アーダ、コーダ、イーダ!

浮かんでは消えていく想い。消える前に名前をつければ、何かにつながるかもしれない。何処かにいけるかもしれない。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

義家文科副大臣にはガッカリだな

2017年06月21日 23時33分49秒 | Weblog
 まさか、あの教師がここまで上り詰めていたとは思わなかった。
 インタビューの応答を見ていて、人間は立場で考え、行動するんだ、と、思った。
 教師時代の義家は、今の義家を肯定するのだろうか。「初心は捨てた」ということか。

 それにしても加計問題に関しては、現政権はお粗末の一言。
 全部、説明すればいいことじゃないか。
 でも、ここまでシラバックレチマッタんでは難しいかも。
 安倍政権は、驕り高ぶっていたと思う。
 そんな国民の思いを払拭するのは野党の追及ではなく、もう、重い口を開くしかないんじゃないか。
 隠すほど、疑惑も不信も募る。
 祖国の首相がいい加減では、困って、怒って、不信感が募る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 政府の公式見解が信用できない | トップ | 首相は加計問題にきちんと説... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事