タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



 霜降山の湿地に行くのは今年になって初めてです。例年なら7月~9月にかけて何度か訪れるのですが・・。目的はサギソウなどの湿地性植物の写真を撮ること。10月になると花はあまり期待できませんが、男山に登ったついでに寄ってみました。

【霜降山の湿地】


予想通り花の時期は終わっていました。
しかし、よく見るといくつかの花が残っています。


【サギソウ】


枯れかけたサギソウの花が一輪だけ咲いていました。

サギソウは、ラン科ミズトンボ属、
湿地に生える高さ20~40㎝の多年草。
花は白色で約3㎝、唇弁は大きくて3深裂し、
両側の裂片は、白鷺が羽を広げたような形となる。
花期:7~8月 生育地:湿地 分布:本州、四国、九州


【サワシロギク】


サワシロギクは、キク科シオン属、
古くなると花は白からピンク色に変わる。
本州から九州に分布する多年草。
湿地に点々と生育する。

【山渓カラー名鑑 日本の野草】参照


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 久しぶりに霜降山管理道を歩きました。この時期に歩くのは珍しかったのか、今までに見かけたことのないコシオガマに出会いました。ピンク色の可憐な花がいたるところに咲いています。群生している場所もありました。



コシオガマは、ゴマノハグサ科コシオガマ属。
日当たりのよい草地に生える半寄生の1年草。
全体にやわらかい腺毛が密生する。
茎は直立し、少数の枝を分け、高さ20~60㎝になる。




葉は対生し卵形で深く羽状に裂ける。
秋に淡紅紫色のかわいらしい唇形花が咲く。




花期:9~10月 生育地:山地 分布:日本全土
【山渓カラー名鑑 日本の野草】参照


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )