しろみ茂平の話

郷土史を中心にした雑記

北木島の生活④北木島海水浴場ほか

2019年02月06日 | 昭和31年~35年
北木島町大浦出身のAさんに、北木島が一番元気な頃(人口9.000人弱)の話を聞いた。2019.2.1。
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


楠は石の地区、
石船の人もおった。

(北木島・楠 2018.10.25)

楠のフグ養殖
(問)楠の北側の海にパイルが並んでいるが、あれは何?
楠のフグ養殖。
初代の村長が始めた。
ワシも夏休みにアルバイトで餌を蒔きにいきょうた。
金網で柵をして、フグのほんまもんがいっぱいおったんよ。
チヌもおったが、フグの毒素で死んでしもうた。
3年か4年かで止めた。

小学校の遠足
笠岡でサーカスがある時出て来たことがある。
他には・・・・、
弁当持って本土へ渡ったゆう記憶はないなあ。

(笠岡へ行くことは?)
歯医者じゃなあ。
内科と眼科は島にあった、歯医者だけはなかった。

小学校も中学校も弁当を持っていってない。
昼になると家に走って帰って食びょうた。

(先生は?)
学校の中へ寮があった、そこへ泊まりょうた。
(地元の)島からの先生は代用教員じゃった。


高校への通学
6時半の船に乗ったら8時前に(笠岡港へ)着きょうた。
船で通ようたが、何人かは寄宿しようた。
大浦の人は、笠高の人も、商業の人も、淳和の人も、工業の人も船で通うた。
工業の人は瀬戸の渡しで降りょうた。
豊浦と金風呂は通学船がなかった。
豊浦や金風呂からの女性は千草寮におった。


北木島の海水浴場

下浦
昭和35~36年からはじまった。
それまではなかった。大浦が(砂が無くなり)止めてから始まった。

水の浦
交通の便が悪いから人はいかない。道が無い。

大浦
流しびなのところ。
砂がなくなって、するもんがおらんようになった。
それで下浦にかわった。

楠(海水浴兼キャンプ場)
キャンプ中の人に悪さをする地元の人がいた。
それで廃れた。
それに加えて松林の松が枯れた。
両側が海で綺麗なところじゃったが。
いっときは岡山会館が国民宿舎を造るようた。
今だに土地をもっとる。

北木島の経木流し・臨海学校
府中の奥の上下の人が200~300人で海水浴に来ょうた。
経木流しをしながら。
学校の臨海学校も来ょうた。(白石でなく)大浦で。
天野屋とか、しまず、たまや、いせや、みなとや、・・おおかた10軒あった。
木造三階建てが二棟ならんどった。
金風呂や大浦にはなかったんじゃ。


土葬・火葬

30~40前、大雨で土砂が崩れ、(墓から)土左衛門が出て来た。
それから火葬しょうやあゆうことになった。
昭和47.8年か50年頃まで土葬じゃった。
それまでは、結核で死んだ人が縦(島)で火葬しょうた。




コメント   この記事についてブログを書く
« 「占領下の日本人」 | トップ | 小三の春⑮日の丸をもって天皇... »

コメントを投稿

昭和31年~35年」カテゴリの最新記事