二重生活~ふたえぐらし

日々のこと、読んだ本や漫画、ライブの感想等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

毛話[雑]

2016-03-31 22:15:14 | 日記

・ちょうど中型犬ぐらいで可愛い狛犬。

・夫が今週いっぱい春休み。
せっかくの機会なので、口ひげを伸ばしてみてもらった。
結構似合う。

夫は別にイケメンではないのだけど、顔のパーツが部分的に妙に整っており、
そのせいで全体では変にアンバランスというか、怪しい印象を人に与えがち。
髭はそれを強調する。

夫祖母に会ったところ「イタリア人の詐欺師」と言われたそうで、おばあさまわかってらっしゃる。

・夫は髭を伸ばしたが私は髪を(昨日)切った。
そして昨日は髪を切ったことに気づいてくれなかったことに気づかなかった。
今日の昼頃に、ふと(髪切ったのに何にも言ってくれないなんてヒドイワ!)
と思ったけど、今からごねるには遅い。
時期を逸した。
コメント

仕事のプロ[雑][本]

2016-03-30 22:53:03 | 本・漫画
・先週末のお花見にて。
スピッツぐらいありそうなデカさだけどチワワ。
紐のもう一方の端には荒ぶるポメラニアンが繋がれていて、父に取り押さえられているところ。

・行こう行こうと思っていた美容院へ、ようやく。
今月は誕生日月だから割引なんだ。
7、8センチは切って、だいぶすいてもらって、さっぱりした。

・40くらいの女性の美容師さんで、最初のシャンプーの時は「チョー○○ですよねぇぇぇ!」みたいな口調でどんどん話しかけてきたのが、
切る段になったらピタリと口を閉ざして一言も喋らないという珍しいパターン。
話しかけられない方が好きではあるけど、調子狂う。

・河村幹夫『シャーロック・ホームズの履歴書』読んだ。
シャーロッキアンの著者による、ホームズおよびシャーロッキアンの研究というのか解説というか、そういう本の軽めのやつ。
現代シャーロッキアンの奇態な振るまい(ホームズの大学卒業証書を探して古本屋を探し回る等)から当時のイギリスの文化背景。
コナン・ドイルの墓に彫られた文言まで載っていて、面白かった。
ホームズ読みたくなる。

コナン・ドイルとオスカー・ワイルドが雑誌の企画で対談し、その企画でそれぞれ雑誌に投稿したのが『四つの署名』と『ドリアン・グレイの肖像』だって言うのが一番驚いた。
絶対、そこ絡みのパスティーシュあるんだろうな。
コメント

ガタガタグラフ[雑]

2016-03-29 22:37:21 | 日記
・造花みたいなチューリップ。
かわいらしいイメージだけど、改めてみると花も葉も茎も艶やか。

・1日経って、まだ日曜のコンサートの余韻が冷めない。
曲が頭の中をぐるぐる回り続けてちょっともううるさい。辛い。
早く文章にして出してしまわねば苦しい。

・仕事も忙しくて緊張しているのか、妙に攻撃的になったりガクッと気落ちしたり。
春になると頭おかしくなるって、体感でわかるわ。

・今月末で定年の母からも、何だか落ち着かないとLINEが来ていた。
仕事は続けるようだけど、それにしても大きな環境の変化なんだろうな。
元気でいるといいけれど。
コメント

Roots66[ライブ][前半]

2016-03-27 22:26:19 | 大槻ケンヂ関連


1966年生まれのミュージシャン大集合で、自分の歌やカバーやセッションやるよ!
という、お祭りイベント。
出演者多数。

私の目当てはとりあえず大槻ケンヂ。
それに宮田和弥(ジュンスカ)、中川敬(ソウルフラワーユニオン)、増子直純(怒髪天)、吉井和哉。
名前ぐらい知っているのはトータス松本(ウルフルズ)、スガシカオ、斉藤和義、田島貴男(オリジナルラブ)、渡辺美里、斉藤由貴。

会場入り口で豪華なパンフレットというか雑誌「special edition ROOTS 66 ぴあ」をプレゼント。
出演者のインタビューがたっぷり載った豪華版。
増子さんが「おっさん図鑑」と呼んでいた笑


2階席だけどまあまあ見やすい位置。

1966年生まれの落語家、立川談春による前説。
なんでロゴが馬かというと、1966年は丙午生まれだから。
いまいちイベントのコンセプトがわかっていなかったのでありがたい。

まずは楽器隊の演奏。
メンバーが誰なのかよくわからないけど豪華なのだろう!
ギタリストの友森昭一にスカパラやソウルフラワーユニオンやレピッシュの人がいるはず。
かっこいい演奏だし、あと単純に武道館広くて音がでっかくて気持ちいい。

誕生日が早い順にボーカリストが登場。
まずは宮田和弥が登場し、突然『踊るダメ人間』!?
なぜ??と思いながらもとりあえず振り付けを守るのが信者の仕事!

ダメ人間を1フレーズ歌って、和弥がオーケンを呼び出す。
と、オーケンはソウルフラワーユニオンの『極東戦線異状なし!?』を歌って登場。
ソウルフラワーユニオンわりによく聴くので、好きな人が好きな曲を歌う!!と、すでに大興奮。
反戦ソングを歌う大槻ケンヂというのも珍しい光景。
オーケンに紹介されて今度は中川敬が怒髪天の『セイノワ』、増子さんはORIGINAL LOVE『朝日のあたる道』。
このロマンチックな曲に、増子さん意外にハマってる!
順々に次の出演者の曲をカバーしながら出てくる演出。豪華だー!!

田島貴男は『やさしくなりたい』、斉藤和義は『サマータイムブルース』、渡辺美里は……
申し訳ないがこの辺から数人、知らない人か知らない曲。
実際知らない人も多くて、公演中にもパンフレットを見ては今出てるの誰だろうとやっていた。

斉藤由貴がイエモンの『LOVE LOVE SHOW』歌って、このイベントに吉井和哉が出るって気づいてなかったらびっくりした。
トータス松本だけは本人も出てきて、『ガッツだぜ!!』
ボーカリスト全員戻ってきて、ガッツだぜ!
オーケンはじめ、ガッツ云々が似合わない面々がこの曲歌うのおかしいな。


ここからはボーカリストが順番に登場して持ち歌を歌い、その合間にセッションを挟む構成。
ちなみに登場は年齢順。
みんな1966生まれだけど、誕生日が早い順なんだって。

◇宮田和弥
このコンサートのために作った?丙午の歌。
そして『さらば愛しき危険たちよ』。
これ青春を歌った歌の中でも抜群に好き。

◇大槻ケンヂ
2月生まれのオーケンは2番手!
なんとゲストで斉藤和義が筋少特攻服でギター持って登場。
オーケンいわく「斉藤くん俺の若いころそっくり!同い年なのに!」
パンフレットによると、オーケンは今回のイベントで友達作りを試みるそうで、他の人を「○○くん」って呼んでてめっちゃ可愛い。
珍しいほど肩組んだり手つないだりしてたのもその試みの結果なんだろうか。

一瞬だけ筋少にいたことのある友森昭一もギターで参加し、『日本印度化計画』。
そしてヘーイヘイヘイヘーイヘイのコール&レスポンス。
これが客の世代もあってかバカ盛り上がり。

しかしこんなに叫ぶオーケンはいつまで見られるんだろうと思ったら無性に切なくなった。
少なくとも数ヵ月は見納めだ。
4月末に喉の手術で、しばし活動お休みなのだそう。

◇中川敬
「大槻くんの後やりづらいわぁ」とぼやきつつの登場。
しかしまた雰囲気もっていくんだ。
阪神淡路大震災のあとに作ったという『満月の夕』をギター一本で演奏。
曲のメッセージ性にはそれほど同調しないのだけど、なんたって曲と声がいいもんな。
歌い終わると、会場中が一瞬シン……と静まり返る。

◇増子直純
「いい曲のあとすいませーん!感動中のところすいませーん!」
と、わーっと出てきて、また一瞬でお祭りムードに持っていって『オトナノススメ』。
このイベントは嬉しいことに、転換待ちの時間がほぼゼロ。
しかしそれだけに、それぞれベテランの猛者たちが前の出演者の空気を自分のものに持っていくところがスリリング。
ちょっとした火花散ってるような気がする。

◇セッション1
増子さんに、田島貴男、トータス松本もでてきて、世良公則&ツイスト『銃爪』をカバー。
この曲はちょっと前にライブ映像を見て(かっこいい!!!)と思ったやつ。
ボーカリスト3人だけど、いかにもロック声の2人に田島さんの甘い声が入っていい塩梅。
もう楽しい楽しいたのしーい!!

◇田島貴男
特濃の『接吻』を披露。
もともと甘い曲だけに、なんか濃すぎて自分自身の物真似しているような歌いっぷり。
サービス精神旺盛な人なんだろうな。
今回見てるだけでもすごく心優しそうだった。

◇セッション2
田島貴男に中川敬と吉井和哉の3人。
中川敬がさっそく『接吻』の真似をしてからかう(のに対して「歌ってくれて嬉しい!」と返す田島貴男のスイートさよ)。
この3人で、デヴィット・ボウイ『Changes』を、日本語詞でカバー。
濃い声の3人で、色っぽくて素敵だった!

◇スガシカオ
ここまでの濃厚さから一転、すっと出てきて「中庸を目指す」「爽やかな風を届けたい」と。
そんなことを言って歌うのが大ヒット曲の『Progress』なんだからズルイ。
がつがつウケを狙いにいかない余裕ある佇まいに見えてくる。

◇セッション3
だけどセッションは熱い!
KEMURIの伊藤ふみおと一緒に『リンダリンダ』。
これは盛り上がるに決まってるっていうか、盛り上がるよねー。
リンダリンダー!

◇斉藤和義
斉藤和義、斉藤由貴、トータス松本と3人で登場。
斉藤由貴きれい、そして何だか不思議さん。トータスと喋るとふわふわしている。
トークは場繋ぎだったようで、歌うのは斉藤和義1人で『ずっと好きだった』。
この曲あざとい……あざといい……。

◇渡辺美里
強そう!驚くほど友近に見える。
声もでかい!強い!『My Revolution』。
圧倒的大御所感。


長くなってきたのでいったんここでアップ。
コメント

ライブの他日記[植物][実家]

2016-03-27 17:04:01 | 日記
気持ち良さそうに見える。


●植物

チランジアを外に出した。
まだちょっと寒すぎるような気もするけど、風と日差しにあたってる方が調子が良くなりそう。
最低気温も5℃は下回らないみたいだし。

家の中に置いておくと、湿度の管理がうまくできない。
今日も見たら、ハリシーの外葉がぶよぶよになっていた。
幸い、中はまだ無事。
水やりすぎがちなので、風通しだけは確保してやりたい。


●実家

おはぎを持って実家へ。
さっと行って帰るつもりが弟と彼女さんも来ていたので、犬を連れて公園へお花見に。

弟カップルの作ってきたお弁当すごい可愛いそして美味しい。
私の作ったものを並べて出すの軽く罰ゲームだった。

花は三分から五分咲き。
新緑もきれいで、花見客ももう結構出ていた。
子供の頃は毎年お花見していた公園でもあり、とてものんびりした気持ち。

そしてまた偶然、祖父の兄の息子夫婦、という遠い親戚の方も来ていて、ご挨拶。
ほぼ知らない方ではあるけれど。


その後、九段下へ向かい、武道館へ。

こんなの見にきたよ。
コメント (2)

小豆胡麻黄粉[休日][食]

2016-03-26 23:44:20 | 日記

・おはぎ(季節的にはぼたもち?)作った。
どうも見た目が汚い、けど、おはぎってだいたいがこんなような物だろうか。

子供の頃から実家では毎年春に作っていて、真似してやってみたら難しかった。
家では、あんこでもち米をくるむ最後のところしか手伝っていなかったので、小豆を煮るのももち米を炊くのも初めて。
砂糖を入れる前の小豆は、いかにも穀物の香り。
実家でやっていた手順をいくつか、いらないだろうと思ってやらなかったら、見事に後で響いた。

欠点は主に3つ。
小豆の皮がいまいち柔らかく煮えず、口の中に残りがち。
最後にあんこを煮詰めすぎて乾き気味。
もち米の粘度が高すぎてまとまらない。

味はまあ、小豆と砂糖ともち米(と、きなこやゴマ)の味なので、美味しい。
小豆100gに対して砂糖75gと、怖いくらい砂糖入れたけど、市販品に比べるとだいぶ甘さ控えめに仕上がった。
和菓子ってほぼ砂糖だな。

来年またチャレンジしよう。

・今日はだいたいこれで終わってしまった。
平日は休みの日になったらあれやろう、これやろうと思っているのに、やらないなあ。
ゲーム内のレベルはあがったわ。
コメント

ご卒業ソング[外出]

2016-03-25 23:16:44 | 日記

イメージとしては、こう、どれ1つとっても可愛い、という。


仕事終わりに、とある高校の吹奏楽部の演奏会を見にいってきた。
部活顧問の先生を知っているので、一般公開されている演奏会でもあるし、冷やかしがてら。
高校の吹奏楽部を舞台にした「Soul Catchers」という漫画が好きなので実際に見てみたかったのもある。

演奏自体にそう期待していったわけではないのだけど、これが楽しかった。
大人数(50人ぐらい?)での楽器演奏はそれだけで厚みがあって、素人耳には立派なものに聞こえる。
曲目もジャズをやってみたり、嵐のメドレーをやってみたり、バラエティに富んでいて、
ちゃんと「演奏会」として観客にウケようという工夫が要所要所にしてあって、感心してしまった。

そして何より、高校生は可愛いなー!
縁もゆかりもない子たちだと言うのに、
「3年の先輩たちはこれが最後の演奏になります」みたいなコーナーでもらい泣きしてしまった。
頑張ったんだね!ひとりひとり一所懸命やったんだね!って。


で、この感動が病みつきになると、子供に組体操やらせたり炎天下に野球させたりしたくなるんだろうな。
"頑張り""若さ""集団""期間限定""自分の身は削らない"って、相当に強い快感だこれ。
コメント

わんわんの溝[雑]

2016-03-24 21:46:23 | 日記

・よその家のわんちゃん。
私は犬大好きだが、夫は非常に犬が苦手。
先日ちょっと詳しく聞いてみたところ、

「散歩中の犬とすれ違うのは、奇声を発しながら歩いてくるおっさんとすれ違うような怖さ」

という説明を受けて衝撃を受けた。
何を考えているかわからない、何をしてくるかわからない怖さらしい。
それは確かに怖い……。

犬苦手でも、懐いてきたら可愛くなるんじゃない?と甘く考えていたけど
「知らないおっさんに好かれるようなもの」と例えられて、そいつは無理だ!と思った。

・ゲーム『FEDA』が楽しい。
戦略シュミレーション系苦手だと思っていたけど、慣れてきたら止められなくなってきた。
戦略自体は、あんまり上手ではないけど。
十数年前のゲームなので、キャラが現在ではちょっと考えられないレベルに暑苦しく、くさいセリフを吐くのもいい。
そうそうこういうのでいいんだよ!

・今日は夕飯作った。
ミネストローネを大量に。
夕飯を作るのが、日記に書くレベルに稀なことになっている。
コメント

ひまわりのやつ[雑]

2016-03-23 21:57:00 | 日記

・桜が咲き始め。
暖かくなってきた。

・仕事で、チャットでだけやりとりする上司がいる。
この人が最近語尾に「ですぞ」をつけるのに、はまっているご様子。
本人は何のつもりなのか知らないけど、
「残念!それは間違ってますぞ」とか書かれると、もう、赤いもじゃもじゃにしか思えない。
緑の方よりは上司に欲しいタイプだろうか。

・シャンプーを買い替えたら、とてもよかった。
よく泡立って洗いやすいし、頭の地肌が見えてしまうのも改善した。
ノンシリコンがどうとかラウリル酸がどうとか考えず、大手会社の宣伝している物を買うことにしてよかった。
寄らば大樹のかげ(?)ですよ。
コメント

パーフェクト・モニカ[雑]

2016-03-22 21:47:55 | 音楽・映画・DVD・ゲーム

・絵になる屋台の爺さん。

・近所の公園に屋台がでていたので、夕飯をそこで買って済ませてみた。
焼きそば、お好み焼き、チキンソテー。
体に悪いものは美味しいな。
平日なのにビールも飲んだ。チューハイも飲んだ。
安いチューハイ飲むと必ず頭痛がする。

・悪い夕飯を取りながらDVD見た。
テリー・ギリアム監督の『ブラザーズ・グリム』。
確かモンティ・パイソンファンの友人と映画館に見にいった気がする。
私は主演のマット・ディモン目当て。
グリム兄弟が主役で、狩人が仲間で、赤ずきんとグレーテルが鏡の女王にさらわれてガラスの靴を履かされて……
と、童話リミックスな内容。
今見ても面白い映画だった。

・ラブクラフト『ピックマンのモデル』読んだ。
ピックマンてそういう人物だったのか。
有名な話も読みなおすとすっかり忘れていがち。
コメント