二重生活~ふたえぐらし

日々のこと、読んだ本や漫画、ライブの感想等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

20060730親戚集合/品川庄司ライブ

2006-07-30 23:42:56 | その他のライブ・イベント
●朝、実家でヒステリーを起こす。
何の服着ても気に食わないみたいなどうでもいい理由。
誰からも相手にされず。


●家族で母方の祖父母の家へ。
叔母といとこ達も来ていて、プチ親戚集合。

祖父母の家の庭が草木が生い茂りまくってひどいことになっていたので、みんなして草刈り。
6、7本並んでいるツバキの木が2メートル以上の壁になって、そこにツタが絡んで、すごい圧迫感。
刈る。
下を見ればミョウガが至るところに生えているので摘む。
祖母が天ぷらにすると言っていた。
芝生の雑草も刈って終了。
夏の草刈りは青臭い葉っぱの匂いがして好きだ。

祖母と叔母の作ったエビフライや混ぜご飯を食べる。
スイカも食べた。超うまい。

その後はそれぞれだらだら。
各自、昼寝、数独、読書、雑談など。
祖母が数独にハマっている様子。
やらせてもらったけど、私には向いていない。

5時頃さよならして、吉祥寺へ向かう。
吉祥寺まで運転。
テンパって踏切の警報無視。
いつか死ぬから運転もうしたくない。


●吉祥寺から恵比寿へ。
恵比寿ガーデンホールでの品川庄司コントライブ「ワンス アポンナ タイム イン ニッポン」を見に。
ホールに入ると大量の花が。
写真は爆笑問題とタモリさんからきてたやつ。
品川が本を出したらしく、物販でサイン入りを売っていた。

ライブはせいぜい2時間かと思っていたら、みっちり3時間!
面白かったー。
これまで見た品庄の、どのDVDより面白かった。
歌ありホモあり筋肉ありウンチクありウンコあり感動ありの被せ芸ありで、そんなに長く感じなかった。
テレビ的な手法も取り入れつつ。

ゲスト出演者も10人近く。
それぞれ重要な役で、品川庄司のコントライブと言うより、品川脚本演出のお芝居だったかも。
特にヤクザ役の宮川大輔が、まあ、かっこよくて!
関西弁の巻き舌ツッコミが気持ちいいのなんの。
この舞台通しての「ツッコミ」の役目は、完全に彼だった。
(庄司は「筋肉」「間違いの訂正」「弟分」が役目)

音楽もお笑いも、やっぱりライブが一番だ。

アンケートを書いてアパートへ帰る。
部屋がきれいだぁ~(金曜日掃除したから)。
コメント

20060729ゆとりろ

2006-07-30 01:30:10 | 遠出・交流
●生活に「きれいさ」を取り入れようキャンペーンを自分内実施中。

クリーン面:布団干し、洗濯、ゴミだし、本の整頓、CDの整頓、冷蔵庫の残り物を食べる、床を拭くなど。
床が8割以上見える!

ビューティフル面:吉祥寺で買い物。どこの店も春夏物セール。Tシャツ70%OFF、靴50%OFFで購入。
ちょっとヒールの高い靴を履いてみようと思う。


●午前中、部屋の掃除をしていたらマイミクのヤカン氏が遊びに来た。
遊びに来てくれたにも関わらず、マンガを渡して掃除を続行。
そんなもてなし方ってない。
しかもアイスやお菓子をもらった。ありがとう。

一緒に吉祥寺へ。
HMV、タワレコ、PARCO、バスグッズのLUSH(石鹸なのに超美味しそう)、駅近くのGAPの向かいのカフェでチーズドッグ、タルサタイム(靴屋)など。
ヤカン氏は素敵CDを見つけた様子。
私はTシャツと靴を買った。
なんだか心にゆとりをもてる1日だった。

お茶しながら、宗教の勧誘みたいな気持ち悪い話をヤカン氏に聞かせてしまう。
心のたがをはずしきらないように気をつけた方がいいようだな、私は。


●実家へ帰った。
夕飯はカレー。
母が作ったカレーって久しぶりだ。

夜、弟の友達が突然泊まりに来た。
うるせい。
コメント (2)

20060728のほほん学校69時間目

2006-07-30 01:04:15 | 大槻ケンヂ関連
のほほん学校69時間目。
最近は公園で並ばないらしく、直接入場。座れた。
開演前の映像は昔の歌謡番組。「レッツゴーヤング」など。
ステージ横にTNさんがいる。
布施明が「君は薔薇より美しい」を歌う映像が流れてからオーケン登場。

○恒例のカラオケは竹内まりやの「喧嘩をやめて」。
この間の”大槻ケンヂと橘高文彦”ライブのSEだった曲。
オーケン音はずしまくり。

知らないんだよ、この曲。だいたいこんなメロディーかなーって

途中でとうとう歌うのをやめちゃって「嫌な詞!嫌な女だな~」と喋り始める。
大槻ケンヂと橘高文彦ライブで、筋肉少女帯が正式に復活しました

だいたいの人はもう知っているらしく、驚きの声はほとんどなかったものの拍手が。

復活したの今初めて知ったって人いる?

何人か手があがる。

今知った!?今初めて知った人困るよね。音はずしたカラオケのあとで突然、復活しましたって言われても(笑)


○椅子に座ってしばらくトーク。

・筋少の話。

筋少復活したんだけど大変で!昔はメンバー間の連絡網みたいのがあったんだけど今はなくて、連絡を全部メールでやりとりしてるのね。で、誰とは言わないけど……

誰とは言わないメンバーのメールが細かすぎると、ぶつぶつ文句を言うオーケン。
気心が知れてるのも良し悪しというか、すでにそんな不満があって、12月まで大丈夫なのか?!と思った。

・ポルシェのバッテリーがあがりっぱなしになっちゃって駄目なので、買い換える予定。
もうダイハツのミラとかのファミリーカーにする。

・大阪でロックフェスの総合司会をやる予定。
総合司会ってグループサウンズのイベントの山本コータローみたいな位置じゃねえか!ということで少しだけ歌わせてもらうことにしました

・個人事務所を立ち上げた。
最初は恵比寿ガーデンプレイスの中の一室の予定だったのが、いろいろあって築40年の木造一軒屋になった。
(以前犬神サーカス団の事務所が入っていたところだとか)


○数日前にオーケンのブログに書いていた「サン・ラー&ヒズ・アーケストラ」の映像を流す(リンク先は同じ映像)。
これともう一つ、信者みたいな人たちがサン・ラーを讃えまくる映像も。
大槻ケンヂと橘高文彦の打ち上げで流れているのを見て、衝撃を受けたらしい。
サン・ラーの名前自体は山下洋輔氏のエッセイで読んで知っていたとか。

10代の頃にサン・ラーに出会ってなくて本当によかった!俺は絶対にこういうバンドを作ってた!そうしたら筋肉少女帯も特撮も空手バカボンもなかったわけだよ。いや、断言する!筋肉少女帯はこういうバンドになっていた!当時は内田くんも言うこと聞いてくれてたから、やってもいいよーってアフロ被って、エディもこれに影響をうけて…(といって、サン・ラーみたいにくるくる回る)」
サン・ラーは誇大妄想か躁病なのね。で、そういう病気は感化しちゃうから周りにすごいミュージシャンが集まってきたりして、音楽をやるオ○ム真理教なんだよ!俺がやりたいのはこういうバンドだったって思い出した!
12月28日のライブこういうのやるからね!懐かしい曲とかやるって思ってたんじゃないの~?今の俺達を見てくれよ(笑)。でもほんと、こういうのやったら怒る?(客席から「怒るー」)あ、そう…。やりたいんだけどなー

とにかくえらい衝撃だったらしい。


○特撮の曲がたくさん使われている映画「マスター・オブ・サンダー」の話を。
筋少が復活するけど、特撮も僕の大切なバンドです」と言ってくれたのが嬉しかった。

で、その監督から借りた、ものすごいアクション映画の話。
撮影中に絶対何人か死んでる。すごいアクション」だそう。
しかしそれと対比して「世界一、命をかけていないダメアクション」として、以前ものほ学で流した「007黄金銃をもつ男」の、”ジェームズ・ボンドVSお相撲さん”のシーンを流す。
見るの2回目だけど、しかしこれは情けない。

そしてすごいのは「天山回廊 ザ・シルクロード」という映画の格闘・爆破シーン。
すごかった。びびった。
人間が本当に、生きながら火に焼かれるところを見てしまった…。

「マスター・オブ・サンダー」の谷垣監督が登場してオーケンとトーク。
「天山回廊」は人死んでるよねーという話など。
突然呼ばれたらしく、とてもラフな格好の監督。
オーケンは先日、映画雑誌でこの映画についてのインタビューに
フケ専ホモにはたまらん映画ですよ!それ以外の性癖の方もどうぞ
などと言って、それがばっちり活字になってしまったらしい。


○谷垣監督は退場し、アニメ「N・H・Kへようこそ」のエンディング映像
大槻ケンヂと橘高文彦の「踊る赤ちゃん人間」にばっちり合った映像で、かなり笑える。

これを見て、オーケンのことも筋少のことも知らないニートやひきこもりの人たちが共感してくれてるらしいよ。俺のことを歌ってるって

新しいファン層が生まれてるんだね。
大槻さんは100万人のオタク、アングラ、サブカル、パンク、ゴスロリ、ひきこもりの兄貴だもの。

 
○筋肉少女帯がなぜ復活へなったかというと、オーケンが人間ドックへ行ったのがきっかけ。

人間ドックにいったら痛風が判明して、ほかにもよくない病気の可能性があって、俺、生きてるうちにやりたいことってなんだろうと思って。犬を飼おうとか、野球をやろうとか(客席笑いがおきる)いや、ほんとにそれでバッティングセンター行ったりしたんだけど、あ、筋少やりたいなと思って

それでひとりひとりに会っていったそう。
ぴあのエッセイでも書いていたけど、橘高さんとドトールで会って気まずかったとか。

それで筋少が全員揃ったのがデニーズだよ?武道館4回やったバンドが、橘高が車が止められるとこじゃないとダメだとか言うから…、あ、ロイホか?!ドリンクバーがあるほう。筋肉少女帯が揃って最初にやったことがドリンクバーもらいに行くことでさ、俺ウーロン茶で、とか言って。

すごくいやそ~な顔で喋るオーケンがおかしい。

それで衣装とかどこにいったんだと思ったら、前の前の事務所から引き継がれてる千葉の倉庫があって、そこにありました!

ということで、なんとオーケンの筋少時代の衣装がプラスチックのケースに4つ、ステージへ。
中をあけて大興奮のオーケン。
私にはどれがどれかはわからないんだけど、会場も沸いてた。

・まず大槻ケンヂと橘高文彦でも着た特攻服。
・光沢ある紫のひらひらしたやつ。
・「221B戦記」のプロモで着たネルフの衣装。
・武道館で着たという金色の。
・背中に南無阿弥陀仏の入った特攻服。
・「蜘蛛の糸」のプロモで着た、背中に”幻覚キノコ”の特攻服。
・空手を練習していた頃のミット。大会に出た時の「強くなりたい道」Tシャツ。
・ヌンチャク、マラカス、サンダル、過去のTシャツたくさん。
・なぜか有頂天の衣装が!(「事務所が一緒だったときにまぎれこんだのかな?」)
・EAT-MANの服(布地がくっついちゃってる)

とにかくいろいろ出てきていた。
それにしてもオーケンは、わざとやってるのかと思うほどステージを散らかしていた。
衣装を、あれがあったと言っては箱から出して眺めて床にポイ、これがあったと言っては眺めてポイ。
ゴミ屋敷みたいな部屋に住んでると前言ってたけど、そうだろうなーと思った。
まったく片付けられなそう。

本人が着ちゃうと12月のライブのありがたみがなくなるからと、ヤングスのヒデト、ファンタ(ほぼローディー化して衣装を運んできた)やTNさんや、もう1人のマネージャーさん(?)に衣装を着させるオーケン。
そして「じーさんはいい塩梅」を合唱。
といってもオーケンがほとんどとヤングスが少し。


○休憩。
オーケンのサンラーなりきり映像と、「綿いっぱいの愛を」のプロモ。


○ゲスト。

特撮も活動していくけど、特撮のメンバー呼んで筋少の話ばっかりも悪いかなと思って、それじゃサポートの方くらいならいいんじゃないかなと

そんな紹介で登場したのは高橋竜さん。
そして、竜さんが一緒に活動しているギタリストの大谷レイブン氏も。

ミュージシャンは親しいからって貶すと結構傷ついちゃうから、褒めていこうとか話す。
「最高のボーカリスト!」「最高のベーシスト!」とか、MCで褒めあうというか褒め殺しあうオーケンと竜さん。
ジャパメタ業界は、わりとメンバー同士で褒めあうのが習慣だったとレイブン氏。
ちなみにのほ学の翌日、竜さんとレイブン氏のライブで、ゲストに人見元基氏も来るとか。

特撮の竜さん作曲曲「SWEETS」と「あの子が遊びに来る前に」を竜さんベース、レイブン氏ギター、オーケンがボーカル。
あの子が~は、めったに聞けないけど、かなり好きな曲だから嬉しかった。
それからオーケンが一旦はけ、竜さんがボーカルで大谷レイブンのアルバム曲から「チャーリー」と「犬も歩けば棒に当たる」。
高橋竜さんの声はいい意味で中庸というか、オーケンみたいなインパクトはないけど、とても柔らかくて気持ちいい。
さすが車のCMに選ばれるだけのことはある。
演奏も上手だし、よかったなー。


○次のゲストは先日解散したPsycho le Cemu(サイコルシェイム)のSeekさん。
目の周り真っ黒のメイクで、顔中(唇、目、眉まわりなど)がピアスでキラキラしてる。
喋ると関西弁の面白いお兄ちゃんという感じ。

サイコのPV(CGですごい。口から水がばーっとでたりする)を見て喜ぶオーケン。

本人目の前にして言うのもなんだけど、面白いよこのバンド!ちょっとサン・ラー入ってるし!

いくら儲かったとかやらしい話(オーケンは本当にそういう話が好きだ)もありつつ、サイコルシェイムの解散にまつわる話なども。
バンドへの愛情が伝わってきて、いい話だった。

バンドの再結成のコツがわかったから、俺は再結成コーディネーターとして会社を作って暗躍するとか言い出すオーケン。
まずはルナシーで、ブルーハーツは難しそうだとか。

Seekさんは今度、雑誌の連載をまとめた「凡人水族園」という本を出すそう。


○最後にてっちゃんこと宮脇鉄也さんとオーケンの2人で「シーサイド美術館」「パティー・サワディー」「ロコ、思うままに!」を演奏。
ロコはアンプラのほうが好きだ。


のほほん学校69時間目、終了。
ライブ後、マイミクのるみねさんとるととさんにお会いした。
るみねさんに一部で伝説的ドラマ「同窓会」のDVDを貸していただく。
DVDのジャケ裏のあらすじだけで、どんだけどんでん返しだよっ!と思わせる。
凄そうだ。
コメント (1)

20060728買い物やのほ学

2006-07-29 00:29:14 | 大槻ケンヂ関連
●バイト。
わりと暇。
手が空いてしまうのがイヤで、簡単な仕事をだらだらやる。
ファッション誌(Urbだったかな)の表紙が江角マキコで怖い。
骨が強そう。

昼休み、友人にユニバーサルデザインの偉大さについて語った。
友人は新しいことを始めようとしているらしい。
将来の夢があるって素敵だ。

帰りにNIKITAのバックナンバーをもらっていく。
実家の母にあげてみるつもり。
艶女(アデージョ)化しないかとワクワクしながら。


●新宿へオーケンののほほん学校を見に。

時間があったのでソニプラをうろついた。
ピアスとTシャツと眉切りバサミとゴールドのアイシャドウを購入。
給料日なので出費も良しとする。

アイシャドウを試してみたら思った以上にキラキラした。
安かったけど使いにくいかも。


のほ学はまた別に詳しく書くつもり。
・筋少復活に際してのエピソード。
・サン・ラー。
・筋少時代のオーケンの衣装大放出。
・ゲストは「サウンドオブサンダー」の監督、高橋竜さん、サイコルシェイムの方など。
コメント

20060727そのほか

2006-07-28 08:52:56 | 日記
●昨日に引き続き「生活にきれいさを」取り入れようとの試み。

・部屋の床を掃いた。

・化粧水を執拗にパッティング、マッサージなど。

・セロリ、モヤシなどをうどんにのせ夕飯。
ヘルシー、と見せかけてちくわのチーズ揚げも。
酢水(米酢を水で薄めた物)も飲んだ。

・脱毛クリーム(写真)というのを初試ししてみた。
どんなものなのか様子見のため足で実験。
歯磨き粉のような薄青いクリームを備え付けのヘラで塗る。
塗って5分ほどすると毛がチリチリしてきて…、溶けてる?
そうか、溶けるものなのか。
なんか怖いな。
嗅ぐとパーマ液の匂いがする。
10分してからティッシュで拭きとると、毛がぼろぼろになってとれてきた。
なるほど。これなら剃った方がいいかな。
使用後、少しヒリヒリしたし。


●ラヴクラフト読み中。
夜中には多少気味が悪い。
人体の代謝が著しく衰え云々が怖い。
コメント

20060726美醜分散

2006-07-27 00:01:19 | 大槻ケンヂ関連
●夏休みに入って時間に余裕もできたので、少し自己向上することにした。
目指すは“きれいさ”。
クリーンとビューティフル両方の意味で。
今のところやったこと。

・のびっぱなしだった前髪を切った。
目にかからなくなってよかった。
でも近いうちにちゃんと美容院いこう。

・冷凍庫に作りおきっぱなしのまま数ヶ月たったカレーを2日かけて食べた。
昨日はカレーうどん、今日はライスで。
セロリも(私のきれいのイメージ)。

・薬局で化粧水とスリミング美容液を購入。
化粧水はアヴェンヌのが、肌が柔らかくなってニキビがひくので好き。
舶来物っぽい、いい匂いするし。
もう一つは塗ってマッサージすると体がひきしまるというやつ。
ひんやりして気持ちいい。
セルライトよどうにかなるのだ。
カレーたらふく食っておいて何だけど。

・つい溜めてしまっていたビン缶を資源ゴミに出した。
少し出す場所が遠いのよね。
部屋が広がった。


●娯楽。

・最近、千葉テレビがお気に入り。
円谷劇場って時間帯があって怪奇大作戦とかウルトラセブン(昨日見た)やってるし、ローカルチャンネルならではのB級出演者も素敵。
アンジャッシュが冠番組もってたり、名前ど忘れしたけどオーケンの友達の人がバイク番組やってたりして。
むかし、水戸華之介さんも千葉テレビでプロレス番組やってなかったっけ。

・筋少復活で特撮はどうなるんだろうと思っていたけど、大槻さんが日記や4ちゃんねるで特撮にこまめなフォローをしているので気にしないことにした。
芸歴の長い人は行き届いていらっしゃる。

・9月に、下手すると5日間連続でライブに行きそう。
水戸さんの鶴亀とナカジマノブ祭り全通するとそうなるんだな。
鶴亀はどっちも行くつもりだし、一休さん見たいから初日と3日目は行きたい。
それじゃせっかくだから2日目も行くか…?
いくら好きでもうんざりしちゃうだろうか。

・またラヴクラフトを読んでいる。
「クトゥルフの呼び声」と「エーリッヒ・ツァンの音楽」。
アメリカの恐怖のひとつの典型なので、読みながら“こういうのを怖いと感じるメンタルとは?”とか考えるのも楽しい。
西洋人のプライドや高潔さや傲慢がかいま見えるような。

前髪切った。おなかが痛い。カレーうどん。
コメント

芯のない暮らしよ

2006-07-25 22:01:09 | 本・漫画
●バイトで雑誌を読んでいたら、世の中に「ウサギフクロウ」という生き物がいることがわかった。
あまりにかわいい名前なのでgoogleでイメージ検索してみたら、名前以上にかわいい。
耳が長い。
ウサギとフクロウ、かわいさの二大巨頭だもんな。


●バイト後、今日も本屋へ。
洋書と児童書の北沢書店で買い物。

R.スタウト「The League of Frightened Men」「The Silent Speaker」
宮田光雄「キリスト教の笑い」
舟崎克彦「ガヤガヤムッツリ」

児童書もかわいさ満載で、眺めてて楽しかった。
あと昼休みにBLも買った。

雁須磨子「のはらのはらの」
絵は下手だしエロさ一切ないし状況わかりにくいんだけど、すごーく可愛い。
で、なんか小ネタが笑える。
ハチクロの羽海野チカの友達らしい。確かに似てるノリかも。

木下けい子「ボクとオレのカワイイあのコ」
たまにイライラしてみようと思って三角関係物。
細い線の、今時少女漫画絵。
可愛いと言えば可愛かったけど、どうでもよかった。


●帰り道、はっちゃけた爺様に遭遇。
汗と醤油で煮染めたような、ホームがレスな雰囲気の人だったんだけど、そう見えて歯医者らしい。
それで、なんだかいろいろ話してくださる。
「解体新書」を訳した前野良沢の子孫で、母親は天皇家に嫁を出した血筋で、武士で学者の家だから小学校あがるときには漢文とドイツ語ができ、博士号を二つもっていて、戦時中は目の前で人が殺され、日本の街並みは統制がないとか、まないた橋の名前の由来とか。
なかなか面白かったけど長かったので、途中で切り上げて帰った。
嘘ならぶちあげたもんだし、本当ならすごいな。
年寄りの経歴は侮れないからな。


●天の邪鬼。

mixiのオーケン関係コミュを見ていて、なんとなく面白くない。
筋少、筋少って、じゃあ筋少解散後にオーケン好きになって、筋少やってない間ライブに通ってたアタシの立場はどうなんのよっ!?みたいな。
いや、「アタシの立場」って、どんな立場にもないんだけど、ここ5、6年のファン=年季の入った特撮ファンとも言えるわけで、嬉しいときも悲しいときも受験前にも失恋後にも聞いた我が青春のバンド「特撮」って何だったんだ。そしてこの先どうなるんだろう、と。
マスターオブサンダー以降は活動あるのかな。
筋少復活万歳三唱ながら、気にかかる。

ていうか、せっかく筋肉少女帯が復活したのに、ぐちゃぐちゃ言いたがる自分の心の動きが不思議だよ。
手放しで喜びやがれとも思う。
コメント

20060724アイアムディスカインド

2006-07-25 00:10:43 | 本・漫画
●朝、かなり寝坊。
バイトに20分くらい遅れてしまうかと思ったら、電車も遅れていて、うまいこと誤魔化された。
ラッキーだ。

もう学校がないので、バイト後が自由時間。
古本屋をうろうろして買い物。

写真の「水木しげるの妖怪タロットカード」は78枚すべてに妖怪が描かれていて、とても素敵だ。
フールはネズミ男。
占いの監修は鏡リュウジ。仕事選べ。
ちなみに水木先生自身は占いに興味ないようだ。

児嶋都「怪奇大盛!!肉子ちゃん」
“目についた物は何でも食べる、<大盛り美少女肉子ちゃん>こと大森似久子!”(帯より)
一応ホラー漫画だけど、肉子ちゃんツヤツヤでかわいい。
美しい物が好きな天才音楽プロデューサー、ローリー・コムラ氏というのがでてくるけど、これはローリーかな。

日野日出志「蔵六の奇病」
なぜか山積み大安売り460円だった。
新装版だけど、持っておきたい一冊だからよかった。

舟崎克彦「ぼくんちおばけ」「スカンクプイプイ」
舟崎氏のファンなので購入。
常識が絶対ではないことを学んだのは、最初はこの人の本からだったような気がする。


●時間があるので夕飯もちゃんと作った。
パプリカと鶏肉入りリゾットと、パプリカをオーブンで焼いて醤油をかけた。
緑黄色野菜を食べてみた。


●痛い話。

昨日、サンダルで歩き回っていたら、足の裏にガラスの破片が刺さってしまった。
皮膚にもぐってしまって抜けなかったので、昨日はそのまま就寝。
そしたら寝ている間に傷口がふさがってしまい(人間の回復力!)本当にとれなくなった。

ので、今日は刺さったままバイトへ。
寝てる分にはともかく、下手に歩くと痛みが!
足をかばって一日。
野生動物だったら衰弱して死んでいたな。

野生でないので裁縫セットを買って、針で皮膚を破って出した。
1ミリもないような破片だった。
あれであんなに痛いなんてな。
コメント

筋少復活翌日

2006-07-23 22:40:16 | 大槻ケンヂ関連
●筋肉少女帯の復活発表を目の当たりにして、嬉しくて嬉しくて一夜あけてもにやついている自分が意外。
そもそも解散していない筋肉少女帯を知らないので“筋少と共に蘇る青春!”みたいなこともなく、最近オーケンファン心も萎えてたから

いまさら筋少じゃねーんだよー。
もう大槻ケンヂとか知らねーよ。

みたいなことを思うと思っていたのに、それがもうメロメロだ。
オーケン超かっこいい。
ライブ中は後光みたいのがパーッと出てたね。いや照明でなく、オーラだオーラ。
ダメ人間、イワン、オウム、僕の歌と、やってくれた曲もよかった。
アンコールでの釈迦とサンフランシスコは反則だと思った。
ロックミュージシャンはロックを歌っているときが一番かっこいいんだよ!言わずもがな!

いや、興奮さめやらない。
橘高さんがかっこよかった(ピック拾った!)ことや、エディがすごかったことや、極楽山本どころじゃない大槻橘高武勇伝のことは、落ち着いて思い出せたら書こう。
大槻、橘高、内田、本城、三柴を一挙に見られただけでよかった。
橘高ギター、三柴キーボードでのサンフランシスコが聞けたんだもんな。

ライブ後は筋少ファンの先輩(?)方と飲み。
ガンダムと幼女の話が一番盛り上がっていた罠。

部屋に帰ってからオーケンブログを見て、さらに興奮。
やっぱヒビだよ!


●今日。
午前中はいいとも増刊号を見て、午後からマイミクの暁ちゃんと新宿で遊んだ。

カラオケでバカ盛り上がりする我々。
ジェロニモでヘッドをバンギングする我々。
わたくしエアギターデビュー、そしてカラ館のコップを落として割ってしまったのだった。
なのに懲りずにサンフランシスコを入れてジャンプをきめたのだった。

アルタビルのギャル服屋をのぞいたり、ぶらぶらしてから映画を見た。
「機械じかけの小児病棟」というオーソドックスなホラー映画。
前半は小児の大腿骨がバキッと折れたりして、とても怖かった。
後半はラブイズオッケーな感じでそんなに怖くなかった。
心霊写真が撮れるセットがあって面白かった。

その後、白木屋で飲み。
2日連続居酒屋ご飯だ。
暁ちゃんはグループサウンズファンになっていた。
コメント

速報!

2006-07-22 20:42:04 | 大槻ケンヂ関連
アンジーに続き、聖飢魔2に続き、すかんちや米米CLUBに続き…





筋肉少女帯の大復活だ!!!!!




12月28日中野サンプラザにて復活ライブ決定!
わーお。
コメント