二重生活~ふたえぐらし

日々のこと、読んだ本や漫画、ライブの感想等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オーケンのほほん学校スペシャル

2006-08-31 23:36:06 | 大槻ケンヂ関連
大槻ケンヂ「ぴあ」誌連載100回記念、のほほん学校スペシャル@渋谷DUOに行ってきました。
詳しい内容は「2ちゃんにもブログにも書くんじゃねえぞ!」と大槻さんが言っていたので、大まかな流れと演奏曲だけ。

第1部。
ラーメンズの片桐仁さんとエレキコミックのヤツイさんをゲストにバカ映像対決。
なんとラーメンズの最初の出会いは「君も筋少好きなの?」だったらしい。
映像は君が代とかサンラーとか、書いちゃいけないのとか。
どん欲に新ネタを追求するオーケンと、片桐さんのガンオタぶりと、要所要所のヤツイさんのツッコミが光った。

休憩をはさみ、第2部。
Be.とパーカッションのワタナベさんとオーケンでアンプラグドミニライブ。
やったのは
「タンゴ」
「身代わりマリー」
「恋人よ逃げよう、壊れたオモチャ箱だから世界は」
「子供じゃないんだ、赤ちゃんなんだ」
「シーサイド美術館」

カバー、特撮、筋少とまんべんなく。
前に聞いた時も思ったけど、特撮ではそんなに好きじゃない「子供じゃないんだ~」が、アンプラグドだとやけにかっこいい。

再び休憩のち第3部。
筋少の橘高さんが登場!
先日の「大槻ケンヂと橘高文彦」ライブでの筋少復活直前の小芝居を映像で流してから、内田さんと本城さんも。
大槻、本城、内田、橘高の順で並んで座り、結成当時の思いで話や、これから初めて筋少を聞く人にはどのアルバムがお勧めかなど。
お勧めは、大槻→サンフランシスコ、本城内田→猫のてぶくろ、橘高→断罪、断罪、また断罪。
猫手の裏ジャケの「バテレンみたいな格好」は、メンバー全員不本意だったらしい。

それから、オーケンがPVと武道館で着た衣装の「幻覚キノコ」刺繍入り黒コートプレゼントじゃんけん大会。
オーケンがじゃんけんしてる間、衣装を着てうろうろ(失礼)してる内田さんが可愛らしい。
で、じゃんけんを勝ちぬいた1名様は衣装+メンバーと記念写真。いいな~!

筋少メンバーで演奏。
「香菜、頭を良くしてあげよう」
「蜘蛛の糸」
これからよろしくとの挨拶があって、最後に「じーさんはいい塩梅」

なんか、これぞ本物!って感じだった。
CDでさんっざん聞いたのと同じ音な(同じなわけはないんだけど)感じ。
特に昔大好きだった「蜘蛛の糸」には素直に感動してしまった。
歌ってるオーケン見てたら、あー、私この人好きだったなーと思った。
ファンです。
コメント (2)   トラックバック (8)

月に咲く花のようになるのー!

2006-08-30 00:51:07 | その他のライブ・イベント
バイトの後、渋谷で弟と待ちあわせ。
私と弟の数少ない共通好きバンド、サンボマスターのライブを見に行った。
場所は初のTokyo Zepp。
そんな大きな会場初めてなのと、普段に比べるとメジャーアーティストなので気合いを入れていったら、予想外の空き具合。
サンボの人気いまいち?と思ったら、そうじゃなくて急遽決まった追加公演のためだったらしい。 最前近くまでいけてラッキーだった。

サンボのライブは全体に素朴(照明とかもまるで凝ってない)で、さらにファン(男率高!)のマナーがいい。
ライブ後も床にゴミ一つ落ちてないし、それぞれは超盛り上がっているのに人を押したり突いたりしない。
ファンはアーティストの鏡なのかね。

ライブはすごくよかった。
サンボの山口君は、あんなにかっこわるいのに、なんて泣かす声なんだ。
最後の最後の「月に咲く…」には完全にやられた。

しかしカルチャーショックも。
私もこれまでいろんなライブに行って、曲にあわせていろんなことを叫んだ。
「犬犬犬犬!」とか「猫猫猫猫!」とか「米米米米!」とか。
「オ・○・コ!」ってのもあったし「死ね死ね死んじまえ!」ってのもあった。
でも今回のは新しかった。
高々とピースサインを掲げ、叫んだのは「愛!と!平!和!」

サンボ「世界はそれを愛と呼ぶんだぜー!」
客、一斉に「愛と平和!愛と平和!」

うーん、冷笑的になる気はまったくないけど、びっくりした。
全体としては気持ちよくて爽快で感動的な、楽しいライブだった。
ストレートなロックンロールはいいですよ。
コメント

咳の素

2006-08-28 23:49:46 | 本・漫画
●最近あったこと。

写真は、なんかもう漫喫みたいな実家の本棚。

テレビで、初めてちゃんと「寅さん」を見て感動した。
ここしばらく見た映画の中で一番面白かった。
あれの新作を毎年正月に見るって楽しい習慣だったろうな。

ユースケ・サンタマリアと大泉洋をバラエティで共演させてみたい。
うまいこと相乗効果が起きたら可笑しいけど食い潰しになっちゃうか。


●最近買った本類。

松井優征「魔人探偵脳噛ネウロ」7巻。
ネウロ対Xの勝負はかっこいい。燃える。

木尾士目「げんしけん」8巻。
む、むずがゆい!
同じアフタヌーンでも大森カズフサとは天国と地獄だ。

アントニー・バークリー「毒入りチョコレート事件」
ミステリーの名作古典。今読み途中。
このタイトルやけに好き。

さねとうあきら「地べたっこさま」
去年に文学の授業で習って気になっていた日本の民話風短編集。
民話と言ってもほのぼのした話ではなくて、昔話の生々しさに満ちてる。
怖いし泣けるんだよ、「首なしほていどん」とか。
コメント

20060827捨てられない

2006-08-28 00:00:05 | 日記
実家の部屋を掃除。
写真は捨てる本の一部。
よく見ると気持ち悪いタイトルがちらほら。
スラムダンクは愛蔵版で全部集めたから処分。
達成感のある日だった。
コメント

20060826ちょくもうやろう

2006-08-27 00:02:32 | 本・漫画
●この間マイミクの猫さんから借りたマンガを読んだ。

伊藤潤二「魚(ぎょ)」
爽快なほど気持ちの悪いパニックホラー。
機械の足が生えた魚の腐敗死体が襲ってくる、というアイデアに賞。
生物がガンガン死んで腐って機械の動力源になっていくんだけど、なんか後味は悪くない。
むしろ同時収録の短編が「身動きのとれない恐怖」を描いてて怖かった。


●美容院へいってきた。
思い切って縮毛矯正をかけ、直毛の人に。
美容師さんと「ハンカチ王子ってあだ名は気の毒だ」という話をした。

髪型が変わったら人相まで変わったような気がした。
こんな顔だったか。


●テレビで掟ポルシェを見る。
プチブレイクしているなあ。

友人にはたびたび自慢しているのだけど、私はロマン優光本人から直接、ロマン×ポルシェの18禁やおい同人誌(写真)を買ったことがあるよ。
写真のと、あと2冊。
あれは今ヤフオクに出すといくらぐらいになるんだろう。
売るなら今だろうという気はする。
コメント

ヒットエンドラン

2006-08-26 02:32:36 | 日記
●20060824

やらなきゃと思っていたことを片づけられてよかった。

・風邪のため医者へ。
気管支が弱めなのと鼻が悪いのが、悪の相乗効果をもたらしているらしい。
・市役所へ。
実は保険証をなくしてしまったのだった。
再発行手続きがものすごく簡単で、逆に不安になった。
・午後からバイトへ。
・部屋の電球が切れかかっているのをずっと放置していたんだけど、本格的につかなくなったので腹を決めて交換。
廊下は真っ暗だし、部屋は夜中の高速道路のようなオレンジ光だしでは、さすがに暮らせない。
電気のカバーをはずすのに汗だく。
まあ、やってしまえばそんな手間でもなかった。

●20060825

紙とコピー機とパソコンだらけの環境のせいか、バイト先にいると咳が止まらなくなる。
で、今日も早退。
8月に入ってから病欠遅刻早退だらけだ。
お給料が怖いな。

で、アパートに帰って寝ていたら、隣の部屋に入居希望の人が見学にきた。
これまで私以外に住み手のいないフリーダム(深夜にテレビをつけようが、大音量で音楽聞こうが、部屋の戸を開けっ放しで外出しようが平気)だっただけに、軽くへこむ。
人の気配を感じると気疲れするしね。

しかもその人がなんというか、たまーに新宿とかで見かける「少女の格好をした老婆」のようで、正直びびった。
背中半ばくらいまであるロングストレートは相当白髪交じりで、ミニスカートからのぞく足はゴツゴツに痩せているという…。
さらにアニメ声で「ウフフ☆」みたいな。

もっとも、だいたいが今時、多少ワケありか変わった人じゃなきゃ住まないようなアパートなんだよね。
そういう人と身近に接することってなかなかないものだし、入居はほぼ決定らしいので、とりあえず仲良くできたらいいな。
コメント

みんな砂に還れ

2006-08-23 21:53:40 | 本・漫画
●20060821
バイト後、中野に友人に会いに。
誕生日プレゼントと、ワンピース1~10巻を渡す。
「極道一直線」と「魚(ぎょ)!」を借りた。
ますますえらいことになっているブロードウェイをうろうろ。
8、90年代のアニメや特撮が無性に懐かしい。
ヘドラのソフビがほしい。
また別の友人と回転寿司食べて帰宅。

あ、昼休みに「QJ」を買ったんだ。
爆笑問題のインタビューが見たかった。
太田さんはどこへ行くんだ。
最近ツッコミのいる仕事が少なくて田中さんは心配しているらしい。


●20060822
治りかけたかと思っていた風邪がバイト先に行るうちに悪化。
危ない咳が出てよろしくない。
風邪のせいか、有頂天「Bye-Bye」の歌詞のごとく無感覚な気持ち。
感受性も欲求も好奇心も気遣いも絶え絶えだ。
鼻は詰まってるし、舌はのど飴なめすぎで痺れてるし、目は悪いから、5感のうち3が鈍ってるわけだもんね。
月曜にあったDJオーケンのこともすっかり忘れていた。

宮田光雄「キリスト教と笑い」という本を読んでいて、これはわりと可笑しい。
著者はやたらに想像で物を言う人で、「そのときイエスの目はキラキラと輝いていたに違いない」というフレーズがお気に入りらしく、1章に1回ぐらい出てくる。
信者としてはともかく、研究者としてその態度はいかがなものか。
昨日借りた「極道一直線」も読む。
想像以上にバカバカしく(褒めてる)さらに意外とオカルトだ!

夜、明日はバイトを休んでしまうことに決めて気楽になる。
カボチャと大根と豚肉とニラでほうとうウドンを作って食べた。
田舎の煮込み料理みたいなのを作らすと、私はわりと上手だ。


●20060823
寝起き、即課長にバイト休みますの電話。
声がガラガラなので、何かこう、自信を持って体調不良を宣言できる。

しかし咳はひどいがそれ以外は元気なので、寝たり、いいとも→ごきげんようを見たり、「NNKへようこそ」を5巻まで読んだりして休日を満喫。
NHKは思った以上にダメ人間オンパレードなマンガだった。
ああいう人は皆早く楽に死ねばいい。
バイトを休んでブックオフでそんなん立ち読みしている私も早く楽に。
人類補完計画なってまえ。世界終われ。

それから実家に帰って寝たりした。
弟がいて、久しぶりに2人とも不機嫌でなかったので、妙にお互いを慈しんだ。
近況報告などして、「1人で夕飯を食べるのは寂しい」という点で話が一致。
弟は夕飯を作ってくれた後、友人と旅行にでかけていった。

写真の気持ち悪い物は、私が最近とても好きな梅干しウーロン茶。
たまに梅を入れ替えて延々飲める。
コメント

夏よサラバ

2006-08-20 20:24:05 | 日記
●20060819

午前中、いい天気なので洗濯。
洗濯物にセミがとまった。

午後から実家へ。
祖母以外誰もいず。
風邪が治りきらず、寝るのみ。
嫌な咳がでる。

筋少ファンの例に漏れず(?)eplusを呪ったものの、問い合わせメールを送ったら返事が来て一安心。
抽選には参加できた。


●20060820

今日もほぼ寝るのみ。
クーラー大好きな犬と一緒にだらだらしていた。

夏休みで暇を持て余しきった弟が、暇のあまりうどんを打ったり、ずんだ餅を作ったりしていた。
変な十代。

夜、親が帰ってきた。
一月ぶりくらいに家族で食事。
よいものだ。
コメント

パブロンの犬

2006-08-17 22:23:14 | 日記
●昨日はバイトに行ったものの、パソコンの画面を見ていると涙が止まらずひどかったので早退。
郵便局で冬の申込書提出。
アパートに帰って薬飲んで眠た。
夜、ちょっとだけ外出。
坊主の後ろ頭ばっか見て、やな夢の中のことのようだった。
胸が痒くて咳が出る。


●そして今日もバイトを休んで横臥。
寝ているとクソ暑い。
止めどなく汗が出る。
逆に体力削られてるような、なんとなく「どくのぬま」にいる気分。

寝ながら、今さら初めて「ピタゴラスイッチ」を見た。
かわいー。
NHK教育は変でよろしいこと。
5時6時台のテレビは新鮮だ。

雨が降って少し涼しくなった。
コメント

夏ばて

2006-08-14 23:20:48 | 
風邪を引きかけているようで、偏頭痛が収まったと思ったら鼻水が出て腹が下った。
そんなときはよく寝るのがいいんだけど、暑くて眠れない。

扇風機をかけてると手足が乾燥してイヤだし、窓を開けると喉が痛むし、氷枕をあてると頭痛がするし、水を飲むと腹が下るし、でも暑い!暑いの!

といった感じで煩悶一晩。
眠るのにも体力がいるから、弱っているときほど寝られない罠。

「ホッチキスの針に絡まって次々かたわになったり死んでいく蟻の列」という、ダリくさい悪夢を見た。
「ドミンゴスのライブのゲストが小池徹平で、小池ファンが大挙して押し寄せ、しかもドミの曲に失笑」という微妙なのも見た。


●それでもバイトへむかう。
駅に着いたら停電で電車が止まっているとのこと。
遅延証明をもらって、むしろラッキーぐらいの気持ちでのんびり会社へ。

バイト中に見る見る風邪が悪化していった。
とりあえずマスクして、締め切りの仕事は終わらせた。
お盆で休刊の雑誌が多いから、ちょっと楽。


●アパートに帰ってまた寝苦しい一夜を過ごすのは嫌だったので、クーラーのある実家へ。
誰もいなかったので、撮りためたテレビを見ながら寝ていた。
熱37度。
熱が出たからには明日バイト休んでもいいかな。
でも来月もライブ多いからお金を稼ぎに行った方がいいかな。
どっちにしても早く寝よう。
コメント