タムリンの備忘録
山、花、鳥、旅などの写真を中心とした自然観察記録です。
自然が大好きな方々のご訪問をお待ちしています♪



 



北河内駅で錦川清流線を待つ間、時間が十分にあったので、駅の近くのニリンソウ群生地を確認した後、二鹿(ふたしか)まで足をのばしてみました。二鹿はシャクナゲの群生地が有名なのですが、花の時期ではないので梅津の滝へ。二鹿の滝は7つあり、そのメインの滝が梅津の滝です。



梅津の滝遊歩道はこの橋から始まります。



いつも不思議に思うのですが、ほとんど人が来ないような場所のお地蔵様にも、必ずと言っていいほど新鮮な花がお供えしてあります。



名前が分からない小さな滝。7滝の一つと思われます。




これも滝でしょうか?



梅津の滝。7滝の中で一番大きな滝です。



段々の小さな滝。



最後の滝。この滝壺は、仏の淵と呼ばれ、格好の水泳場となっています。夏には子ども達の声で賑わうそうです。



仏の淵を道の上から撮ってみました。



梅津の滝の説明板です。



林道に上がり駐車場へ戻っていると鉱山跡の石碑が!



タングステンの鉱山、喜和田鉱山があったそうです。時間がなかったので鉱山跡には行きませんでしたが、機会があれば行ってみたいと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« セツブンソウ... 霜降山(クロ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。