satoboの写真日記

言いたい放題の酔っぱらい日記

無駄な事ばかり

2010年03月31日 | Weblog
某月某日
明日からsatoboの住む田舎都市が政令指定都市というのになる。
住んでいる人間にとっては何も良い事は語られない。
役人が自分たちで出来る事が増えて大喜びのようだ。
役人の最大の楽しみは予算を使う事で、政令指定都市になると県からの移行で執行出来る予算が増えるようなのだ。
かわりに県で負担していた事も市で行なう事になる。
そのための費用がかなりの額になると言うが、それについてはウヤムヤ言うだけ。
目先が使えるお金ばかりに向いている事がわかる。

「区」というものが新たに作られ、「中央」「緑」「南」の3区が出来る。
このセンスのない区名に市の特徴が現れている。
住所表記が変わってしまうが、satoboの住む田舎地区では何丁目何番地という表記がまだされておらずバラバラの場所に番地が飛んだまま。
1354の隣が1315とか・・・
また郵便番号も変わってしまう。
変わる理由がわからないが、どうやら新しくつけたかっただけのようだ。
郵便番号、住所表記が変わったために色々な場所に住所変更の届けを出さないとならない。この手間は住民の負担。
何のために自治体があるのか役人はわかっているのか?
答えは、役人の生活のため(ため息)
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 秋田で忘れる | トップ | デジタル派宣言 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
納めた税金 (Tarning)
2010-04-01 10:45:31
感覚的に言えば納めた税金は全額使途不明金になります。

税金じゃなくて贅(ぜいたくに豪遊する)金に名称を変えたら?

政令指定にすると使えるお金が増える(最初だけ)勘違いで、
住民税が後々上がるパターンが多いです。

国自体が経営破綻していますので、末端機関の痴呆自治体も
経営的には万歳しまくりです。

誰も責任を取らないのがこの国の縮図なのです。
声なき声は聞こえない (satobo)
2010-04-01 23:10:14
一部市民団体では住民「サービス」の低下や税収不足の話を持ち出していますが、一切無視。
計画では夢のような近代都市が出来上がる予定。
戦前に計画した「軍都」建設を思い起こしますが、敗戦によって中止。
今回も経済敗戦によって中止の可能性大。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事