タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



どの山に登ろうか迷った時は、東鳳翩山と決めています。今年はまだ登っていないので、即決です。登山口についたのは、7時20分。登り始めは7時30分です。不思議なことに、この時間に、もう下山された人たちがいるのです。聞いてみると5時頃から登られたそうです。山口県では最も人気のある山で、岩崎先生の新百名山の一つです。花の写真を撮りながらゆっくり登りました。

ガンクビソウ




シラヤマギク


ツルリンドウ


ノコンギク


ヒヨドリバナ


サイヨウシャジン


シロヨメナ


ホソバノヤマハハコ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




赤川登山口を後にして、瀬の本の三愛でお土産を買い、それから、長者原に食事に行きました。ここは、とり天定食(850円)とだんご汁定食(1,000円)が美味しいところです。大分県は鶏の唐揚げよりも鶏の天ぷらが名物です。私は、いつものようにとり天定食を食べました。お客さんがいっぱいで、待ち時間は15分ということなので、その時間を利用して、タデ原に植物の写真を撮りに行きました。

マルバハギ


アキノキリンソウ


コウゾリナ


オトコエシ


サワヒヨドリ


アキノノゲシ


ヒゴタイ


ウド


サワギキョウ


コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )




祖母山登山でお世話になった民宿「きん」




9月13日に祖母山に登った後は、民宿「きん」にお世話になりました。この民宿は熊本県阿蘇郡高森町にあります。馬刺しや馬肉の焼き肉と山菜料理でおもてなしいただきました。土曜の1泊2食で7000円は、大変お得な値段です。気さくで親切なご夫妻におもてなし頂きました。

民宿から見える根子岳


民宿「きん」からは阿蘇五岳がよく見えます。特に、根子岳は真正面にあり、素晴らしい眺めでした。

阿蘇中岳火口


翌日は阿蘇の中岳火口を見に行きました。私にとっては、今年3回目の訪問になります。

九重にある赤川温泉




阿蘇を後にして、九重の赤川登山口の下見に行きました。10月に行われる登山教室に利用する予定です。登山口のすぐ側には、赤川温泉があります。写真の滝のように湧き出たお湯は、様々な効用があるのですが、匂いがきついので飲むのは止めました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




アキノウナギツカミ


キンミズヒキ


ウツボグサ


ゲンノショウコ


ミツバツチグリ


ハナタデ




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )








ガガイモは、花に特徴がある蔓植物です。5枚の花弁を持つ花は、星やヒトデのような形で、とても毛深いです。ハート型の葉は、厚くしっかりしてつややかです。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




アカネ




ヒメシロネ




アカネは根が赤色の染料に使われていました。だから、赤根です。シロネという植物もあります。根が白いから白根です。写真は湿地に咲くヒメシロネです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








ミズヒキは、長い花茎に小さな花をまばらにつけます。9月に里山に登ると、必ずといってよいほどよく見かけます。花は上半分が赤色、下半分が白色です。祝儀封筒の水引から名がついたのは、そのせいでしょうか。半日陰に生育することが多く、花穂が細長く、花が小さいので、撮影泣かせの花です。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




北谷登山口




登山道




頂上を望む


9合目


祖母山山頂




コミスポのメンバー5人で祖母山に行きました。日程、宿、運転、案内、会計のすべてをくしやんさんにお世話になりました。12日の23時、雨の中を出発しました。北谷登山口についたのは午前3時半、まだ雨が降っていました。車の中で仮眠をとって5時半に起きた時には雨はすっかり上がっていました。6時20分に登山開始。登山道は滑りやすく、所々ぬかるんでいましたが、雨にあうことなく、予定通り12時半に下山しました。頂上は晴れていれば360度のパノラマが楽しめるのですが、残念ながらこの日の天候では無理でした。天気のよい日に再度登りたいと思います。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ミミカキグサ


ホザキノミミカキグサ




ミミカキグサは湿地に咲く小さな花です。花の大きさは6~7㎜といったところでしょうか。だから、ほとんどの写真がピンぼけになってしまいます。今までに、何度もチャレンジしていますが、アップできる写真がほとんどありません。今回はこの3枚くらいでした。ミミカキグサは黄色なのですぐに分かりますが、ホザキノミミカキグサはムラサキミミカキグサとの区別が難しいので自信がありませんが、赤っぽい紫色なのでホザキノミミカキグサとしました。ムラサキミミカキグサは青っぽいそうです。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )










8月の終わりに家の近くの湿地にサギソウを撮りに行きました。今年は夏の花の写真がほとんど撮れなかったので、サギソウ以外の花もいくつか撮影しました。野生ランとして人気のサギソウも、お店で手軽に球根を入手できるようになり、園芸植物の印象が強くなってしまいました。しかし、湿地に自生しているものを見ると、やはり、本来の野生ランの魅力を改めて感じます。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )