二重生活~ふたえぐらし

日々のこと、読んだ本や漫画、ライブの感想等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いなくなる予定[雑][本]

2015-11-30 22:22:36 | 本・漫画
・このDVDを見た。
市原悦子他のナレーションに水木絵で、あいうえお順に妖怪を紹介していく不思議な作品。
次から次へ、あくまで淡々と妖怪が出てきて、見ていると結構怖くなる。
「豆腐小僧」と「塵塚怪王」が、意味不明すぎて不気味だった。
あとにやにや笑いながら天井から落ちてくる女。
コミカルだけじゃないな、怖いな、妖怪。

・同じ日に働き始めた同僚が12月いっぱいで辞めると聞いて、また落ち込んだ。
12、1月で、ベテランが3人も一気にいなくなる。
忙しくなりそうだし、寂しい。
そして自分は続けていていいのかと迷う。

・ホームズ物のパスティーシュ『ホームズ対フロイト』読んだ。
つまらなくはなかったけど、ホームズもフロイトもそんなに活躍しなくて、うーん……。
良くも悪くもオリジナルキャラクターの主人公の物語だった。
そして思いがけず性描写が多くて電車で読むのが躊躇われた。

・アーサー・マッケン『白魔』『生活のかけら』
幻想小説の大御所で、何度か原文に挑戦しては挫折していたマッケン。
諦めて翻訳で読んだら、素晴らしかった。
筋立てがどうこういう話ではないので、私の英語力(粗筋はわかるが描写の味わいは良くわからない)では魅力がわからなかったんだ。
“ここではないどこか”や、よく知っている場所に何らかの魔法がかかる瞬間のこととかが書いてあって、
そう!それ!そういうことが言いたかった!と感じる。
もう一回、原文に挑戦しようかな。

・伊坂幸太郎『仙台暮らし』
母親がやたらと勧めていた伊坂幸太郎の、エッセイ集。
軽やかで面白いし、文章が上手!
小説にも手を出したくなった。
コメント

いかなかった店[生活]

2015-11-29 21:43:27 | 日記

三毛と黒白。


●生活

昨日も今日も買い物へ。
何かと物入りだ。

昨日はコートを買った。
去年買ったコートがどうも失敗で、しかし2年連続コートを買うようなお金は無い……
と、意地を張っていたけど諦めて安いの購入。
このところ急に寒くて寒くて、暖かいのを買わなくては辛すぎた。
浪人生みたいな格好になってしまうけどもう暖かいからいいや。

寝間着も買った。
フリースのもっふもふの。
いやあ早く買えばよかった。
暖かい暖かい有難い。

近所に新しくできた喫茶店にも行ってみた。
もとは時計屋の店主が趣味で始めたような店構え(喫茶の2階はまだ時計屋)。
店内に古い掛け時計がいくつも飾ってあって素敵。
フレンチトーストが美味しかった。


今日はホームセンターへ。
年末を前に配送料無料サービスをやっていたので、ここぞとばかりに大物をまとめ買い。
ちょっとやり過ぎた。
トイレットペーパーとか、あんなに買ってどこにしまうんだと思う。
コメント

階段降り[本/漫画][他]

2015-11-27 23:28:57 | 本・漫画
●本/漫画

キンドルで漫画の1巻だけ試し読みをやっているので、いろいろ読んでいる。

・いづみかつき『オイ!!オバさん』
チャンピオンで連載していたラブコメ。
面白いけど、(西森博之に銀魂加えた感じ……)と思うのをやめられない。

・渡辺航『まじもじるるも』
弱虫ペダルの作者の魔法少女ラブコメ。
ハラハラする展開で続きが読みたい。どのキャラもなんだか性格よさそう。

・香月日輪『大江戸妖怪かわら版』『妖怪アパートの幽雅な日常』
同じ原作者の別の漫画で、作画が違うものの雰囲気は似ている。
どことなく宗教漫画や進研ゼミ漫画を思わせる、説教臭い健全さが、でも嫌いじゃない。
妖怪アパートの方は続きが読みたい。

・マキノ『黒崎くんの言いなりになんてならない』
いわゆるドSな俺様イケメンと振り回されるヒロインのラブコメ。
あまり人の道に外れる行いをしないタイプの俺様だったので気持ちよく読めた。

他に読んだもの。
・郷内心瞳『拝み屋郷内 怪談始末』
この人の怖い話は読みやすくて、何本かに1本はゾクッとできる。
しかし怪談アンソロジーというジャンルがこうもたくさん出版されているとは知らなかったな。

・爆笑問題『爆笑問題の日本史原論』
安売りしていたので読んでみた。
私は日本史について無知すぎるので、初心者向けの内容がちょうどいい。
摂関政治ってそういうことなんだー!とか思いながら読んだ。

前から気になっていた伊藤計劃の本もセールになっていたので『虐殺器官』『ハーモニー』買った。
いつ読むだろ。


●他

・会社の人たちとお昼。
1月にベテランが2人も辞めると聞いてショックだ。
仕事上は関わっていない人たちだけど、寂しくなるし置いて行かれるような焦りもある。
特に今の職場に不満はないけど、ずっとここにいていいのかとは思う。
2人とも東京を離れて遠くの県へ行くそうだ。

・夫が忘年会でいないので、近所の蕎麦屋で夕飯。
蕎麦屋なのにカレーライスを頼んだら、期待以上に黄色くてぺとぺとしたやつだった。
そういうのが食べたかったんですよー。
コメント

二度飯[雑]

2015-11-26 23:15:24 | 日記

・東急ハンズはこんな物まで売るのか。

・いろいろと顔の広い友人とお食事。
宝塚ファンの尼さんが家族に嘘をついて男役のカウントダウンコンサートに行く話と、
ジャンプで連載もしていた大御所漫画家がライトノベルの書き方講座に通っている話と、
グァムの射撃場のオーナーに「女SWAT以来だ」と言われた話が面白かった。

・図書館で借りてきた『ホームズ対フロイト』という小説を読んでいる。
まだ途中で、まあまあ面白いけど、こんな理屈っぽいワトスン先生は違う……という思い。

・紅白歌合戦が好きなのでLINEでも紅白歌合戦公式を見ているのだけど、今日は公式が
"今や「ラスボス」と呼ばれる小林幸子さん"みたいなことを呟いてきて、お前の立場で言うなと思った。
紅白も近年、天然ボケを自覚しすぎてきて前より若干面白くない。
自覚して"面白いでしょ?"と提出してくるところがズレてるところは面白い。
コメント

たんたん[雑]

2015-11-24 22:44:49 | 日記
・ベローチェでもらったコップのフチ黒猫。
目付きが鋭くて、黒豹っぽい。
水木しげるワールドの生き物ぽくもある。

・寒くって、こたつを出した。
昨日はこたつで刺身と日本酒。
良いものだ。
しかしこたつで寝るのは難しい。
火傷しそうになる。

・曲がりなりにも2人分の夕食を作ったり(作らなかったり)するようになったら『きのう何食べた』の料理シーンが、俄然面白くなった。
そこがメインみたいな漫画なのに、これまでピンときてなかったんだ。
最近ようやくシロさんの手抜きポイント、贅沢ポイント、こだわりポイントなんかにニヤニヤできるし参考になる。
と言ってもまだ作ってみたことはないんだけど。
コメント

皿包み犬紐[実家]

2015-11-22 23:59:49 | 日記
白菜をもらう犬。


●実家

実家が台所をリフォームするというので、荷物の片付けを手伝いに行った。
台所だけでも、物を全部段ボールに詰めるとずいぶんな量。
何枚か皿をもらった。
台所が2週間使えなくなるとかで、冷蔵庫の中味もたくさんもらった。

実家はいろいろリフォームを進めていて、風呂場はもうピカピカになっていた。
住んでいると嬉しいだけだろうけど、よそに住んでいてたまに帰ると
(思い出の実家が消え失せてしまった!)みたいな気持ちも少し。
今残っている台所や壁や家具を写真撮影してきた。

実家に帰ると恒例の犬散歩にも行ってきた。
川辺を散歩させたら毛が草の種まみれになって焦った。
ロングコートホワイトチワワなのに毛並みもさもさ。
ポメラニアンももさもさ。
コメント

黄色と金髪[昼][夜]

2015-11-21 23:59:55 | 遠出・交流
浅草演芸場。


●昼

先日新宿で行った寄席が面白かったので、今度は浅草演芸場、昼の部へ。
まったく落語を知らない私でも芸能人として知っているレベルの木久翁、小朝などが出るとあってか、満員。
立ち見だった。
係の人が「立ち見の特権で前で見られます」と、舞台の階段に腰かけて見ることを推奨していたのがおかしかった。

先日の寄席に比べて王道寄り。
初めてちゃんと『目黒の秋刀魚』聞いた。
秋刀魚が聞くだに美味しそう!
木久翁はやはり人気者で登場するだけで大歓声。
座布団にちょこなんと座った姿と優しい声音がなんとも可愛らしい。
三遊亭圓歌という86歳の長老格の毒舌と、その弟子の鬼丸の軽妙なのも面白かった。
漫才のロケット団の時事ネタがドカンドカンとウケていた。

親しみやすい雰囲気の芸人さんが多いなかで、小朝はおっかない。
でも面白い。
頭の良さを見せつけてくるようなところがあるけど、それも気持ちいいぐらい。

寄席に行った話をすると、落語好きという人が多くて、ちょっと驚く。
落語家の名前とか一般に結構知っているものなんだろうか。

浅草寺にもお詣りしてきた。


●夜

友人達と食事。
お馴染みの面々と会えて嬉しかった。
最近あんまり友人と会うことないので、無駄に緊張しながら行ったけど会ってしまえばいつも楽しい。
待ち合わせ場所で立ち話だけで30分以上喋ってしまった。

いつになく服や靴の話をしたりして、そういうのも良かった。
可愛い靴を買いたい。
素敵なカフェにも行きたい。
そういうのに飢えている。

料理の美味しい、雰囲気もいい、素敵なお店だった。
ちなみに二次会のカフェで頼んだ「ルーマニア風コーラフロート」が驚きのまずさだった。
コーラのコーヒー割りにアイスを浮かべたもの。
コーラとコーヒーの味がどっちもするの辛い。
コメント

花橘[雑][本/漫画]

2015-11-19 22:57:29 | 日記
・パンをカビさせてしまった……。
けど、白くてふわふわ、ファンシーで可愛いカビだったので撮影。
こういうパターンもあるのか。

・綾辻行人『十角館の殺人』を読んだ。
館シリーズはいくつか読んでいるけど、この1作目が後回しになっていた。
ミステリー研究会の会員達が、お互いを有名作家の名で呼びあっているという設定が効いていた。
「カー」や「アガサ」や「ポウ」をお膳立てに使い、最後に自分の探偵にいいとこ持ってかせるとは、結構な度胸。

・山崎紗也夏『サイレーン』も読んだ。
こちらはサスペンス漫画。
ドキドキしながら一気読み。
美貌のシリアルキラーはいいものだ。
最後の人間味はいらなかったかな。
でもあれがあるから余計に異質な存在であることが浮き上がるかな。
コメント

ペイバック[雑]

2015-11-17 21:54:00 | 本・漫画

・ちょっとこわい。
世にも奇妙な物語のタイトルみたいだ。

・変に暑い日。
洗濯すればよかった。
明日はまた天気悪いみたいだし。

・気温が高いと室内のチランジアが蒸されてないか心配。
現在は室内のミニ温室に緑系、外に銀系。
ミニ温室の中にはペット用(爬虫類系)のヒーターを買って入れているので、そこそこの温度。
チランジア難しいな。無事に冬を越せる気がしない。

・カードの明細が来た。
本代が怖いことになっている。
もう、せめてKindle上の積ん読を片付けるまで我慢だ我慢。

・郷内心瞳『拝み屋怪談 逆さ稲荷』を読んだ。
前半はよくある短い怪談の詰め合わせなんだけど、後半が唐突に怖くなって驚いた。
ぞわっとした。

・現代作家の書いたクトゥルフアンソロジーもぱらぱら読んだ。
やっぱり日記形式、残された書簡形式は良いものだ。
1つ、明らかに以前よそで読んだ作品のパクりがあって、それはどうなんだと思った。
いや、どっちが先に世に出たかわからないけど今回読んだ方が出来が悪かった。
コメント

いろもの[外出][寄席]

2015-11-15 23:25:48 | その他のライブ・イベント

初寄席!


今日は夫と街をぶらぶら。
しかし行ってみようと思っていたアフタヌーンティーの店が貸切営業で入れなかったり、
紅葉のライトアップを見ようと思ったらまだ始まっていなかったり。
昨日に引き続き、ちゃんと下調べをしないせいで肩透かし。

散歩しているだけでもまあ楽しいけど、どうしようかと話して、新宿の末廣亭へ。
夫は時々行っていたらしいけど、私は初めての寄席。
まだ早い時間だったせいで、入ってみると客は三分の一ぐらいで、聞きながらうつらうつらしている御老人なんかも。

生で聴く落語は、面白いのもあるけど、ハラハラする。
下手な人は結構下手で、1人きりでステージに立つその人が言葉に詰まったりすると、もうどうしようもない。
それでもプロだから、まったく面白くないということはなくて、必ずどこかしら笑わせてはくれるけど。
紙切り、漫才、太神楽は道具があったり相方がいたりするので、ぐっと安心。
前に夫に音源を聞かせてもらったから、有名な話は粗筋だけわかった。

最後の方の、数名(真打?)は、さすがにとても面白かった。
古典だけでなくマクラだけで1ステージやる人もいたり、創作落語で鉄オタをネタにしたり、バラエティ豊か。
最後に出た三遊亭白鳥は人気者らしかった。
「落語の仮面」というガラスの仮面のパロディ(美内すずえ公認だそう)で、落語業界の諸々を笑いのめすような内容。
ただ聞いていても面白かったけど、どちらかと言えば落語に詳しければ詳しいほど笑えたんだと思う。

出演者も客層も、意外にロフトプラスワン臭がするという印象。
楽しかったのでまた行きたい。
コメント (2)