私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

宍道湖畔のアチコチで・・・ : 復興周遊割 島根紀行⑤

2018-10-31 15:59:43 | 汽水釣り
2108年10月31日(水)

もう10月も終わるというのに、アヂアヂ台湾お魚旅の話も5日目で止まったまま・・・
ま、寒くて釣りに行く気がなくなる頃までネタのストックにしておこうかね。
冬ごもりに備えて動物たちも今せっせと蓄えているんだもんな。

ということで、復興周遊割での島根紀行2日目(10月25日)

この日は、まず宍道湖畔の周遊ドライブ。
何といっても景色がいいもん。
こういう風景を見てるだけでもう十分満たされるというものよ。

名産のシジミ漁の船着き場と選別小屋のあたりや


石垣護岸が延び、コイ釣りの名ポイントらしく次々と釣り人が来る所や


古い木杭と石積みが残るのどかな堤で・・・釣りもした。(やっぱりやね!)


釣れたのはシモフリシマハゼ




ヌマチチブ




ウロハゼ




マハゼ


ほいでもって、タナゴ竿にはちいとばかし荷の重いスズキの幼魚(セイゴ)を


ワーワーキャーキャー言いながら、かみさんが釣った。

「圧倒的に大きいけんね。私の勝ちじゃけえね。」
「わかった、わかった。参りました」
「記念に写真撮っといてっ!」

それはそれは、「もちろん喜んで」なのだが・・・何度も地面に落とすのはいけんぞ!
できるだけダメージを与えずに湖へともどしてやらにゃあ・・・

「宍道湖での釣り、私らがいつも行く近場での釣りと変わらんやんか」 と、かみさん。
「そりゃ、汽水湖やもん。似たようなんが釣れるわなあ・・・」と、言いつつ・・・

少々の違いに気付いたんだけどなあ・・・

それは、シモフリシマハゼの体色がどいつもこいつも黄ばんでるのである。


私らんとこのシモフリシマハゼはうすいベージュ色。


オルニチンたっぷりの宍道湖産シジミを年中食ってるから、元気はつらつの色になっとるんかなあ・・・。
コメント (2)

アオハタ幼魚(釣査196種目)を仲良く? : 復興周遊割 島根紀行④

2018-10-30 16:17:06 | 海水魚
2018年10月30日(火)

タナゴ釣りをしなくなって久しい。

日本の在来淡水魚の約半分が絶滅危惧種に指定され
在来のタナゴ類にいたっては、国の天然記念物2種・種の保存法指定1種も含め
カネヒラ以外はすべて絶滅危惧種になっているもんな。

地方自治体によっては、条例で捕獲禁止にしている種類もあるし
「珍しいから釣ってみたい・手に入れたい」というちっぽけな自己満足のために出かけてもなあ・・・
わざわざ出かけたとき、ほどほどでやめる自信もない。
沢山のタナゴ釣り人が押し寄せて、見る影もなくなったポイントもこの目で見てきたしな。

その点、海辺での釣りはまだ少しは気楽だ。
タナゴ竿でも十分すぎるほどいろんな種類が釣れる。
何が釣れるか分からないワクワク感も、十分すぎるヒキも味わえる。
タナゴをチマチマ釣るより楽しいかも・・・と最近つくづく思う。

ということで、復興周遊割での島根紀行1日目(10月24日)のトリを飾るのは

アオハタ幼魚である。


生活排水が流れ込んでいる漁港の付け根へ移動した。

想像通りマハゼが釣れた。


次に、排水路のコンクリートの境界が波でえぐれてるポイントをねらった。

「わ~い! なんか知らんハタが釣れたあっ!」


ハタの仲間は、キジハタ(アコウ)しか釣ったことがない。
実にうれしい。
よく釣り番組で、波の荒い磯や船上からハデに格闘されとられるもんな。

得意顔の私にかみさんはどくれ顔。
黙々と竿を振り続ける。

「ほれっ! 私も釣れたけんね。アンタのより小さくてきれいやけんね」


ホンマ負けず嫌いなかみさんである。


ここは3歩下がって4の5の言わずである。ガマン・ガマン・・・

2匹あわせて撮影ケースへ。

最初はシンクロして泳いでいた2匹も・・・


次第に方向性の違いに気付き始め・・・


やがて袂を分かつように離れていく。


何か人生の縮図みたいで、ささくれのようなちっちゃな痛みが走った気がした。

「そこそこおっきなカサゴも釣れたよ~っ!」


ささくれの傷口に塩をなすりつけてきやがるわっ!

宿に戻り調べてみた。

ハタの仲間では、沿岸域で最もポピュラーだという。
アオという名だケド、これは日本人がミドリ色をアオと呼ぶ習慣から来てるのだろうか?
少しミドリがかってるもんな。

かみさん、すこぶるゴキゲン。
帰り道に見つけた広島県の誇りの1つ「アオハタのジャム」まで買ってたもんな。

コメント

想定外のオキエソ(釣査195種目)! : 復興周遊割 島根紀行③

2018-10-29 19:49:51 | 海水魚
2018年10月29日(月)

復興周遊割での島根紀行1日目(10月24日)の続き。

予想だにしなかったオキエソ(体長12cmほど)が釣れた!


「みんな十分楽しみました。
 帰るので余ってるまき餌をもらってくれませんか?」 と、隣で釣ってた作業所サポーターの若者たち。
「もちろんいいですよ。ありがとうございます。ちゃんときれいにしときます」

と、いうことでバケツに半分くらいのアミエサとオキアミをもらった。

とはいえ、サビキ道具もカゴもない。
まき餌は海の富栄養化につながるので基本やらないことにしてるしね。

私らは、その水域に住む多くの種類の魚たちをちょっぴりずつ釣っていくのが楽しみなのだ。

「ま、少しずつまいてくしかないか・・・」 と・・・イシダイやホシササノハベラに加えて

メジナやマアジ


カワハギやシロメバル


ホンベラやアイゴが


たくさん集まってて、釣り飽きてた頃、不埒な妄想が浮かんできた。

「ひょっとして、これだけまき餌がまかれ続けてる海底でも
 ハゼ類やカレイ類などの底魚たちが集まっとるんとちゃうかいな?」

そう思うと試してみたくて居ても立っても居られない。
以前イトヒキハゼを釣った方法(オモリを多くして、ひたすら道糸を長くするだけ)を実行しようじゃないか!

オキアミを1尾つけて岸壁に沿って、スルスルと下す。
4mくらい下したとき、ガツンッときた。

まだ、底についとらんがなっ!
向こう合わせ、糸が緩まぬように気をつけながら・・・一旦タナゴ竿を持ち、ヤリトリをする。
そうしないとタナゴ竿で釣ったことにならないからである。

その後、竿を置き、手で手繰り寄せていった。(ややこしいヤツやね)

ニシキハゼかなんかとちゃうかいなあ? と想像しながら・・・

と、上がってきたのが、このオキエソだったのであった。


こちとらこんなカラフルでちんちくりんな顔つきのエソは初めて見たもんで、あわてたのなんの。

温かい海域に住み、キス釣りなんかのときに混じって釣れるという。
体長40cmにもなるというから、釣れたのは幼魚なんだろうね。

底を狙うという発想はアタリだったケド・・・
底に着く前に想定外の魚が食いついてくるとはね。
コメント

ホシササノハベラ(釣査194種目)はイソゴカイで! : 復興周遊割 島根紀行②

2018-10-28 06:42:21 | 海水魚
2018年10月28日(日)

復興周遊割での島根紀行1日目(10月24日)の続き。

エサをイソゴカイに切り替える。

ホシササノハベラがポンポン釣れた。


体色の濃いコイツはオスっぽい?



体色の明るいコイツはメスっぽい?



なんせ初めて釣った魚だからよくわからない。

海釣りを始めて2年、広島県東部の沿岸域でしょっちゅう釣りをしてきたけれど
一度もお目にかかったことがない。
周りで釣ってるのを見たこともない。

何の本だったか忘れたケド
最近の海水温の上昇で少しずつ分布を広げてるベラだという記憶がある。


ネットで調べてみることに。
広島県では、安芸灘あたりでは普通に見られるようになってるらしい。
冬の時期の水温が定着するか否かの鍵だとも書いていた。
アイナメが減ってる原因と書いてあるものも。

島根県には温かい対馬海流が絶えず流れてる。
瀬戸内海中央部より暖流系の魚が豊富なんだなあと、思った。
コメント

イシダイ幼魚(釣査193種目)を2匹! : 復興周遊割島根紀行①

2018-10-27 09:34:24 | 海水魚
2018年10月27日(土)

西日本豪雨災害以降、観光客がなかなか戻らないという。
その施策として10月からさらに利便性を高めた「新復興周遊割」が実施されている。

そいつを使って24~26日(2泊3日)の島根旅行に出かけた。
ホテルには国から補助金が出るし、安くのんびり旅ができるし、安くなった分お金を使えば地域も潤うしね。

10月24日

こんな観光施設横の岸壁とその奥の漁港へ。


岸壁では数名の若い方々がサビキ釣りをしていた。
障がいを抱えた若者数名とそのサポーターたちだった。
楽しそうにマアジ・メジナ・カワハギなんかを次々と釣っておられる。
釣れた魚はトロ箱へと、みんな笑顔だ。

「横で釣ってもいいですか? 迷惑はかけませんので」
「どうぞ どうぞ」

タナゴ竿を取り出し、スーパーで買ったバナメイエビを小さく切って・・・
マアジもメジナもカワハギも入れ食いだ。

「トロ箱に入れてもいいですか?」
「えっ? くださるんですか? ありがとうございますっ!」
「いえ、横で釣らせてもらってるだけで嬉しいので・・・」

と、なんかあったかい空間に満たされてたら・・・

グンッ! とタナゴウキモドキが沈んだ。

イシダイ幼魚(サンバソウ)である。


初物193種目である。
嬉しいのはやまやまなのだが、横でせっせと釣っておられるのだ。
急いで撮影を済ませて、釣りをせんといけん。

「そろそろお弁当にしますよお~っ!」 サポーターリーダーらしき人の声。

私たちも奥の漁港へと移動。

2匹目が釣れたっ!
今度は余裕もある。

まずは海面で・・・


手のひらの上で・・・


ここでは撮影できる適当な場所が日陰になってて・・・しかもバチャバチャあばれるし・・・


ま、イシダイは結局かみさんには釣れないまま、私にだけ微笑んでくれたのである。

ワハハハハハ・・・すこぶる気分ええわあ!
磯の王者イシダイをついにタナゴ竿・タナゴ仕掛けで釣ったどおっ!

ま、幼魚はなんぼでも群れとると地元の人が言ってたし
みんなよく知ってる魚なので説明はせんとこ。
コメント

海外で釣った魚たち

2018-10-24 07:26:49 | タナゴ竿で釣った魚図鑑 海外編
2018年10月24日(水)

これまで、台湾・中国・タイの3か国でタナゴ竿釣りをしてきた。
今のところ、台湾で25種類、中国で8種類、タイで24種類、計57種類。
それらの魚をまとめておくことに。



これから種類がもっと増えていけばいいなあ!

コメント

台湾風牡蠣おこを食らう: アヂアヂ台湾お魚旅㉞

2018-10-23 13:25:19 | 夏の台湾の魚たち
2018年10月23日(火)

台湾5日目(8月3日)

コンビニで季節限定スイカ牛乳を一気に飲んで


台湾中部の高原へ向かってハイウェイをひた走る。

私と友は、これまで幾度となくともに旅をしてきた。
そして、毎回のように宿を見つけられず、彷徨ってきた。

日が暮れる前に辿りつかなければ・・・
と、助手席の若がスマホで簡単に案内してくれとるやんけ。

ほぼ楽勝で宿に着く。

おっ! 南国らしいハデな蛾をみっけ!


駐車場の空き地におったのだ。

帰国後調べてみたら、カノコガという日本でもアチコチで見られる普通種だった。
トホホ・・・

荷物を整理したら、夕食へ。

「台湾へ来たら一度は『牡蠣おこ』を食べるんです。それ食べに行きませんか?」 と若。
「行こ 行こ」 と私ら。

繁盛してる明るくにぎやかな専門店へ。

1人前が60台湾ドル。


店員のおばちゃんが話しかけてくる。
「何しに来られたんですか?」
「いろんな川の魚が見たくて、採ったり釣ったりしてるんです」
「そうですか。ここら自然が豊かだから昆虫なんかも有名なんですよ」

実に流暢な日本語なのだ。
後日わかるのだが・・・この店のオーナーさんだったのである。

これが神に導かれたかもしれん出会いへの一歩だったのである。

そして、牡蠣おこも


牡蠣と卵のタンパク質、小麦粉の炭水化物、その下にしっかり敷き詰められた野菜たち
あんかけの味加減もすばらしい!
見事な完全食ではないか!

岡山・広島で食った「牡蠣お好み焼き」とは全然違う美味しさ・安さなのであった。

台湾5日目終了。
コメント (2)

若 かっぱ あの頃・・・: アヂアヂ台湾お魚旅㉝

2018-10-22 13:55:39 | 夏の台湾の魚たち
2018年10月22日(月)

台湾5日目(8月3日)

「タイワンギギやアカザ、見に行きませんか?」 若の甘い誘惑。
「行きたい!行きたい!」

この日3ポイント目は、若の案内で山深い水量の多い渓流へ。


「この水量と流幅では太刀打ちできんな」 と、軟弱者の私は浅瀬を渡り、釣りをいそしむ。


橋げたのタマリで、お馴染みのスイシャハゼを釣った。


立派なオスだ。
澄んだ水底に大きなシマドジョウが見え隠れしてるのを狙ったつもりが
あと少しのところで、コイツが横からヒュッと・・・!

釣り部門は以上。


「この水量と流幅では太刀打ちできんな」 と、同じく腰のひけた友は、並行する用水路でガサ決行!


「あか~んっ! 全然採れんわ」とお馴染みの2種の魚と


ヌマエビ類、ヌカエビ類(?)、テナガエビ類を採ってきた。


ま、エビカニ類やトンボなんてのを採ろうとするときはお手上げの時なのである。

ガサ部門は以上。

目新しいもん、な~んも釣れんし、な~んも採れん・・・ブツブツブツブツ・・・


ところが、若はちょっくら違うのである。

「ボク まずは泳いで水中観察と撮影に行ってきます」
「おお、ええよ。荷物は見といたるけんな」

しばらくの後、タマリへとやってきて
「タイワンキギ いましたよ。ほらっ!」 と、防水カメラを。


ギギと呼んでいるが、尾びれが二叉にわかれてるのは日本のギバチに近い。

「ついでにタマリのシマドジョウも潜って撮影してきてくれんかの?」
「いいですよ」と


ついでに「タイワンハナマガリしか採れませんね」と


縦横無尽に水中を泳ぎ魚を追う姿は、まるで河童(カッパ)のようだ。


そういや、私も若い頃、アチコチの川で潜ってたわなあ・・・

♪ 若 かっぱ あの頃 何もこわくなかった・・・♫  思わず懐かしい歌が頭をかけめぐるのであった。
コメント (5)

勝鯉! おめでとうございます! ありがとうございます!

2018-10-19 22:55:51 | 日常
2018年10月19日(金)

おめでとうございます! 


ありがとうございます!


武骨に愚直にローテーションを崩さず闘った巨人の高橋監督にもエールを!


コメント

ケフサイソガニ(釣査192種目)を身代わりに 3年目突入 !

2018-10-18 21:58:34 | 魚以外の生き物
2018年10月18日(木)

このブログも本日、3年目に突入!

読んでくださる方にとっては
「そんなこと、私らには関係あらしまへん」と思われるのは至極当然のことだけど
書いてる側にはそれなりの思い入れもあるのよね。

記念に初物の「ショウキハゼ」を釣りに行くことにした。(この頃何度もしつこく挑んでる)
ショウキハゼだけに「正気の沙汰」で、勝機を手にしようと思うのである。
浅い場所で育った幼魚もそろそろ深みへと移動し始めるので、今回が最後の機会かもしれない。

ガサで何度か採ったことのある干潟へ。


丁度昼頃に干潮になる。
この軟らかい泥をベースに、ゴロゴロ転がるカキ殻のついた岩のすき間にいるのである。

釣れた魚は
ヒイラギ・マハゼ・ウロハゼ・ツマグロスジハゼ・シモフリシマハゼ・イダテンギンポの6種類。

アチコチ移動し、潮が満ちていく中とことん粘るもショウキハゼ釣れず・・・

仕方ない。
代替生物を初物192種目として登録しようじゃないの。

その気になれば誰でも何時でも釣れるケフサイソガニである。




ハサミの間にフサフサとした毛があるイソガニというのが名前の由来。

今日は、3匹釣ったぞ! (いばってどうする?)

背中側から


ところがである。
調べてみると、ヒメケフサイソガニ・ケフサイソガニ・タカノケフサイソガニの3種類がいるという。

しかも、ある程度大きな河川の汽水域では、同所的にすんでいるという。

知らなんだ。

大きさからヒメケフサイソガニは当てはまらないと思うケド・・・


後の2種類のどっちなんだろ?

イソガニ類もややこしわ。

しばらくの間、釣れたら写真を撮り貯めていかんと、区別できる目にはならんわな。











コメント (2)

ミケとアジです! :ちょぴっとうさ晴らし

2018-10-17 18:23:51 | 日常
2018年10月17日(水)

午前中、家で画像の整理。
さすがにやる気も失せてきた。

ということで、ついイラストを・・・

タイトル 『ミケとアジです』










昨日、こんな波止場を見ちゃったしなあ。


命を粗雑に扱う現場を見た後は・・・

箸休めならぬ「マウス休め」して、お茶もにごしてうさ晴らし。


おあとがよろしいようで・・・
コメント (2)

悩殺の飛び道具: アヂアヂ台湾お魚旅㉜

2018-10-16 22:13:24 | 夏の台湾の魚たち
2018年10月16日(火)

台湾5日目(8月3日)

この日2ポイント目は、昨日私たちが偶然立ち寄った細流に再チャレンジすることに。

たまたまだが、若が案内してくれたポイントのすぐ近くだった。
ここなら若が見たがってた婚姻色の出たタイワンオイカワが見られるかもしれない。


新たに付け加えることだけにはしょる。

タイワンハナマガリを釣った。(昨日ここで釣りをしてたオジサンからもらってた練り餌を使用)




ガサ組は、特に付け加える成果もなく戻ってきたぞ・・・

と、若がタモ網を置き・・・手にしたのは、いきなりの飛び道具! (投網とも言う)


婚姻色が見事に現れたタカサゴオイカワが網に何匹もかかる。






ついでにメス


「婚姻色のタイワンオイカワ、採れませんでしたねえ」 と、残念がる若。

前ポイントでタイワンタナゴ近縁種に出会えず・・・
ここでもタイワンオイカワ婚姻色が採れず・・・
二刀流ガサや飛び道具という新しいワザを披露しつつ、疲労だけを蓄積する若であった。(私は見とるだけで楽しいケド)




コメント

秋桜やビッフェよりも・・・記念日にはキチヌが似合う

2018-10-15 23:03:20 | 日常
2018年10月15日(月)

午前中、のんびり外国で釣った魚たちの写真整理をしていたら・・・

「あんた、今日何の日か知っとる?」

「・・・・・・あ~っ! 結婚した日じゃん!・・・どこでも行くで」

何年目になるのかもよくわからないが、何か区切りがいい年らしい。

まず、道の駅の秋桜畑を愛でに出かけた。


「うわあっ! きれいじゃねえ」


通路沿いには、赤・ピンク・白以外にも二色系も・・・


「きれいじゃけど・・・見とるだけじゃつまらんね。」 すぐに飽きるかみさん。

私も正直、人の手で作られた(品種改良まで加えた)単一の生物相は肌に合わない。

5分後にはランチビュッフェへ。

2人とも大食漢ではないため、これまたすぐ食べるのに飽きてしまう。

「戻って釣り行こ」
「ええよ。今日は近くの突堤にしようや」


最近ずっとオモロイ顔だちをしたショウキハゼを釣らんと挑んでるのである。

ヒイラギ・サッパ・サヨリ・大きなボラがわんさか群れてる。
大量のアキアミが押し寄せていて、食わんとする魚たちと壮絶なバトルをしとるわ。

底石の岩陰辺りにエサを落とそうとしても、ヒイラギたちが次々に食いついてきて・・・
と、そのとき

「お父さん! 大きいっ! 大きいよお~っ!」
「ゆっくり、ゆっくり、竿をたわめて・・・ガマン比べじゃっ!」

と、弱ってきた頃合いに道糸をたぐって、そっと持ち上げてやった。(久しぶりの共同作業)
鉛筆ほどの太さの180cmタナゴ竿だもの。
突堤へそのままあげたらかなりの可能性で竿が折れてしまう。



「今まで釣ったキチヌより何倍も大きいね」 と、かみさん満足そうな笑顔。
そう、観察ケースにはとても入る大きさではないのだ。

並べられた花を見るよりも、並んでる料理を食べるよりも
濁った水の中から何を手に入れるのか挑む方が楽しかったみたい。
気取らない、飾らない人だからね。


キチヌは、私からのささやかな贈り物ということに、今決めた。(単に偶然だケド)

私はヒイラギとイダテンギンポばかり。
ショウキハゼはだめだったケド、いい記念日にはなったのかな?



コメント

水の生き物観察会と西日本豪雨の爪痕

2018-10-14 23:35:26 | 魚全般
2018年10月14日(日)

9月30日(日)に 予定されていた「水辺の生き物観察会」が台風で中止になった。
私の参加する会は軟弱者ばかりなので延期せず中止。
過去10数年の記録の中で2018年は空白になってしまうね。

そこで先日のこと、友に誘われ、中止にせず延期した強者たちが集まる会の観察会にお邪魔させてもらった。
ほぼ近いポイントで調査を行うのである。

西日本豪雨の被害はいまだにアチコチの導線を分断し、放置されたまま・・・

いくつもの沈下橋が壊れたまま・・・


河川敷内の生活道路は深くえぐられたまま・・・


川は淵が埋まり、早瀬が壊れ、平坦な平瀬ばかりが増えていた。


激流をもろに浴びた淡水魚たちの種類も数もずいぶん減っていた。

何人もタモ網ガサをして、そこそこいたのは常連さんである

カワムツと


カワヨシノボリと


カマツカ



かなり少なかったのは

ギギの幼魚



1,2匹しか採れてないのは

オオシマドジョウと


アカザと


オイカワ幼魚と


イトモロコ


の8種類。

被災地ではない地域の人たちの生活でさえ、さまざまな不便を被ったままなのだから

川の生き物たちのことなんて後回しにしていい。


こうして観察会をして記録を残そうとする人たちがいるだけで十分だ。
コメント

羨望の二刀流ガサ : アヂアヂ台湾お魚旅㉛

2018-10-13 18:49:46 | 夏の台湾の魚たち
2018年10月13日(土)

台湾5日目(8月3日)

若の案内でやってきたポイントで採集した魚たちの紹介。

タイワンオイカワとタカサゴオイカワ、パールティラピアは紹介済みなので省くとして・・・
他のも手にしたことのある魚たちばかり。

タイワンアカハラくん


タイワンハナマガリちゃん


スイシャハゼくん


短吻紅斑吻鰕虎(和訳:マルクチアカテンヨシノボリ)さん


可愛らしいヨシノボリなもんで
レッドスポッテッドゴビーなんて通称もつけられてるから
そのうち日本のペットショップでも販売されるようになるのかなあ。

カダヤシさん


確かに釣りしてる時に虫よけ塗ってなくて、たくさん蚊にかまれたもんな。

最後にタモ網二刀流ガサを披露してくれた若。


いやあ、上から見ていてホレボレするほど、見事に2本のタモ網を操ってる。
遊泳魚も底魚も、実に理にかなった採り方を見せてくれる。
採った魚は、水ごとジップロックへ入れ、腰袋へ。

皆さんにお見せできないことも残念なのだが・・・
諸事情により私には習得しにくい技であることもちょっぴり無念なのであった。

そして何より残念無念なのは、若の言っていたタイワンタナゴも、その近縁種も採れなかったこと。

「もうおらんようになったんとちゃうか?」と、ジジイのクソ意地にも笑顔で応じる若。

若いって、いいねっ!

コメント