んで帰ることに。そういえば亀有の江戸っ子には入店したことがなかったということを思い出し、行くことにしました。



なんとも素敵なたたずまい。暑い日でしたが、暖簾の向こうの立ち呑みスペースには数名お客さんが。右手の入口から入ると、奥まで長いカウンターにお客さんがびっしり。向かい側に少し空きがあるようなので、左側の入口に回ります。するとこっち側は立ち席なんですね。立ちスペースを確保し、ボールをいただきます。



立石の江戸っ子のように、なみなみとは注がないのですね。そして味わいは立石より若干ライトな印象です。焼き物は混ぜができるのが立石と同じ。



カシラとナンコツを混ぜたれで。カシラには葱が挟まってます。カウンターに挟まれた厨房で忙しく働く店員さんたちを眺めつつ、串を平らげボールを呑み干しごちそうさま。サクッとボール1つでごちそうさまをしました。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018/07/25
この日は立石の巨匠、KGさんのご結婚をお祝いしましょう、ということでてるりんが幸泉の2階を予約してくれました。宇ち多゛の裏、向かい側にある幸泉。名店とはうかがってましたが、実は未訪。まだ宇ち多゛に間に合う時間に、宇ち多゛に入らないで向かいのお店に入るというのは、なんとも不思議な気持ちになりました。



暖簾をくぐると、右手に階段が。靴を脱いで階段を上がると、みなさんそろってました。早速乾杯です。



19時スタートには間に合わず、既に焼肉はスタートしてました。



こういうロースターで焼く焼肉、懐かしい感じがします。それにしても、幸泉の2階からの眺めが素敵でした。



宇ち多゛の裏を上から見下ろすという。見たことのない景色です。さらに西村さんが、素敵なワインを持ち込んでくださいました。



IL VEIのマグナム白。そしてマグナム赤も。



マグナムって、普通のボトルより美味しさが増しているような気がします。そして焼肉も続きます。



牛さんも美味しいですが、



豚さんの焼肉も美味しかったです。幸せなおふたりを囲んでの楽しい焼肉、美味しくいただきました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ