私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

魚だって(PCだって)考える : ブログ再開!

2018-08-11 00:12:00 | 書籍紹介
2018年8月10日(金)

旅に出ている間に、PCの頭脳を高機能なものに入れかえてもらった。
PCも私の脳みそと同じくらいずいぶんくたびれていたみたい。
よく分からんケド、考えるのを放り投げてしまってたらしい。

今はサクサクと速すぎてついていけんくらい動く。
私の脳みそも高機能なものにならんかなあ・・・と思いつつ・・・

今日は「魚だって考える」(吉田将之著 築地書館:2017)という書籍の紹介。


広島大学大学院生物圏科学研究科生物資源科学専攻水圏生物生産学講座水族生理学研究室という
まるで落語の寿限無のようにどうしようもなくどうでもいいような長い正式名に勤める筆者が
自ら「こころの生物学」研究室という通称を与え(ずっとそっちを使ってくれい!)
「魚が何か考えるしくみ」例えば、好奇心・不安・恐怖などなどの「生物心理学」を
学生たちと簡単で安上がりな手作り実験道具を工夫し
身近な魚たちを釣ったりすくったりして調達し
紐解いていこうとする様子が描かれている。

実に面白い。

図書館で借りたのでなければ、旅のお供にできるのにと思いつつ・・・
前夜までに読み切ってしまった。
魚好きに必見の一冊だね。

というわけで、
次回から、魚がどんな風に考えてるのか確かめんと出かけた
金に余裕はあるが無駄使いを嫌い、暇のあまりない友と
金に余裕もなく無駄遣いできない、暇だけはある私と
金は親のスネをかじって調達でき、暇もそこそこある若き研究者さんが途中合流した
(※ お金と暇についてはあくまで個人の感想で、当社内の製品(人)間における私的比較にすぎません)
「猛暑の台湾お魚旅」についてボチボチと書いていく予定なのである。






コメント (4)

おすすめの2冊

2018-07-05 00:06:43 | 書籍紹介
2018年7月4日(水)

朝早くから夜遅くまで友と出かけてた。

なので、今日は、甲乙つけがたいおすすめの2冊の紹介。


どちらもあまりの楽しさに一気に読むのはもったいないと思いつつ
一気に読んでしまう中毒性のある本でした。

虫好きも淡水魚好きも似たようなものだと
あらためて思わせるステキな一冊。

ワールドカップのベルギー対日本みたいな感じじゃね。
コメント

『Coral fishes(珊瑚礁魚類)』 青柳兵司のこと(その3)

2018-02-25 21:05:41 | 書籍紹介
2018年2月25日(日)

用水路のタマリを3ヶ所見てまわる。
どんな年でもなんやかや魚の姿があった寒冷期の避難場所。
どうにも釣れない時のとっておきの場所。

どこもかしこもきれいさっぱりおら~んっ!
せっかく腕の立つかみさんに対抗するために少し値段のする竿を新調したのに・・・

というわけで今日も

『Coral fishes(珊瑚礁魚類)』( 青柳兵司著)の続き。

この本、とにかく図版がすばらしい。
新鮮な標本をもとに、精細で正確で大きなスケッチがたくさん描かれている。

75年も前に出版された本とはとても信じられない。

例えばギンポの仲間


この図版は4つに折りたたまれた形で製本されている。
シャープペンシルと比べるとその大きさがわかる。

しかも極めて精密にペン入れされたスケッチだ。


一体この1種を描くのにどれくらいの時間をかけたのだろう?
気が遠くなりそうだ。

チョウチョウウオの仲間の図版はたくさんある。
どれもヒレ1枚も欠けていないきれいなコンディション。
ぜいたくなことに1ページに1種が大きく描かれている。

チョウハン(左)とスダレチョウチョウウオ(右)かな?


トゲチョウチョウウオ(左)とセグロチョウチョウウオ(右)かな?


学名を確認しないまま、図だけを頼りに調べてみたら意外に早く名前がわかった。
その正確さにあらためて驚かされるのである。

驚くのはそれだけではない。
カラー図版もいくつもあるのである。

カクレクマノミ(左)とインドヒメジ(右)かな?


採れたての魚1種1種を大切に標本にしながら、
体色変化がおきないうちにスケッチに起こしていったことがよくわかる。

インドヒメジ(?)が海中でいるときの体色から
採集後、少しずつ変化してきた時の体色になってきていることからもそう思うのである。

一体青柳さんは、どれくらいの費用と時間をかけて、この本を書いたんだ?
よほどの資産家だったのかもしれない。

本の販売価格が15円あまり、
現在の価格にすれば8~16万円(消費税込で)。
とてもとても買える値段ではない。
ひょっとすると資産家つながりで買ってもらえるアテがあり、
その売り上げを家人の生活資金として残そうとしていたのかもしれない。

少なくとも採集から製本までの資料作りにかけたお金は、
本の売り上げよりも膨大なものだっただろうと思う。
1000部限定で高く見て1600万円。
とてもそのお金では割が合わない内容なのである。
好きだからこそできた仕事なのである。

もっと驚くべきは、
この時の青柳さん、理学士という肩書きである。
博士でも修士でもない学士、いわゆる大学卒なのである。
私も一応大学卒で魚好きなのだが、絶対こんなことできやしない。

まあ、確かに今では単に「博物学」的な扱いになる図鑑なのかもしれない。

でもね、色とりどりに水中生態写真で紹介してる今時の図鑑では魚の判別ができないこともある。
時にインチキ生態カメラマンもいるといううわさもあったりする。
「えっ? この魚、こんなとこにおんの?」なんてね。
好きで始めた仕事なのにね。
その人も時間におわれてきっとつらいんだろうなあ。

たからこそ、この時間とお金に糸目をつけない(と勝手に想像してる)
青柳さんの情熱と業績は、もっともっと評価されてしかるべきだと思うのであった。
コメント (2)

『Coral fishes(珊瑚礁魚類)』 青柳兵司のこと(その2)

2018-02-24 08:45:04 | 書籍紹介
2018年2月24日(土)

『Coral fishes(珊瑚礁魚類)』( 青柳兵司著)の続き。

その前に表紙はこんな感じ。


まだ序文の紹介の途中である。
・徴兵が決まり、未完成だった第二部の執筆に5ヶ月間夜を徹したこと
・第一部を家人に残し、出版の段取りを託したこと
・第二部の作成資料は知人にあずけること  などが書かれている中、
次の一文が心に深く刺さる。

Once called out in war time,
we Japanese expect to die on the field of battle,
and we scorn the fond hope of safe return.


どんな気持ちで英文にしたんだろうなあ・・・

国民の期待や願いのもとに
他国との戦い(闘い)の場にたち
命懸けで挑む

それは五輪も戦争も似たようなものなのかもしれない。

でも、
かたや脚光を浴び、メダルや賞賛を手に入れ
かたや状況も知られぬまま骸となり、散っていく

それは天と地の差なのかもしれない。

幸いなことに青柳さんは無事帰還されるのだけどね。

青柳さんについては、
『浜ちゃんの海』というHPの「昔話(偉人篇)」にある程度書かれている。
気になる人はそちらを開いてみるといいかもしれない。

なお、この書籍の図版の素晴らしさは筆舌に尽くしがたいのだ。
次回その一部を紹介できればと思ってる。

あ~、序文を辞書を引き引き訳してみるだけですっごい疲れた~。
分不相応な力不足なことじゃった~。
コメント (2)

『Coral fishes(珊瑚礁魚類)』 青柳兵司のこと(その1)

2018-02-21 23:01:29 | 書籍紹介
2018年2月21日(水)

日本中がアイススケート女子パシュート金メダルに
カーリング女子決勝初進出に湧く夜。

ひそかに戦時中に出版された書籍を紹介しておくのである。

『Coral fishes(珊瑚礁魚類)』著:青柳兵司(丸善出版)である。


1943年7月、つまり戦争の真っ只中に出版された本である。


この本、戦時中だというのに全文当時の敵性語である英語で書かれている。
学術書だから当然といえば当然なのかもしれないのだが・・・

著者は1957年に「日本列島産淡水魚類総説」(大修館書店)を記した青柳兵司さん。
こちらの本は復刻版も出るほどに知る人ぞ知る本なのだが・・・

不思議なことに2冊もの学術書を出された青柳兵司さんについて、
その人となりを教えてくれる書籍や資料に出会うことはないまま。
一体どんな人だったんだろう?
誰か詳しい人がおられれば是非ご一報くださればありがたいのである。

脚光を浴びないまま埋もれさせていいのだろうか?
本当にすばらしい本なのに・・・

だから、あえて私の推論のまま紹介していく。

まず、この本の序文は「英語で書かれた遺書」で始まっている。


召集を受け、死を覚悟し、戦地に向かう著者の思いが深く刻まれ・・・

詳しくは後日

コメント (2)

「日浦のミッチャン 今日もいい釣志」②:実におもろい本でしたわ!

2018-02-03 07:38:55 | 書籍紹介
2018年2月3日(土)

「日浦のミッチャン 今日もいい釣志」
( 日浦道雄著 日本たばこ産業株式会社発行印刷 平成3年刊 ハードカバー 187ページ)
を昨夜読み終えた。

無茶苦茶おもしろい。
60年ほど前の広島県の海を舞台に
釣りとガサに明け暮れる子どもなのか漁師なのか。
その姿が実に生き生きと軽妙に描かれているのである。
軽い文体が現場の臨場感を一層膨らませる。
方言もポンポンと、地元ならでは(すでに失われた)の釣りが次々から次へ。

内容も濃い。
例えば、
ゴカイの育成場をつくって年中釣りエサに困らないようにしたり、
フナムシやなんやらいろんなエサを試したり、
ギサミ(キュウセン)を掘ったり、
カブセ釣りをマスターしていったりと、
今ではとても考えられない盛り沢山の工夫が丁寧に描かれている。

まあ、広島県版釣りキチ三平なのである。

最近読んだ本でいえば
「怪魚大全」( 小塚 拓矢著 扶桑社 )に似ている気がしたなあ。

ええ本読ませてもらいましたわ。
これが108円。
ブックオフさんに心から感謝やね。



コメント (4)

「今日もいい釣志」:古書店で発掘!なんと108円!

2018-01-29 08:45:13 | 書籍紹介
2018年1月29日(月)

一昨日、古書店で入手した釣り随筆本の紹介。


「日浦ミッチャン 今日もいい釣志」 
日浦道雄著 日本たばこ産業株式会社発行印刷 平成3年刊 
ハードカバー 187ページ

定価はどこにも書いてない。
ネット検索しても出てこない。
自費出版なのかもしれない。

著者の日浦さんは、日本たばこの社員だった頃から
新聞への執筆やテレビ番組への出演などお忙しい方だったらしい(と、本を買った後わかった)。
序文は、なぜか巨人軍の元監督川上哲治さんが執筆されとるぞ。

この本は、日浦さんが子どもの頃(昭和30年前後)の
広島県西部の海釣りや自然のようすをまとめておられるみたいだ。
ちょうど私が生まれた頃の生まれた街の海と魚のお話なのだ。

ほぼ読まれた形跡もなく、一部の焼けと折れがあるだけ。
本離れ進んでいるとはいえ、こんな本が108円は安すぎる!!
骨董的・史実的な価値を考慮しないブックオフさんに感謝しつつ、
即刻購入したのである。

こりゃあ読んでみんといかんがな!  

そう、まだ読んでいないのである。
読む前が一番ワクワク興奮してるからである。



コメント (2)

古本屋で・・・の巻

2017-02-22 07:32:39 | 書籍紹介
 2017年2月21日 火曜日

清水國明さんの「人の釣り見て、わが釣り直す」(2000年 祥伝社黄金文庫)の紹介。


先日立ち寄った古本屋で108円で売っていた。
風呂で読むのにちょうどいいので購入し、昨夜読み終えたのである。

清水國明(現在は国明に戻されている)はオオクチバス擁護派なのである。
今どう考えられているかは知らないし、考え方は違うけれど、この人はおもしろい。
アウトドアにどっぷりつかり、家族を巻き込み、
その体験を飾らない等身大の文章で書きすすめる姿はステキだと思う。

清水さんの考え方の大半は共感したのである。
そのすべてを書いてしまう訳にはいかないので、イマイチ共感できなかった2点について。

1.生態系に影響があると言うならば、もっとブルーギルを問題にすべきであって、
  そのブルーギルを唯一捕食しているバスは保護されなければならないのではないか。

清水さん、きっと断腸の思いでバスのお腹をさいて調べたんだろうね。
大型のバスだったのかもしれないし、その結果も正しいのかもしれない。
ただ、あくまで私の体験で言えば「バスはギルよりもフナ類・タナゴ類を好む」と思う。
時代をそろえるために10年前の記録を出してみると


左の写真が私の暮らしている水域で中高校生のボランティアと一緒に捕獲したギルとバス。
中央と右がそのバスの腹をさいて調べているようす。
3ケタのバスの過半数の腹から出てきたのはフナ類・タナゴ類だった。
残りのバスは空っぽの腹だった。
ギルはたくさんいるのにである。

2.犬や猫のようなペットと同様に愛着を持って接しているのに、
  バス釣り人口の大半を占める小中学生に対し、殺せ・肥料にしろと言わないでくれ。

バス釣りをしている若者に声をかけてみると
「バスやギルが生態系をこわしている」という認識を持ってることが多かったと思う。
「おもしろいからやってる。めんどくさいから殺さずに逃がす。」のに過ぎないんじゃないかなあ?
清水さんのように愛着を持って接してくれているのであれば、
バス釣り道具の残骸ももっと減っているはずだと思うのである。

バス釣りは「大人社会の範疇を越えて一人歩きしてしまった釣り」なのではなかろうか?

清水さんは今どう思われているのだろう?






コメント

ついでに寄った図書館で・・・・・・

2017-02-13 17:58:16 | 書籍紹介
 2017年2月13日 月曜日

久しぶりにリアルタイムで書くのである。

強い寒波のせいで釣りに行く気にならん。
やむ無く今日も書棚にあふれた本の整理。
「二度と手にしないであろう書物」をダンボール数箱に詰め、古書店へ。
もう何十箱始末したろうか。
行きつけの古書店の「生物学・環境・ペット」のコーナーの大半を占めるようになってしまった。

ついでに近くの図書館へ。
もう書物をやたらめったら買ったりして、相棒を困らす訳にはいかんのである。

なのに、「いい本めっけ!」である。


『水族館発! みんなが知りたい釣り魚の生態』 海野徹也・馬場宏治編著(2015年 成山堂書店刊)

全国21の水族館の29名の飼育員が書いた「釣りと魚の生態」なのである。
釣り人の書くノウハウ本と違って、飼育・観察・経験・実践と知識に根ざしているので臨場感いっぱい。
ま、魚が好きで飼育員さんになっているのだから当たり前かもしれんけど。
例えば、「カタクチイワシの大水槽からサバだけを釣り除く」ようすや
「オキゴンベを釣る」ための工夫なんてのは、並みの釣り本ではない面白さである。
ときどき顔を出す大学の先生や学芸員さんのコラムもなかなかいい。

2年間も見逃していたのが悔しいが、斬新な内容に釣られ一気に読んでしまった。

買いたいけど、まだまだ身辺整理の途上じゃからねえ。
せめて紹介をと思った次第である。
コメント (4)