タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



マメ科タンキリマメ属タンキリマメ
つる性植物で蔓は伸びる方向に対して右巻き。(上から見ると左巻き)








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




セキレイ科セキレイ属セグロセキレイ







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




メジロ科メジロ属メジロ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ヒタキ科ジョウビタキ属ジョウビタキ♂









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




セキレイ科セキレイ属ハクセキレイ







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ヒノキ科ビャクシン属ネズ
別名ネズミサシ 命名は、硬い針葉をネズミの通り道に置いてネズミ除けに使ったことから。
球果は中国では生薬として利用されています。
霜降山管理道






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ヤブムラサキの実がまだ残っていました(*^_^*)
霜降山管理道




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




霜降山管理道に「シイの大樹・樹齢約200年」の標識!
見に行ってきました。
シイにはスダジイとコジイがありますが、私には区別ができません(^_^;)
この辺りにはコジイが多いので多分コジイ!?










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ソシンロウバイ
ロウバイの花が咲くときは、葉は落ちていると思っていましたが、
葉がついている木もあるのですね!












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




サネカズラ(ビナンカズラ)の実
前回行ったときは、まだ緑色やピンク色だったものが赤く色づいていました。
鳥に食べられていなくてよかった!
近くにあったムベの実は影も形もありませんでした(^_^;)








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




裏門扉から出入りするとき、
体にあたって邪魔するので切ろうと思いながらそのままになっていたシュウメイギク。
正月休みになり、余裕ができたおかげで、枯れた花の綿毛をじっくり見ることができました。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




センリョウ科センリョウ属センリョウ
マンリョウとともに正月の縁起物としてよく使われます。
しかし、マンリョウはサクラソウ科ヤブコウジ属、センリョウと科・属ともに違います。












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )