二重生活~ふたえぐらし

日々のこと、読んだ本や漫画、ライブの感想等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春のアンプラグド"Wケンヂ"[ライブレポ]

2003-04-27 17:44:52 | 大槻ケンヂ関連
4/27(日)渋谷egg-site
「春のアンプラグド"Wケンヂ"」
大槻ケンヂ、遠藤賢司、ダイアモンド◇ユカイ
アンプラグドメンバー(朝倉慎司、長井千恵子、宮脇鉄弥)

1.猫のリンナ
2.青ヒゲ兄弟の店
3.猫のおなかはバラでいっぱい
4.妖怪に御用心
5.香菜、頭をよくしてあげよう
6.町のスケッチ(新曲)
7.犬を手離す(新曲)
8.おやすみ(新曲)
9.蜘蛛の糸
10.テレパシー
11.Guru
12.あのさぁ

<アンコール>
不滅の男(エンケンと)
プカプカ(エンケン、ユカイと)





大槻ケンヂ、遠藤賢司のWケンヂ、ゲストにダイヤモンド・ユカイのライブを見に行ってきました。

渋谷で迷っちゃって、焦りつつ歩いてたらNHKについちまったよ!?
と思ったらそこに目指していたライブハウスが。
自分のチケ番号より100番ほど遅れて入場。
椅子はすべてうまってしまったので、真ん中の後ろの方で立ち見。
ライブ中にふと後ろを振り向いたら電車のベラさんがいて驚いた。
 
 
最初に登場したのはエンケンさん。
CDは一枚持っているものの、生で見るのは初めて。
手足がひょろ長くて、赤と紫のサイケデリックなシャツに、髪の毛は爆発。
なんとなく”見た目はかっこ悪いが内面がかっこいい”タイプの人だと思っていたら
見た目もなかなかかっこよかったです。

通好みロックで始まり、史上最長寿のロックンローラー、夜汽車のブルースと3曲連続。
曲名、わからないのも多かったんですが、わかった限りでは
「カレーライス」「ネコラ」(?正式タイトル他にあるはず)「いくつになってもあまかねぇ」
「満足できるかな」「踊ろよベイビー」をやってました。
他にも数曲、覚えていないのが。

で、演奏が始まって、凄まじい勢いに圧倒されました。
聞きながら、踊るか走るか叫ぶかしたいような、身動きひとつせず聞いていたいような。
まるでエネルギーの塊。
全身全霊でがむしゃらに演奏してて、そのこと以外何も見えていないみたい。
ギター一本から、あんなにいろんな音がでるとは思わなかった。
弾くだけじゃなくて叩いたり引っかいたり擦ったり。
声も伸びる伸びる。
もちろん激しさだけじゃなくて、曲によっては別人のように侘びしく切々と歌い上げる。

喋りだしたら、またおかしな人で、真剣なんだかふざけてるんだかわからない。
ネコラとか宇宙防衛軍とか、エンケンワールドの設定を一生懸命話してるところとか、面白かったなぁ。
だけど時々恥ずかしそうに肩すくめてちっちゃくなったりしてる姿は、妙に可愛らしかったです。

なんというんだろう、”少年の心をもったジジイ”って感じ。
「おじいさん」とか「大人」なんておとなしいもんじゃない。
ジジイ、それもどっちかと言えばたちの悪いジジイ。
それが小学生みたいな無我夢中さで歌いまくりギターを弾きまくる。
そんな感想を持ちました。
すっげーな、エンケン。
 

次にダイヤモンド・ユカイが登場。
わりと小柄で優男風。
エンケンと同じくギター、ハーモニカの1人弾き語りスタイル。
最初2曲ぐらいは、エンケンのあとだし、
「何、このキザでしょぼいかっこつけ」ぐらいなこと思ってたんですが
MCとか聞いてたらだんだん、むず痒くなるような気障さも妙に微笑ましく見えてきて
途中からは楽しめました。

…ただ、どうしても”つれて来られちゃって可哀相”感は否めなかったかも。
 
 
で、とうとうオーケン。
場内はやっぱりオーケンファンが多かったようで、それまで後ろのほうに
座り込んでいた人たちもいっせいに立ち上がってつめてくる。
今回は、アンプラグドメンバーで作った新曲を3曲披露してくれました。
「街のスケッチ」「犬を手放す」「おやすみ」
他には「猫のおなかは薔薇でいっぱい」「蜘蛛の糸」「テレパシー」「GURU」等、定番曲。
MCはタモリ倶楽部に出演したこと、沖縄でレコーディングしたこと等。
タモさんが生で見るとお爺さんでショックだったとか。
リンダリンダ・ラバーソール(このときは「俺の自伝的小説」とだけ)の映画化の話も。
「主演俳優が、えっ?って言う人でね、話が没になってもそれだけはどっかで(エッセイに)書くから」

しかし今回なぜか私が、ライブ自体は決して悪くなかったにも関わらず
自分でもちょっとびっくりするほどさめてしまって、
終わり数曲ぐらいまで、いまいち、と言うかほとんど楽しめませんでした。
どうしちゃったんだろうなあ。
エンケンに衝撃をうけたあとだったからから、いつもならライブ中に
楽しくて楽しくてしょうがないのが、それが無かった。
曲もMCも、心に響かないで素通りしていく感じ。
一時は後光が差してるかと見えるぐらい、オーケンの姿ばっかり食い入るように見てたんだけど
憑き物が落ちたように普通の人に見えてしまって。

うーん、「ノゾミのなくならない世界」?
ライブ全体としては楽しかったんだけど、どうしたもんだろう。

  
まあそんなことを思いつつも、終わり数曲になってようやくそこそこ楽しくなってきて
最後はオーケン、エンケンで「不滅の男」をセッション。
オーケンが誰かとセッションして、食われちゃってるの初めて見た。
どうにもエンケンの声しか聞こえない感じでした。

その後ユカイも出てきて3人で「プカプカ」
しかし「プカプカはキーが合わないから、俺歌わないよ」と言ってのけるエンケンさん。
なんかもう、すごい天真爛漫というか、我が道を行く人だな。
エンケンはハーモニカのみで参加。

ユカイの歌うプカプカの3番はやけにやらしい感じでなかなか。
歌のほかにハーモニカも。
両側からハーモニカでがんがん鳴らされて、ちょっと微妙な表情のオーケン。
放っておいたらいつまでも長くなりそうなエンケンが心配になったのか
(客席がだれてきてるのとか、よく見てるんだろうか)
最後は前にまわって、いっせーのせっ!って感じで終わらせる。


それにしてもユカイ氏を紹介されて、
「今から俺のこと不愉快って呼んで」と、見事にボケるエンケンさん。
「ちょっとPANTAさん入ってましたよ」とオーケンにつっこまれて恥ずかしげ。
「よろしくお願いしますね」といわれて「やだよ」と返してみたり、やりたい放題。
見てる分には素敵だけど、ステージ上は困るだろうなあ。

かなりいっぱいいっぱい(主にオーケンが)な感じのプカプカでライブ終了。
帰りにユカイ氏と写真とってもらってしまいました。
肩抱いてもらっちゃったよ。キャー。
ファンに親切ないい人だ。
 
 
帰りぐだぐだしてたら遅くなって、最寄駅から自宅までの終バスを逃す。
仕方ないので5キロぐらい歩いたり走ったりして帰りました。
私も体力あるなー。
何やってんだか。
 
 
オーケンのとこだけ妙にさめてしまったけど、全体としてはとても楽しいライブでした。
本当に「おーもーいーがさーめたかな♪」なのかは、もうしばらくライブ通って確かめてみるつもり。
なんだかんだ言ってのほ学のチケットも買っちゃったしなー。

 
コメント

LOFT4TH ANNIVERSARY 特撮 vs drug store cowboy[ライブレポ]

2003-04-06 17:43:36 | 大槻ケンヂ関連
4/6(日)新宿LOFT
「LOFT4TH ANNIVERSARY 特撮 vs drug store cowboy」
特撮、drug store cowboy

1.身代わりマリー
2.うさぎ
MC
3.ジェロニモ
4.ヤンガリー
5.カーネション・リインカ ネーション
6.花火(新曲)
MC
7.アベルカイン
8.特撮のテーマ
9.バーバレラ
10.ケテルビー
MC
11.人狼天使

<アンコール>
1.ヨギナクサレ





今回の特撮は、Drug Store Cowboy(以下DSC)と対バン。
会場に入ると何やらオシャレな若者がたくさん。
かなりくっきりと特撮ファン、DSCファンとわかってしまうのがなんだかな。
メガネをかけていたのはすべて特撮ファンだったのでしょう。

DSCファンは前の方にたくさん。みんなモッシュする気満々て感じでした。
私も(DSC一回も聞いたことないのに)何気に混ざって開演待ち。
開始前の映像は、ルチャ・リブレの選手の映画じゃないかと思われる物。

で、DSC登場。
ボーカルからギター、ベース、ドラム、みんなアレです。
世に言うイケメンという奴です。かっこいい。
最初2曲ほど激しいのが続き、ファンがみんなして跳ねる跳ねる。
気持ちいいぐらいにとにかくジャンプ。
私も曲全然知らないくせにジャンプしたり拳あげたりしてました。
特撮も曲は激しいけど、前の方は混みすぎていまいちモッシュ出来ないので楽しかったです。
で、そんなかっこいいDSCですが、意外とMCが長い。そして面白い。
妙な親近感というか、好感を覚えてしまいましたよ。
最後の方では戦争について訴えたりもして、なんというか、正統派バンドマン。
だけど最後は「物販買えよー!」


で、しばらくの休憩をはさみ、いよいよ特撮登場。

オープニングはいつもとちょっと違い、エディの長めのピアノソロ。
そこにドラムが入って、オーケン登場。
血走った目をカッと開いてわけのわからないこと(歌詞読んでなければ)を絶叫し続けるオーケン。
MC無しで曲入ったからか、健全て感じのDSCのあとだからか、なんだかちょっと怖い。
身がわりマリー、うさぎ、と続いて、ここで一度目のMC。
トークのつかみは

「楽屋で焼酎のお湯割り飲んでたんだけど、すごい眠くなっちゃってさぁ」

その後メンバー紹介があったのかな、この先かなりあいまいです。

今回の酒一気はビールでなく焼酎割りで。思いっきりこぼしてました。
羊の着ぐるみのボースカ(可愛い)も登場。
オーケン声とボースカ声両方で恒例の「イェーッ!」


なんかもうMCの順番とか忘れちゃったんで、適当に覚えてるところだけ書いてきます。

○「アリ(DSCのボーカル)との違いは手の高さだね」(イエーとか言うときの拳の高さの話)
「10何年もやってるとだんだん手がこう(と言って前にグー)」
「手を高々とあげろー!」と叫んであげた途端、ステージ上のLOFT看板にぶつける。
「痛いよ!」って1人つっこみが可愛い。

○「竜ちゃんは金正日だったら何したい?」
竜「白い馬に乗りたい」(可愛いよ竜さん!最近大好き)
「俺はやっぱり喜び組がいいなぁー………うん」しみじみと間をとって頷くオーケンに場内は笑い。
「(女の子を)選べるんでしょ、アレ」とのオーケンに、竜さん意外な反撃。
竜「もうやってるじゃない(今でも選び放題じゃない)」

場内からは「えろーい!」などのブーイングが一斉に。
顔は笑いつつ結構素で焦ってるらしいオーケン。

「彼はね、特撮のサポートベースなの。サポートが、なんでそうガチンコを仕掛けてくるわけ」

ごめんなさい、とか言ってたけど、結構言いたい時に言いたいこと言うタイプなのか竜さん。
大正九年に「君はメイクしてない方がかわいいね」なる発言かましたこともあるそうだし。

○メンバー紹介。紹介されてスペシウム光線のポーズをとるナッキー。
横でアイスラッガーポーズをとるオーケン。
今回のナッキーはやたら踊ったり、ギター持ち上げたりしてました。
なんか、可愛い帽子かぶってたな。ロシアっぽいような、メーテルっぽいような。

○オーケンの長いMCの間、ドラム叩きだす有松さん。
「ありまっちゃん、退屈してる?」とか言われていた。
「戦争だけど、有松は毎日が戦争だから」とか言われて笑ってた。

○カリスマ美容院に行ってきたというエディ。(それだけでかなり面白い)
女子高生とかいっぱいの店で、首にまく布がまわらなくてマジックテープが首にくい込んだとか、
頭洗うので台を倒した拍子にぶつかったとか、いろいろ大変だったらしい。
「ほとんどボブサップみたいな扱いだね」とかオーケンに言われていた。
その後しばらくオーケンの坊主トーク。800円ですんじゃうんだって。
頭撫でつつ「つるりーん、なんちゃって」とかましてくれるオーケン。

エディは今回2回ほど客席降りてきてくれました。
思いっきり握手してくれて、嬉しかったなぁ。エディかっこいい!


○DSCボーカル、アリさんとのセッションは、結局アベルカインで「犬犬犬犬!猫猫猫猫!」
ボースカを持たされ、ちゃんとボースカっぽい声で「こんにちは!」言ってくれるアリさん。
本当はオーケンがDSCの曲を歌うはずだったのが、ラップで難しすぎて無理だったんだそうだ。

アリ「オーケンさんにCD送ったんですけど、昨日メールきて『無理です』って」

オーケンは「テレビもねぇ、ラジオもねぇ」とか言って
「それラップじゃないですよ」ってきちんとつっこまれていた。
「メガネはみんな暗くて友達」とラップ風に言うオーケン。うまい。
で、結局特撮で一番シンプルな曲、原点回帰でアベルカイン。
あれも良かったけど、オーケンのラップだかも聞いてみたかったなあ。

「これ持ってみ、すごい可愛いから」とか言ってボースカをアリさんに抱っこさせる。
ファンからの可愛いー!の声に
オ「俺も昔は可愛いって言われたもんだ。おまえらがにくいぜー!」
でも結局、アリさんがボースカ振り回すのを見て心配(?)になったのか
取り返して自分でちゃんと抱っこしてました。
オーケンのまな息子だもんな。
床に置くときもわざわざちゃんと立たせて置いてるもんな。


○演奏曲は、今回はいつもの「サンフランシスコ」は無し。
筋少からは代わりに「カーネーション・リインカーネーション」
この曲はもう、ライブだといつ聞いてもサビの部分で絶叫してしまいます。
今回、私自身が妙にノリノリで、喉かれるまで歌ってしまいましたよ。
周りに迷惑だっただろか。
どうでもいいですが、目の前にいたでっかい男の人。
その人が腕振り上げるたびに脇に顔押し付けられてる女の子いて、可哀相だったな…。

○あと新曲発表。「花火」ってタイトルだったのかな?
「花火」が新曲のタイトルだったのか、今度出るオーケンの詩歌集のタイトルなのか良くわからず。
エディのピアノで始まる”メロウ”なバラード。
音が割れててよく聞こえなかったけど、いい感じでした。

○ものすごい長くなりましたが、まあ楽しいライブでした。
私自身のことを言うと、このところちょっとなかったぐらいにとんだりはねたり歌ったりしたライブです。
腿と腰が痛いです。耳鳴りも。
全力で楽しんだって感じで、それも悪くないもんです。

コメント