宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2010/05/15
(続き)
宇ち多゛を出て京成線で立石から千住大橋まで移動。歩いて南千住まで向かいます。結構なウォーキングのあと、丸千葉へ到着すると臨時休業の貼り紙が。急いでみんなにメールして、大林の前で集合します。



16:20頃に大林に入店し、牛乳割りを呑みながら1時間40分ほどお店の雰囲気を楽しんでごちそうさま。



すっかり夕暮れの泪橋を歩き、次のお店を地下鉄の駅入り口そばにある大坪屋を提案しますがみなさん却下。北千住へ移動して大はしに寄ってみますが、案の定満員御礼、ウェイティングも不可状態。それではと向かったのが藤やです。



串が打たれた藤やの煮込み。見た目よりあっさりした味です。



こんなものや、



こんなものもいただきますが、大林の牛乳割が効いてきた様子。そろそろ記憶がフェイドアウトしかけた頃に、流しのおじさんが登場しました。



プロのギター演奏をバックに、気持ちよさそうに唄うなおとんさん。歌がお上手ですねえ。聞き惚れながらグラスを傾けます。このあと程なく撃沈、爆睡の時間を無駄に過ごして21:50頃ごちそうさまをしたようです。



しっかり寝たおかげか、寝過ごさずに真っ直ぐ帰宅することができたのでした。
(おわり)

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/15
この日はなおとんさんたちと午後の丸千葉を楽しもうと、16時頃に南千住集合ということに。若干で遅れましたが、宇ち入りしてから向かうことにしました。13:30頃の宇ち多゛の表は行列20人ほどと凄い行列。結局30分ちょっと待って3番大鏡下、歩く酒場データベースKさんご夫妻のお隣に着席できました。あんちゃんから梅を注いでもらい、煮込みがまだあるようなのでもらいます。



アブラのとこ、ハツモトも入っていてラッキー。これだけで結構ボリュームあります。アブラがそろそろ無くなるというので、塩でもらうことにしました。



アブラ多いとこですね。嬉しいです。しかしこの日は浅草三社祭の日。宇ち多゛は空いていると思いきや、30分も待つことになりましたし、開店から結構な混雑だったようです。そんな話をしながら梅をおかわり。



このあと30分ほど土曜の終わり際を満喫。あともあるので2皿でごちそうさま、この日は梅2つで大満足。Kさんご夫妻と別れて、京成電車に乗ったのでした。
(つづく)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/14
この日は以前大変お世話になった新潟に住むOさんを囲んで、昔の職場の仲間で飲み会のあと、U先輩と一緒にさいとう屋へ向かいました。お店への到着は21:15頃。お客さんでいっぱいの店内はちょうどカウンター2席が空いていて、そこに座って満席になりました。



マスター、奥さんにまた来ましたとご挨拶しながら前回残ったキンミヤを出してもらって、ホッピーで乾杯です。



お通し(250円)をつつきながらアテは何にしようか迷います。まずは今日のオススメメニュー、かつおのニンニクマヨネーズソースをもらいます。



新鮮なかつおのたたきにオニオンスライス。そしてこのニンニクマヨネーズソースが絶品です。
ニンニクが効いていて、酒好きには堪らない1品。旨いです。次の1品は「納豆キャベツサラダ風」(350円)をもらうことに。



人気メニューのこちら。キャベツの千切りに、納豆、キムチ、マヨネーズのハーモニー。ぐりぐりとかき混ぜていただきます。これもまた旨い。ホッピーが進みます。



1軒目で結構呑んで食べてだったのに、美味しくてどんどんアテもすすんで追加。



カウンターに並ぶキンミヤボトル。こころが和みますね。Uさんといろんな話をしながら、さらにアテを追加。



「スパイシーオニオン」(350円)。酒場好きのマスターに、お料理上手な奥様。ホント、素敵なお店です。



母の日のプレゼントの花は、いい具合に咲いてました。さいとう屋、学大に咲く名店です。また来なくちゃと思いながら、最終バスで帰宅したのでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/12
(続き)
鳥房を出て、次に向かったのは蘭州です。チューボーですよにも出た、街の巨匠の作る餃子だなんて話をしながら歩いているとあっという間に到着です。



ここでもラッキーなことにすんなりと入店できました。ビールをもらって、焼餃子、水餃子を1人前ずつ注文します。ビールを飲みながらおかあさんオススメの自家製ラー油を小皿に入れて準備していると、餃子が出来上がってきました。



餃子も旨いが、ラー油が絶妙だねとKくん。いやあ、嬉しいですね。しかし、2人とも基本的に小食なので既にかなりの満腹状態。それでもこちらの餃子は美味しくて、つるりと食べることができちゃいます。餃子を平らげてごちそうさま。



30分ほどの滞在、19:30頃のお店には行列ができていました。立石の名店3つをご案内できて大満足。Kくんも立石を満喫してもらえたようで何より何よりだったのでした。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/12
(続き)
初めての立石で、宇ち多゛に衝撃を受けたKくん。立石初訪でゴールデンコースといえば次は栄寿司なんですが、鳥房も捨てがたい存在。とはいえ、最近は行列必至の鳥房。待つとなれば長いのでもしすんなり入ることができればとお店に向かいます。



17:40頃のお店の前は、なんと行列がありませんでした。すぐに空きそうな雰囲気。少し待って、すんなりお店に入ることができました。再びビールで乾杯、唐揚げはいちばん大きいのをもらって、ポン酢刺しをいただきましょう。



唐辛子多めのポン酢刺し。旨いです。そうこうしているうちに、半身揚げも到着です。



ひとつはおかあさんに捌いてもらい、もうひとつはお持ち帰りという魂胆。宇ち多゛で結構お腹いっぱいなので、ふたりで半身揚げ1つも辛い状況なのです。でも旨い旨い。カーネルサンダースも逃げ出す旨さの半身揚げをいただきごちそうさま。今日は裏ゴールデンコースでまいりましょうと、次のお店に向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/12
この日は名古屋の旧友のKくんがが出張で上京するというので、午後お休みをもらって宇ち多゛をご案内することに。ずっと宇ち多゛に連れて行きたかったKくん、ようやく実現です。Kくんの東京での仕事が終わる頃に合流し、宇ち多゛への到着は16時過ぎ。すんなり二の字に入店できて、まずはビールで乾杯。煮込みをもらいます。



宇ち多゛の雰囲気に圧倒されているKくんですが、徐々に馴染んできたようです。煮込みを旨い旨いと食べてくれてひと安心。お新香ショウガのっけてお酢をもらった頃、カシラ素焼きお酢が到着します。



頬肉の肉肉しさに感動してくれるKくん。うんうん、とご満悦のボク。



レバ塩うんと若焼き。ほんのちょっと焼き台の上にかざした程度の若焼きで絶品。



アブラ多いとこたれ。ボクが最初に宇ち多゛にきたときに、最も感動したアブラたれ。Kくんの心にも響いたようです。生もいってみようということで、アブラ多いところレバ1本ずつでもらいます。



デザートのような甘さのレバ生。アブラ多いとこも、しゃくしゃくとした歯触りでサッパリしていて美味しいです。ビールを2本空けたところで梅をもらいます。



これはヤバイね、とKくん。酔いも回ってきて、宇ち多゛の雰囲気を楽しめるような感じになってきました。レバ生にえらく感動してくれたので、塩でももらっちゃいましょうとうことでハツと1本ずつお塩でお願いします。



塩でも美味しいレバ生。鉄分補給ですっかり元気いっぱい。梅を半分おかわりです。



16時過ぎのゆったりとした時間帯を楽しんで、1時間ちょっとの滞在。この日はビールのあと梅1つ半で大満足。Kくんも宇ち多゛を気に入ってくれたようで良かった良かった。
(つづく)

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/09
(続き)
エビス参を出て、次に向かったのはさいとう屋というお店です。学芸大学駅南口を出て左側の路地、最近できた盛岡じゃじゃ麺のお店の隣、ビルの2階にあります。



階段を上がって扉をあけると、カウンター6席ほどと奥にテーブルが8人分ほどのこぢんまりとした店内。カウンターの中にはダンディな店主が笑顔で迎えてくれます。奥には奥様がお料理担当で、2人で切り盛りしているお店。まずはキンミヤ焼酎をボトルでもらい、ホッピーで割って乾杯です。



キンミヤの600mlボトルをキープできるお店が学芸大学にあるとは、意外な出会い。お通し(250円)のポテトサラダもなかなか美味しくてグッド。そしてメニューの品々は200円~400円がほとんどという良心的な価格です。



「ぴり辛モツ」(380円)



そして「砂肝ニンニク炒め」(350円)のモツ系メニュー2品を注文します。どちらもホッピーにぴったりのおつまみですね。店主にいろいろと伺うと、なんでも酒場好きで方々呑み歩いて、自分でもお店がやりたくて脱サラで開いたとのこと。自分が行きたいようなお店を、ということでメニューや価格設定もされているそうです。なるほど、Uさんやボクにも響くはずです。そんな話をしていると、お店にいらっしゃった店主ご夫婦の娘さんが奥様にプレゼント。



そういえば母の日でしたね。素敵なプレゼント贈呈を目の当たりにして、心が温まってさらにホッピーをグビグビ。「レバカツ」(1本150円)も追加します。



揚げたてあつあつ、美味しいです。飲み物メニューにある「クラマート」に興味を持ったU先輩。店主に尋ねると、後ろにあるのがそれですと振り返ると缶がおいてありました。



蛤の汁が入っているトマトジュースだそうです。初めて知りました。1時間半ほど楽しんでごちそうさま。学芸大学に酒場好きには堪らない名店を見つけて、ゴキゲンになって帰宅したのでした。
(おわり)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/09
前日の深酒によるダメージの残っている日曜の午後、ぐうたらしていると職場の先輩Uさんからメールが届きます。「学大で軽く呑みませんか?」とありがたいお誘い。バスに乗って学芸大学到着は17時過ぎ。向かったお店はUさんのお気に入り、エビス参です。ホッピーをもらって乾杯。日曜なのでレバ刺しは無いとのことですが、ハツ刺しがあるそうなのでそれをいただきます。



お通しのキャベツもなかなか美味しいです。



牛すじ煮込みもトロットロでなかなかグッド。ホッピーをおかわりします。



こちらのホッピーはナカを投入した出来上がり状態で出してくれます。日曜午後、まだ明るい時間ですがご家族連れのお客さんもいらっしゃいます。2杯目のホッピーも呑み干し、次に行きますかということでごちそうさま。



ホッピー2杯でほろ酔い状態。次のお店へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/08
(続き)
金町でなおとんさん、Yさんと別れ、冷蔵庫前Yちゃんとふたりでもう少し呑みますかということに。金町在住だったYちゃんが昔なじみのお店があるということで、向かってみます。



金町駅北口にある「しちりん」というお店。ところがお店に入ってみると、満席で入れないとのこと。それでは北千住に移動しますか、ということで向かったお店は「石井」という焼き鳥やさんです。



天七、永見のある通りを進んで左側、大升の並びにあります。カウンターの奥に座って、ウイスキーハイボールをもらいます。



お通しはお豆腐。このお店、初めて知りました。Yちゃん、さすが元金町在住だけあって北千住も詳しいですね。焼き鳥も頼みましょう。「にんにくとり」(1本100円)、「カシラ」(1本100円)、「チーズつくね」(1本150円)を頼みます。そして出来上がってきた焼き鳥にびっくり。



大ぶりな焼き鳥ですね。これで1本100円というのは安い。他にも煮込みが350円だったり、ポテトサラダが300円だったり、かなりお安い感じのメニューです。でもさすがに、大渕でたくさん食べてきたのでお腹はいっぱい。ハイボール1杯でごちそうさまをしました。



40分ほどの滞在でした。すっかり酔いも回ってぐるんぐるん状態でしたが、何とか乗り越すことなく帰宅できたのでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/08
(続き)
倉井ストアーで黒ブタさん、金魚屋さんと別れ、冷蔵庫前Yちゃんと京成電車で金町に向かいます。この日は浦和レッズの応援でなおとんさんが、名古屋から遊びに来ているYさんと一緒に埼スタでサッカー観戦しているとのことで、せっかくYさんが東京に来ているならということで金町で落ち合うことになったのでした。



ちょうど開店直後の16:40過ぎに到着。お店の中は、既にお客さんで半分ほど埋まっています。入り口すぐのテーブルにお邪魔して、まずはボールをいただくことに。



美味しいボールです。そしてここ大渕はもつ焼きだけでなく、いろんなおつまみがあってそして美味しいのです。



煮魚は大根に味が染み込んでいて絶品。



レバ刺しもいただきます。ニンニク、辛子もあって醤油とラー油が混ざったたれもなかなかいい味です。なおとんさん、Yさんも到着して4人で乾杯。



サーモンのお刺身。



オニオンスライスもなにげに美味しいのです。



名物のスタミナ焼き。ニンニクが効いていて美味しいです。



キュウリの浅漬け。



はんぺん焼き。



きのこベーコン炒め。



そしてボールも4杯目。強烈炭酸でしゅわしゅわです。



最後は焼きうどんで締めました。久しぶりにYさんともいろいろ話すことができて、楽しいひとときでした。19:20くらいにごちそうさまをして、なおとんさん達と別れたのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/08
(続き)
遅れて登場の冷蔵庫前Yちゃんと入れ違いで宇ち多゛を出て、急ぎ足で倉井ストアーを目指します。お店に着くと、入り口側のテーブルに黒ブタさん、金魚屋さんご夫妻がいらっしゃって合流。まずはビールで乾杯します。おかずもいろいろといただきましょう。



倉井ストアーの名物と言っていいハンバーグは150円。鶏挽肉たっぷりのデミグラスソースが美味しいです。



オムレツも絶品。宇ち入り終了のYちゃんも合流しました。



キュウリの浅漬けをつつきながら、ビールが進みます。それにしても、黒ブタさんのブログは写真がとっても芸術的でプロ並みの素敵さ。そんな話で盛り上がりながら、お肉ケースにあるお肉を選んで、「これ焼いてください」とお願いしたのがこちら。



豚肉のスタミナ焼き。これまた絶品でした。土曜の午後、美味しいおかずでゆったりとビールをグビグビなハッピータイム。16時も近くなってきた頃、ごちそうさまをしました。



宇ち多゛の梅も効いてきて、結構酔っぱらってきました。かなりゴキゲンで立石駅へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/08
この日は黒ブタさん、金魚屋さんご夫妻と一緒に倉井ストアーで昼酒しましょうという日。その前に軽く宇ち入りしようと、立石への到着は13時前で表の行列は15人ほど。30分近く待ってようやく入店できました。黒ブタさんたちとは14時に現地待ち合わせなので、少ししか時間がありません。梅割りとサイダーをもらって、まだ残っているカシラを塩でいただきます。



お新香ショウガのっけてお酢もいただきます。大根、キュウリがいい具合に漬かっていて美味しいですね。もちろんカシラも絶品。そうこうしていると、金魚屋さんから「お先~♪」とメールが。早めに始めていらっしゃるようですね。おかずも残っているので、半分おかわりすることにします。



土曜午後の宇ち多゛を満喫してごちそうさま。この日は30分ちょっとの滞在、梅1つ半で大満足。黒ブタさんたちの待つ倉井ストアーに向かいました。
(つづく)

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




2010/05/07
木・金と休みを取れば9連休になる今年のゴールデンウィーク。ボクは両日とも仕事で、金曜日もバタバタしてしまい立石到着は19:12のギリギリでした。おかずの残りを心配しつつ、お店の前に並びます。しばらく待って二の字に座ることができました。あんちゃんから梅をもらって、煮込みをお願いするともう終わっちゃったとのこと。それではアブラ多いのをみそでいただきましょう。



とろとろのアブラが煮込みの汁とベストマッチ。絶品です。2皿目はシロ塩をお願いすることにします。



これぞモツといった存在感のあるシロ塩。旨いです。梅もおかわり。



梅割りを啜って、二の字のどん尻で背筋を伸ばして喉をつたう焼酎のアルコールを感じるこの瞬間。たまりません。この日は昼間は休みを取ったお客さんで結構混雑したようです。おかずもどんどん無くなっていき、残りはガツだけに。塩でいただくことにしました。



サッパリしたガツ塩。コリコリの食感もたまりません。梅を半分おかわりすることに。



お客さんが減っていく店内を眺めながら、ひとりでまったりとくつろぎます。そろそろ20時という頃に、残りの梅割りを呑み干してごちそうさま。この日は梅2つ半で大満足。ちょうどいいリフレッシュができたので、ハシゴをせずにまっすぐ帰りました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2010/06/11
金曜日の昨日は、久しぶりに職場のみんなとテニスの日。猿江恩賜公園で19時から21時まで2時間、この日は6人でみっちりテニスで汗を流します。



シャワーで汗を流して、外に出ると風はひんやり。梅雨入り前、気持ちよくテニスのできるギリギリの季節ですね。テニスのあとといえば住吉の神谷へ行っていたのですが、なんと閉店してしまったそうです。それではと錦糸町のほうへ歩いて、入ったお店は団欒炎(だんらんほのお)というお店。呼び込みの立て看板にあった2,550円で6品付いて飲み放題というのも気になりますが、アラカルトで注文することにします。何はともあれまずは生ビール(大、650円)から。テニスのあとの生ビールはたまらない旨さです。画像を残すことも忘れてあっという間に1杯目を呑み干し、2杯目をいただきます。



お腹もぺこぺこなので、「トントロカツ」(580円)、「鳥の唐揚げ」(400円)、「ひとくち餃子」(380円)、「ポテトフライ」(380円)、「なすの浅漬け」(380円)、「塩ネギ焼きそば」(580円)などを一気に注文。



「つくね5本盛」(690円)はなかなか好評で追加で注文しちゃいました。唐揚げも揚げたて大ぶりでなかなか。ビールが進みます。



3杯目。



そして4杯目。ワイワイと楽しく呑んで食べて、お腹いっぱいになってごちそうさま。2時間の滞在で、お会計は6人で18,780円でした。チェーン店系にしてはなかなか美味しく、そしてお値段も優しいお店だったのでした。

コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )