宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2016/06/11
土曜日の昼前、自宅からウォーキングで立石を目指し、宇ち多゛への到着は11:45頃。先週は12:00過ぎで行列なしでしたが、昨日は10人ほどの行列で、それでも10分も待たずに入店できました。中の入り口寄りの席が空いたので着席し、小瓶とガツ素焼きを注文。暑い中のウォーキングだったので、ビールが美味しいです。お新香かけないで生姜をもらった頃に、あんちゃんから声がかかって二の字一番へ移動。着席した頃にガツ素焼きもできあがりました。



コリコリとしたガツ、お新香の生姜を載せて食べても美味しいです。小瓶も空いて梅をお願いします。



そろそろお会計という頃、あんちゃんから「Kさん夫妻が来たよ」と声がかかります。昨日は小瓶と梅1つで大満足。ごちそうさまをして裏に並んでいるKさんご夫妻にご挨拶してからお店をあとにしたのでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2016/04/23
(続き)
寅圭を出て、次に向かったのは豚星です。実は寅圭の先客で、立石で何度かご一緒させていただいているmiyokoさんが先にお会計をされて、次は豚星へ行くと仰っていたのでした。寅圭から豚星はすぐ近くです。



こちらも移転してお店が大きくなったとのこと。白を基調とした綺麗な店内に驚きます。



ハートランドビールでこの日3度目の乾杯。やはりハートランドが置いてあるとついつい頼んじゃいますね。おかずもいろいろいただきます。



豚星サラダ(800円)は大きな蜂の巣がたくさん入っています。



マカロニサラダも絶品です。



ビールのあとは金魚をいただきました。すっきりとしていてとっても美味しいです。



焼き物も焼き上がりました。ピーマンチーズ巻きや上シロも絶品です。



金魚をおかわり。杯数だけ唐辛子が増えていきいます。さすがにこれにてすっかり出来上がり状態に。20時過ぎにごちそうさま、2時間ほどの滞在でした。楽しかった武蔵小山ツアー、ご案内いただいたラコちゃん、ありがとうございました。牛太郎は未遂のまま、他にも名店ひしめく武蔵小山。課題山積で葛飾への帰路についたのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2016/04/23
(続き)
盛苑の激安に気をよくして、次に向かったのは寅圭(とらよし)です。



お店に入ると、わいわいと賑やかな店内。入り口すぐのテーブル席に座り、ホッピーをいただくことにします。



焼酎の量が多くて、中4ついけるくらいのボリューミー。アテもいただきます。



コブクロに梅キュウリ。梅はみじん切りにしてあって、新鮮な印象。そしてコブクロはまさに新鮮、コリコリです。



スジ煮込み100円は珍しい串煮込みのスタイル。これが1本100円とは安い。何より、常連さんたちの盛り上がり方がまさに下町大衆酒場な雰囲気。城西地区にも大衆酒場健在、といったいいお店でした。1時間ほどの滞在でごちそうさま、次のお店へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2016/04/23
(続き)
武蔵小山駅の改札でラコちゃんと合流し、向かったお店は盛苑です。



こちらも再開発エリアから移転してきたお店とのこと、韓国カフェの居抜きのようです。中華立飲という珍しいスタイル、15時口開けで最初の客として入店しました。



150円~450円の料理はよりどりみどり。所々日本語が間違っているのはご愛敬、店主の会話を聞くと中国の方のようです。



まずは瓶ビールをもらって乾杯。激辛ピーナッツと小魚(200円)をいただきます。これがビールがすすむ、やめられない止まらないなピリ辛おつまみです。



豚ガツ刺し、これで200円は安い。コリコリと新鮮なガツでした。ビールを飲み干し、特別サービスの梅酒ソーダ割り(180円)に切り替えます。



無糖の梅酒、すっきりとしていて呑みやすいです。それにしても180円は激安です。おつまみも追加しましょう、ということで激辛魚(うなぎ)珍味(250円)と迷った結果、麻辣牛すね肉(300円)をいただくことにします。



これが300円とは。梅酒ソーダ割りをおかわりして、1時間強の滞在でごちそうさま。お会計は2人で2,100円でした。激安立ち飲みは晩杯屋だけでない、中華で立ち飲みな盛苑だったのでした。
(つづく)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2016/04/23
昨年末、味坊鉄鍋荘でご一緒させていただいたラコちゃん、なんと大学が同窓ということがわかり、その縁で平日立石をご案内したのが3月4日。そのあと、実は武蔵小山の牛太郎へ行ったことがないという話から、先に牛太郎デビューを果たしているラコちゃんに連れていってもらうことになりました。いよいよその当日、集合時間の30分以上前に到着してしまい、先にお店の場所を確認と向かうと、何と臨時休業の張り紙が。



なんというアンラッキーな。いやいや、武蔵小山には他にもいいお店がたくさんあるはず、ということで集合時間まで散策することにしました。東口を出てパルム商店街の左側は再開発の防御壁で、鳥勇がなくなっていることにショック。そういえば武蔵小山は2007年に来て以来、9年ぶりなのでした。



晩杯屋はその後武蔵小山で開店し、最近では店舗数をぐんぐん増やしている人気店。このお店も再開発エリアから移転して、大通り側はロードサイドのラーメン屋さん的な店構えでした。足を進めると、移転した鳥勇を見つけ立ち寄ることに。



たくさんの焼き鳥が並ぶ店先、横がステンレステーブルのカウンターになっていて、立ち呑めるようになっています。カウンターに立ってビールをお願いすると、お皿を出してくれました。好きなものを選んでたれを付けて食べてください、とのこと。



まずはもも肉とつくねを1本ずつ、たれを付けていただきます。遅めのランチに生ビールをグビリ。焼き鳥も美味しいです。



ナンコツと鰻は焼き直してくれました。まずはナンコツから出来上がります。やはりアツアツは嬉しいですね。



鰻もこの大きさで150円。原価率が高そうですね。串4本と生ビールでお会計は1,100円でした。



街は再開発しても残る名店。形を変えつつも、長く続いてくれることは嬉しいことです。10分ほどの滞在でごちそうさま。待ち合わせの駅改札へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2016/04/13
水曜日、この日を逃すとこの週は宇ち入り出来そうもないということで、満を持して職場を離脱。立石駅に19:10頃到着すると、改札から階段を駆け上がりダッシュする男性が。宇ち多゛に付くと行列がなく、すぐに入店できました。店内には先ほどのダッシュの方がいらっしゃいました。二の字どん尻に落ち着き小瓶をもらってシロ味噌をお願いします。



自分もよく「ダッシュしてたね」と言われたことを思い出しました。それにしてもこの日は空席が3~4割と空いてます。



梅をいただきます。ゆったりと二の字でくつろぎながら梅をすすりシロ味噌を平らげます。



ガツ素焼きよく焼きをお願いしました。ガツはよく焼きにすると硬くなるんだよね、とあんちゃん。なるほど、ガツはよく焼きを避けた方が良いのですね。



梅を半分おかわり。結局満席になることなく、ゆるゆると過ごした水曜宇ち多゛。こんなにゆるゆるしているのは久しぶりな感じでした。小瓶のあと梅1つ半で大満足。ごちそうさまをして、久しぶりの平日立石を満喫したのでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2016/03/17
宝島社よりこの日リリースされました、大衆酒場の達人という本。この中の"東京「もつ焼き」番付"という企画で、宇ち多゛が東の横綱として紹介されました。

この企画で、宇ち多゛について1ページ書かせていただきました。宇ち多゛に通った13年を振り返るいい機会となりました。
他にも内容充実で税込1,080円という価格。よろしければ、是非。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




2016/02/26
外出直帰でいつもより早めに立石にたどり着くことができ、宇ち多゛への到着は18時過ぎ。5人ほどの行列で、数分ですんなり入店できました。空いた席は二の字一番、チャンピオンSさんのとなりでした。立石にある宮田ジムに所属する内藤大助さんにそっくりなチャンピオンSさん、海外赴任前でしばらく立石には来られなくなってしまうとので、しばしお別れの宇ち入りをされていたのでした。小瓶をもらって軽く乾杯します。



カシラがまだ残ってました。素焼きでいただきます。大ぶりなカシラ、堪りません。小瓶も空いて梅をいただきます。



西の方に暮らすチャンピオンSさん、主に週末に、最初の頃は素敵な奥さまと立石を呑み歩いていらっしゃいましたが、赤ちゃん誕生でソロ呑み、しかも子育ての合間をかいくぐっての立石で、ご一緒できるチャンスも減ってました。そんな折、数週間前にはまださんとの田町呑みに合流していただき、楽しく呑んだばかりだったのでした。



ハツ塩をいただきます。まだハツも残っているなんて。そしてチャンピオンSさんにも会えるなんて。外出直帰に感謝です。



梅をおかわり。赴任準備のため早めに切り上げるチャンピオンSさんを見送り、入れ替わりでバンバカDちゃん夫妻が二の字へイン。向かいの二番にいらっしゃったボヤさんも合流して改めて乾杯。シロみそをいただきます。



閉店時刻に近づく金曜の宇ち多゛、徐々にゆるゆるモードになっていきます。ボヤさんやDちゃん夫妻との話も盛り上がり、さらに梅をおかわり。



チャンピオンSさんとも会えてこの日は絶好調。さらに半分もらっちゃいました。



この日は小瓶のあと梅3つ半で大満足。久しぶりの3つ半にゴキゲンにごちそうさま。そしてこのあと高砂家で撃沈したのでした。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2016/01/06
今年の宇ち多゛初日は1月5日でしたが、仕事の調整が付かず翌日、満を持して今年初めての宇ち多゛へ。30分ほどの待ちで鍋前に着席できました。小瓶をもらってカシラ塩を注文し、ビールをゆるゆる呑み始めるとあんちゃんからあっちにいく?と声をかけていただき、二の字どん尻に移動させていただきました。



カシラも到着。年の初めからカシラをいただけるとは、さい先が良いです。小瓶も空いて梅をいただきます。



冬の梅割り。年が明けてしばらく暖かい日が続きましたが、それでもやはりこの時期の冷たい梅割りで季節を感じます。おとなりさんがお会計をし、三番で先に入店されていたえいめんさんがそこに移動してきてくださいました。



レバボイルとハツを1本ずついただきます。冷蔵庫で冷えたひんやりレバボイル、ハードなレバーペーストのような味わいで絶品です。えいめんさんとの話も弾み、梅を半分おかわりします。



初日の昨日はもの凄い行列だったらしいですね、なんて話からいろんな話で楽しい二の字を過ごしてごちそうさま。この日は小瓶のあと、梅1つ半で大満足。こうして宇ち多゛でお酒をいただける幸せを噛みしめながら、おでん丸忠に吸い込まれていったのでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2015/09/12
何も用事の無い土曜日、宇ち多゛への到着は11時半過ぎ。裏は5人ほどの列で、少なくてラッキーと思いきや、前の方が並びながら煙草を吸いだしたので列を離脱。しばらくぐるりと界隈を回ってきて、11:45頃再び列に並びます。列は先ほどより伸びてましたが、10分ほどで入店でき、二の字二番に着席。小瓶をお願いします。



ナンコツ最後の1本に間に合いました。もう1本はアブラをチョイス。しばらくするとあんちゃんから、「Kさん来たよ」と声がかかります。二の字でご一緒できました。ご無沙汰していますとご挨拶。酒場データベースKさんご夫妻とは先月の牛さんのお通夜以来ですが、宇ち多゛でご一緒するのは本当に久しぶりです。



小瓶も空いて梅割りにシフトします。気温が上がったこの日ですが、寶焼酎はキリッとしていて美味しいです。KさんCさんとの話も盛り上がり、梅をおかわりします。



ダイコン生姜のっけて。生姜がたんまりと載ってます。これだけでつまみになっちゃいますね。この日の宇ち多゛はおかずは結構残っていて、ゆっくりな感じ。二の字での時間もゆったりと過ぎていきます。話は尽きず、梅を半分いただきます。



並び直したおかげで、Kさんご夫妻とご一緒できたのはラッキーでした。この日は梅2つ半で大満足。久しぶりに2つ半いきました。ごちそうさまをするとワイタベさんとばったり。4人で四ツ木製麺所へ向かったのでした。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ