タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



シマカンギクとサンインギクを区別 するのは相当難しいみたいです。植物の先生に聞くと、大雑把には、花の大きさが2.5㎝以下ならばシマカンギク、3㎝以上ならばサンインギクといわれまし たが、中間的な雑種が多いのであまり当てにならないそうです。イエギクとの雑種も多いようです。正確に同定するには染色体の数を数えるそうです。私たちに は到底無理な話です。 海岸周辺で撮影した野生ギクの写真をUPしてみました。
シマカンギク


サンインギク?


サンインギク白花?





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昼休みに東岐波の海岸周辺を散歩し ます。沿岸の道路沿いや海岸に降りて植物観察をします。今は野生ギクと実をつけている樹木が目にとまります。野生ギクは昨日書いたシマカンギクの他に舌状 花が長く、花が少し大きめのものと、白い花のものをよく見かけますが、同定するまでにはいたっていません。園芸種が野生化したものや雑種の可能性もありま す。
今日海岸周辺で撮影した植物です。
トベラ


マサキ


ヤツデ


シャリンバイ





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




小春さんよりタムリンのホームペー ジの画像掲示板にニジガハマギクの写真を頂いたので、インターネットで調べてみました。しかし、なかなか複雑でしっくり整理できませんでした。ニジガハマ ギクは小春さんに教えてもらったようにサンインギクとセトノジギクの雑種です。ところが、サンインギクはシマカンギクの変種だそうです。また、セトノジギ クはノジギクの中で瀬戸内海沿岸に咲く、ノジギクよりも葉の厚さの薄いものをいうそうです。セトノジギクは山口県の光市までが限界みたいです。牧野富太郎 がニジガハマギクの命名をしましたが、その時は、ノジギクとシマカンギクとの雑種としました。なかなか難しくなってきました。昼休みに海岸線にシマカンギ クの写真を撮りに行きました。サンインギクとの違いは花の大きさにあるみたいです。サンインギクの方がシマカンギクよりも大きいようです。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




昼休みに職場の周辺を散策している と、イヌビワの実をよく見かけます。イヌビワの実は柔らかくなったものは食べることができますが、蜂が入っているので注意が必要です。何故、蜂が入ってい るかには理由があります。その理由を調べてみました。次の説明は、万博公園の自然研究路の説明板に書かれているものだそうです。『イヌビワはイチジクの仲 間で雄花と雌花が別々に咲く、雌雄異株の植物です。これらの仲間は、イチジクが「無花果」と書かれるように、花が開かないので「花がないように思える」と いう点に特徴があります。「雄花と雌花が分かれていて、しかも花が開かないのになぜ受粉できるの?」と疑問に思う人もいるかと思いますが、じつはイヌビワ は実の中にイヌビワコバチという小さなハチが入り込んでいて、この虫が専門的に花粉を運んでくれるのです。5-6月頃に花が咲くと、イヌビワコバチは雄花 に潜り込み、中で産卵します。そこでハチの子供たちが成長します。成虫になると、ハチは外に出ていき、他の株の花を探し潜り込みます。その時、どの花に入 るかでそのハチの運命が決まってしまいます。雄花に入ったものはそのまま産卵できるのですが、雌花に入ったものは産卵も出来ず、出ることも出来ず、閉じこ められてしまいます。どうにか出ようと、ハチはもがきますが、もがけばもがくほど、自分の生まれた花を出るときに体に着いた花粉を雌しべに振りかけている ことになります。イヌビワの雄株はイヌビワコバチの育児、雌株は種子の生産にそれぞれ専業化しています。』自然界には不思議なことがたくさんありますね♪





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




安蔵寺山ではたくさんのナメコを見 ることができました。ほとんどは古くて食べることはできませんでしたが、キノコの特徴が観察でき、良い勉強になりました。ナメコはモエギタケ科のキノコで 晩秋から初冬にかけて深山のブナの倒木などに発生します。主な特徴は「傘の表はお饅頭形、茶色・中心部が濃い、タップリと粘液で覆われる。傘の裏は、ヒダ は普通で表と同系薄色、柄はしっかりしている、傘と同系薄色」です。幼菌は丸くてヌメリが強いようです。成長するに従ってカサが開き、古くなるに従いヌメ リが少なくなり、茶色が濃くなります。また、虫が付きやすくなります。安蔵寺山で撮ったナメコの写真を若い順に並べてみました。

若くてヌメリがたくさん!!


すっかり開ききり食べるのは限界かな?



ヌメリがなくなり、傘裏や柄が濃い茶色になっています。
虫もたくさん着いています。残念ながら食らべれません。
    



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




安蔵寺山の名物といえばやはり大ミズナラでしょう。






通称「ナラタロウ」です。
タムリンのホームページ、更新しました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は予定通り職場の3人で安蔵寺 山にキノコを採りに行きました。最短距離で尾根に出るために安蔵寺山トンネルの登山口から登りました。尾根に出るまで10分もかかりませんでした。尾根道沿 いの倒木にはキノコを見つけることができませんでした。頂上へ向かう途中で沢に降りました。谷沿いの倒木を探しました。谷下りや谷登りは大変でしたが、キ ノコをたくさん見つけることができました。収穫は、ブナシメジ、ヒラタケ、ブナハリタケ少々、ムキタケ、ナメコ大漁でした。ナメコは途中でキノコの先生に 出会い、たくさん生えている倒木まで案内してもらったのが大きかったです。今日もキノコ鍋を腹一杯食べることができました。まだ、後2回くらいはキノコ鍋が楽 しめそうです。

ブナシメジ


ムキタケ


ナメコ





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




由布岳に行く途中に、須崎の滝の写 真を撮りました。展望所があり、そこへ車を止めて眺めることができます。残念なことに滝へ降りて行く道はないみたいでした。滝と滝壺がくっきりと綺麗でし た。また、紅葉に彩られた風景は写真心のある人にとっては絶好の撮影スポットかも知れませんね。須崎の滝は、大分県宇佐郡安心院町と別府市との境に位置 し、高さ20m。近くには国境の滝、須崎渓谷、仙人峡があり、新緑・紅葉の季節には 美しい景観を誇っています。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




霧氷と樹氷についてその違いがよく 分からなかったので調べてみました。 『霧氷・・・気温が氷点下のとき、樹木や地物に、空気中の水蒸気や過冷却の水滴が吹きつけられて昇華または凍結してできる氷。生じ方により樹霜・樹氷・粗 氷に分けられる。』 『 樹氷・・・およそ氷点下五度以下に冷却した水蒸気や過冷却の水滴が、樹木などに吹きつけられ凍結してできた氷。気泡を多く含むため白色不透明で、もろ い。霧氷の一。』 何となく分かったようで分かりません! さらに調べると、 『霧氷は氷点下の冷たい霧が樹木の枝や葉の表面に凍り付いてできるもので、元の樹木の枝葉の形状がそのままの形で見られるのに対し、樹氷は湿った季節風が 樹木に吹き付けられ、その上に降雪が付着するという過程が何回も繰り返されて、元の樹木の形が判らないくらいに様々な形になるもの』 『蔵王やカナデイアン・ロッキーなどの樹氷は、樹木の原型が完全に失われ、巨大な怪物のように見えるので、「アイス・モンスター」と呼ばれますね。それに 対し、霧氷は単に「白い霧:hoar frost」と呼ばれているようです。』 何となく分かったように思えます。 さらに写真を探してみると、 霧氷は


樹氷は


ほとんど分かったように思います。

トップの写真は由布岳で撮ったものですが「エビのしっぽ」といって、一方方向に成長した霧氷のことをいうみたいです。





コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )




由布岳(ゆふだけ)は大分県由布市にあるトロイデ型の活火山です。東峰と西峰2つのピークからなり、標高は1584m(東峰)。円錐形の形をしていることから豊後富士と呼ばれています。山友Yさんの道案内で午前4:30に宇部市中山を出発。午前8:30正面登山口到着。

駐車場より由布岳を眺めました。東峰がよく見えます。


午前9:00登山開始。


自然観察路分岐を経て合野越で休憩をとりマタエと向かいました。途中湯布院の街並みを見下ろしながら進みました。


マタエの手前の山腹より頂上を望みました。霧がかかっていました。


マタエに着いてビックリ。美しい霧氷が見られました。


東峰に登り昼食をとり、登ってきた道を下山しました。時間の都合上、西峰登頂は次回の楽しみにしました。午後2:30下山完了。湯布院の道の駅に行き、買 い物をした後帰路につきました。湯布院ハイツでの入浴の時間がとれなかったのが残念です。山友Yさんには道案内や登山案内で大変お世話になりました。



コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )





今日は予定通り、由布岳に登ってき ました。出発が遅れたので、無料駐車場を確保できず残念でしたが、運良く霧氷に出会うことができました。頂上付近に霧がかかって、少し白くなっているのは 登山前に確認できていましたが、雪があるくらいにしか思いませんでした。霧氷の写真がたくさん撮れて、大満足の由布岳登山でした。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ムラサキセンブリは秋吉台にはたく さんあります。しかし、センブリはなかなか見つかりません。本当は逆ではないかと思います。「センブリはいたるところで見られますが、ムラサキセンブリは なかなか見つかりません。」これが普通だと思います。実際、秋吉台以外でムラサキセンブリは見たことがありません。ところが、センブリは昔から薬に使われ ていたため、少なくなってきた現在、商品価値が高まってきたのでしょうね。ムラサキセンブリは苦いだけで薬草の効用はないみたいです。自然界にあるものを 盗掘するより栽培方法の研究をして欲しいと思います。秋吉台ではムラサキセンブリは今しばらく楽しめそうです。










コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




今年の秋吉台のウメバチソウは咲き始めが遅れたせいか、もう少し楽しめそうです。リンドウはまだつぼみが多いのでこれからが盛りです。秋吉台も晩秋の装いを見せています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午後から秋吉台に行きまし た。秋吉台に近づいた頃にはときどき雨が降る天候に変わっていました。傘をさしながら花の写真を撮りました。目的の花はセンブリです。ウメバチソウとムラ サキセンブリはたくさんありましたが、センブリはなかなか見つかりませんでした。2時間30分歩いて見つけたのはたった3株でした。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




植物の先生と寂地山に登ったときに カエデの種類について教えてもらいました。その中で最も大きな葉のカエデがウリハダカエデです。寂地山以外でもよく見かけます。10月に登った大山や東鳳 翩山にもありました。写真は日曜日に登った莇ヶ岳で撮ったものです。葉が大きいので紅葉がよく目立ちます。葉は黄色からやや朱色を帯びただいだい色に紅葉 します。見上げると半ば透けた葉が美しいですね。




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ