アーダ、コーダ、イーダ!

浮かんでは消えていく想い。消える前に名前をつければ、何かにつながるかもしれない。何処かにいけるかもしれない。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

'『おやじの背中』の正解

2014年08月10日 21時59分38秒 | Weblog
 たとえば『笑っていいとも』の後番組の視聴率が低迷しているとか言われた。ぼくは後番組を見ていないので、低迷については何も言えない。

 観たくない番組は芸人をいいように使っている番組。企画する人間を入れ替えないと、新しい番組はできないのではないかと思う。

 TBSの『おやじの背中』は、若者向け、女性向けが多かった中で、オッサンを主人公に据えた。父親の一人として、毎回違う作家の作品を、今度はどのへんか、と、思って、くすぐられる。女や子どもにわからない部分をもっと出して欲しいと思う。

 テレビは家具になって久しい。『水戸黄門』はそれにふさわしい番組だったと思う。テレビに前衛は要らないと思う。大いなる後衛でいいと思う。変な犯罪を描く刑事ドラマは観たくない。

 『おやじの背中』は日常にちょっとだけ異質な部分を入れることで、家族や親子の微妙を描いている。くすぐられ、考え、味わえるテレビだと思う。
コメント