アーダ、コーダ、イーダ!

浮かんでは消えていく想い。消える前に名前をつければ、何かにつながるかもしれない。何処かにいけるかもしれない。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

事実は存在しない、解釈だけが在る

2015年05月28日 19時43分38秒 | Weblog
 国会でのやり取りを聞いていると、国会議員にエコの意識があるのか、と、思う。
 首相(以下の取り巻きも同様)はきちんと答えていない。
 手の内すべてさらすべきじゃないのか。ラーメン屋で、高校生のグループが「アベ、いやよね」という話をしていた。彼女たちの言い分は、正しい。知識とかじゃなく、直観。
 総理の責任は若い人を守り、育てることだ。100年先まで見越した政治をしているか。アメリカ中心ではなくなっているのに、その崩壊寸前のアメリカと共闘するのではなく、世界を見据えた政治が、今、世界中で求められているのではないか。
 新しい世界平和の構築方法を、日本だからできるというものを出すべきだ。マイナーでメジャーを議論する限り、不毛だろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 維新・新代表の松野氏に期待する | トップ | 自民党の傲慢だけが浮かびあがる »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
反対意見の大切さ (onecat01)
2015-06-04 09:07:46
 お久しぶりです。

 かねてより申しておりますが、私は貴方の対岸にいる意見をもっています。
反対意見を言う人に、私はいつも強い反発を覚えるのです。

 しかし、これもまたかって貴方に申し上げましたが、なぜか貴方のご意見には、反発でなくうなづくものを感じるのです。

 安倍総理についても同じことです。
総理のやっていることを、すべて支持しておりません。ただ、憲法改正につきましては、私の長年の願いであり、支持しております。

 貴方の反対意見は、大切なものとして、いつも拝見しております。どうかこんごともよろしくお願い致します。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事