宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2019/02/09
肉の日の2月9日、半年前に予約していた肉山に行ってまいりました。いわゆる肉山登山。はまださん、倉嶋編集長の3人で予約していたのでした。12時の予約、みなさん5分前くらいには集合して、開店と同時に満席になります。カウンター左奥の窓際にお邪魔して、肉山劇場のスタートです。



まずは生ビールで乾杯。最初のお肉もすぐにやってきます。まずは肉のパテから。



脂身も絶妙な肉のパテ。ビールのすすみ、あっという間にボトルでワインをいただきます。



タコさんのエチケットに惹かれて、目の前にあったボトルをいただきます。南アフリカの軽やかな赤ワインです。2品目がやってきました。



豚ロース。豚さんも美味しいのです。そして3品目は箸休めのお野菜。



深谷ネギ。とろっとろに甘いネギです。そしていよいよ牛さんです。



熊本赤牛のソトモモ肉。美味し。そしてこれから焼くお肉を見せてくださいました。



なんとも素敵なお肉。一同で写真撮影を終えると、エリンギと短角牛のソーセージがやってきます。



焼きたてのエリンギは、じわじわと汗をかいていてなんともみずみずしい。ソーセージも美味しいです。ワインも空いてしまい、2本目のボトルをいただきます。



29ボトルのオリジナル赤ワイン。しっかりとした赤で美味しいです。2015年の6月、ブラジルに編集長と一緒に遊びに行ってはまださんと巡ったお店の数々の話題で盛り上がっていると、トンカツがやってきました。



ソースの味がこの流れにアクセントを与えてくれます。そしてここから赤身シリーズに入ります。まずはカメノコから。



じわっと脂身が沁みる感じ。お次は北海道赤牛のトウガラシ。



部位の形が唐辛子に似ているというとのこと。辛くありません。赤身肉の美味しさを感じられます。ここで箸休めのきゅうりが入ります。



みずみずしいきゅうり。そしていよいよラストお肉です。



イチボ。イチボと言えばアルゼンチンピッカーニャ、ブラジルの屋台で食べたあの味を思い出します。既に満腹状態ですが、最後の〆ごはん。カレーに卵のせをおねがいしました。そして、実は全品1切れずつを取っておいておいたのでした。カレーの上にトッピングしていきます。



肉山のオーナー、光山さんがSNSでやっていたトッピングコンテスト、もうやってませんでしたが自分もやってみたくなり。ケジャンの香る絶品肉山カレーをつけて、お肉も一層ゴージャスに。美味しくいただき満腹満足。イイキモチで3人、ごちそうさまをして無事下山したのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019/02/08
(つづき)
初レトロを楽しんだあと、再度ブンカ堂へ向かうと空席ができてました。安堵しつつ入店、ボクは琥珀の時間(とき)をいただきます。



編集長は初めてのブンカ堂、西村さんとは丸忠が二毛作のころからのおつきあいで、ずっと来たかったとのことでした。入るなりいい雰囲気との編集長、でしょでしょ~とボクも嬉しくなっちゃいます。そしてアテには、編集長がチーズの盛り合わせをチョイス。



ちびちびとチーズをつつきながら、ゆるゆると。既に時刻は23時を過ぎて、そろそろヤバイですかねということで切り上げたのが23時20分頃。編集長を駅のホームで見送って、2番ホームへ向かったのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019/02/08
(つづき)
倉嶋編集長と100円ショップを出て、次に向かったのはブンカ堂です。ところが、ブンカ堂はぎっしり満席。ちょうどそこへモリンコさんがいらっしゃって、それじゃあ一緒にあそこへ行きましょうと。モリンコさんについていくと、ふたたび呑んべ横丁の暖簾をくぐりレトロに入っていきます。



ちょうどカウンター手前が3人分空いていて、するっと入ることができました。このお店、何度か覗いたものの喫煙率が高く、入店せずにいたお店なのです。キンミヤサワーをいただいて乾杯します。



この日もやはり喫煙者がいらっしゃったのですが、一番入り口側に立たせていただいてなんとかセーフ。天ぷらも揚がってきました。



スモークチーズ天が美味しかったです。カウンターの中にはご夫婦が息の合ったオペレーション。キンミヤサワーをおかわりします。



モリンコさんと編集長と、楽しい立ち呑みタイム。つくづく、禁煙だったらいいのになあと思いつつトイレへ。



宙~(そらから)の向かい側、ようやく入ることができたレトロ。なかなかいいお店でした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019/02/08
(つづき)
宇ち多゛を出て踏み切りを渡るとき、なにやらビビビと感じるものが。なんと、右前に倉嶋編集長がいらっしゃってご挨拶。100円ショップに向かうところとのことで、ではご一緒にとお供させていただきます。呑んべ横丁のネオンをくぐり、100円ショップに行くとなんとそこには浦風親方が。元タカラジェンヌのあくらさんと一緒に、立石ツアーを楽しんでいらっしゃるとのこと。編集長と一緒に隣に立たせていただき、うめサワーで乾杯します。



そして串揚げも揚がってきました。



大根、こんにゃく、里芋、ハムカツ、もちチーズ、そして紅生姜ロール。うめサワーも進みます。親方たちは既にマスターと日本酒モード。うめサワーを2杯呑んだあと、編集長と日本酒にシフトします。



マスターが、おみやげで常連さんからもらったという笹かまとわさび漬けをサービスしてくださいました。ありがたや。



さらに昆布もいただいちゃいました。薄い昆布が何重にも重なっているそうなんですが、手先が器用ではないので薄くむけません。そんなこんなで初めましてのあくらさんとも意気投合、今度一緒に宇ち多゛へ行きましょうと約束をして、編集長と次のお店へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019/02/08
金曜の夜、18時20分過ぎに京成立石に到着すると、裏は10人ほどの行列。ところがタイミングが悪かったのか、なかなか列が進みません。25分ほど待って、二の字二番に入ることができました。小瓶と梅を一緒にもらい、アブラたれをお願いします。



アブラたれも焼けてきました。



この油がエッジが立っていて、ぶりんぶりんの絶品。梅にぴったんこ。お隣にいらっしゃった立石出身立石在住のO川さんと、アブラ美味しいですねえとしみじみ話します。そしてこの日は、さっくりと20分でごちそうさま。小瓶のあと梅1つで大満足。次のお店へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019/02/06
(つづき)
宇ち多゛を出て、次に向かったのはブンカ堂です。お店に着くと、酔わせて下町のFさんがお友達と楽しそうに盛り上がってます。熟選をいただき、向かいにいらっしゃるFさんとエア乾杯します。



お通しはホッキ貝サラダです。Fさんのお友達はかなりゴキゲンなご様子で、店内はかなり賑やかな雰囲気。熟選を呑み干し、琥珀の時間(とき)をいただきます。



Fさんご一行はお会計で次のお店へ。余韻で楽しい雰囲気が残ってます。琥珀を呑み干した頃、他のお客さんが今ちゃんハイを注文。ボクも便乗して注文します。



クラッシュしたスライストマトにジントニック。トマトとジンが反応して、独特な甘さが生まれる今ちゃんハイ。呑みやすくて危険です。すいすいといただき、トマトも平らげごちそうさま。今ちゃんハイで爽やかになって、家路についたのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019/02/06
18時15分に京成立石に到着して、裏には3人の待ち。少し待って三番大鏡下に入店し、小瓶をもらってすぐ二の字が開いて二番どん尻に移動させていただきます。レバボイルをお願いすると、けいちゃんから「今のでラスト」と。ぎりぎり間に合いました。



二の字の常連さんと、こんにちはとご挨拶。ボイルが美味しいです。ビールを呑み干し、梅割りをいただきます。



どん尻はお皿をあんまり並べられないので、レバボイルを平らげてからネクスト注文。生姜ない大根お酢だけをいただきます。



まだまだ青首な、みずみずしくて美味しい大根。あとから立石の巨匠アーティスト、KSさんも二の字にいらっしゃって、話に花が咲きます。



半分いただきました。大根をつまみながら梅割りをグビリ。この日は小瓶のあと梅1つ半で大満足。とても楽しいにの字でした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019/02/05
休肝日にすべき火曜日、21時過ぎに職場を出て、なんだか呑まずにはいられず高砂家へ。お腹ペコペコで、栃尾納豆のイメージだったのに栃尾揚げがなんと売り切れ。比較的早く出てくる、鰺のなめろうを生姜でお願いしました。



海苔になめろうと貝割れを載せて、巻いていただきます。結構食べ応えありますが、あっという間に平らげてしまいもう1品。豆腐納豆ならできるよ、ということでいただきました。



豆腐納豆で栃尾納豆のイメージを埋めます。ホッピーは2ラウンドでごちそうさま。お腹も満たされ、楽しい高砂家でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019/02/02
(つづき)
下北沢から小田急、湘南新宿ラインと乗り継ぎ赤羽へ。この日は恒例のNMBE新年会、まるます家の2階です。



1階はこの日も大行列。裏手の入り口から入り2階へ向かうと、参加者の半分ほどそろっている状態でした。三々五々スタートし、代替そろった頃に正式に乾杯をするというスタイル。まずはジャン酎モヒートをいただきます。



そして、最近はあんまりいただけないカルシウム(うなぎのホネせんべい)もありました。



これが美味しいんですよね。そして、まるます家名物料理もたくさん出てきます。



特大メンチかつ。揚がるのに20分を要するという分厚さです。



里芋揚げ、これも密かに人気メニューですね。



たぬき豆腐、鉄板の人気メニューです。そしてうなぎの肝もいただけました。



早い時間になくなってしまううなぎの肝。ありがたや。そして宴も佳境に入り、スッポン鍋にとりかかります。



グツグツのスッポン鍋、1階のひとりすっぽん鍋もいいですが、2階だとおじやまでいただけるのが嬉しいですね。



ワイワイ賑やかな新年会でした。そしてこの日はさすがにロングラン、2次会には流れずに大人しく帰宅したのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019/02/02
この日はラコちゃんの舞台を観に下北沢へ。



観劇後、世田谷在中Aさんとそのお友達と3人で、軽く行きますかということに。あんまり来ない下北沢でしたが、劇場のすぐ近くに四文屋の文字を見つけて入ることにしました。そういえば去年、神戸に行ったときも四文屋を見かけましたよなんて話をしながら飲み物を注文。



まずはビールで乾杯します。食べ物もいろいろと注文します。



大根酢醤油。なんだか宇ち多゛の大根のオマージュっぽいですね。煮込みももらいます。



葱が載ってます。串ものもいくつかいただきました。



他にナンコツやレバなどもいただきました。生ビールを呑み干し、キンミヤサワーをいただきます。



梅割りもあるみたいですが、350円。そして3杯までという縛りもあるようです。なかなか賑わっている店内、土曜の午後に開いているありがたいお店ですね。キンミヤサワーを呑み干す頃に、次の宴会へ移動する時間に。お先に失礼して、下北沢駅へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ