アーダ、コーダ、イーダ!

浮かんでは消えていく想い。消える前に名前をつければ、何かにつながるかもしれない。何処かにいけるかもしれない。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そりゃあ、あんまりだ

2014年02月17日 18時35分17秒 | Weblog
 オリンピック。メダルを取れなかった選手が「いい思い出ができました」というコメントを許せないという風潮があるようにだ。中には、国費で行ってるのだから「税金泥棒」という人もいるという。

 偏狭にならんでいいじゃないか。日本の代表が精一杯やったんだ。「いい思い出になりました」という一言にはその前後に沢山の言葉があるのではないか。それを慮ることなく、「思い出つくりのために国費を使ってるんじゃない!」という言葉を投げかけるのは自分の貧しさを露呈しているだけではないか。

 最近ネットでは韓国の人たちの書き込みがよく取り上げられる。イギリスの選手には恐喝まがいの書き込みをしたとかで、彼女は自分の場所を閉じたとか。ネットでは何でも言える。だからこそ、その場の思いつきで書き込むのは避けるべきではないか。世界に模範となるような発言をすべきではないか。

 選手は精一杯やっているんです。頑張れ。残念だったね。おめでとう。選手にかける言葉はそれでいいんじゃないかと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 細川が負けた理由 | トップ | 勝利至上主義はオリンピック... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
違うはずなのに (onecat01)
2014-02-17 21:14:31
今回のご意見に賛同します。

安倍総理と籾井氏を支援する私とは、違うはずなのに、気持ちが一致するというのも不思議な気が致します。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事