Frontier

よく歩き、よく眠り、そしてよく撮る毎日。生きてる限りは『フロンティアスピリット』で!いつまでも明るく元気に・・・

第九

2006年12月31日 | Weblog
N饗の「第九」をテレビで見た。

この曲は何回聞いても飽きない。(このあと31日19時からNHK教育で放送あり)

年末恒例の第九だが、今回は新しいことに気がついた。

どの第九を聞いても、指揮者が前面に出ていることだ。

毎年、某デパートの入り口広場(正式にはアトリウムコート)で演奏される第九を

今年は久しぶりに見に行った。場所が場所だけに(しかも無料)音響的には良くないが、それは熱気に溢れていて、本当に凄い。年々熱気が増していっている感じがした。

ここのコンダクターはタクト(指揮棒)を持たない方で、両手、顔、頭など全身を使って地元の楽団や合唱団を見事に指揮していた。

N饗の指揮者と共通することは『全身全霊』を使ってベートーベンの第九を表現すること。

人間『全身全霊』を使って熱演すると熱気が必ず伝わるということを年末恒例の『第九』を聴いて、改めて感じた。

出来れば本場でこの曲を聴いてみたい。それも最高の席で。

第九が終われば『ニューイヤーコンサート』

ヨーロッパの貴族たちは、遥かその昔から、贅沢な年末年始だったと思うと羨ましい限りだ。

そういった意味で、わが国は芸術的にはまだまだだ。
コメント

忘年会

2006年12月28日 | Weblog
あすはぐっと冷え込みます。

愛媛県は今夜遅くから冬型の気圧配置が強まり山地や山沿いでは積雪する恐れがあります。

四国地方では今夜遅くからあさってにかけて上空に氷点下24度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込みです。このため愛媛県では風が強く海上では波が高くなる見込みです。

飲みすぎたのは?????貴女のせいよ?????

あす明け方からあさってにかけては山地や山沿いを中心に雪が降り積雪する恐れがあります。


予想される雪の量は多いところで5センチとなっています。

平野部でも雪が降るところがある見込みです。


松山市の日中の気温は7度までしか上がらない見込みです。


今後の気象情報にご注意ください。


 
--------------------------------------------------------------------------------

コメント

今晩も

2006年12月27日 | Weblog



元気に酔いました。


ことし は  はっきりいって

前厄ナノデス

コメント

穏やか

2006年12月24日 | Weblog
日中は穏やかな天気に恵まれました。

しばらくはいい天気が続きそうです。

MERRY X’MAS

コメント

新聞によりますと・・・

2006年12月20日 | Weblog
  団塊の世代 人生の平均点は男性66点、女性72点《朝日新聞》

 男性は66.6点、女性は72.7点!女性の方が

 博報堂が、団塊世代の約450人にこれまでの人生を自己採点してもらい、男女別に平均したところ、上のような「成績」が出たということだ。

 『70点以上をつけたのは女性8割、男性6割』

男女とも「最も幸せだった時代」を20代と答えたが、男性の幸福度は加齢とともに急落している。えぇぇぇぇぇ。えぇぇぇぇぇ。えぇぇぇぇぇ。

私は違うぞ!!
「加齢」ということは年をとるとという事。⇒若いときより、現在の方が遥かに良いと思う。

 一方、女性は50代で上昇に転じていたということだけど、本当かなぁ?
子育てを終え、時間と金を手にした女性は多いと思うが、厳しい世の中女性の方が『ストレス』が溜まっていると思う。

 まぁ、この調査のサンプルは何人のどのような女性にアンケートしたのか、この記事からは見えないが女性の方が、定年間際の男性より早く「第二の青春」に入ったということなのだろうか?

世の中の団塊世代諸兄諸女いかがかな?
コメント

クリスマスが。。。

2006年12月18日 | Weblog
そこまでやってきた。

家の近所には、今月に入ってイルミネーションが飾られ、「迎クリスマス」のムードが高まった。

近くに行ってデジカメで撮影。三脚を持っていかなかったため、寒さで震えてこのような画像になってしまった。

街にはクリスマスメロディが流れ、X’mas商戦たけなわだ。

先日、歯医者で看護師に『クリスマスはどうなされるのですか?』と聴かれたが『別に・・・』と答えた。

昔から、クリスマスは特に考えて行動したことはないが、今年はイブが日曜日。
久しぶりに『女房孝行』でもしなければいけないかなぁ。。。
そういえば、これまでこの日は、案外、外で仕事をしていたような気がする。


の気分になってみるか。

クルシマスにならないように





コメント

教育

2006年12月17日 | Weblog
近頃、NHK教育テレビがためになる。

気がつくと自分の部屋のアナログテレビにじっと見入っていることが多い。

我々団塊の世代は、青春時代はTVよりラジオが中心の生活だった。

ところが、白黒テレビがカラーになり、現在は大画面のテレビとなり、すっかり茶の間の一員となってしまっている。

テレビを置いていないリビングなんて考えられない。

教育テレビで『食育』を考えるという番組を放送していた。

その番組の中で、ゲストの一人が「テレビが日本の食事を変えてしまった」と話していた。

わたしも食事のときテレビが点いていないとなんか落ち着かないときがある。

まぁ、朝の出勤前はともかくサラリーマンとして、情報収集のため仕方ないかと思うが、夜の食事のときぐらいは、テレビが点いていなくても良いのではないだろうか。

一人で知識のおさらいをしたり、より知識を深めるには教育テレビが早い。

※この話、ゆっくり また(暇なときにつづく)




コメント

あとorまだ?

2006年12月13日 | Weblog
今年はまだ、あと20日近くあります。

それまでにやっておかなければならないことが山積しています。

ゆっくり年の瀬が過ぎてくれればいいのだけど、なか

なか思うようには行かず、1日があっという間に過ぎていきます。

あと、20日ではなく、もう20日しかないのですよね。

人間は、先々のことを考えながら生きると充実した感じになりますね。(『感じ』を変換したとき『幹事』となりました。)忘年会も、新年会も幹事さんは大変です。

話が横道に逸れてしまいましたが、『もう・・・しか』と考えるか、『まだ』と考

えるか!?心の持ちようで動きが変わるのですね。

コメント

やはり、年末

2006年12月10日 | Weblog
郊外の大型電気店を覗く。

駐車場はほぼ満杯だった。

特に、大型テレビ売り場には人人人。

地上デジタル放送が開始されて初の年末だからだろうか、大型のデジタルテレビを買い求める客で一杯だった。

『地デジ』『地デジ』とテレビがPRしていて、それも効を奏しているようだ。

確かに画面は美しい。それに音はクリアだ。

地上デジタル放送にはこのほかにまだまだいろいろな機能が備わっているのに、
「画面が美しい」や「音がきれい」だけでテレビを購入する人が多いようだ。

大型の画面になっただけで、高いお金をテレビに費やすことでは地上デジタル放送が泣く。

実は、地デジは、それ以外にデータ放送や電子番組表(EPG)などの文字放送、双方向の番組参加などの機能がついているからテレビが高価なのだ。これらの便利な機能は買う人の多くはまだ気にしていないようだが。。!

民間放送のテレビが放送を始めて50年余り経過したが、テレビがパソコンの域に進出している。

見るだけのテレビから、一挙に『使う』テレビに変わってきているのだ。

10年後、テレビの放送がどのように変わっているのか楽しみだ。
コメント

忘年会

2006年12月05日 | Weblog
今夜は個人的な忘年会です。

いつもは、会社の人たちと飲む“忘年会”が多いのです。

しかし、たまには、プライベートの忘年会があってもいいのではないか。

と考え、今夜はプライベートの忘年会をしました。

偶然、本当に偶然に。忘年会が出来たのです。


これからの話も、偶然なのです。

続く。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コメント

さむっ

2006年12月04日 | Weblog
12月になって急に冬到来。

寒い。ついこの間まで夏だったのに。

今年の天気は“メリハリ”がありすぎる。

よほど気をつけていないと、体が季節についていけなくなるかも。。

これからの季節、痩せている私にとって、コートと手袋は必携だ。

空も、冬の様相を強くしてきている。
コメント

2006年12月02日 | Weblog
明日は曇りという予報が?出ています。

しかし、春のさんかんシオン(三寒四温)と同じように、

これからは、風が強かったり、穏やかだったりして・・・・・・


久しぶりに今夜は暖かいようです。

ひょっとして、あすの『降水確率は?』

気象おじさんの予想は?

???????

多分雨がすこし    かな。


※虹は11月26日午後発生したものです。
コメント

あーぁ12月

2006年12月01日 | Weblog
マイナス思考はいけません。

プラスにするために???

『あと』ではなくてこれから何年生きるか。。。。。

今夜は12月1日。

『もう』クリスマスソングが聞こえています。

これからも。

一生懸命元気に生きていきたいと考えています。

そのためには、歴史を大切にします。

歴史は、実に人生の“いきざまを”語り伝えること

なのです。
コメント