Soulful Bigover

「自由」と「ロマン」を求めて、creativeなアウトドアライフをめざす。

『ひなたぼっこ』

2009年06月23日 | Photo collection
               のんびり ゆったり
                こんな日があってもいいんです

                               (初夏のヘムスロイド村にて)

BIGOVER Photoへもどうぞ

人気ブログランキングへ
コメント

おまけがいい時(八ヶ岳天狗岳山行)

2009年06月16日 | Mountain summer
               山の上空を優雅に飛ぶグライダー
               エンジンのない飛行機が、八ヶ岳の空にはよく似合う

                             (八ヶ岳連峰 黒百合ヒュッテにて)

僕がやっているアウトドア活動の中で、山登りは一番地味である。
基本的に歩くだけ、それも重荷を背負って黙々と。
しかしながらこんな山登りがやっぱ好きだし、僕の原点であると確信している。

そんな黙々と歩くだけの山登りを八ヶ岳連峰の天狗岳で行なった。
季節は、花の時期にはまだ早い梅雨の中である。
最初から多くを期待できない山行ではあった。

晴れると言っていた天気予報はハズレて、山は二日間とも微笑んでくれなかった。
期待していた天狗岳ピークからの展望は、深いガスに遮られた。
ホントに”歩くだけ”となってしまい、ちょっと残念な山行となった。

しかし今回は「おまけ」がよかった。
ベースを張った黒百合ヒュッテで、何とも趣のあるコンサートを思い掛けず聞く事が出来た。
「猫勧進」というピアノ+津軽三味線という異色な組み合わせのバンドユニットが出演。
夕食後のほろ酔い気分で、小屋の暖かいランプの光りと和と洋の楽器が奏でる音楽が心地いい。

街の喧噪を離れ、歩く、食べる、寝る、を淡々と実践していく山登り。
何もない山で、シンプルライフを楽しむ。
そこにアタリ付きの「おまけ」が、今回の山行を彩ってくれた。

いつも何かしらをくれる山登り、やっぱりやめられない。


高見石より白駒池を望む


中山峠付近からの天狗岳

天狗岳が姿を見せてくれた唯一のひとときだった

「猫勧進」コンサートのパンフ

テント泊の登山者にもお誘いが掛かりいい夕べを過ごす事が出来た

コンサートの様子(画像はヒュッテブログより引用)

黒百合ヒュッテブログはこちらへ

濃いガスに包まれた西天狗岳ピーク


所どころで咲いていたヒメイワカガミ

花はまだまだ、ここらはようやく冬が終わったという感じ

天狗の奥庭

ガスの中で針葉樹と溶岩ゴロ太が幽玄な景観を創る


記録
 山域・目的  八ヶ岳/天狗岳 登山
 日程     2009年6月13~14日 テント泊 (BC 黒百合ヒュッテ)
 メンバー   カミさんと二人
 データ    積雪 登山道にわずかに残る程度
        標高差526m  距離 14.0km

 行程 6/13(土)曇り  
      03:40 自宅発→諏訪IC→麦草峠 駐車(8:40着)
      09:00 入山(2120m)
      10:00 丸山(2329m)~高見石~中山展望台
      12:45 中山(2496m)
      13:30 黒百合ヒュッテ(2400m)(BC幕営泊)

    6/14(日)曇り  
      02:30 起床
      04:30 BC出発(2400m)~中山峠~東天狗岳(2640m)
      06:00 西天狗岳(2645m)登頂~東天狗岳(2640m)~天狗の奥庭
      07:30 BC着(2400m)~BC撤収
      09:30 BC発~中山峠
      11:05 にゅう(乳)~白駒池
      12:30 白駒荘(2120m)
      13:20 下山 麦草峠 駐車(2120m)
      14:00 麦草峠発→渋川温泉 保科館(入浴)→諏訪IC→帰宅(20:30着)
            
トレース図


人気ブログランキングへ

コメント

中央高速道路 神坂より

2009年06月14日 | Portable Weblog
今週の土日はカミさんと八ヶ岳天狗岳に。
寒気の影響でいい天気ではなかったが、久々のテント山行を二人で楽しんだ。

帰路の高速神坂パーキングで一休み、ソフトクリームを食べる。
ニッセイのコーンの上になかなか濃厚なクリームが疲れた体に染み込む。
三百円もしたが、とてもおいしいソフトクリームで満足だった。

中央高速道路 神坂パーキング


人気ブログランキングへ
コメント

お裾分けでエネルギー充填

2009年06月11日 | climb
この週の日曜日も懲りずにSeritaniでクライミング。
今日はなんとか成果を出したい。
でもがんばッては見たのだが、やっぱダメだめ。

原因は身体能力の低下もある。
しかし、それ以上に精神的な問題があるような気がして来た。
要は死ぬ気で登っていないんだと気づく。

とことん疲れて帰宅すると、勝手口にお酒が2升とビール2ケース。
そう言えばカミさんの従兄弟の娘さんが先日結納だった。
そんでもってそのお宅、誰もお酒が飲めない。
どうもその祝い酒のお裾分けようだ。

呑ん平の僕にとって、これ以上の頂きものは無い。
早速お礼の電話を入れて、これを美味しく頂く。
かわいい彼女からの幸せなお裾分け頂いて、エネルギー充填。
気持も満タンにして、また次がんばるか。

記録
 日時   6月7日(日) 曇り
 場所   Seritani
 メンバー K君とカミさんの3人
 ルート(★はbigoverのきまぐれ評価)
      〇 ラ・バンバ       6c   HD×1 RP×1  ★            
      〇 ブロークンフィンガー  6c+   HD×2      ★★

                      計4本

人気ブログランキングへ
コメント (2)

『畏怖の念』

2009年06月10日 | Photo collection
             山で自らを謳歌するものは、自然への畏怖の念を忘れてはならない
                              (GWの白馬 小日向山付近にて)

BIGOVER Photoへもどうぞ

人気ブログランキングへ

コメント

山でユラ~っとテンカラ(’09-5)

2009年06月09日 | Mountain fishing
この日は朝一番から仕事の打合せ、その後Oike川へ竿持ってテンカラに出向く。
久々のOIke林道は、タニウツギのピンクの花が満開だった。

しかしながら、6月に入ったというのになんだか寒い。
風が吹くと震えるくらいだ。

ポイントでは、タカハヤの魚影ばかりが見える。
渓魚は諦めて、もうハヤ釣りに徹するしか無かった。
この日はいつもより竿を立てて、ラインを張り気味にしてテンカラする。
ハヤのアタリを感じてピックアップするようにすると、面白いようにチビ助が上がってくる。

こんな釣り方もありなんだと、少し勉強させてもらったこの日のハヤ釣りだった。

DATA
 6/6(土)
   気象    ・くもり ・気温  17.0℃ ・水温 14.0℃ ・弱風           
   場所    Oike川 上流部  
   入渓    10:00より 5.0時間    
   水況    ・水量 やや小流 ・水質 清流  ・魚影わずか
   釣果    C&K;タカハヤ2尾
         C&R:タカハヤ数匹

コメント

35.「金蘭 黒部」

2009年06月05日 | Liquor collection
酒名    黒部の氷筍水仕込み 純米吟醸酒 金蘭黒部
容量/価格  720ml 価格1545円
入手    2009.5.4 白馬村土産店にて購入
醸造元   株式会社市野屋商店  
         長野県大町市大町2527番地イ号
評価    ★★ 酒飲み好みの酒らしい酒(★はbigoverのきまぐれ評価)
        色/   透明            
        香り/  高原で感じるような甘い香り  
        口当たり/まろやか 
        味/   辛口 鼻腔に抜ける味
        のどごし/とろみがある
      
メモ    白馬周辺山スキーに行った帰りに土産として購入。
      思った以上にいい酒で大満足。

      山で逝った岳友にもこの酒を手向けます
      

       『究極のロマンを黒部に求めて、それを手中にしていたあなたを僕は尊敬していました。
       あなたの山に対峙する熱い情熱と、それを秘めた穏やかな笑顔を僕は忘れません。』

      
       ご冥福をお祈り致します。  
     
       伊藤達夫さん、さようなら。
                     合掌 



コメント

粘りあるクライミングに刺激を受けて

2009年06月03日 | climb
           爽やかなグリーンの風に包まれて、Tryルートに挑むクライマー
                              (森萌えるSeritaniにて)

創作活動が一段落したカミさんが久々の参戦。
K君と打合せしてSeritaniに9時集合する。

そのK君、がんばるがんばる。
ラ・バンバでアップした後、マシラ~ミステリアス~誘カギとばんばん取り付いていく。
その粘りあるクライミングに刺激を受ける。

僕もそれなりにいい感触になって来た。
カミさんも粘って11a一本をRPする。
今度は成果の出せるクライミングを目指したい。
また来週!

記録
 日時   5月31日(日) 曇り/晴れ
 場所   Seritani
 メンバー K君とカミさんの3人
 ルート(★はbigoverのきまぐれ評価)
      〇 ラ・バンバ     6c  RP×1  ★            
      〇 猿(マシラ)    7a+ HD×3  ★★
      〇 ハングルーズ    6a  RP×1
                     計5本

人気ブログランキングへ
コメント