私魚人(あいうおんちゅ)~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

ブログ紹介 はじめに・ルール

2029-01-01 00:00:00 | はじめに




はじめに



このブログはタナゴ釣りの仕掛けで釣れる「人にはあまり役にたってない魚たち」にスポットライトを当てたものである。
釣り人のための図鑑にも詳しく記されないまま、釣り人に「外道・細物・エサ取り」などと呼ばれ見下げられる魚たち。
釣れてくれた感謝もないままに・・・・・・。
彼らもけなげな生命であり、生態系を支えている大切な役割があることをほんの少しでも残しておきたいのである。



中島みゆきの「地上の星」の水中バージョンみたいなもんである。



ルール


「何でもあり」にすれば釣れる種類は増えるだろうがつまらない。
必ずシバリは必要である。





・基本6尺(180cm)以下のタナゴ竿とタナゴ仕掛けを使う
・ときに最大10尺のタナゴ竿やチョイ投げタナゴ仕掛けを使うこともある。
・数多く釣らない。特に絶滅危惧指定種は数尾にとどめる。
・保護活動されてる地域・流域では連携をとらぬまま釣りやガサをしない。
・特定外来種が釣れた場合、法令にしたがった処置をする。
・ゴミは必ず持ち帰る。
・ゴカイやミミズを馬鹿にしてはいけない。必ず使い切る。





このページの魚たちは釣れるたびに増えてくからね。




































コメント (10)

アブラハヤを釣らんっ!:東海道中ガサ釣り記③

2020-02-17 15:57:41 | 純淡水魚
2020年2月17日(月)

アブラハヤである。


昨年の11月上旬の東海道中ガサ釣り記の続き。

地域の環境保護活動の御大にホトケドジョウやウシモツゴの生息地と保護の状況を見させてもらった後のこと。
「私魚人さん、釣りしたいでしょ?」
「いえいえ、個人の趣味でご迷惑をかけるようなことは・・・」
「いや、大丈夫な流域を案内しますよ。アブラハヤ釣ってみますか?そこは国内外来なんですよ」
「釣ります!釣ります!」 現金なもんだ。

なんせ、アブラハヤとタカハヤには曰く因縁があるんである。
タカハヤは兄貴夫婦やその後3馬鹿兄弟で釣りをした故郷の小川。
タカハヤ:広島西支局誕生なるか!・・・の巻  釣査123種目

その小川は西日本豪雨ですさまじい土石流となり
3馬鹿兄弟で釣りをした小川は・・・

未だにタカハヤの姿どころか川の改修中だし

アブラハヤにいたっては、地方TV局のローカル自然番組に
えっ? 広島県北にアブラハヤ? : TVの情報を確かめに(下線部クリックで過去記事へ)

翻弄されてきているのである。

さてと、くねくねぴゅんぴゅん、どこへ行ってるのやらわからないまま到着。
御大と弟子は仕掛けの準備、友は流域の観察。
私は・・・・・・ホットケーキをコネコネ丸めて釣りの準備。

30分ほどで釣れたのはカワムツばかり・・・トホホホホホ。

「仕掛けをあげてみますか!」と・・・・・・
「いたっ!」
カワムツに混じって上の写真のアブラハヤ。

もう1つの仕掛けにも


このアブラハヤ、西日本ではめったにお目にかかれない魚なのである。
近縁のタカハヤや北海道でヤチウグイを採ったことはある。
けど、アブラハヤは初めて手にしたのである。

アブラハヤ2匹を再度並べて




釣ってきた過去のタカハヤと比べてみる。




確かに
尾柄長÷尾柄高=2以上→アブラハヤ(細っこい)
尾柄長÷尾柄高=2未満→タカハヤ (太っちょい) が確実なのかも?

側部の黒い縦線が明確なこともアブラハヤの特徴かもしれんな。

背部からも比べてみる。
アブラハヤ


タカハヤ



体の太さの違いがはっきりわかるなあ!
背ビレに走る黒線が続くかとぎれるかで見分けられると書いてる人もいる。
ケド、たった1カ所で見ただけのアブラハヤ2匹ではわからないなあ。

ただ、実際にアブラハヤを見てびっくり仰天したのは
胸ビレつけ根の鮮やかなオレンジ色


アチコチでタカハヤを釣ったり採ったりしてきたつもりやケド
「こんなハデな色したつけ根は見たことないわあっ!」

アブラハヤは釣れぬままだけど、大満足だっ!

さてさて、次はどこ案内してくれるんやろか?
コメント (2)

アカササノハベラ:糸の水族館着々と

2020-02-16 09:07:43 | 水彩画
2020年2月16日(日)

アカササノハベラの手作り刺繍


兄貴が作った。
昨年、一緒に和歌山旅行をした時、かみさんにだけ釣れた一魚一会の魚なのである。

私の写真と図鑑から


1めもりごとに色を置いていき


その配置を確かめながら糸を縫う。
気の遠くなるような作業だ。
根気のない私には、まず不可能だな。

額に入れて、かみさんの誕生日プレゼント。


今、我が家のリビングに「すみっこぐらし」とともに堂々と飾られてる。


散逸させるのはもったいないから
これまでの3匹の刺繍とあわせて、和歌山ミニミニ水族館に。


今も5匹目、6匹目と、糸の魚たちは紡がれているみたい。

老後の楽しみとして、脳や手先の活性化にもとても良さそうだし
この際、65匹まではつくっていただきたい!
老後=ロウゴ=65なんてねっ!
それが無理ならば、せめて30匹!
ロウゴサーティ(6×5=30)なんてねっ!
ゴルゴ13に劣るとも勝らない(逆か?)腕前なのだから。

それにしても実におめでたい話だね!
コメント (4)

イソヒヨドリのメスかいな?

2020-02-14 17:56:16 | 魚以外の脊椎動物
2020年2月14日(金)

イソヒヨドリのメスでいいのかな?


一昨日、用事のついでに釣りのポイント覗いてたら
その私を電線から覗いてやがるけしからんヤツがいて


近眼で老眼ゆえに、電線の鳥を見るときにはメガネ
デジカメを見るときには裸眼と、実にややこしい。

「トラツグミとちゃうやろか?」
「だったら初物の鳥やんか!」
曖昧な知識のもとシャッターを切る。

左右の安全確認をする模範生として、良い子たちに紹介したくなるね!


でもって、いつものように帰宅後図鑑とにらめっこ。
トラツグミではないな。

何のことはない。
かつて撮影したイソヒヨドリのメスみたいやね。
あのときはオス、オオルリと勘違いしてたもんなあ。
イソヒヨドリ:気を取り直した筈が・・・編

ドライブ途中、かみさんの要望で立ち寄った菜の花畑でも


「あれっ?いつもの菜の花とちゃうよ?」と、かみさん。


そう、菜の花はアブラナ科アブラナ属の植物たちを十把一絡げに表してる。
野沢菜だって、からし菜だって、ブロッコリーだって~
みんなみんな菜の花なんだ、友達なんだあ~っ!

最近の植物は品種改良も進んでる。
結局、この菜の花が何という名の植物かわからないまま。







コメント (2)

山陽地方のスイゲンゼニタナゴ 運命如何に!

2020-02-06 13:42:58 | 純淡水魚
2020年2月6日(木)

最近、韓国の研究者がスイゲンゼニタナゴの近縁種Rhodeus notatusの系統地理論文を発表。(下記をクリック)
Evidence of an ancient connectivity and biogeodispersal of a bitterling species, Rhodeus notatus, across the Korean Peninsula.


英語はさっぱりぱり。
なので、知人に概要だけ聞き
図を論文から引用させていただいて

まず、韓国内の各水系からサンプルを集め


中国の近縁種、日本のカゼトゲタナゴとスイゲンゼニタナゴも含め、遺伝子解析を行い

いつ頃、これらのタナゴ類の種分化が生じたかを確かめた結果をまとめたようなのである。


英語と学名ばかりで実に分かりにくい。
これでは研究者やよほどのマニアしか理解できないと思うのだ。

論文の和名などは間違っとるかもしらんが、自分なりに表にしてみた。
ほいで、今、日本国内で売られてる某魚類検索図鑑の内容と比べてみる。



一見、グループのまとめ方はよく似てるように見える。
ところが、まったく逆なのである。

まず、論文の方は
約400万年前に、先祖Ⅰからカゼトゲタナゴと先祖Ⅱの種分化が起き
約360万年前に、先祖Ⅱからスイゲンゼニタナゴとカラゼニタナゴ群の種分化が起きる。

つまり、カゼトゲとスイゲンは最も古い時代に分化していることになる。
種分化は時代の古さと比例するから、亜種以上、つまり別種に相当するといっていい。
また、この結果は日本で発表されてるいくつかの論文とも類似してる。

一方、日本の某魚類検索図鑑では
カゼトゲとスイゲンは、2つの地域集団にすぎない同一種である。
つまり、地域差程度の極めて遺伝的に近い集団である、と書かれている。

どっちが正しいのかはわからないし
和名なんかの混乱ははいつでも改めれば済むケド
種そのものの立ち位置だけはきっちりさせないとね。

少なくとも日本の図鑑の説明はいっさい論文になってない私的見解と聞いている。
また、山陽地方に生息するスイゲンゼニタナゴは、国の『種の保存法』で指定されるほどの絶滅危惧種ということ。
などを考えれば、何となくどちらを選ぶかは見えてくるのだけどね。

このあたりは
学名変更で存続の危機に立たされる 国内希少種スイゲンゼニタナゴの保全

「カゼトゲタナゴ」と「スイゲンゼニタナゴ」、その名称をめぐる混乱と保全
に詳しく書かれてるから、もし興味のある方はクリックしてみてね。

少なくとも、何もあわててカゼトゲとスイゲンを「いっしょこた」にする必要はないような気がしてくる。

問題は、図鑑は広く売られていることにある。
私を含め『図鑑に書かれてることはすべて正しい』と思い込む多くの一般人にね。

だから、研究者さんたち、内部での論議や研究も大切だケド
淡水魚好きで図鑑を手にするような一般人に、もっと分かりやすく説明してもらえんもんかなあ。
研究を進めることも大切だケド、伝えていく責任もあるんじゃないのかなあ。

めずらしく真面目に書いたら、もう腰も脳みそもグズグズ。






コメント (2)