私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

ゼゼラくんのお言葉の巻

2017-03-31 21:51:57 | 純淡水魚
昨日の用水路でのガサの話。

友が採ったゼゼラである。




2年ぶりのご対面だ。
これまでいい撮影をした覚えがないので撮らせてもらった。

若い頃の記憶では、琵琶湖・淀川水系に生息する淡水魚であり、
私の暮らす地域へは琵琶湖産小アユの放流とともに移入された国内外来魚となっていた。

ところが最近の研究では在来種であるということになっている。

こういう場合、どのように明らかにしていったのだろうか?
考えてみても分からないのである。

話は変わるが、明日から4月である。
4月から働くことになってしまったのである。
私事なので詳しく書くつもりはないのだが、
1年間のんびり好きなことだけをやってきた身で、
社会復帰はできるんだろうか?
ありがたいとも思うけれど、働きたくないという気持ちも当然あるのである。

「ゼセラくん、働かなあかんやろか?」
撮影をしながら心の中で声をかけてみた。


「あ・か・ん!」
ゼゼラくんのお言葉なのであった。

ま、仕事もこのブログも・・・・・・ボチボチ続けますわ。
 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クイズ この魚は何でしょう?② の巻

2017-03-31 16:19:32 | 通し回遊魚
 2017年3月31日 金曜日

昨日最後に立ち寄ったちっちゃな河川干潟の写真を載せ忘れていた。

こんな所。


これまで同様、見てもよくわからないように切り取っている。
川幅は1mくらい。

では好評(?)につき第2弾、ここで採集した体長5cmほどの
クイズ 「この魚は何でしょう?②」である。


正解は、次回のコメント欄にて発表できるのかな?

では、前回の正解をこのブログのコメント欄に掲載しますね。(できるのかな?)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

クイズ この魚は何でしょう? の巻

2017-03-30 22:00:55 | 周縁魚
2017年3月30日 木曜日

久しぶりに気のおけない友とガサと釣りをしに出かけた。

用水路2箇所でガサを
水路のタマリ2箇所で釣りを
さらに海辺と向かい、ホンマ小っちゃい河川の干潟でガサをした。
とっぷり日が暮れるまで飽きることもなく網を振り、竿を伸ばした。
ホンマ楽しかったわあ!


見た目は大人、頭脳は子ども。
迷探偵オジンなのである。

さて、最後に遊んだ干潟で採った魚について、クイズです。

銀色の体色にうす茶色の横帯模様のこの魚は何でしょう? 


ヒント:釣り人にはかなり有名な魚の稚魚でっせ。

正解は次回のコメント欄にて発表の予定!(忘れとったらすまんの)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソウギョ(草魚)をサシで釣るの巻      釣査72種目

2017-03-30 06:30:07 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った魚たち 22種目

ソウギョの幼魚である。


第二次中国釣りガサ隊に参加していたOくんがダム湖で釣った個体である。
Oくんは釣りもガサもビギナー、釣りに興味もない。
私の用意したタナゴ竿(仕掛け)でたまたま釣ったのである。
エサは現地の人にいただいたサシ(ミミズ)。
私は日本の釣り堀でしか釣ったことがないのである。クソッ!
でもまあ釣り上げた72種目に登録しておくぞ。

ソウギョは草食性である。
なんでミミズに食いついたのか? 
それは基本的に淡水魚たちの多くは雑食だからである。
とりわけ幼い時期は栄養吸収効率の良い動物食性が強くなるのである。
草食性といわれるソウギョもワタカもミミズでしっかり釣れるのである。

くどいけどソウギョは草食性である。
寿命も長く体長1mを超える大きさになる。
食糧事情の悪かった時代に貴重なタンパク源として中国から移入された魚の1つである。
繁殖には流程がなだらかで長い大きな河川が必要なため、
日本では利根川でしか世代交代できていないという。

ところがコイツけっこうやっかいな外来魚なのである。
私の中ではブルーギル・オオクチバス・放流コイの次なのだ。
住んでる町にいくつものため池がある。
その中にまったく水草のはえない死んだ水の池がいくつかある。
そうしたため池について聞き取りをすると
ヒシやオニバスなどトゲのある水草を除くためにソウギョを入れているのだ。
悲しい過去なのである。
ため池の生態系を下支えしていた水草がしだいになくなるにつれ生き物は消えていく。
最期はソウギョもガリガリになりながら静かにおちていく。
そして腐敗した死の世界だけが広がるのであった。
悲惨な現在なのである。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国のドジョウとカラドジョウの巻

2017-03-29 16:44:07 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 20種目と21種目

どうも私には縁がないようで、いずれも同行した友が採集したものである。

まずはカラドジョウ。


続いて中国のドジョウ。日本のドジョウとは亜種の関係にある。


抱卵中のメス。


カラドジョウの口ヒゲはドジョウと比べ、長いことがわかる。
また、この写真の場合、ドジョウの方は尾ビレ付け根の上部分に小さな黒点があるので区別しやすい。

さて、コイツらどちらもドジョウ養殖関係での輸入なのか、
大型観賞魚のエサ用としての輸入なのか、原因はよく知らないけど
どちらも日本にも定着してしまっているのである。
いわゆる外来種なのである。
ドジョウ輸入禁止としている国もある。

わりと川や水路に出かけていると思う私でさえ、最近すっかりドジョウの姿を見なくなった。
川や水路の圃場整備が大きな原因なのだろう。
ドジョウの一生を考えたとき、産卵場として田んぼや湿地帯などの氾濫原を選んだことが致命傷なのだと思う。
今は、川や水路と田んぼを行き来できないような構造にほとんどなっているのである。

絶滅危惧種のシンボルであるメダカよりもダメージは大きいと思うのである。

ま、公的な形での環境破壊はある程度ヒトとしての生活をふまえたとき、やむを得ないのかもしれない。
できるだけ工夫はしてほしいけどね。

やっかいなのは放流である。
「ドジョウがいなくなったから」と善意で子どもたちと放流されていたりもするのである。
まず、増えない。
放流されたドジョウも野垂れ死になのである。

さらに、きわめて少なくなった生息域に競争力のあるカラドジョウが入ると大変なのである。
まして、見た目の区別がほとんどつかない中国ドジョウが入るともう手のつけようがない。

決して外来種がすべていけないと、日本の純潔を守れと、言うつもりはこれっぽっちもない。
これっぽっちもないのであるが、
一部の人の利益のために人知れぬまま日本の生き物が海外の生き物と入れ替わってしまう
のはいかがなものか? と思うだけなのである。

少なくとも日本の民族伝統芸能の一つである安来節を守り継いでいくことと
その主演俳優である在来ドジョウくんの生活環境を大切にしていくこととは、
同等の価値があるんじゃないかなあ?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろヌマムツの巻      釣査71種目

2017-03-28 21:34:20 | 純淡水魚
 2017年3月28日 火曜日

ここんとこ、とんと釣りからご無沙汰である。

ま、近場へと行くべ。
水はずいぶん濁っているし、撮影しにくいわなあ。


と、ウキがスーッと引き込まれた。

ヌマムツである。今日はコイツが釣れればよし!


そろそろ釣りの記録に登場させないと、と思いつつ
なかなかいい写真が撮れないままだったのである。


都合のよいことにコイツの特徴である腹ビレの赤がくっきり出てるし、
観察ケースに入れた濁った水の中でおとなしくプカーッと浮かんでくれていた。
ありがたいことである。


かつて「カワムツA」と呼ばれていた。
ということは「カワムツB」という少々姿かたちの違う魚と同じ種にくくられていたのである。

まるで藤子不二雄である。(ついてこれるかな?)

ちなみに夏場の婚姻色は下の写真のようになる。


やっぱり釣りはいいね。
気分が少しすっきりした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

このヨシノボリは波氏? 李氏? の巻

2017-03-27 18:42:01 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 19種目

中国ではヨシノボリ類のことを吻鰕虎と書くらしい。

2回出かけた中国で、一番数多く出会えたヨシノボリ類がコイツらである。




背ビレにあるコバルトブルーの斑点と腹ビレのオレンジ色が特徴っぽい。

図鑑片手に確かめてみると
波氏吻鰕虎( Rhinogobius cliffordpopei )か
李氏吻鰕虎( Rhinogobius leavelli )になると思うのだけれど、
生息域が重なっている上に、判別の仕方が背ビレの青い斑点の位置であるという。

そんなん無理じゃわいな!

ちなみに雨の中、上海のホテル横に流れる汚れた用水路で採集し、ホテルの部屋に戻り撮影したりもした。




物好きな日本人じゃなあ、と思われたかもしれない。
デジカメだと光量不足は致命傷となるけど、よく水没させるのでリコーCXは手放せないのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このナマズは Pterocryptis anomalaかいな?の巻

2017-03-26 16:08:54 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 18種目

プテロクリプティス・アノマラ( Pterocryptis anomala )で合ってるかどうか分からないけど。




中国南部で、友が上流域の枝川細流で採集した個体である。

「やったあ~! ヤナギナマズの仲間じゃあ~!」と雄叫びをあげていた。
こちとらかなり疲れて休んでいたけど、この雄叫びにメラメラと体が反応した。

反応してチャレンジしたけどね。

こういうときの結果は、ま、目に見えとるよね。

どうやらヤナギナマズでもないようだから余計悔しいけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国のシマドジョウ類( Cobitis sp. )の巻

2017-03-25 19:28:33 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚類 17種目

中国のシマドジョウ類( Cobitis sp. )である。


産卵前の腹のふくれたメス。

普通にみられる Cobitis sinensis かもしれないけれど、
残念なことにしっかり同定できないなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異鱲(Parazacco spilurus)はしぶい! の巻

2017-03-24 18:42:04 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 16種目

異鱲( Parazacco spilurus )である。


紡錘形のいぶし銀のようななめらかなボディ。
にぶくのびた縦線の先にくっきりした黒のワンポイント。
玄人ウケするなかなかのしぶさである。
こういう魚は見ていて飽きない。

採れたのは後にも先にもこの1尾だけ。
ガサが下手なのかもしれないが、採るのもなかなかのしぶさであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の土手で花見?・・・ の巻

2017-03-24 17:50:55 | 自然
 2017年3月24日 金曜日

気晴らしに河原の散策へ。
ずいぶん歩いたぞ。
もちろん良いポイントがあれば釣りをするつもりなのだが・・・・・・

小魚たちの姿はまったく見えない。
今年の春は何かおかしい。

数尾のコイがノタリクタリ泳いでいたのでしゃがんでパチリ。

と、足元を見るとナズナの花。 ついでにパチリ。

ま、歩きながら春の野草でも撮影するかねえ。

カンサイタンポポが外来種のセイヨウタンポポに負けずに咲いとる。


スミレも芝にかくれて咲いとるわ。


ホトケノザの花弁の蜜もなつかしいねえ。


外来種のオオイヌノフグリもすっかりなじみの花になってしまってる。


まだ外来種としては新参者であるヒメオドリコソウもあちこちで見かけるようになった。


春の野にいでて若菜つむのもいいもんだ。
何も花見は桜に限らない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未だ分からんヨシノボリ の巻

2017-03-23 09:30:12 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 15種目

名前の分からないヨシノボリ( Rhinogobius sp. )である。




中国で購入した淡水魚図鑑などなど調べてはみたけれど分からないのである。

採集したのは中国南部の河川中流域。
転石が多く、魚影もきわめて少なかった流域である。

両足の親指が赤く腫れあがるくらいに転石を掘り返し続け、数尾採ることができた。

地味な体色の小さなヨシノボリであることと
老眼がかなりひどいこととが重なって
観察ケースに入れてじっくり見てみるまでは「なんちゅうことのない」魚だったのだが・・・・・・

このスレンダーなボディ
アヒルのような吻(口元)
落ち着きのない動き方

眺めていて飽きないヨシノボリだった。

誰か名前を教えて下されば幸いなのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南鰍(Schistura 属)の仲間だけれど の巻

2017-03-22 19:57:30 | 中国大陸の魚たち
出歩く気分になれないときは、中国で出会った淡水魚の紹介 14種目

中国で「南鰍」と呼ばれているドジョウの仲間である。


上の写真は地元の親子が採集したのをゆずってもらった個体。
オヤジさんが電気ショッカー(日本では違法だからね!)を使って小魚を浮かせ、
お子さんが後ろでプカプカ浮いてるのを拾いながらついて行くのである。

漁の仕方はさておき、今の日本ではなかなか見ることのできない美しい風景である。

この2人の漁で根こそぎ魚が採られてしまわないよう、ソソクサと胴長にはきかえガサをした。
成果はイマイチあがらない。
挙句の果てにお願いをしてコイツを譲ってもらうというテイタラクである。
カッコ悪! 

旅行の目的は人それぞれなのだろうけど、
私は「その地域でしか出会えない生き物を手にする瞬間」が何より楽しいし感動する。
観光地にもぜいたくな食べ物にもほとんど興味がないのである。

昆虫でも鳥でも野草でもいいのだが、出会うのにちょっぴり苦労する魚たちが一番いいのである。

だから笑顔で譲ってくれたオヤジさんには感謝である。

他の地点で採れた若魚。


またまた別の地点で採れた幼魚。


どうやら結構普通にいるようだ。

さて、こうしてさまざまな親切や好意に甘えて旅行が成り立っていることもふまえて
同定(名前を確かめること)は必ずしておかないと・・・・・・

無斑南鰍( Schistura incerta )か橫紋南鰍( Schistura fasciolatus )である。
残念だけれど写真記録だけでは知識と経験のなさもあり、これが限界なのである。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グリーンバルブをモンドリで の巻

2017-03-21 05:53:27 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚の紹介 13種目

グリーンバルブである。


ティラピア類を釣った地点にしかけたモンドリに入っていた。
モンドリに入るということは粘れば釣れるんだろうけど・・・・・・

体色のメタリックグリーンが大変美しい。
プンティウスの仲間のうち一番北の方まで分布を広げた体長数cmの魚である。
コイツを品種改良されたゴールデンバルブが熱帯魚屋さんで売られていたりする。

別の地点でガサ採集した幼魚。


横線がくっきりと表れ、金色に発色している。

これまた別の地点でガサ採集した老体。


横線が消えかかっている。
年をとると熱帯魚感がずいぶんと消えてしまうのだなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国でティラピア類を釣った話の巻     釣査70種目

2017-03-20 23:32:51 | 中国大陸の魚たち
久しぶりに釣った魚の話。中国で出会った淡水魚12種目でもある。

ティラピア類である。


第二次中国釣り・ガサ行の採集、最終の日(ややこしいね)。
明日はもう竿を出す機会はほぼないのである。
夕暮れが近づく中、やっと泊まれるホテルが見つかり、そそくさとでかける。

初日にトンキントゲタナゴを釣った川へと歩いて向かった。
友はまだコイツを釣っていないのである。
ガサや撮影やいろいろとやった後で竿を出すのだから釣れないのもしかたないのだが。

迷いに迷って汚濁のすすんだ別の河川へとたどり着く。
今思えば初日の河川からはバス停1つぶん離れとるので歩いてたどり着くわけはない。

こんな川でたくさんの地元の方々が釣りに興じていた。


橋脚の下の右岸側が釣りやすそうだ。

とりあえずモンドリをしかけておいて釣りを始める。
エサは案内のOさんからいただき、私のスーツケースの中で自由気ままにさまよってたミミズ。
え~い! スーツケースに代わっておしおきじゃ!
すぐさまタナゴウキが水中へと激しく沈む。
ゴクラクハゼである。
またまたタナゴウキが水中へと激しく沈む。
ゴクラクハゼである。

ゴクラクハゼの猛襲なのである。
日本でこんなにゴクラクハゼにつっかかられた経験がないので新鮮である。

けれども浮き魚が、できればトンキントゲタナゴを釣りたいのである。

ウキ下を浅くしてみる。
スーッとウキが沈んでいく。
こういうときは少し大物である。
アワセとともに激しい抵抗にあう。
私の竿は超軟調のためなかなかあがらない。

かくして手のひら程度のティラピア類を手に入れたのであった。

日没近くまで頑張ったけれども、ここでトンキントゲタナゴは釣れないままであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加