私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

毎夕やってくる小鳥はなんぞ?

2019-01-17 18:25:28 | 日常
2019年1月17日(木)

野草に満ちた我が家の裏庭を最近少しずつ片付けてるケド・・・。
今日は全豪オープンの試合も少し見たいし、借りてた本も読み終えんといけないので止めることにして・・・。

借りてた本は「昆虫戯画」(文:丸山宗利 漫画:じゅえき太郎 大泉書店 2018)


丸山博士の「昆虫すごい」や「昆虫こわい」なんかが面白かったし
戯画と書いてるのだから絵画の勉強にもなりそうだし、と思って。

私には合わんかったなあ。
文は、心ここにあらず的な平板なまま、個々の虫たちの生態の紹介が進み
絵は、昆虫の脚どこから出てるの? なんて思っちゃったりして・・・
やっぱりサブタイトルに「すごい」とか「びっくり」とか面白アピールしてる本は・・・かな?

こういうとき、後味悪いので書棚からお口直しに
「理系アナ桝太一の生物部な毎日」(桝太一著 岩波ジュニア新書 2014)を一気に読み直し。


この本、生き物好きにはおすすめ。
何度読んでもおもしろい。(私が内容を忘れとるせいもある)
あらためてスカッとさせていただいて・・・

全豪オープンも想定を超える長時間(本読みながらTVの音を聴きながら)となったところで

かみさんが裏庭へ・・・行って、すぐ戻ってきた。

「父さんっ! 太ったスズメがまた来とるよ」
「じゃけえな、何度も言うが・・・アイツは太ったスズメじゃないっ!」
「じゃあ、なんね?」
「モズやヒタキの仲間に似てるケド・・・顔つきが違うしなあ・・・」
草むしりするようになってから、毎夕やってくるのである。

今日は、気付かれぬよう部屋の中からカメラでパチリ!


調べてみたらモズのメスみたいな・・・?

オスは子どもの頃採ったこともある。

両手で抱えて、指つつかれて血だらけになりながら
「家族に見せるまでは逃がすわけにはいかぬ」と、泣きべそかきかき駆け戻った。
そのときの人差し指の痛みは「生命の重さ」の体験だったのだと、今も忘れない。

でもなあ、メスは図鑑でしか見んかったしなあ。
体験してないことは、いずれ単なる軽い知識として葬られていくのが定め。

そんなもんだよね。
コメント

新年の年賀はセコロジー・・・

2019-01-01 10:48:29 | 日常
2019年1月1日(火) 元旦



勤めていた頃は、毎年200枚ほどの年賀状。
今は親戚と身近な知人に。

ならば、もうブログに年賀状を貼り付けて済ませようではないか!
と、手抜きに走った。

年賀状をくださった方々、誠に無礼で申し分けござらぬ。
ご容赦くださるように。
ん? ブログ見てくれんかったらどうする?

本年もよろしくお願いします。
皆さまにとって良い年でありますように。

コメント (2)

私の今年の漢字

2018-12-22 09:32:36 | 日常
2018年12月21日(金)

毎年、日本漢字能力検定協会のキャンペーンである「今年の漢字」が発表されてる。
昨年は「北」、今年は「災」。

どちらもなんか露骨で無粋な感じがしてすんなりと受けとめられないなあ。
そこで対抗して私なりの「今年の漢字」を選ぶことに。

昨年は「然」。(詳しくは昨年の12月21日を見てね)

今年は


・北海道の地震、西日本豪雨、大型台風などの自然災害で、多くの命やパイプラインや自然が失われたこと。
・首相や大統領などトップである政治家たちのあるまじき言動によって、信頼がどんどん失われたこと。
・カープも丸選手を失ったこと。
・大好きな羽生善治さんもタイトルを全部失ったこと。

そして、私も知人や先輩を何人か失い
メカネや釣り竿を2,3個なくし
毎回のように「何をやろうとしてたのか」記憶を失い・・・たたずむ日々が多くなったもんな。

ただ、この「失」という漢字。
ちょっぴりひっかかってる突起物をとっちゃうと・・・

に代わるのである。

「矢」は、まっすぐとか正しさとかを意味する漢字なのである。

別のとこをとっちゃうと・・・

に代わるのである。

「夫」は、立派な男子なんかを意味する漢字なのである。

ちょっとした工夫や努力で明るい未来が見えてくる。

そう、『「矢」でも「夫」でも持って来い!』ちゅうことやね。(ダジャレかいっ!)
コメント

虚しさジンジン:私も漁業法改正もずれてる編

2018-12-12 23:49:25 | 日常
2018年12月12日(水)

しばらくブログをアップしなかった原因はまだある。

11月10日
祝い事で横浜へ。

新幹線の窓から大井川と富士山が見える。


門出に相応しい良き日和だ。

式場はとってもしゃれていた。


花嫁さんはとても美しく、一生涯幸せでいてほしいと切に願った。

式場前の庭に飛んでたヤマトシジミもしみじみとカワイイ。


ここまでは最高に良かったのである。

翌11日
帰りの新幹線の時間まで余裕がある。
みなとみらいへ行ってみた。

先日、境港で日本一低いタワーに登った。
今度は、タワービルとしては3本の指に入るランドマークタワーへ。


お~っ! 
すごい滑らかにグングン上がっていくやないの。

2サスですっかり有名になった風景じゃんか!

赤レンガ倉庫も横浜ベイスターズの休場も見えるぞ!


田舎者のおのぼりさん丸出しである。

と、日本丸も見に行くことに。


船は閉館中、海面をつい習性でのぞく。
これがいけなかった。

「えっ? 東京湾って汚れて濁ってんじゃないの?」

海は高知や愛媛で見た黒潮と同じ、澄んだ藍色じゃないかっ!
メジナもメバルも、なんかよくわからない魚も泳いじょる。

どんな出張の時でさえも採集道具・釣り具を携えてきたのに・・・
今回は、東京湾で釣りなんぞできるもんじゃないと思い込んで持ってこなかったのだ。

一魚一会の機会を自ら放棄してしまったのが悔しくて口惜しくて・・・
東京湾は汚れきってると思い込んでたのが、恥ずかしくて情けなくて・・・

携帯サイズの道具を持ってきてれば、近場の八景島へちょっくら足を延ばせばやれたのに。

思い込みと勘違いに加え、情報収集を怠るようでは、もう釣り師として失格じゃなあ~。

これが原因の4つ目なのである。


そして、入管法改正をめぐる国会のすったもんだのニュースに隠れ
世間の関心も寄せられず、すんなりと通過した70年ぶりの漁業法改正法案。

あまりに遅すぎる改正のため、すでに時代にそぐわないまま・・・(諫早湾埋め立てなんかもだけど)
漁業資源の危機的状況も明解に把握しないまま・・・
いくつもの矛盾と抜け穴を抱えたまま・・・成立してしまった。
零細漁業者はますます追い込まれちゃって、そこらじゅう廃船の放置場になっちゃうかもしれない。
資本のある者がドンドン参入し、さらに肥えていく世界になるかもしれない。

(改正の要点や問題点は調べてみてね)

こんなことじゃ近海の魚、ますますおらんよにならへんか? と思ってしまうのである。
そんなことほっといて、のほほんと釣りをしててもいいのかなあ? と思ってしまったのである。

これが原因の5つ目。

しばらく頭ん中グチャグチャに混ぜた石焼きビビンバ。
コメント

虚しさジンジン・・・

2018-12-11 22:17:08 | 日常
2018年12月11日(火)

何か虚脱感にさいなまれ、10日も書かず読まず(他のブログ)の日々。

原因の1つ。
暖冬とはいえ、日射量の少なさからくるビタミンD形成不足なのかセロトニン生成がもともと少ないせいか・・・
ヤル気も起きず、寝転がって読書三昧。
もともとこの時期気分が落ち込みやすいからなあ。

原因の2つ。
広島カープの丸選手 FA宣言による巨人移籍を聞いたこと。
そりゃ当然の権利だし、4億より6億を選ぶのはあたり前だし、丸に文句を言う気はないのだが・・・

とりあえず一句

丸々と 育てた鯉を 釣る盟主? (迷主?・名手?)

(※ 読んでてつまらんでしょうから11月後半の暖かい日に釣った魚の画像をはさみつつ・・・)

(スズメダイ)

地方の赤字経営できない個人商店では高額年俸は出せないのである。
赤字を補てんしてくれる親会社もないのである。
だから仕方ないと言えば仕方ないのだが・・・


(キュウセン♀)

本当にこれでいいのか? と思えてならないのである。


(ホンベラ二次♂)

金と人気に物を言わせ巨人はこれまでに26名もの大物選手を獲得してきてる。
年に1~2名。
全員が活躍してれば、これだけでとんでもないチームになるよね。
他にも助っ人として大物外国人、さらに他球団から自由契約選手を獲り続けた。


(ホンベラ♀)

そうするとだ。
巨人は、昨年のスタメンから少なくとも2~3名は入れ替わることになる。
昨年まで生え抜きで頑張ってやっとスタメンに定着し始めた選手なんか
「今年は丸でいきます。ムードも一変するでしょう」 晴天の霹靂としか言いようがない。
ドラフト入団で将来を夢見てるかもしれんケド、活躍できる機会は極端に少なくなるよね。
今年カープを引退する新井さんなんか、巨人にいたら1軍に上がる機会さえもなかったろうなあ。
ヤル気が起きなくなるのは無理もないよなあ・・・と思うのである。
チームワークなんてのは生まれる気がしない。
士気が上がるなんてのは想像する方がおかしい。


(アイナメ)

そして、そんな巨人を長年応援してきたファンはどんな気持ちなんだろね?
私が東京に住んでたらいくらなんでも巨人ファンを辞める。
ヤクルトを応援する
巨人・大鵬・卵焼きと言われてた頃の誇りもなんもあったもんじゃないもん。
なりふりかまわず寄せ集めた他球団のスター選手の集まりに過ぎんもん。


(ヒイラギ)

そんなんでホント「巨人軍は紳士たれ」とか「球界の盟主」とか言えるんかいな?
野球人気がどんどん落ちてる理由もそんなとこにある気がしてならないのである。


(アカオビシマハゼ幼魚)

原因の3つ。
原因2をついつい、釣りに置き換えてみてしまった。
「180cmほどの安物の短いノベ竿で釣ってバタバタしてる自分」は、弱小経営のカープ。
「人が使いこなしてた優秀・高額・最新の釣り道具をかき集めて釣るお金持ち」は、巨人。



そりゃあ、勝てるわっきゃないもんな。
いい加減、意地を張らずに普通の釣り道具使わないと、大きいのや新しいのはもうそうそう釣れんよなあ・・・


(こんなに小さいんぞ)

と、虚しさジンジンになってしまっているのである。
丸選手がつぶれなきゃいいけどなあ・・・と思いつつ
マルちゃんのインスタント食品は2度と買わないという八つ当たり決行中!
コメント (2)

渋柿を干した日

2018-11-14 22:17:29 | 日常
2018年11月14日(水)

久しぶりにリアルタイムな話を。

一昨日、敬愛する師匠から
「渋柿採っといたからね。取りにおいで」 とのメール。
「喜んでっ!」 とお伺いする。

会うと、師匠おかんむり。
「誰も欲しいって言わんのんよ。もらっても面倒なので他の人にあげるなんて言うし」
「そりゃあ、失礼ですよね。何なら全部私がもらいます!」
「もうあげてしもうた。そうすりゃよかったわあ! 大体100個あるからね」

師匠の柿、昨年と同じ、丁寧に1つ1つ枝付きで採っている。
これを1ケ月干すと甘くておいしくてたまらない。

さあ、かみさんが皮むきだ。
私は、柿をつるしていくのだ。
昨年は、物干しざおに干したために、洗濯物を室内に干すという大失態をした。
今年は、娘が使ってた移動式ハンガーラックを使うことにした。
鳥よけネットは、両側にハンガーをガムテープでくくりつけ、かぶせることに。



私用のハンガーラックもある。

「師匠! 200個までなら毎年引き受け(失礼!) いただきまっせ~っ!

干し柿は、日本最高のスイーツだと私は思う。
コメント (2)

勝鯉! おめでとうございます! ありがとうございます!

2018-10-19 22:55:51 | 日常
2018年10月19日(金)

おめでとうございます! 


ありがとうございます!


武骨に愚直にローテーションを崩さず闘った巨人の高橋監督にもエールを!


コメント

ミケとアジです! :ちょぴっとうさ晴らし

2018-10-17 18:23:51 | 日常
2018年10月17日(水)

午前中、家で画像の整理。
さすがにやる気も失せてきた。

ということで、ついイラストを・・・

タイトル 『ミケとアジです』










昨日、こんな波止場を見ちゃったしなあ。


命を粗雑に扱う現場を見た後は・・・

箸休めならぬ「マウス休め」して、お茶もにごしてうさ晴らし。


おあとがよろしいようで・・・
コメント (2)

秋桜やビッフェよりも・・・記念日にはキチヌが似合う

2018-10-15 23:03:20 | 日常
2018年10月15日(月)

午前中、のんびり外国で釣った魚たちの写真整理をしていたら・・・

「あんた、今日何の日か知っとる?」

「・・・・・・あ~っ! 結婚した日じゃん!・・・どこでも行くで」

何年目になるのかもよくわからないが、何か区切りがいい年らしい。

まず、道の駅の秋桜畑を愛でに出かけた。


「うわあっ! きれいじゃねえ」


通路沿いには、赤・ピンク・白以外にも二色系も・・・


「きれいじゃけど・・・見とるだけじゃつまらんね。」 すぐに飽きるかみさん。

私も正直、人の手で作られた(品種改良まで加えた)単一の生物相は肌に合わない。

5分後にはランチビュッフェへ。

2人とも大食漢ではないため、これまたすぐ食べるのに飽きてしまう。

「戻って釣り行こ」
「ええよ。今日は近くの突堤にしようや」


最近ずっとオモロイ顔だちをしたショウキハゼを釣らんと挑んでるのである。

ヒイラギ・サッパ・サヨリ・大きなボラがわんさか群れてる。
大量のアキアミが押し寄せていて、食わんとする魚たちと壮絶なバトルをしとるわ。

底石の岩陰辺りにエサを落とそうとしても、ヒイラギたちが次々に食いついてきて・・・
と、そのとき

「お父さん! 大きいっ! 大きいよお~っ!」
「ゆっくり、ゆっくり、竿をたわめて・・・ガマン比べじゃっ!」

と、弱ってきた頃合いに道糸をたぐって、そっと持ち上げてやった。(久しぶりの共同作業)
鉛筆ほどの太さの180cmタナゴ竿だもの。
突堤へそのままあげたらかなりの可能性で竿が折れてしまう。



「今まで釣ったキチヌより何倍も大きいね」 と、かみさん満足そうな笑顔。
そう、観察ケースにはとても入る大きさではないのだ。

並べられた花を見るよりも、並んでる料理を食べるよりも
濁った水の中から何を手に入れるのか挑む方が楽しかったみたい。
気取らない、飾らない人だからね。


キチヌは、私からのささやかな贈り物ということに、今決めた。(単に偶然だケド)

私はヒイラギとイダテンギンポばかり。
ショウキハゼはだめだったケド、いい記念日にはなったのかな?



コメント

カープ3連覇! 続編 : 兄の生涯最高の観戦を記念して

2018-09-27 18:37:50 | 日常
2018年9月27日(木)

昨日の夜と今朝のこと。
兄貴から画像付きメールが送られてきた。

プロ野球の中で唯一
親会社のない独立採算企業である広島カープ。(だから赤字補填ができない・年俸が安い)

その優勝決定試合の写真だった。

鈴木さんたちがガンガン打ち、赤い風船が舞い、九里さん・中崎さんがピシャッと抑え


チャンピオンフラッグを掲げ


今年引退する新井さんの胴上げに挑み


そのあまりの重さにグズグズと沈み・・・


優勝する瞬間を初めて球場で体験できた兄貴には、人生最高のひとときだったろうね。

愚弟としても「兄貴が満面の笑みを浮かべてはしゃいでる」ことが嬉しくてたまらない。

今朝、興奮冷めやらぬ兄貴んちの食卓がコレ!


記念に残しとこっと。
コメント

広島カープ リーグ3連覇! ~カザリハゼを添えて~

2018-09-26 22:02:34 | 日常
2018年9月26日(水)

広島カープ リーグ3連覇!

おめでとうございます!
ありがとうございます!

奇しくもこの日の観戦チケットを持ってたアニキから
お昼過ぎに私のブログを見てくれたんだろうね。

スタジアムに出かける直前に慌てて描いたらしき大予言イラストが届いてた。


過去8回のリーグ優勝をまとめたアニキのイラストもご紹介。


V9(リーグ優勝)に華をカザリハゼ なんて粋な文句じゃございやせんか。

では、今日再び縁起のいいカザリハゼさんのご登場!

コメント

あたり前田の・・・

2018-08-31 15:24:15 | 日常
2018年8月31日(金)

かみさんと安売りの店へ買い物へ。

この店、在庫を抱えた卸業者から安く仕入れることを売りにしてて
他店でお目にかかれない飲み物・インスタント麺・菓子が激安価格で並ぶ。

ふと目についたのが前田のクラッカー。


幼い頃「てなもんや三度笠」というお笑い番組があった。
主演の藤田まことさんが「あたり前田のクラッカー」というフレーズを流行らせた。
番組のスポンサーが前田製菓(大阪にある)だったのである。

しかも何と発売100周年記念パッケージになっているのだ。(作りすぎたんやね)

その頃の藤田さんはお笑い専門で
とても「必殺○○人」の中村主水やはぐれ刑事純情派の主役をはる人になるなんて思いもせなんだ。

その藤田さんもお亡くなりになられた。

それくらい時は流れているのである。

今や「あたり前田のクラッカー」と言っても、知らない人は絶対に知らない。(あたり前だ!)
このフレーズは、絶滅危惧1A類に指定されてもおかしくないのである。

そうなると私は実に困る。

このフレーズをパロッて、2つの定番ギャグをかましてるからである。

1つは「あたり前田はスラッガー」
言わずと知れた広島カープのスター選手だった前田智徳さんのことである。
ん? 知らんだと!
イチローさんが最も尊敬する選手と名前をあげ、故障を抱えつつ2000本安打も放った人を知らんだと!
このギャグも絶滅危惧1B類に指定されるかもしれんではないか!

もう1つは「あたり前田のスライダー」
言わずと知れた元広島カープ(現ドジャース)のエース前田健太さんのことである。
この投手のスライダーはちょっとやそっとでは打てんのんである。
何? 大リーグ行ってからもう興味ないだと?
このギャグも絶滅危惧Ⅱ類に指定されてしまうではないか!

ということで、まずは元ネタである「あたり前田のクラッカー」を保護し
世に広く知らせんがため、買うことにしたのである。

開けて並べてみる。

大きさは思い出の中より小さい。


どれくらい小さいかよく分かるよう10台湾ドルコインと並べた。(分かるかいっ!)

食べてみた。

びっくり仰天である。
思い出の中では「ほんのり甘い」ハズなのに・・・あっさりきっぱり塩味なのである。
あくまで小粒のクラッカーなのである。

何で喜んで食べてたのかなあ? 大人向きの味だと思うけどなあ?
と、思い出がガラガラと音を立てて崩れていったのであった。

でも 「あたり前田のクラッカー」 美味しいぞっ!

と、一昨日の釣りもいい思い出になるようにとアニキがイラストにまとめて送ってくれた。


釣れたサヨリは全部で78匹。
いつものように細やかな心配りをするうまい絵を描くもんだ。
ま、アニキだものね、「うまいのはあたり前田」ね。 (ちょうどお時間がよろしいようで・・・)




コメント

つかびれたわ・・・

2018-07-24 20:46:24 | 日常
2018年7月24日(火)

朝から連絡をとってた遠方へ支援物資を届けに行くと・・・渋滞にはまり
昼頃、帰宅してデスクに鎮座してるパソコンを開くと・・・突然の起動せず
修理屋さんに電話しておいて、すぐさま持っていくと・・・なんでか知らん留守
暑い中、しばらく待って、チャイムを鳴らし続けても・・・とにかく留守
少しプンプンしながら帰宅してもう一度電話をすると・・・隣の家におるとのこと
そんなん分かるかいっ!
なんでお店におらんのんかいなっ!
お店へ行って、縁の分からぬ隣の民家をピンポンできるかいっ!

ふんっ!
もう頼まんもんねっ!
最近の画像や資料が取り出せなくなってもいいもんねっ!

今日から週末までのブログ用の画像ももうあきらめた。

今日ちゃんとできたのはイコカを買ったことくらい。

つかれくたびれ、つかびれて・・・

仕方なく旅行用の小さなPC使って書いとるのである。
コイツがまた遅いのなんの・・・

ということで、しばらくお休みに。


コメント

最後まで諦めない!

2018-07-23 15:03:52 | 日常
2018年7月23日(月)

プロスポーツの持つ力はつくづくとすごい。

7月20~22日のカープvsジャイアンツ3連戦は連日連夜ボロボロと涙がこぼれた。
生まれた時からのカープファン。
いつもいつも負け続け、何度も解体されかけた地方の弱小球団のファンだ。
幼い頃、試合前の練習中にスタンドで高校野球をラジオで聞いてると
「今、どっちが勝ってますか?」なんて聞きに来るエース(誰かは言わん)がいたくらい
のどかな弱っちいチームだった。(ボロボロの練習球くれたからね、安仁屋さん・・・って言うとるがな)


まずは、この度の西日本豪雨災害支援のために
試合前の炎天下、カープの選手たちとともに球場前で募金活動を行ってくださった
ジャイアンツの選手・スタッフのみなさんに心から敬意と感謝を表したいと思う。

県民の1人として御礼申し上げます。ありがとうございました。

3試合とも最後まで諦めない大変な試合だった。(朝日新聞スポーツ欄より)


7月20日の試合
7:0と大量のリードと制球力のあるピッチャー野村。
もう勝ち試合と安心してた後、ジャイアンツの怒涛の攻撃。
見事なまでに逆転され、ほぼ諦めた10回裏2アウト1塁。
まさか控えの下水流が逆転さよならホームランを放つとは・・・
ジャイアンツのクローザーから打ってしまうとは・・・
下水流なんていう名前も全国的にはほとんど知られてないかもしれないのに。(シモズルと読みます)

7月21日の試合
ジャイアンツのエース菅野相手にそうそう点は採れんもんね。
2:4と逆転されたときは、もう敗けかもしれんなと諦めかけた後の
西川の同点打、そして会沢のどんづまりの2点タイムリー。
まるで執念が奇跡を起こしたかのような気分になったもんな。

7月22日の試合
0:6と大量にリードされ、完全あきらめムード。
広島県民は熱っぽく冷めやすいとよく言われる。
この日は、テレビもスカパー独占放映(そんなことやってるとむしろ嫌われるぞ)で
頼みのラジオを切った県民も多かっただろうね。(私も切ったりつけたり)
まさかホームラン連発で追いつくとは・・・
丸の逆転2ランが飛び出すとは・・・予想だにせんかったもんな。

最後まで諦めずに闘う選手たちの姿に、どれだけの勇気をもらえたことだろう!


コメント

謎の閉店際の「値引きシール」?

2018-07-20 17:43:54 | 日常
2018年7月20日(金)

昨日、いつものようにかみさんが閉店前のスーパーへ。
2日分の食材を買って帰ってきた。

かみさん、値引きシールが貼られたものが大好きなのだ。


と、エコバックから品物を取り出しながら・・・・・・
「父さん、これ好きじゃろ? ・・・ あ~っ! このシール何なん?」
「えっ? どれどれ? ・・・何じゃ、これ?」



「価格98円からズバリ96円」ってか?
2円ほどの値引きセールかい?

値引きシールに飛びつく習性があだになったかみさんだが・・・笑うに笑えず。
半額シールとそっくりで、すっかり勘違いしたらしい。
後で静かに肩をふるわせて笑わせてもろた。

それにしても何なんだろ?
コメント (2)