宇ち中
宇ち多゛中毒のページ




2018/05/04
(つづき)
新幹線を新横浜で下車し、JRを乗り継いで桜木町まで。野毛を散策しに来ました。まずはぴおシティの地下街を歩きます。



レモンサワーで有名なこのお店、行列ができていました。大人気ですね。



確か上大岡が発祥のじぃえんとるまんができていました。そして、豚骨ラーメンの一蘭があるあたりから地上に出ます。



移転した三陽、2店舗に増えてました。



若竹の隣は元三陽だったところ。立ち食い焼肉のお店になってました。



FFもやってませんね。



パパジョン。ずいぶん前に呑んだフルさんとご一緒させていただいたっけ。



ひとり焼肉ができる大衆も閉店中です。



もしかしたらやってるかな、なんて思った第一亭。やっぱり休みでした。



都橋商店街のほうに戻ってきました。仙人も当然やってません。



遠くにみなとみらいの観覧車が見えます。



バジルは営業中、外まで賑わってました。そしてやっぱりぴおシティに戻ります。



レモンサワーのお店は相変わらず行列で、石松に入ることにしました。



生ビールをいただきます。おとなりはお父さんと小学生くらいの息子さん。たくさん召し上がってます。



立派な金目鯛刺し、これで500円。かなりお得です。



ホッピーは既に焼酎が入ったグラスに氷を入れて、セットではなく1杯で出されます。そして、グラスに入れられた焼酎の量がまちまちなのが面白いです。



いただいたホッピーは濃いめでした。あたりですね。ゆるゆると過ごすこと30分ほど。GW中の野毛の散策後の酒場を楽しんだのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017/07/29
(つづき)
丸忠でmiyokoさんとrumiさんと別れ、京成立石の駅へ向かったのが15:20頃。駅へ着いて下りホームへ階段を下りますが、白山での呑み会は18時スタート。帰宅しても1時間も家に居られないなあと思っていると、上りホームへやってきたのが三崎口行き。階段を上って下りて、三崎口行きへ乗ってしまいました。行き先は乗りながら考えればいいやと思い、そのまま横浜へ。そうだ、味珍だ!と思って下車します。



やってきました、狸小路。



やってきました、味珍。なんとも無計画なはしご酒。本店のほうを覗くと、1階には先客1名のみ。入り口すぐの席へお邪魔し、ヤカンをお願いします。



いただいたのは蜂の巣酢味噌あえ。これがまさにヤカンとぴったり。美味しいですねえ。ペロリと平らげてしまう勢いで箸が進みます。



耳をいただきました。ぷるんぷるんなコラーゲン。お酢と辛子で作るたれを付けていただきます。ヤカンもおかわりします。



2階が好きな人など、いらっしゃる常連さんたちの動きを観察できる入り口階段横の好ポジション。気がつくと1階席も満席になりました。居心地良くヤカン2杯をいただき、40分ほどの滞在でごちそうさまをします。なるほど、横浜の名店は思い立ったらすぐに来ることができることが分かり、イイキモチになって京急横浜駅へ戻ったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017/06/24
(つづき)
中央酒場で入った泥酔スイッチ。お店を出る時には4人ともカラオケモードになって、次は野毛へ移動するはずなのに予定外の行動、カラオケボックスに入りました。



この日8度目の乾杯。そしてやっぱりこれを歌ってましたね。



山口百恵の横須賀ストーリー、Iちゃんの熱唱シーンの画像が残ってました。道理で翌日以降、これっきりこれっきり♬がリピートしていたわけです。1時間の予定が盛り上がって30分延長してごちそうさま。カラオケでアルコールも抜けたのか、若干復活して京急電車に乗り込みます。ボックスシートで撃沈するMさんを囲む3人のセルフィーを挟み、次の画像はこちら。



予定していた野毛はカラオケボックスに置き換わり、最終目的地として予定していた昧珍の階段を上がってました。本店じゃない方の2階は初めてです。



やっぱりヤカンをいただきます。ヤカンパフォーマンスに一同酔いも覚めます。



少し甘めにしてみました。そしてこの日9度目の乾杯です。



もうあんまり残ってないよ、と言われていたおかずたち。



カシラ。



そしてしっぽ。これだけあれば十分堪能できます。ありがたくいただいて、焼酎もゆっくりいただいて旅の締めくくり。50分ほどの滞在でごちそうさまをします。



転ばぬように階段を降りて、横浜駅へ。東横線で帰る3人とはここでお別れです。千葉駅集合、横浜駅解散の東京湾呑んだくれツアー、無事にゴールしました。
(おわり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017/06/24
(つづき)
銀次を出て、そろそろ4人は出来上がり状態。街を行き交う水兵さんの格好をした海上自衛隊の若者たちとすれ違いながら、次に向かったのは中央酒場です。17時の店内は満席状態、しばらく暖簾の前で待っているとカウンターのお客さんがお会計をなさって、カウンター入り口付近のコーナーに4人腰掛けることができました。ホッピーで乾杯です。



焼酎が注がれた状態で冷蔵庫に入れられているジョッキに、ホッピーを注ぐとやっぱりちょうど表面張力な一杯に。こぼれないようにゆっくり乾杯します。4人でカウンターなんてラッキーだなあ、なんて思っていると、テーブル席のお客さんがお会計されて、われわれはそちらへ移動するようにと。そうですよね、このあとひとり客の方がたくさんいらっしゃいますものね。



テーブル席に移って、こんどは元気に乾杯です。しかし、このあたりで泥酔スイッチがオンになったようで、残されている画像には、どなたか分からないお客さんとのツーショットや、完全に出来上がり状態のMさん。そしていただいたおかずは全てピンぼけ状態。



こんな意味不明な写真を撮っていたり、時間的にお会計前のようです。50分かけてホッピーを呑み干し、ごちそうさま。4人、かなりハイテンション状態で中央酒場をあとにしたのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017/06/24
(つづき)
天国の横須賀ホッピーで時間調整をして、銀次の口開けへ向かいます。土曜日は第四のみ営業している銀次、11年前の東京湾呑んだくれツアーの時も第四土曜日を狙ったのでした。銀次に着くと、ちょうど暖簾が出てきて入店整理中、しばらく待って自分たちの番に。



ほとんどのお客さんがひとり客で、カウンターがほぼ満たされた状態。われわれはテーブル席に腰掛け、コの字型カウンターを眺めます。そしてホッピーをお願いし、静かに乾杯です。



やはりこちらもホッピーを全部注ぐと、ちょうどジョッキがすり切り満たされる量。横須賀ホッピー、濃厚です。おかずもいろいろ頼みます。



地物の鯵と冷や奴。



煮込みはこんにゃくや玉ネギが入っていて、すっきりとした味わいです。濃厚ホッピーをゆるゆると呑みながら、満席になった店内をぐるりと眺めて酒場浴。奥の座敷にも予約のお客さんが到着されました。最初にこちらにお邪魔した時は、座敷を予約して大宴会だったことを思い出しながらごちそうさま。50分ほどの滞在で、久しぶりの銀次を堪能したのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017/06/24
(つづき)
15時に久里浜港へ到着し、4人で1台のタクシーに乗車。京急久里浜駅から横須賀中央まで8分間、電車で移動します。



15時半前には横須賀中央駅に着いちゃいました。第4土曜日は営業しているという銀次の口開けを目指すとして、天国(てんくに)で時間調整をします。ボクは白ホッピーを。



3冷氷なしのホッピー。ソトを注入するとちょうどすり切り一杯になります。



この日5度目の乾杯。アテも軽めに注文します。



谷中生姜、ちょうど1本ずつあります。



野菜の煮物、あっさりしていていいお味です。15分ほどで呑み干してごちそうさま。次のお店へ移動したのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017/03/19
(つづき)
日栄楼を出て小田原城を見学し、それでも予約したロマンスカーの時間まで1時間ほどあるのでもう1軒寄ることにしました。味の大西へ向かう途中に、東通りで見つけたお店に行ってみることにしました。



小田原おでんで呑めるお店、いいですねえ。店内はコの字型カウンターとテーブル席がいくつか。片付け終わっていないカウンターの横に空き席が1つあり、そちらに案内していただきました。しばらく座って待ってますが、男性2名女性2名の店員さんが右往左往、とっても忙しそうなので声をかけるタイミングがありません。ようやくメニューをもらってまずはお酒を選びます。神奈川県内13の蔵の地酒を扱うとのこと。いづみ橋を見つけたので、それをもらうことにしました。



お米も海老名産とは、まさに神奈川の地酒。すいすいと呑みやすいお酒でした。おでんももらいましょう。



枝豆しんじょと、



いわしあげをいただきました。どちらもおでん鍋から小鍋に取り出して、温め直して薬味をかけてくださいます。そしていずれも食感がふわふわで美味しいです。



お客さんがお会計をして店内2組のみとなり、店員さんも一息ついている頃に、ちょうど呑み終わってごちそうさま。ほろ酔いで小田原駅へ戻ったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017/03/19
高校の同窓会で帰省した帰り、小田原乗り換えのついでにラーメンをと思い、味の大西を目指しますが駅周辺にある2店舗いずれも臨時休業。駅南側に戻って日栄楼に行ってみると、営業していたのでこちらにお邪魔することにしました。



創業65年とのこと。なかなかレトロ感漂うたたずまいです。こちらには以前、ブラックベルベッツの小田原城コンサートに来たときにお邪魔したことがあります。まずは餃子とビールをもらいます。



ビールはキリンラガーの中瓶。お通しのお新香がまたなんとも味わいがレトロというか、昔ながらの味です。餃子も焼けてきました。



春巻きのような餃子。こんがりぱりっと焼き上がってます。ビールをもう1本もらいます。



賄いの途中で忙しくなっちゃった的なテーブル。店内は満席で、あとからお客さんが断られてました。人気がありますね。このあとラーメンをいただいてごちそうさま。お店をあとにしました。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2011/01/19
(つづき)
武蔵屋を出て次に向かったのはホッピー仙人です。



扉を開けると、野毛の呑み友たちが勢揃い。馴染みの方からお初の方まで、たくさんの方とお会いすることができました。30分弱の滞在でしたが非常に濃い時間、写真撮るのも忘れて楽しんだのでした。

そして次に向かったのは第一亭です。実はこの日は、しじみのしょうゆ漬けがずっと頭にひっかかっていて、ゴールは第一亭と決めていたのでした。



お店に入ると、ついさっき仙人でご挨拶したササキヨウスケさんがいらっしゃって同席させていただくことに。しじみのしょうゆ漬けと紹興酒をデカンタで注文します。



図々しくもササキさんのパタン、チートもご相伴にあずかり、ひとりではしじみのしょうゆ漬けだけで精一杯と思っていただけにラッキーでした。ササキさん、ありがとうございました。50分ほどの滞在でごちそうさま。日ノ出町から帰ったのか、桜木町まで歩いたのか既に記憶にないのでした。。。
(おわり)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2011/01/19
水曜日。この日は武蔵小杉で用事があり、想定より時間がかかって終わったのが19:30頃。微妙な時間になってしまいましたが、当初の予定通り桜木町へ向かいます。武蔵屋への到着は20:15過ぎ、もう間に合わないかと思いながらお店に入ると、まだ大丈夫とのこと。テーブル、カウンターが埋まっていたため、小上がりに上がらせてもらいました。



お酒からスタート。オニオンスライスとおからをつまみつつ、燗酒が身も心にも染み渡っていきます。



お酒の進行に合わせて出てくるたら豆腐も、1杯が呑み終わらない頃にやってきました。やはり遅い時間の入店だからでしょうか。ひとり酒でもあることも手伝い、ピッチが早まります。



しかし、何度か寄せていただいている武蔵屋さんですが、小上がりは初めて。念願だったんですよね、実は。お客さんも徐々にまばらになっていき、まったりとした雰囲気を楽しめます。



3杯目と同時にお新香が出てきました。男性の店員さんもテキパキと働いていらっしゃって、気持ちが良いですね。3杯目も呑み干しさてお会計というのが21時頃。帰り際におかあさんが、お年賀としてお猪口に年始のお酒を振る舞ってくださいました。



「今年もよろしくね、そして今夜はまっすぐ帰るのよ」とやさしく送り出して下さったのでした。
(つづく)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2010/01/22
この日は仕事で横須賀までやってきました。17:30頃仕事が終わり、18時前には横須賀中央駅にたどり着いて中央酒場へ向かいます。既に1階席は満席。2階の座敷に上げてもらい、まずは生ビールで乾杯します。この日はシコイワシは無いとのこと、残念。タコブツやニラ玉を注文してから「何かオススメはありますか」と店員さんに訪ねると、2階席でしか食べられない横須賀カツカレーなるものがあるとのこと。もちろんいただきます。



カツカレー。ライスの替わりに千切りキャベツがたくさんで、結構美味しいです。



ホッピーにもぴったり。



やっぱり濃厚横須賀ホッピーは美味しいですね。



結局ビールのあとホッピー3杯呑んで、結構酔っぱらい状態に。帰路、家までの長旅が大変でした。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




2009/10/23
(続き)
プー子さんと合流し、歩く酒場データベースKさんと3人になって勢いもついて次に向かったのは日の出理容院でした。



ところが、満員だったのかこちらには入らず、次の画像がこちら。



どうもたなぼたを出たあたりから、4杯の濱ハイが効き始めて記憶が飛んでます。バジル2号店、いわゆる白バジルですね。ボクは初めてやってきました。



プー子さんのお友達も合流して、4人でワインを飲んだようです。時刻は23:27。



そしてお店を出たらしいこの画像の時刻が23:48。どうやって帰ったのか全く覚えてないのですが、翌朝目が覚めるとなぜか帰り着いていたのでした。
(おわり)

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




2009/10/23
(続き)
栄屋食堂を出て、再び都橋商店街に向かいます。ところがホッピー仙人はまたまた大繁盛で立錐の余地がない状態。それでは、ということで来た道を戻って橋を渡ったところにある、浜屋酒店直営という立ち飲みやさんに向かうことにしました。お店の前ではおねえさんが焼き物を焼きながら、いらっしゃいませと笑顔で迎えてくれます。細長い入り口を入ると結構お客さんでいっぱい。奥に入ったところの立ち呑みテーブルに陣取り、まずはホッピーをいただくことにしました。



正しい3冷ホッピー。旨いです。アテには牡蠣のオイル付けをいただきます。



結構量がたくさん。お値段は300円ほどだったかと。かなり良心的な感じで好印象。ホッピーをぐびぐびとやっていると、こんな魅力的なメニューを見つけました。



竹鶴12年で作る「濱ハイボール」(250円)。これは頼むしかないでしょ、とホッピーが半分残っている頃から次の飲み物は決定。20分ほどかけてホッピー1杯を呑み干したあと、満を持して濱ハイを注文します。



結構量が多いですよ。これで250円とは何とも良心的な角打ち価格。こんな素敵なお店があったとは、さすが野毛ですね。奥が深い。濱ハイをさらにおかわり。



22時を過ぎる頃にはお客さんもひけてきました。



角打ちとは思えない素敵ななバックバー。ワイワイと活気のある店内ですが、何となく落ち着きます。さらに濱ハイおかわり。



もひとつ濱ハイ。



このあとプー子さんも合流し、結局閉店時間の23時過ぎまでお邪魔しちゃいました。



ホッピー仙人に行けずに残念でしたが、こんな素敵なお店に出会えてまさに棚からぼた餅状態。すっかり酔っぱらって、もうここで帰ればいいのに次のお店へ向かってしまったのでした。
(つづく)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2009/10/23
この日の前日は、武蔵屋が営業を再開したという噂を聞きつけ、浜松町駅から電車に乗り込んではまださんにメールをすると、木曜は営業していないという返信をいただき急遽大井町呑みとなったのでした。そして明くる金曜のこの日、歩く酒場データベースKさんと一緒に再度野毛に向かうことにします。やっているかどうか不安に思いながら、動物園通りを歩いて向かうと、お店の入り口には休業を知らせる貼り紙が。



この週は1週間、お休みだったようですね。残念。諦めて次に向かったのはホッピー仙人。ところがこちらも超満員で入れそうになく断念。再び気を取り直して向かったのは栄屋酒場です。



こちらは何とかテーブル席が1つ、空いていました。瓶ビール(大、610円)をもらって乾杯です。



結構歩いたので、最初のビールが旨いです。最初のアテに選んだのは「ゆでピーナツ」(350円)と「あなご天」(630円)です。ゆでピーナツはすぐにやってきました。



地物の落花生を使っているそうです。コクがあって美味しいです。あなご天も揚がってきました。



大ぶりのあなご。江戸前で捕れるものだそうです。すぐになくなってしまう人気メニューのあなご天は、食べ応えたっぷり。このボリュームで630円は安いでしょう。



ゆったりとした空気の流れる店内。このお店独特の、横浜らしい雰囲気の時間が過ぎていきます。ビールも空いたので、次は燗酒をもらいましょう。



メニューには2級酒とあるお酒は1合で340円。このほか、日本酒は東龍という純米酒が550円というのもあります。燗酒を呑んでいると、新しくやってきたお客さんが「今日のオススメは?」とお店のおかあさんに尋ねて、即答だったのが「めじまぐろ」(800円)。ではわれわれもいただきましょうということに。



ボリュームたっぷり。ぶ厚く切られたメジマグロは、とろっとろで絶品です。ひとくちで食べて、口の中いっぱいにマグロの味が広がり、もぐもぐいただくのはたまらない幸せです。お酒もおかわりしましょう。



徳利から溢れんばかりの燗酒。最初の1杯は気をつけないとこぼしちゃうんですよね。慎重にお猪口と徳利を持って注ぎます。お酒は3本いただき、1時間弱の滞在でごちそうさま。



美味しいアテと栄屋酒場独特の雰囲気を満喫し、ほろ酔い気分で次のお店へ向かったのでした。
(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2009/05/02
今年のゴールデンウィークは何も予定を入れず、ちまちまと写真の整理などしようかなと思っていた4月の下旬。ピピピとふじもとさんからメールがあり、今年の静岡呑みはどうですか?とお誘いをいただきます。返信を躊躇しているところに、たたみかけるようにももたまなさんからも「岩科酒場に行きましょう」とお誘いが。一気にボルテージが上がり、是非行きましょうということになりました。地元のスーパーでビールを買い込んで東京駅に向かう途中、ふじもとさん、ももたまなさん、そしてこの日初めてお会いするコロジさんの3人は東京駅の長谷川酒店で既に呑み始めているとのこと。抜け駆けずるいです、なんてメールをしながら東京駅に到着。ホームでみなさんと落ち合って、12:53東京発の熱海行き電車、ボックスシートを確保します。



電車が出発すると同時に、ぷしゅっとビールもオープン。乾杯して呑み鉄のスタートです。ふじもとさんたちが長谷川酒店で買い込んでくれたおつまみなどを広げ、すっかり宴会モードに。



ふじもとさんがボクにと買ってきてくれた日本酒弁当。日本酒と、魚貝系の乾きもののおつまみがたくさん入ってます。他にも日本酒がたくさん。出発の時点でこの先大丈夫だろうかと心配になりますが、ビールも進んですっかりそんな心配もどこかに行ってしまいます。ヱビス、一番搾りと空けて、一番搾りスタウトは3本目。



黒ビールに、パスタを揚げて作ったおつまみがぴったりと合います。出発して1時間を過ぎた14時頃、3本目のビールも空いて、ふじもとさんから「日本酒いきますか」という魔の声が。



さすがは長谷川酒店といった感じの、お洒落な冷酒です。先程の日本酒弁当の出番が来ました。



貝系が苦手なふじもとさんのために、いわしでパーティションを作って貝系を綺麗に分けます。小田原も過ぎて、オーシャンビュー状態になってきました。



海を見ながら冷酒をぐびり。ももたまなさんはパックワインを呑んでます。まわりのボックスシートも、宴会状態なところもちらほら。すっかり居酒屋東海道といった感じです。



熱海までの2時間弱、お酒を呑みながらだとあっという間です。14:47に熱海に着いたときには、当初鈍行での旅を渋っていたふじもとさんも「これはいいねえ」とご満悦状態。でしょでしょ、といいながら14:57熱海発の鈍行に乗り換えたのでした。
(つづく)

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ