タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



1月4日に両親と叔父、妹親子との6人で鯛生金山・黒川温泉に行ってきました。九州自動車道から大分自動車道に入り、日田インターチェンジを下りて鯛生金山(たいおきんざん)に行きました。その後、黒川温泉に向かい、川端通りを散策してから温泉に入りました。



黒川温泉は、九州では湯布院温泉と肩を並べるくらい人気のある温泉です。この温泉がブレイクしたきっかけの一つが入湯手形です。1,200円の入湯手形を購入すると3箇所の露天風呂で立ち寄り湯を楽しむことができます。どの旅館にも源泉掛け流しの露天風呂がありますが、混浴の露天風呂のみというところもあるので、事前に調べてから行った方がいいかも知れません。

川端通り








黒川温泉は、渓谷沿いに昔ながらの旅館が並ぶ温泉街です。以前は湯治が中心の知る人ぞ知る寂れた田舎温泉でしたが、1990年代後半より人気が出始め、2000年代には秘湯や温泉ブーム、インターネットによる温泉紹介や口コミにより、日本一の人気温泉となりました。今でも、派手な看板や装飾、歓楽を廃して、昔ながらの庭園や樹木、家屋や洞窟を利用した露天風呂など都会生活に疲れたお客がやすらげる温泉つくりを目指しています。



今回入湯した温泉は「優彩」です。時間の関係で入湯手形は購入しませんでしたが、どの旅館の温泉にも500円払うと入ることができます。残念なことに、宿泊客が入る温泉と立ち寄り客が入る温泉が区別されており、人気の温泉には入ることができませんでした。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )