二重生活~ふたえぐらし

日々のこと、読んだ本や漫画、ライブの感想等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

曖昧朦朧[ 雑]

2013-01-31 20:00:25 | 日記
・丸っこい家猫。
この辺りはあんまり猫いない。

・風邪をひいてしまい、医者へ。
待合室にジョジョ六部ストーン・オーシャンが全巻揃っていた。
病人や老人が読むにはしんどいんじゃないかな……。
病気悪化しそう。

・鼻つまって頭がぼんやり。
寝よう。
コメント (4)

乾かす時間[ 本][生活]

2013-01-28 22:17:13 | 本・漫画
月が低くてまん丸で、電球と間違えそうだ。


●本

しばらく海外小説を読んでいたら和物が読みたくなった。
泉鏡花「薬草取」と、久生十蘭「無月物語」を読んだ。
キンドルちゃん大活躍。

主人公の泰文というのが怪人物で引き込まれた、無月物語。
久生十蘭は暗いなー。
陰惨な内容でも何となく読後の明るい作品もあるけど、久生十蘭は暗い。
暗いんだけどドライ。
悪意や悲劇と一緒に、そこに発生する人間の滑稽さも逃さず書いてあって、生々しい、割り切れない、しかめ面と苦笑いの間みたいな顔になっちゃう。。
それでいて幻想的な空気もあって、独特。


●生活

・どうも使いづらい歯ブラシを流しの掃除用に下ろしたら、流しの隅すらうまく磨けないことが判明。
役立たず!

・今日は意外と寒くなかった。
雪は全部溶けたみたい。

・部屋で足湯をすることを覚えた。
ちゃんとお風呂を入れると大変だけど、これは簡単。
ぬくい。
肘湯というのも良いらしいけど、服がびしょびしょになりそう。
コメント (2)

あれからいくとせ[ 生活]

2013-01-27 21:40:54 | 日記
猫がにょろんと。


●生活

都合により実家で祖母と一日。
小学生の頃、風邪ひいて学校休んだ日を思い出した。
祖母はすっかり世話される側になってしまったけど、と、センチメンタルな気持ちを味わった。

一緒に相撲を見た。
高見盛が引退で、日馬富士は全勝優勝。
浮いたり沈んだりあるな。


日曜日がくれば月曜日が来るしさ!
早く寝て早く起きるよー。
俺たちの冒険はまだ始まったばかりだー!
コメント (3)

途切れないわ![ 特撮][仕事][生活]

2013-01-26 22:18:02 | 大槻ケンヂ関連
●特撮

あと六枚ぐらいでソールドアウトだったらしい、特撮パナギアツアーファイナル。
今日はテレパシーがよかった!
あと最近「思ったとおり生きなよ」とか「君ならできるさ」みたいなポジティブ歌詞に励まされる自分がいる……。

くちびるはUFOはライブ中も異彩を放つなあ。
「攻めたり受けたり」って言葉にはそういう使用法もあるんですね大槻先生。

追加公演&ヌイグルマー映画化決定もめでたい!
行くよー、平日でも行くよー。


●仕事

平日のライブにも間に合う今の職場、なかなかのホワイトだと最近思ってきた。

派遣はもちろん正社員もきっちり週休二日、ノー残業デイ遵守。
男性も育休OKのためか、私のいる部署の男性社員は子持ち率100%(そして昼休みに子育て談義)。
年末のえらい人の挨拶も「家族を大切に、明るく元気に頑張りましょう」と、校長先生のようだった。


●生活

・この前作った豚バラと白菜鍋がすごく美味しかったので、今日もまた。
調理法もいいけど、近所の肉屋で買った肉が美味しいんだと気づいた。
もちもちしている。
スーパーのと何故こう違う?

・ゲームに費やす時間などないとわかっているのにゲームやりたい。
エルミナージュやりたい。
キャラメイクだけ……いや…。
コメント (2)

東京ローズ[ 生活]

2013-01-24 23:52:36 | 日記
・工事現場が好き。
でも駅ビルなんてできない方がいいのに。

・朝、駅で前のバイト先の人とばったり。
なんと、かなりご近所さんらしい。
私も、おそらく相手も互いの名前を思い出せないまま満員電車で十数分雑談通勤。
嬉しいような気まずいような。

・会社では珍しく忙しくて、マキシマムザホルモンとか聞きたいーと思いながらお仕事。
仕事中って好きな曲を聞いてもよければいいのに。

・仕事後、さらに入力のバイト。
今日もエロマンガの内容を調べる。
脳が溶ける。
O嬢の物語をまんまパクッてるレディコミがあった(主人公はQ嬢)。
コメント (3)

浮き足滑り足[ 東京][生活]

2013-01-23 23:01:10 | 遠出・交流
●東京

昨日は会社終わり、有楽町へ杉本一文原画展を見に。
展示されていたのは主な横溝正史作品の表紙絵で、去年、神保町で見たのと同じ。

しかし画廊内には、杉本先生ご本人が!
本に貼る蔵書票という物があることや、海外のコレクターからの依頼の話などを聞かせていただいた。
蔵書票の、おそらくあまり世に出ていないであろうイラストも見ることができた。
マニアの世界……。

それから新しくなった東京駅や丸の内周辺のイルミネーションを眺めて、お酒飲んで、夜道寒い寒い言いながら帰ってきた。
良き哉。


●生活

・寒い……けど春っぽくなってきた気がする。
空気がしっとりして、くしゃみが出る。
冬来たりなば春遠からじ。

・いろんな人から美味しいと聞いていた「白菜と豚バラのミルフィーユ鍋」を作ってみた。
めっちゃくちゃ美味しいね!
ポン酢とゴマだれをとっかえひっかえで白菜瞬殺だ。
誰がこういうの考えつくのかしらねえ。
コメント (4)

こうして夜[ 雑]

2013-01-21 22:51:13 | 日記
・今夜また雪降るのかな?
心配半分、楽しみ半分。

・会社で
長野県民社員「長野では雪の日は駅前で犬ぞりをレンタルするんですよ」
都民社員「東京では野良猫をそりに繋ぐんですよ」
なんだこの可愛い会話、と、端で聞いてて思った。

・泉昌之「食の軍師」読んだ。
孤独のグルメの作者だけど、こちらはぐっとバカバカしくて、それもまた楽しい。

・自分の中でかなり意外なことが起きたんだけど、起きてみたら納得というか安心というか腑に落ちたというか。
なんか「あー、よかった」って、不思議な心境だ。
心が軽い。
コメント (2)

赤い蛸[沼津][本]

2013-01-19 23:37:07 | 遠出・交流
すっくと立っている。


●沼津

「沼津深海水族館―シーラカンス・ミュージアム―」へ。
できた時から気になっていたし、先日NHKで放送された深海のダイオウイカのドキュメンタリーにも触発された。
沼津まで鈍行で、片道三時間弱、キンドルをお供に行ってきた。


着いたのが昼過ぎだったので、水族館の前に昼ご飯。
なんかびっくりするぐらい美味しかった日替わり海鮮丼。
魚はもちろん美味しいんだけど、魚とご飯の間の野菜とか、いい具合に忍ばされたゴマとか紅生姜とか、料理として完成度高くない?という味。
アブラボウズという深海魚も入ってる(エンガワを油っこくしたような味)。

そして深海水族館!
入って早々にダイオウグソクムシがいて興奮。
同じ種類の生き物の、浅瀬に生息してるのと深海に生息してるのを並べて展示してるのも面白い。
深海は全体に白っぽくてぶよぶよ。
暗い部屋で発光する深海魚を見るのも不気味で迫力あった。

メンダコがものすごくカワイイ(けど写真禁止)。
カールした耳、つぶらな眼、丸っこいフォルム。
ハムスターとかと同じくらいカワイイ!
耳がなんのためにあるのかわからないってのもいい。

シーラカンスの標本もあった。
全長160センチくらいあるのに、脳は2センチくらい。


日本初公開だというタコヒトデ。
地獄の生き物か!


水族館のち、港やお土産屋をぶらぶらして帰宅。
いいところだった、沼津港。


●本

電車内では読書。

・岡本綺堂「青蛙堂鬼談」
け、結構怖いじゃないのー!
古典となめてかかっていたら、「蟹」と「一本足の女」にはゾクッとした。
一話毎に雰囲気が変わって、飽きずにつるつる読んでしまう。

・森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」
先日、森見ファンの人に、この作家の魅力を聞いてみたら“可愛いところ”と言っていたので、気になって読んでみた。
確かにかーわいい。
かわいくておかしみがあってたのしくてキラキラポカポカしている。
面白かったー。
私、なんでこういう面白く幸せな物を読まずに、五十年だか百年だか前の怪奇小説ばかり読んでいるのかしらと、思わず自問。

・泉鏡太郎「人魚の祠」
文章の系統が森見と似てるんじゃないかと思って読んでみたけど、だいぶ違った。
ていうか、なんだ、この話。
虱男全裸床下一夏狂死……。
コメント (4)

会えない田中[ 渋谷][本]

2013-01-18 21:56:18 | 本・漫画
線路はまだ雪。


●渋谷

仕事後、渋谷へ。
好きなバンドのドラマーがやっているバーへ行ってみようと、ライブ友達さん達と待ち合わせ。
ご飯を食べてから、いざ、バーへ。

……が、残念ながらやっておらず。
金曜の夜はマスターのドラマー業の方が忙しいのかな。

せっかくなので、Bunkamuraのそばの素敵なカフェに。


ハラペーニョ入りブラディメアリー。
辛くて美味しい。


いかついパンケーキ。
へりがサクサクで、中はアイスでじゅわっとしてて美味しい。

美味しい!
食べながら、応援するバンドマンの老後の心配などをした。


●本

キンドルで無料本をダウンロードしまくっているけれど、読むスピードが全然おっつかない。
今週は短編を少し。

・John Glasby「THE DARK BOATMAN」
クトゥルフ物の短編。
海面下を死の河が流れるって光景がいい。
最後の薄暗い不安もなかなか。

・W.H.Hodgson「THE GATEWAY OF THE MONSTER」
幽霊狩人カーナッキシリーズの一つ。
日本語で読んで面白かったので原文で再読。
ちょっと初期のスレイヤーズとかGS美神みたいな(本当はそっちがホジスンみたいなんだろうけど)、オカルト相手にトライ&エラーを繰り返すところが好き。

ホジスンは最初に思ったより異常な人のようで、知れば知るほど気になる。
しかし代表作の「ナイトランド」20万字あるんだって。
それは無理かな……。
コメント

人のはたらき[ 会社][生活]

2013-01-16 23:48:03 | 仕事・バイト
スライムっぽい。


●会社

昨日は、お世話になった社員さんの送別会。
女性陣だけ数人で夕飯。
職場ではほとんど話さなかったから、最後になって面白い人だとわかったのが残念。
街で見かける変な人とか気にするタイプだった。
仕事にまつわる思いも聞いた。

一所懸命働いている人は素敵だな。
私にとって仕事ってなんだろうと思うと、今のところ何でもない。
頭が浮いておる。
生きてる感じが薄い。


●生活

この間買った棚が届いた。
組み立て家具の組み立てが上手になってきたよ。

しかし家具って良いものですね……。
物を使い、しまう場所がある。
本棚があると本が取り出してしまえる。
冗談でなく、棚や箱や引き出しがあるのは良いものだと、心から思っている。
コメント