AKB48 チームBのファンより

鈴木紫帆里さんを中心にAKB48 チームB について語るサイトです。

指原莉乃 松井玲奈との対談「飛べないアゲハチョウ」(総選挙分析ライター)

2012-02-19 13:30:28 | チームA・チームK・SDN48
指原莉乃 松井玲奈との対談「飛べないアゲハチョウ」(総選挙分析ライター)


サッシーが毎回、どうして私にウィンクしてきたのか気になる」・・・松井玲奈
玲奈ちゃんがびっくりするから、おもしろいからやっていた」・・・指原莉乃


2011年6月に発売された「AKBがいっぱい ザ・ベスト・ミュージックビデオ」の中にメンバーのコメンタリーが入っており、掲載曲『飛べないアゲハチョウ』について、AKB48の指原莉乃とSKE48の松井玲奈がコメントしている。

『飛べないアゲハチョウ』は2009年8月に発売されたAKB48の13枚目のシングル『言い訳Maybe』のカップリング曲で、第1回選抜総選挙22位~30位にランクインした9名(米沢瑠美22位、高城亜樹23位、大堀恵24位、増田有華25位、平嶋夏海26位、指原莉乃27位、片山陽加28位、松井玲奈29位、松原夏海30位)の「アンダーガールズ」が歌った。

『飛べないアゲハチョウ』収録時の選抜(第1回)順位は指原27位、松井(玲)は29位。年齢は指原が16歳、松井玲奈は17歳。まだ、二人とも若く、そろって売り出し中のころである。

二人のコメントの主な内容は、収録時暑く靴もお下がりで足が汗でびしゃびしゃに濡れたこと、松井(玲)はカリカリだったが今は(太ももに)筋肉がつきいい体になったこと、そして指原が松井(玲)に毎回していた「ウィンク」のことである。

特に、「ウィンク」についてのエピソードがおもしろい。

指原が曲の「イントロで向き合うと毎回、(松井に)ウィンクをして何かしらのアピールをしてきた」が、「どうしてウィンクしていたのか、すごい気になって」いたのだが、「あのころはずうっと言えなかった。(松井玲奈)」
そこで、指原にその真相を聞くと、松井玲奈はこの当時「殻にこもっている子」で「まったくしゃべらなかった。」そこで、「ウィンクしたら笑うかなと思」ってやったら、「(松井玲奈が)びっくりするから、それがおもしろいからコンサートの時(注)も毎回やっていた」というもの。

指原も大事なコンサート中によくこんなふざけたことをよくやっていたな、というのがまず最初の印象だが、コンサート中にウィンクをして松井(玲)の驚くさまを見て、おもしろがっている指原というのも、やはり相当の大物なのだろう。

指原が松井(玲)に対してコンサート中にウィンクをしていた映像は確認されており、今もYOU TUBEで見ることができるので実際にあった話である。(注:2009年選抜メンバー組閣祭り 第二公演『飛べないアゲハチョウ』イントロ部分)
組閣祭り 第二公演「飛べないアゲハチョウ」映像

このエピソードのあと、指原と松井(玲)は仲がよくなり、今年の1月8日に幕張メッセで行われた握手会の席上で指原ソロデビューが発表された際には、松井(玲)がAKB関連メンバーの中でGoogle+を通して1番速く指原に「おめでとう」のメッセージを送っている。

今回のDVD(「AKBがいっぱい ザ・ベスト・ミュージックビデオ」)はたくさん売れているし、YOU TUBEにも載っていて、この話をご存知の方も多いだろうが、広義の初期メン(1~3期)以降のメンバーでその後大きく伸びた二人が語った、カップリング曲の数少ない笑えるエピソードなので、あえて古いネタだけれども掲載する。


「AKBがいっぱい ザ・ベスト・ミュージックビデオ」掲載曲『飛べないアゲハチョウ』指原莉乃、松井玲奈コメント
指原「はい、続きまして『飛べないアゲハチョウ』ということですよね。玲奈ちゃん。」
松井「はい、そうです。」
指原「このミュージックビデオのときは、ほとんどしゃべらなかったけど。」
松井「しゃべらなかった。」
指原「玲奈ちゃんが殻にこもっている子だったから、まったくしゃべらなかったけど、今はタメ口作戦をしているんだよね。」
松井「あ、うん。」
指原「タメ口でがんばろうっていう。」
松井「がんばる。ねぇサッシー。」
指原「じゃあ、思い出言ってください。」
松井「むっ~ちゃ、暑くなかった?」
指原「暑かったけれど。私、一番思い出深かったのは、靴ぬいだらさぁ、めっちゃ~靴の中汗かいてなかった?」
松井「びっちょ、びっちょでした。」
指原「だよね。そうだよね。」
松井「多分、下に水まいていたじゃん。」
指原「やばかったよね。これはアンダーガールズの苦労話みたいで嫌なんだけれど、靴もお下がりの靴だったよねぇ。ハッハッハッ」
松井「裏側見ると違うひとの名前が書いているんですよね。」
指原「あれは、なんかの公演で使用していたやつのブーツをはいていて、裏側が破れたりしていた。でも、びっちょ、びちょだったよね。」
松井「でもなんか、泥臭さというんですか。」
指原「ハッハッハッ、泥臭くはないよ。表現泥臭い、わかる、わかる。努力のね。」
松井「努力の泥臭さがミュージックビデオをいいものにしているんじゃないかな~って。」
指原「さすが。」

松井「でも、見ると、自分の若さに落ち込みます。」
指原「メンバー見るとおとなになったなと思うことあるじゃん。わたし玲奈ちゃんのこと見てそういうことを思うことはなかったの。でも玲奈ちゃんっておとなになったんだね。」
松井「おとなに、おとなになっているんです。おとなになったの。」
指原「おとなになったの。ねっ。」
指原「わたしの今回の注目すべき点をみなさんに教えます。玲奈ちゃんのカリカリさ。いい意味で。」
松井「いい意味で。」
指原「健康的な感じがする。今も痩せているけれど。」
松井「はっはっはっ。いやいやいや(松井:太ももを両手でさすり隠そうとする。)」
指原「なんかね。(松井の太ももを見ながら)わたしはいい体になっていると思う。玲奈ちゃんは。」
松井「あのころはダンスしたことがなかったから、今は筋肉がついて、いい体になりました。」
指原「そうです。もやしじゃないんだから。玲奈ちゃん。豆もやしだよ。よかった。」

松井「一個いいたい。」
指原「なんですか?」
松井「イントロで、サッシーと向き合うときに(指原・・口を両手でおさえて笑い)、毎、回(松井の声がおおきくなる)、毎回、サッシーが(指原・・口を両手でおさえて笑い更に下を向く)、ウィンクをして何かしらのアピールを、わたしにしてきたのが、あのころはずうっと言えなくて。」
指原「ハッハッハッ」
松井「あれはどうしてウィンクしていたのか、すごい、気になる。」
指原「玲奈ちゃんがこうして映っていて、わたし背中側だから、たぶん何しているかわからないと思いますけれど、そのときに、(指原:玲奈に左目でウィンクする)、それは玲奈ちゃんがあんまりAKBの現場にいるのに、なかなか話してくれなかった。当時は。みんななかよく一緒にいるけれど、(ウィンク)したら笑うかなと思ったけれど、玲奈ちゃんは指原がウィンクしたら(指原両手を両肩にあて肩が上がるポーズをして)、びっくりするから、ハッハッハッ、それがおもしろいから毎回やっていた。コンサート(注)でやるときもずっと続けていた。」
松井「それを告白してからのコンサートでは、ちょっと無言の言葉を返せるようになった。」
指原「今までは毎回(肩が上がるポーズ)、またやられた、みたいな感じだったけれど、告白してからは受けいれてくれるようになったからよかった。」
松井「でも、今、サッシーがそうやって考えて、考えてのウィンクだったということを知って、すごく、いいひとだなと思いました。」
指原「今・・・今ですか?」
松井「こうやって、ちょっとずつ仲良くなっていけたらいいなって思います。」
指原「(大きな声で)そうです。さっきもメロンぱんくれると言ったしね。いらないけどね。」
松井「(大きな声で)なんでぇ?」
指原「いらない。玲奈ちゃんメロンぱんしか食べていないんだもん。だからカリカリなんだよ。」
松井「違う。メロンぱんもがんばって生きてる。」
指原・松井二人で拍手
指原「いいまとめ。それでは、私の見所の玲奈ちゃんがカリカリの体にご注目ください。それでは『飛べないアゲハチョウ』」
指原・松井「どうぞ。」

指原莉乃 松井玲奈との対談「飛べないアゲハチョウ」映像


以上


指原莉乃の関連記事をリンク
指原莉乃AKBグループ成人式でセンター“謹慎”解除か
指原莉乃 桜 はかないもの
「恋愛禁止条例」における“解雇”と“辞退” 指原莉乃の場合
小嶋陽菜『メグたんって魔法つかえるの?』第6話 小嶋・指原魔女対決
指原莉乃「ミューズの鏡」第24話 フィナーレ
指原莉乃「ミューズの鏡」第23話 クライマックス
指原莉乃「ミューズの鏡」第22話 憎しみ
指原莉乃「ミューズの鏡」第21話 足りない何か
指原莉乃「ミューズの鏡」第20話 出生の秘密
指原莉乃「ミューズの鏡」第19話 マキ「ミューズ」の主役に
指原莉乃「ミューズの鏡」第18話 しゃくれ顔
指原莉乃「ミューズの鏡」第17話 呪われた「ミューズの鏡」
指原莉乃「ミューズの鏡」第16話 血の運命
指原莉乃「ミューズの鏡」第15話 稽古場の怪人ファントム
指原莉乃「ミューズの鏡」第14話 オーディション
指原莉乃「ミューズの鏡」第13話 再び悪魔憑依
指原莉乃「ミューズの鏡」第12話 マキの魅力
指原莉乃「ミューズの鏡」第11話 悪魔の呟き
指原莉乃「ミューズの鏡」第10話 ゴリラ顔
指原莉乃「ミューズの鏡」第9話 悪魔に魂を売る
指原莉乃「ミューズの鏡」第8話 恋愛のエチュード オフネ
指原莉乃「ミューズの鏡」第7話 死のエチュード
指原莉乃「ミューズの鏡」第6話 地面を這いつくばる
指原莉乃「ミューズの鏡」第5話 特別編 福田雄一との対談
指原莉乃「ミューズの鏡」第4話 最後のレッスン
指原莉乃「ミューズの鏡」第3話 マクベス夫人
指原莉乃「ミューズの鏡」第2話 蝉のエチュード
指原莉乃「ミューズの鏡」第1話 マキ登場
指原莉乃「ミューズの鏡」第1クール視聴率分析
指原莉乃「ミューズの鏡」指原は唇の貞操を守れるのか?
指原莉乃「ミューズの鏡」心境
指原莉乃「ミューズの鏡」メンバーの感想
指原莉乃「ミューズの鏡」に臨む心境
指原莉乃 7/23指原莉乃壮行会
指原莉乃 指原PRIDE
指原莉乃 HKT48移籍について答える
指原莉乃 HKT48移籍で「選抜トップが射程圏」
秋元康 指原莉乃のHKT48移籍について語る
秋元康 指原莉乃への期待と構想
指原莉乃 HKT48での新たな活躍を祈念
指原莉乃「来年はセンターを目指す」
指原莉乃 アイドルの人権
指原莉乃 スキャンダルに見る“ペンによる暴力”
指原莉乃 2012年の運勢は?上期
指原莉乃 福岡恋愛白書7「初恋の詩」
指原莉乃「福岡恋愛白書」撮影風景
指原莉乃「Dear J」
指原莉乃 秋元康との対談・・「1stフォトブック さしこ」より
指原莉乃「1stフォトブック さしこ」4終
指原莉乃「1stフォトブック さしこ」3
指原莉乃「1stフォトブック さしこ」2
指原莉乃「1stフォトブック さしこ」1
指原莉乃 オシャレ挑戦にブレーキ
指原莉乃 ジャカルタ公演
指原莉乃 ゴム手袋
指原莉乃 松井玲奈との対談「飛べないアゲハチョウ」
指原莉乃「ショージキ将棋」2大家志津香との対戦
指原莉乃「ショージキ将棋」1渡辺麻友との対戦
指原莉乃 ブログ 読者からコメントが多かったテーマ
指原莉乃「それでも好きだよ」発売企画
指原莉乃「それでも好きだよ」曲
指原莉乃 ソロデビュー・・指原とファンの反応
指原莉乃 ソロデビュー・・メンバーの反応
指原莉乃 2012年の運勢 ヨンパラより
指原莉乃「愛しきナターシャ」
秋元康「僕は指原莉乃を推している」と指原ソロデビュー
秋元康「僕はAKBの中では指原莉乃を推している」の意味
秋元康「指原莉乃は結果を出さない奴」
指原莉乃「結果をのこす!!」の意味を考える
指原莉乃 大躍進の謎を解く
指原莉乃「さしこのくせに」視聴率
指原莉乃「さしこのくせに」全視聴率
指原莉乃「さしこのくせに視聴率」有吉、週刊AKBとの比較
指原莉乃「さしこのくせに視聴率」AKBINGO!との比較

AKBアイドル関連
渡辺美優紀 “可愛い”「わるきー」
渡辺美優紀 天性の“釣り師”は優しい“観音様”
渡辺美優紀「みる神」、山本彩「さや神」
渡辺美優紀のダンス
AKB48 UZA MJ ミルキー恐るべし
AKB48研究生 橋本耀(ひかり) “あいうえお作文”がおもしろい
再開「有吉AKB共和国」 AKB48の14期研究生に“アイドル”の輝きを感じる
小嶋陽菜 “無意識のエロス”覚醒か
柏木由紀 ミエリーノ柏木 柏木は演技が上手
島崎遥香 「自己確信」に満ちたアイドル
島崎遥香 「万能なぽんこつ」
島崎遥香 着飾らない人が好き
めちゃイケ 島崎遥香 “愛くるしい可愛いさ”
有吉AKB共和国 島崎遥香って変なやつ
島崎遥香 一輪車 「意外感」が魅力
「永遠プレッシャー」100万枚突破 島崎遥香AKB48の新たな顔の誕生
“グイグイ選抜” 村重杏奈の行動力に脱帽
“ぐいぐい選抜”2 村重杏奈 めげずにがんばる
“ぐいぐい選抜”3 宮脇咲良 本領発揮
宮脇咲良 可愛さと計算尽くの“智力”を持つアイドル
週刊AKB 宮脇咲良に感嘆
渡辺麻友 「So long!」センターで歌う
渡辺麻友 AKBグループの頂点に立つ 紅白でセンター
渡辺麻友 レコ大受賞曲「真夏」をセンターで歌う
渡辺麻友 AKB48センター、前田敦子後継者確定か
渡辺麻友 センターポジションに近づく
渡辺麻友 Beginner 、エビカツ!センターで歌う
渡辺麻友 ヘビロテを前田敦子ポジションで歌う
渡辺麻友 「ヒカルものたち」に衝撃を受ける
AKB48グループ主要メンバー 年末年始の決意
AKB48人気動向121123


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 宇佐しじみに共感(ナッキー) | トップ | 三つ指つく「絶滅黒髪少女」... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
AKBファンになったきっかけ (41歳のおっちゃん)
2012-02-20 16:30:15
初めてコメントを入れさせてもらいます。

AKBのファンになったのは、『AKBがいっぱい』のおかげです。それまでは、AKBをほとんど知りませんでした。48人で歌っていると思っていましたし、選抜の意味も知らないし、総選挙はただの人気投票としか思っていませんでした。
もちろん【推し】この言葉も知りませんでした。

しかし、この2人の会話を見て、今までに感じたことのない心地良さを感じました。
決め手は『メロンパンくれると言ったしね。いらないけどね』
これがツボにハマりました。
【指原莉乃】この時、初めて知りました。
この時の服装やしゃべり方に、親近感を感じました。素がそのまま出ていると感じました。普通の女の子なんだなぁって。そして、アイドルなのにこんなに面白くしゃべれるんだ、と思いました。
他の曲のさっしーのコメントも面白かったと思います。

さっしーが面白いことをしゃべっていなかったら、さっしー推しはもちろんAKBファンにもなっていなかったと思います。

さっしー推しになったので、AKBのファンにもなりました。
AKBのファンになって、今は毎日が楽しいです。

なんだか、まとまりがないコメントですが、僕には特別な思いがある【飛べないアゲハチョウの曲紹介】を取り上げていたので、、コメントさせていただきました。
さしれなが一番好きです!! (天秤和尚)
2012-02-20 22:16:15
AKBとSKEの中で一番好きなメンバー。好きになった理由は、薄幸美人で健気なところ。不器用だけど一所懸命なところ。決して後輩に威張らない優しい先輩というところ。さしこと玲奈はある意味似た者同士かもしれない。

もしも、48グループの全メンバー対象に新チームを作るなら、神8よりもさしこと玲奈を真っ先に選びたい。出来ればあきちゃも加えて「君のことが好きだから」メンバーが理想。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

チームA・チームK・SDN48」カテゴリの最新記事