私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

私の竿がチャイニーズラスボラ(斯氏波魚)を釣るの巻  釣査75種目

2017-04-11 20:44:59 | 中国大陸の魚たち
中国で釣れた魚の紹介 出会った淡水魚30種目でもある。

チャイニーズラスボラ(斯氏波魚)である。


ラスボラは熱帯の淡水魚。
こんな所で見れるとは・・・・・・。

中国南部にあるダム湖の下流域で友とガサの準備に取りかかったときのこと。
案内してくれた地元のOさんが
「それならアナタのタナゴ竿借りていいか?」と言ってくれたのである。
「もちろん! 無問題(モーマンタイ)だよお!」
Oさん、私たちがいろんな小魚を採りたがっているのだと
今日本で大はやりの忖度(そんたく)してくれたのである。

Oさん、はだしになりズボンのすそをたくしあげ、小さなタマリで竿をふる。
しばらくガサの手を止めてながめてみる。

「竿をピッピッってあわせとるがな。」
「アタリがある証拠じゃがっ。ああ~、釣りにするんじゃったあ~。」
さもしい日本人なのである。

あっという間に釣り上げて、私の折りたたみバケツへと入れてくれたのであった。

ま、気を取り直して考えてみると・・・・・・
私が日本で用意した私用のタナゴ竿と仕掛けなのである。
日本で相棒がシマイサキなんぞを釣ったときとまったくおんなじなのである。
さらに言えば私と竿は一心同体なのである。
だとすれば、私が釣ったも同然なのである。だろ?(このへん無理矢理じゃね)

ああ、恥知らずの日本人なのである。
このあたりで中国の淡水魚、終了!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀鮈は目のでかいデメモロコ? の巻   釣査74種目

2017-04-09 07:17:54 | 中国大陸の魚たち
中国で釣れた魚の紹介 出会った淡水魚29種目でもある。

銀鮈( Squalidus argentatus )である。


トンキントゲタナゴを釣った河川公園で釣ったんだけどね。
印象に残ってない魚である。
あまりにひょいひょい釣れたせいである。

姿かたちはデメモロコに、目の大きさはコウライモロコに似ている気がする。

中国の人たちは「細もの」とか「外道」とかいった扱いをしていない。
釣れた魚はみんな大切にしていた。
考えてみれば、タナゴなんちゅう魚は大変苦い。
日本に古くからある伝統料理「タナゴのすずめ焼き」を食べたり、
自分で採ったタナゴ類を料理したりもしたけれど、
まるでセンブリを食ってるようなもんである。
ま、大人の味といって尊ぶ人もおられるので、あくまで私の嗜好に過ぎないけど

釣って食うのが原点ならば、むしろタナゴが外道の「平たい苦もの」である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラヒガイ(黒鰭鳈)もね・・・の巻

2017-04-08 07:06:49 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 28種目 

カラヒガイ(黒鰭鳈)である。


これまた地元の釣り師からお借りしたものである。

できれば自分で釣りたかったなあ。

ヒガイの仲間は大きさの割にヒキが強くおもしろい。
同じくらいのサイズのカワムツやオイカワより激しく抵抗する。
昨年の秋にはカワヒガイの入れ食いを何度か経験した。
今年も楽しみである。

難点はあのオチョボグチが堅くてハリハズシが難しいこと。

それでもコイツ釣りたかったなあ。
一魚一会だものなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオタナゴもちゃっかりとの巻

2017-04-04 21:39:21 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 27種目

オオタナゴである。


ダム湖で釣りをしていたおじさんに撮影させていただいた。
これまで登場したおじさんとは違うおじさんである。

「釣れますか?」
「見せてもらってもいいですか?」
「撮影してもいいですか?」

大概のおじさんはオロオロする。
日本語が分からない(そりゃそうだ!)と首をひねる。
仕方なさそうにモジモジする。

後は、「謝謝(シェイシェイ)!」と笑顔で返せばいいのである。

さて、このオオタナゴ、今世紀になって霞ヶ浦での繁殖が明らかになった後、
すごい勢いで増えているようだ。
特定外来生物となる日も近い。

こういうときタナゴ釣り師が活躍すればなあ・・・と思うのだけれども、
日本のタナゴ類と違い、深場にすむことが多く、竿がとどかない。
後は、ヘラブナ師に任せるしかないのかもしれない。

久しぶりの仕事でヘロヘロ。
あ~こんなに疲れるんかあ~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国のニゴイ属(Hemibarbus sp.)の巻

2017-04-03 18:27:21 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚  26種目

中国には何種かのニゴイ属(Hemibarbus sp.)が生息している。
私にはその判別がつかない。

このニゴイ属は、釣りをしていた地元のおっちゃんから借りたものである。


こういうときは全身全霊でお願いをすれば大概OKになるのである。

想像だけど、晩ご飯のおかずなのだろう。
冷蔵・冷凍技術が発達したのは日本でもほんの50年程度に過ぎない。
広大な中国の大地に生きる人たちが川魚を食すことはむしろ当たり前のことなのだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイリクハナマガリ? の巻

2017-04-02 06:30:53 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 25種目

タイリクハナマガリ(側條光唇魚 Acrossocheilus paralens )でいいのかなあ?


タイワンハナマガリ(台灣光唇魚・石斑 Acrossocheilus paradoxus )との違いが分からない。

ま、疑わしい場合は間違えていても別種にしておいた方がいいかな?

水路のボサに普通にいたけれど、ボサが生えている所は多いとはいえない気がした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チュウゴクハス 馬口魚を釣っとったの巻  釣査73種目

2017-04-01 20:39:18 | 中国大陸の魚たち
中国のダム湖で釣りをしていたおじさんたちの獲物をお借りして撮影した話の続き。

チュウゴクハス 馬口魚もお借りしたのである。


「日本も中国もハスはハスじゃけえ。」と、お気軽なもんである。
「ええとこいって亜種レベルじゃもんなあ。」
「見た目も違いわからんしな。」

前日に私がこの下流域でハスの若魚を釣ったときなど、もっと適当だったのである。


釣り上げたときの写真なんぞ撮ってもいないし、記憶からも抜け落ちとる。
記録メモをあらためて確かめて
「ああ、釣っとったんや。」てなもんである。

ところがである。

あらためて調べ直してみると、少なくとも亜種であり、
さらには別種であるとする説もあるではないか!

さらにさらに最新の研究の流れで言えば、
「亜種という概念は消えつつあり、種として分けていく」ということらしいのだ。
大賛成である。

タナゴ仕掛けで釣り上げた魚種が増えることもうれしいのだが、
何より
「本来地理的な隔離によって一生出会うことのないそれぞれの地域の淡水魚たちが、
 それぞれの地域の特性で、遺伝子レベルも含め、分化しているのだから別種として扱う」という考えは、
地域ごとの自然を大切にするという優しさにもつながるからである。

ま、とにかく今までブログにのせた魚とは違う魚を釣ったということにしてね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄尾鮰? 大鳞鮰? の巻

2017-04-01 07:30:57 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った魚たち 23種目

黄尾鮰( Xenocypris davidi )? 大鳞鮰( Xenocypris macrolepis ) ?


中国のダム湖で地元のおじさんたちが2人釣っていたのである。
2間(約3.6m)ほどののべ竿。
ウキは短めのヘラウキ。
エサはおそらく豚肉の余りを煮たもの。

見ているとしょっちゅうアタリがあるが、なかなか釣れない。
おそらくハリが大きいのである。
小魚たちも集まっていて、つっつくのである。

身振り手振りでビクを見せていただく。
おるわおるわ・・・・・・もう手にしたくて我を忘れる。

観察ケースとカメラとバケツを手にして、撮影させて欲しいとねだる。
こうしてコイツの写真となったのだった。

私のタナゴ竿に訪れることはないままだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソウギョ(草魚)をサシで釣るの巻      釣査72種目

2017-03-30 06:30:07 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った魚たち 22種目

ソウギョの幼魚である。


第二次中国釣りガサ隊に参加していたOくんがダム湖で釣った個体である。
Oくんは釣りもガサもビギナー、釣りに興味もない。
私の用意したタナゴ竿(仕掛け)でたまたま釣ったのである。
エサは現地の人にいただいたサシ(ミミズ)。
私は日本の釣り堀でしか釣ったことがないのである。クソッ!
でもまあ釣り上げた72種目に登録しておくぞ。

ソウギョは草食性である。
なんでミミズに食いついたのか? 
それは基本的に淡水魚たちの多くは雑食だからである。
とりわけ幼い時期は栄養吸収効率の良い動物食性が強くなるのである。
草食性といわれるソウギョもワタカもミミズでしっかり釣れるのである。

くどいけどソウギョは草食性である。
寿命も長く体長1mを超える大きさになる。
食糧事情の悪かった時代に貴重なタンパク源として中国から移入された魚の1つである。
繁殖には流程がなだらかで長い大きな河川が必要なため、
日本では利根川でしか世代交代できていないという。

ところがコイツけっこうやっかいな外来魚なのである。
私の中ではブルーギル・オオクチバス・放流コイの次なのだ。
住んでる町にいくつものため池がある。
その中にまったく水草のはえない死んだ水の池がいくつかある。
そうしたため池について聞き取りをすると
ヒシやオニバスなどトゲのある水草を除くためにソウギョを入れているのだ。
悲しい過去なのである。
ため池の生態系を下支えしていた水草がしだいになくなるにつれ生き物は消えていく。
最期はソウギョもガリガリになりながら静かにおちていく。
そして腐敗した死の世界だけが広がるのであった。
悲惨な現在なのである。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国のドジョウとカラドジョウの巻

2017-03-29 16:44:07 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 20種目と21種目

どうも私には縁がないようで、いずれも同行した友が採集したものである。

まずはカラドジョウ。


続いて中国のドジョウ。日本のドジョウとは亜種の関係にある。


抱卵中のメス。


カラドジョウの口ヒゲはドジョウと比べ、長いことがわかる。
また、この写真の場合、ドジョウの方は尾ビレ付け根の上部分に小さな黒点があるので区別しやすい。

さて、コイツらどちらもドジョウ養殖関係での輸入なのか、
大型観賞魚のエサ用としての輸入なのか、原因はよく知らないけど
どちらも日本にも定着してしまっているのである。
いわゆる外来種なのである。
ドジョウ輸入禁止としている国もある。

わりと川や水路に出かけていると思う私でさえ、最近すっかりドジョウの姿を見なくなった。
川や水路の圃場整備が大きな原因なのだろう。
ドジョウの一生を考えたとき、産卵場として田んぼや湿地帯などの氾濫原を選んだことが致命傷なのだと思う。
今は、川や水路と田んぼを行き来できないような構造にほとんどなっているのである。

絶滅危惧種のシンボルであるメダカよりもダメージは大きいと思うのである。

ま、公的な形での環境破壊はある程度ヒトとしての生活をふまえたとき、やむを得ないのかもしれない。
できるだけ工夫はしてほしいけどね。

やっかいなのは放流である。
「ドジョウがいなくなったから」と善意で子どもたちと放流されていたりもするのである。
まず、増えない。
放流されたドジョウも野垂れ死になのである。

さらに、きわめて少なくなった生息域に競争力のあるカラドジョウが入ると大変なのである。
まして、見た目の区別がほとんどつかない中国ドジョウが入るともう手のつけようがない。

決して外来種がすべていけないと、日本の純潔を守れと、言うつもりはこれっぽっちもない。
これっぽっちもないのであるが、
一部の人の利益のために人知れぬまま日本の生き物が海外の生き物と入れ替わってしまう
のはいかがなものか? と思うだけなのである。

少なくとも日本の民族伝統芸能の一つである安来節を守り継いでいくことと
その主演俳優である在来ドジョウくんの生活環境を大切にしていくこととは、
同等の価値があるんじゃないかなあ?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

このヨシノボリは波氏? 李氏? の巻

2017-03-27 18:42:01 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 19種目

中国ではヨシノボリ類のことを吻鰕虎と書くらしい。

2回出かけた中国で、一番数多く出会えたヨシノボリ類がコイツらである。




背ビレにあるコバルトブルーの斑点と腹ビレのオレンジ色が特徴っぽい。

図鑑片手に確かめてみると
波氏吻鰕虎( Rhinogobius cliffordpopei )か
李氏吻鰕虎( Rhinogobius leavelli )になると思うのだけれど、
生息域が重なっている上に、判別の仕方が背ビレの青い斑点の位置であるという。

そんなん無理じゃわいな!

ちなみに雨の中、上海のホテル横に流れる汚れた用水路で採集し、ホテルの部屋に戻り撮影したりもした。




物好きな日本人じゃなあ、と思われたかもしれない。
デジカメだと光量不足は致命傷となるけど、よく水没させるのでリコーCXは手放せないのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このナマズは Pterocryptis anomalaかいな?の巻

2017-03-26 16:08:54 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 18種目

プテロクリプティス・アノマラ( Pterocryptis anomala )で合ってるかどうか分からないけど。




中国南部で、友が上流域の枝川細流で採集した個体である。

「やったあ~! ヤナギナマズの仲間じゃあ~!」と雄叫びをあげていた。
こちとらかなり疲れて休んでいたけど、この雄叫びにメラメラと体が反応した。

反応してチャレンジしたけどね。

こういうときの結果は、ま、目に見えとるよね。

どうやらヤナギナマズでもないようだから余計悔しいけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国のシマドジョウ類( Cobitis sp. )の巻

2017-03-25 19:28:33 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚類 17種目

中国のシマドジョウ類( Cobitis sp. )である。


産卵前の腹のふくれたメス。

普通にみられる Cobitis sinensis かもしれないけれど、
残念なことにしっかり同定できないなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異鱲(Parazacco spilurus)はしぶい! の巻

2017-03-24 18:42:04 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 16種目

異鱲( Parazacco spilurus )である。


紡錘形のいぶし銀のようななめらかなボディ。
にぶくのびた縦線の先にくっきりした黒のワンポイント。
玄人ウケするなかなかのしぶさである。
こういう魚は見ていて飽きない。

採れたのは後にも先にもこの1尾だけ。
ガサが下手なのかもしれないが、採るのもなかなかのしぶさであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未だ分からんヨシノボリ の巻

2017-03-23 09:30:12 | 中国大陸の魚たち
中国で出会った淡水魚 15種目

名前の分からないヨシノボリ( Rhinogobius sp. )である。




中国で購入した淡水魚図鑑などなど調べてはみたけれど分からないのである。

採集したのは中国南部の河川中流域。
転石が多く、魚影もきわめて少なかった流域である。

両足の親指が赤く腫れあがるくらいに転石を掘り返し続け、数尾採ることができた。

地味な体色の小さなヨシノボリであることと
老眼がかなりひどいこととが重なって
観察ケースに入れてじっくり見てみるまでは「なんちゅうことのない」魚だったのだが・・・・・・

このスレンダーなボディ
アヒルのような吻(口元)
落ち着きのない動き方

眺めていて飽きないヨシノボリだった。

誰か名前を教えて下されば幸いなのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加