宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2010/08/12
夏休み5日目の朝はゆっくりと朝風呂に入り、9時頃に宿を出て名古屋駅へ向かいます。



雨の名駅、セントラルタワーから大名古屋ビルヂングを眺めてから、江南のラーメンで朝ご飯を済ませたあとに向かったのはどえりゃあ亭です。



朝酒、昼酒の選択肢が少ない名古屋では貴重なお店。11時からやっています。マグナムドライをもらい、お腹は満たされているのでポテトサラダ(100円)をアテに選びます。



隣にはお仕事前と思しき駅員さんたちが腹ごしらえにいらっしゃった様子。常連さんらしく、店員さんと「いつもの」といった感じで、大盛のカレーライスに生卵を載せたものを美味しそうに食べ始めました。あっという間にぺろりと平らげて、さっとお会計をしていったあとボクもマグナムドライを呑み干しごちそうさま。1番線へ移動して、新快速の豊橋行きに乗り込みます。



窓際の席で微睡みながら豊橋へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2010/08/11
(続き)
駆け足で五條を出て、タクシーに乗って向かったのは大甚です。



21時までだから30分くらいは堪能できるだろうと思ってお店を覗くと、なんとガラスケースの上は空っぽで閉店モード。シャネルの眼鏡の店主も「このとおりだでねー、ごめんねー」と。残念。それでは、と向かったのは交差点角を曲がってすぐのところにある大甚中店です。



いちども来たことがなかったので、いい機会でした。お酒をもらって乾杯します。



お新香をアテに燗酒をぐびり。ゆるゆるしていると、ワイタベさんの電話が鳴ってワイタベさんの本日のメインイベントである会食への招集がかかりました。それでは、とワイタベさんを見送り、ひとり燗酒を楽しんでごちそうさま。メインイベントまで3軒もお付き合いいただき、ありがとうございました>ワイタベさん。そしてこのあと、味仙で台湾ラーメンを食べてから宿に戻ったのでした。
(おわり)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2010/08/11
(続き)
ワイタベさんから「もう1軒、ちかくに良いお店があるので行きましょう」と向かったのは、DOSを出て北のほうへ数百メートル進んだ角のお店、五條です。



名駅近く、のんき屋の並びにある五條には1度行ったことがありますが、恐らくここはその本店なのではないでしょうか。お店に入ると、渋い日本家屋に細長いコの字型のカウンターが奥へ延びています。右側に腰掛けまずはビールをもらい、どて焼きとキュウリをもらって乾杯します。



サービスのキャベツと二度付け禁止のソースが並んでいますね。近所のおとうさんたちが静かに呑んでいる雰囲気に圧倒されながら、ビールをゆるゆる。ワイタベさんが「これが最近填っているんです」と追加注文したのが「とり天」(1本100円)。



串カツと一緒に上がってきました。このとり天、ボリュームがあってそして美味しいのです。さっと串カツも平らげ、20分ほどでごちそうさま。なかなか素敵な雰囲気の五條、今度ゆっくり来たいものです。
(つづく)

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




2010/08/11
(続き)
どえりゃあ亭を出て名古屋駅でワイタベさんといちど別れ、この日のホテルにチェックイン。身軽になって向かったお店はスペインバルのDOSです。



まだワイタベさんはいらっしゃっておらず、ワイタベさんに予約していただいていたカウンターにひとり腰掛け、まずはスパークリングワインを注文します。



スパークリングワインをスペインではカヴァと言うんですね。ちなみにイタリアではスプマンテ。微発泡はフリザンテ。いろいろあります。



タパスの中からコロッケを選んだころにワイタベさん登場。カヴァをボトルで開けましょうということに。



ドンペリのようなラベルのロジャーグラート。美味しいです。



料理も追加。



どれも美味しかったです。それに何より、料理長を始め店員の皆さんが美人さん揃いで、会話も楽しいのです。常連のワイタベさんに連れてきていただいて、とっても楽しいひとときを過ごすことができました。17:30の口開けから2時間ちょっとでカヴァも空いてごちそうさま。後ろ髪を引かれる思いでお店をあとにしたのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2010/08/11
(続き)
多気に着くまでの間、twitterでワイタベさんとやりとりしながら名古屋駅で落ち合うことに。JRだけで乗り継いでいくと名古屋到着が17時を過ぎてしまうため、みえ14号で名古屋まで行くことにしました。



みえ14号は津から河原田の区間、伊勢鉄道線を使ってショートカットするため所要時間が短いのです。その区間のきっぷは車内で買うことができました。ついでに指定券も使って、窓際の席に座っての移動です。四日市のコンビナートを眺めながら、すっかり都会に戻ってきてしまったと実感。名古屋へは16時頃到着して、下呂から移動してこられたワイタベさんとほぼ同じタイミングでどえりゃあ亭に入ることができました。マグナムドライで乾杯です。



待ち合わせ場所としてはバッチリのどえりゃあ亭。ワイタベさんは、前日のボクのつぶやきで長久に向かっていることがわかった時点で、実は長久に行くことを画策されたそうですが、間に合わなかったため下呂温泉へ1泊され、この日下呂から名古屋への移動となったそうです。



アテには野菜天つまをいただきました。それにしても、ワイタベさんの行動力の凄さとtwitterの威力をつくづく思い知ったのでした。
(つづく)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2010/08/11
長久の余韻が残る翌朝、ゆっくり目を覚まして田辺の海岸をお散歩し、紀伊田辺の駅へ向かいます。



紀勢本線をぐるっと回って名古屋まで移動。まずは7:55発の新宮行きに乗り込みます。この電車、ベンチシートなのが残念。それでも車内は空いているので、体を電車進行方向へ向けて車窓からの眺めを楽しみます。



熊野灘の景色がきれいに見えます。



海岸線ぎりぎりを通ったり、山がちなところはトンネルだったり。変化に富んだ景色が楽しめました。新宮駅へは10:46の到着で、次の電車は10:52発。この6分間でお弁当の買い出しに走ります。トイレ休憩も取ることができて、なんとかきっちり間に合いました。



ビールとハイボールもゲット。ビールをぷしゅっと開けて、11時を過ぎた頃に早めのお昼ご飯といきます。



「紀州熊野路弁当」(1,050円)は、めはり寿司、さんま寿司がメインで、鯨の焼肉なんかも入っていてこれで1,050円はお得でしょう、といったもの。いいおつまみになります。そして景色もいいおつまみに。



新宮から先はさらにトンネルが多く、多気に近づくに連れさらに山の中へ突入していきます。



渓谷の景色なんかも楽しみながら、多気への到着は14:16でした。



ピーカンの空の下、みえ14号を待ったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2010/08/10
(続き)
温泉をハシゴして、海岸沿いをてくてく歩いて海水浴場のほうへ戻ります。目指すお店は、太田和彦さんが日本三大名酒場に挙げられた長久。



口開け16時の10分前に到着し、お店の様子を遠巻きに見守りますが動きがありません。16時を10分近く経過した頃に痺れを切らしてお店を覗くと、開店準備をする店主がカウンターの中から「どうぞ」と。暖簾はもう少しで出すところだったようですね。温泉に入って喉はカラカラ、生ビールの大を頼んじゃいました。



んー、旨い。緊張気味のココロもほぐれてきて、お店の様子を眺めつつメニューを眺めます。呉でお世話になったはまださんから「ウツボは是非!」とお勧めいただいていたので、これはお願いしなければと最初に注文しました。



「身のほうからしっかりめに焼いて、あとから皮のほうを焼いて下さい。お餅のようにぷくーっとふくれてきますから」と店主さん。焼かれるウツボを見ながら、立派なカウンターに目をやります。



反転して皮のほうを焼いて、しばらくして出来上がり。砂糖醤油でいただくというのも面白いですが、これがなかなか。確かに、カリッとした周りの感じにほんのり粘りけのある食感はお餅のようです。旨い。これは日本酒ということで、燗酒をもらうことに。



長久の燗酒。長久はこのあたりの地元に根ざした酒蔵なんですね。来る途中の紀勢本線の車窓から、何度か看板を見ました。ウツボもなくなってきて、そろそろ次のアテを。亀の手も気になるし、オススメの爪バイも気になります。半分ずつってできますか?と尋ねると快く「できますよ」と店主さん。嬉しいですねえ。



アルバイトと思しき若い女子の店員さんが、爪バイの身の取り方を教えてくれました。身は小さいながらも味がぎゅっと締まっている感じで旨いです。亀の手もグロテスクなルックスながら、ちゅるっと吸い込むように食べると海の香りが口いっぱいに広がります。まさに日本酒が合います。しばらく亀の手と爪バイと格闘し、ひと息付いた頃に秋刀魚の寿司をお願いしました。



立派な秋刀魚のお寿司です。ひとりには多いかなと思いきや、これがぺろりといけちゃいました。水分多めの軟らかめの酢飯が特徴的です。日本酒も3本目をおかわりします。



秋刀魚の寿司も燗酒に合います。透明な正1合の徳利。素敵だなあと思いながら、ほろ酔い加減でぼんやりとカウンターに佇みます。



地元の男性2人連れの方や、海水浴で訪れた家族連れのお客さんがいらっしゃいますが、平日の早い時間なのでカウンターは空いていました。それでも、このあとに座敷へ団体さんの予約が入っていたようです。居心地良く、結局2時間以上も長っ尻しちゃいました。



18時過ぎの外はまだまだ明るいですね。バス停へ向かうと、バスが車で少し時間がありました。浜辺へ出て夕日が沈んでいくのを眺めます。



念願のお店に来ることができて、感激に浸りながら夕日を眺めます。バスが来たのが19時頃。つくづく、改装前の長久に来ておきたかったなあと思いながら、渋滞する海岸沿いの道をバスに揺られたのでした。
(おわり)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2010/08/10
3日目は三ノ宮から南紀白浜を目指します。三ノ宮から大阪へ向かい、大阪駅を8:04に出る紀州路快速和歌山行きに乗り込みます。和歌山駅へは1時間ちょっとで到着し、9:44発の紀勢本線御坊行きに乗り換えます。



天気は厚い雲から少し光が差し込む感じ。海岸線を眺めながら、和歌山駅で買い込んだビールをぐびり。



御坊から紀伊田辺への接続は順調でしたが、紀伊田辺から先の電車の接続は71分待ち。宿は白浜に取れず、紀伊田辺に予約していたのでこのタイミングで昼食とチェックインを済ませます。13:01発新宮行きの紀勢本線に乗り込んで、白浜駅へは14分で到着。ここから白浜の海岸まで、バスに乗り換えます。



バスが出てから20分ほどで海水浴場が見えてきました。



もの凄い人出。さすが夏休みですね。おじさんひとり、砂浜で水着になるのもナンなので、温泉に入ることにしました。地元の方に教えていただいた公衆浴場まで歩きます。



牟婁の湯です。なかなかいいお湯でした。更に足を伸ばしてもうひとっ風呂。



崎の湯は日本最古の温泉と書かれた石碑があります。波打ち際に近い湯船は高波のため閉鎖。それでも野趣溢れる岩場の露天風呂でこれはこれでなかなか楽しめました。



温泉2つハシゴしてすっかり体はぽっかぽか。汗がひくのを待ちつつ、打ち寄せる波を眺めていたのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )