銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ザ・ファイター

2011-03-29 | 映画:シネコン

凄いわあ~!何が、、、?クリスチャン・ベールです。この作品のためでしょうね。かなり減量したその顔は凄く目が奥に引っ込んでいました。昔観た「マシニスト」で眠れない男を演じた時と同じです。正直ちょっと気持ち悪いし怖い。

今回はドラッグ中毒者の元プロボクサー役。この役で見事オスカーを受賞した。確かに凄いし納得かな。弟役のマークも良かったけど、いやいやクリスチャン・ベールには勝てないよ。

そしてもう一人、オスカー受賞はこの方、メリッサ・レオ。意外にもこの人若い!まだ50歳でした。あのフローズン・リバーでの役とはまったく違うので驚きました。今回はイケイケなおばさん。ミニスカート姿、煙草フカフカ、テンション高めでかなり気も荒い。
息子ミッキーのため、ステージママ、いやリングママを務める。



マーク・ウォールバーグ演じるミッキーは兄ディッキーとママ、アリスの言いなりの大人しい弟だった。

 
ミッキーとディッキーは父親違いの兄妹だったのね。
一見ディッキーは愛想も良い。昔は実力のあるボクサーとして名声をあげたが、未だにその栄光を引きずって生きているっていう感じです。そうそう頭部後ろがハゲていたけど、あれもわざとなんでしょうね。色々と役作り大変です。

 バーで働くシャーリーンに一目ぼれするミッキー

エイミー・アダムスが、ミッキーの恋人役シャーリーン、バーで働く女性役。後にミッキーをサポート、兄ディッキーや母アリスたちと敵対関係?
2人から引き離さないとミッキーが潰れてしまうと思うあまりに、、、、。

 
ミッキーやディッキーの姉妹たち、わんさか登場、後数名いるんですが、、、、。誰が誰なのか分かりません。いつも束になっている。

アメリカでも低所得の人たちが住む街、ローウェル。狭い家ではないけど、こんなに大勢で住んでいるので何か息が詰まるような雰囲気。ごちゃごちゃしている。

何とかひと儲けしたい!と息子ミッキーに賭ける母、兄。ところが兄のようにはいかない。

 

さてお話(goo映画より拝借)

マサチューセッツ州の労働者の街ローウェルに、性格もファイティングスタイルも全く違うプロボクサーの兄弟がいた。兄のディッキー・エクランド(クリスチャン・ベール)は、かつては実力派ボクサーとして活躍、現在は弟のトレーナーに専念している。外向きにはユーモアとカリスマ性に溢れた男だが、実は傲慢で欲望に弱く、数年前に手を出した麻薬に今ではすっかり溺れていた。一方、父親違いの弟ミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ)は、ボクシングの全てを兄から教わった。だがミッキーは、兄とマネージャー役の母アリス(メリッサ・レオ)の言いなりで、彼らが組んだ明らかに不利なカードで一勝もできず、不遇の日々を送っていた。ある日、ミッキーはバーで働くシャーリーン(エイミー・アダムス)と出会う。声をかけたのはミッキーだが、気の強いシャーリーンに押し切られるような形で二人の関係は始まった。そんな中、ディッキーが窃盗の現行犯で逮捕され、既に逮捕歴のある彼は実刑となり、監獄へ。ミッキーの父は息子の将来を案じ、別のトレーナーに話をつけ、ミッキーは家族と決別、シャーリーンと共に新しい人生へと旅立つ決意をする。スポーツ経験のある彼女の献身的なサポート、新トレーナーの訓練メニュー、そしてミッキーをスターボクサーにするための対戦カードが功を奏し、ミッキーのまさかの連勝が始まった。だがたとえ刑務所の中にいても、兄は弟の専属トレーナーのつもりだった。やがてミッキーの世界タイトルマッチへの挑戦が決定、時を同じくしてディッキーが出所する。当然のようにミッキーのトレーニングに参加しようとする兄だったが、弟は兄とはもう組まないと宣言。激しく言い争う家族とシャーリーン。だがディッキーの粗削りながら強い家族やボクシングへの想いに触れるうちにミッキーは兄に戻ってほしいと本心を伝える。そして遂に二人は、絆も新たに再び二人三脚で世界の頂点を目指し始める・・・・。

ひっいたり離れたり・・・・。

ミッキーは気が弱いのか?兄・母、そして父、シャーリーンの間を揺れ動く。マークはそんな優柔不断なキャラではないので、ちょっとその辺がミッキー役としては、ちょっと伝わりにくい感じがしたが、、、。出来ればもっと弱いイメージの俳優さんの方が良かったように思う。

 

自分の意思でやり遂げることを望んでいるんだけどね。葛藤しながらも、ボクシングの道を究めることになって行きます。

兄や母から離れて何処までやれるのか?

まあありそうなストーリーではありましたが、、、、。意外にこれ好きな方、多いのではないでしょうか。


兄の指示は的中。


やっぱり兄無くして何が出来るってところでしょうね。

解説(allcinemaより拝借)

「ディパーテッド」のマーク・ウォールバーグが自ら製作・主演を務め、実在のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの波瀾のボクシング人生を映画化した伝記ドラマ。ミッキー・ウォードとその兄でかつての名ボクサー、ディッキー・エクランドが数々の挫折を乗り越え、二人三脚で再起を目指す中で家族の絆を取り戻していく姿を、迫真のボクシング・シーンとともに綴る。ディッキー・エクランド役は「ダークナイト」のクリスチャン・ベイル。共演に、メリッサ・レオ、エイミー・アダムス。監督は「スリー・キングス」「ハッカビーズ」のデヴィッド・O・ラッセル。アカデミー賞では、クリスチャン・ベイルとメリッサ・レオが本作での熱演でみごと助演賞部門のダブル受賞を果たした。
特にベイルは大幅に減量し、髪を抜き、歯並びを変えるといった徹底的な役作りで臨んだ。(やっぱりね)

メディア 映画
上映時間 116分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2011/03/26
ジャンル ドラマ/伝記/スポーツ
映倫 PG12

オフィシャル・サイト
http://thefighter.gaga.ne.jp/
オフィシャル・サイト
http://www.thefightermovie.com/ (英語)

アメリカらしい作品ですね。お客さんはやはり男性が多かったです。

製作について(ウィキぺディアより拝借)

撮影は2008年10月開始を予定され、降板したブラッド・ピットの後任はクリスチャン・ベールが務めることとなった。また、アロノフスキーは『ロボコップ』のリメイクに取り掛かるために監督を降板した。ウォルバーグとベールはアロノフスキーの代わりにデヴィッド・O・ラッセルを選んだ。アロノフスキーは製作総指揮として本作に係わり続けることとなった。、撮影はマサチューセッツ州ローウェルで行われた。ボクシングの試合のシーンはツォンガス・センターなどで撮影された。マーク・ウォールバーグは役作りの為にトレーナーを雇い、その結果この映画の出演料よりも50万ドル多くのギャラを彼らに支払った。

当初は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督だったんですね。彼が監督していたらどんな作品になっていたのか、ちょっと気になるところです。そしてブラビが出ていたらどんな風に仕上がっていたのか?それも気になるところです。

 

 

 

Comments (12)   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
« デザート・フラワー(2009) | TOP | ウッドストックがやってくる... »
最近の画像もっと見る

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-03-29 22:07:03
結構気に入りました。
やっぱりハリウッドのボクシング映画って安定感あって好きです。
それにしてもクリスチャン・ベイルってこんなに人間臭い演技できるんですねぇ。
ディッキーがミッキーより目立とうとしているのがそのまま、主演のマークをクリスチャンが喰っている図にはまって面白かったです。
Unknown (mig)
2011-03-30 00:32:41
こんばんは☆マシニストご覧になりました??
あれはもの凄く骸骨だったんだけど、あれ並みに痩せててびっくり。
ほんと巧い人ですよね~、オスカーも納得。

ありきたりな言葉だけど兄弟の絆、良かったですよね。
KLYさん♪ (mezzotint)
2011-03-30 15:37:48
マシニスト以来の凄い演技だったように
思います。
完全にマークを喰っていましたね。
男性客が多かったですね。やはりこの手の作品、
男性に好まれるのかもしれませんね。
migさん♪ (mezzotint)
2011-03-30 15:42:46
はい!「マシニスト」観ました。
単館系での上映だったですね。
久しぶりに観た作品でした。ベイルの素顔が
分からないし(笑)その時初めてベイルの
存在を知りました。こういう役は久々のようですね。確かに凄い役者さんだと思います。
オスカー仕様 (クラム)
2011-04-02 21:29:02
ごぶさたしてます。コメントありがとうございました。

悪役、激しい性格、著しい変身。
この3つがあればアカデミー戴冠が近づく感じがしますが、
C.ベイルはすべて押さえて鉄板の受賞でしたね。
賞よりもこの映画を作ることに情熱を捧げた
M.ウォールバーグもぜひ評価したいと思います。
クラムさん☆★ (mezzotint)
2011-04-02 23:04:02
今晩は☆彡
ご無沙汰です!早速ありがとうございます。

なるほどオスカー仕様はこの3つなんだ。
ベール、確かに減量、毛を抜く等、、、。
色々しましたけど、そんなに激しいって感じ
じゃあなかったですね。(今思うと)
でもこの役は本当になり切ってやってましたね。マークは縁の下の力持ちって感じでしょうか?作品作り、頑張ったことにエールを
送らないといけませんね。
TB返しとコメントありがとうございました (西京極 紫)
2011-04-03 13:39:34
京都にお住まいなのですね。
ひょっとして近くにお住まいなのかも…(笑)

さて「ザ・ファイター」ですが、
2010年度オスカー候補で既に公開された作品の中では、
僕の一番のお気に入りとなりました。
クリスチャン・ベールのヤク中兄貴の演技は素晴らしかった。
そんな兄貴が弟の彼女に「弟のところに戻ってやってくれ」と頼むシーンはグッときました。
そして試合のラストに抱き合う二人。
モーレツママさんを含め、
本音をぶつけあって初めて本当の家族になれるという筋立ては
よくある話といえばそうでしょうが、
役者さんの演技で説得力が出るか否かが決まります。
今回はそれが良い方に出た、そんな気がします。
西京極 紫さん (mezzotint)
2011-04-05 00:08:31
今晩は☆彡
いやあベイルさん、凄かったですね。
役作りから入って、ここまでやるのですから、
役者冥利に尽きます。
以前「マシニスト」という作品では不眠症
でまったく眠れない役を演じたのですが、
今回以上に激痩せでした。
もし機会がありましたら、是非ご覧下さい!
こんにちは! (アイマック)
2011-05-02 15:07:42
クリスチャン・ベールの役作りは凄いね。
髪の毛まで抜かなくとも、、、
兄も母も強烈ですけど、姉妹達にも驚き。。
モンスター家族ですな^^;
アイマックさんへ。。。 (mezzotint)
2011-05-02 19:05:58
ここ最近はそんなに凄い印象ではなかった
ベールですが、この作品では随分入れ込んで
ました(笑)
是非機会がありましたら、「マシニスト」を
ご覧下さいませ!これ以上に凄いんですよ。
姉妹、母、兄の異常な雰囲気、確かに驚き
ですね。弟は本当に大変でしたね。

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

29 Trackbacks

ザ・ファイター (LOVE Cinemas 調布)
実在したアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの半生を描いたスポーツ伝記ドラマだ。主演に『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ。共演のクリスチャン・ベイルとメリッサ・レオは今年のアカデミー賞助演男女優賞を受賞し、全体でも6部門にノミネートされた...
ザ・ファイター/ THE FIGHTER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリッ クしてね ←please click   アカデミー賞作品賞ノミネートで話題の作品 実在のボクサー、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクランド...
ザ・ファイター (to Heart)
頂点へ。 原題 THE FIGHTER 製作年度 2010年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 116分 脚本 スコット・シルヴァー/ポール・タマシー/エリック・ジョンソン 監督 デヴィッド・O・ラッセル 音楽 マイケル・ブルック 出演 マーク・ウォールバーグ/クリスチャン・ベイ....
このクリスチャン・ベイルを観よ!!~『ザ・ファイター』 (真紅のthinkingdays)
 THE FIGHTER  1993年、マサチューセッツ州ローウェル。父親の違う兄弟、ディッキー・エ クランド(クリスチャン・ベイル)とミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ) は、ボクシングとい...
ザ・ファイター / The Fighter (勝手に映画評)
実話に基づく物語。第83回アカデミー賞と第68回ゴールデングルーブ賞で、どちらにおいても助演男優賞(クリスチャン・ベール)・助演女優賞(メリッサ・レオ)受賞。 実は、観に行く直前まで、この話が実話だとは知りませんでした。ミッキーがチャンピオンになったの...
「ザファイター」 (Con Gas, Sin Hielo)
家族なのに。家族だから。 ボクシングを扱う物語は、ハングリー精神と一体で書かれることが多い。 不遇な幼少時代、一攫千金を夢見て厳しいトレーニングに耐え、ついに掴み取る栄光の座。 アメリカンドリーム、夢と希望が世界を明るくするという図式はまさに王道。 ....
ザ・ファイター (心のままに映画の風景)
低所得の労働者階級が暮らすマサチューセッツ州、ローウェル。 兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)は、天才ボクサーとしてスポットライトを浴びたものの、ドラッグで身を崩し、かつての栄光にしがみつ...
ザ・ファイター  監督/デヴィッド・O・ラッセル (西京極 紫の館)
【出演】  マーク・ウォールバーグ  クリスチャン・ベール  エイミー・アダムス  メリッサ・レオ  【ストーリー】 マサチューセッツ州ローウェルに住むプロボクサーの兄弟。兄のディッキーは町の期待を一身に背負う名ボクサーだが、その短気で怠惰な性格からすさん....
ザ・ファイター (風に吹かれて)
勝つために 公式サイト http://thefighter.gaga.ne.jp実話の映画化監督: デヴィッド・O・ラッセル  「スリー・キングス」マサチューセッツ州ローウェルに住むプロボクサーのミッ
ザ・ファイター (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  貧しい家庭に育った兄弟がボクシングに挑戦して、世界チャンピオンにまで昇り詰めるという、よくあるアメリカンドリーム物話だが、これは実話であり現在も伝説の兄弟は健在だという。 兄ディッキーは才能に恵まれていたが、短気で自堕落な性格のため、途中で...
「ザ・ファイター」 愛情からの自己投影、または自己投影からの愛情 (はらやんの映画徒然草)
本作はボクシングを題材にした作品ですが、「ロッキー」のようなサクセスストーリーで
劇場鑑賞「ザ・ファイター」 (日々“是”精進!)
「ザ・ファイター」を鑑賞してきました「ディパーテッド」のマーク・ウォールバーグが自ら製作・主演を務め、実在のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの波瀾のボクシング...
ザ・ファイター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ザ・ファイター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品のようなボクシング物は、これまで随分とたくさん制作されています。つい最近では、見てはおりませんが『あしたのジョー』がありますし、古くはシルヴェスター・スタローンの『ロッキー』(1977年)とか....
■映画『ザ・ファイター』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
相変わらずのカメレオンぶりのクリスチャン・ベールの怪演と、メリッサ・レオのモンスター・マザーな演技でアカデミー賞助演男優&女優賞獲得の本命とも言われている映画『ザ・ファイター』。 ちなみに、アカデミー賞6部門にて7ノミネートされています。 メリッサ・レ...
やっかいな家族というもの (笑う学生の生活)
6日のことだが、映画「ザ・ファイター」を鑑賞しました。 実在のプロボクサー、ミッキー・ウォードが世界チャンピオンを目指すが トレーナーでもあり 麻薬に溺れる兄、過保護な母がおり・・・ ボクシングものともいえるのだが それ以上に家族ドラマといった感じが強いで...
ザ・ファイター (ダイターンクラッシュ!!)
2011年4月1日(金) 18:30~ 丸の内ピカデリー1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:700円(買っていない) 『ザ・ファイター』公式サイト ロッキーみたいにホワイト・トラッシュな感じの連中の話は実話がベースだ。実際にはチャンピオンになっていな...
ザ・ファイター (小部屋日記)
The Fighter(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:デビッド・O・ラッセル 出演:マーク・ウォールバーグ/クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/メリッサ・レオ 歓声と怒号の中、 兄貴の声だけが聴こえていたーー。 実在のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウ...
ザ・ファイター THE FIGHTER 劇場パンフレット 映画チラシ クリスチャン・ベイル (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ)
●『ザ・ファイター THE FIGHTER』2011年3月26日公開。クリスチャン・ベイルとメリッサ・レオの同時受賞 アカデミー賞はボクサー映画は取れやすいんだなぁと 映画チラシ評 ...
ウサギとカメ (宇宙のめいぐると)
「ザ・ファイター」
映画『ザ・ファイター』を観て。。。管理人「ぴあ」に4度目の登場! (kintyre's Diary 新館)
11-26.ザ・ファイター■原題:The Fighter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:林完治■鑑賞日:3月26日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・O・ラッセル□脚本:スコット・シル...
ザ・ファイター (迷宮映画館)
今まで見てきたボクシング映画の中で、もっともリアルに感じた。
ザ・ファイター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
実在のプロボクサー、ミッキー・ウォードをモデルにリング上での熱き戦いや、家族との葛藤、絆を描くヒューマンドラマ。監督は「ハッカビーズ」のデヴィッド・O・ラッセル。出演は ...
ザ・ファイター (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ザ・ファイター'10:米◆原題:THE FIGHTER◆監督:デヴィッド・O・ラッセル「ハッカビーズ」「スリー・キングス」◆出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダム ...
ザ・ファイター (銀幕大帝α)
THE FIGHTER/10年/米/116分/伝記スポーツ・ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・O・ラッセル 製作:マーク・ウォールバーグ 製作総指揮:ダーレン・アロノフスキー 出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・...
ザ・ファイター (いやいやえん)
マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベイル共演で、実在のプロボクサーであるミッキー・ウォードの半生を映画化。 小姑たちの煩さも凄かったけれど、やはり、クリスチャン・ベイルの肉体改造がまた凄い。 ヤク中になりきり、歯を並び替え、髪を抜き、13kg減量な...
ザ・ファイター (The Fighter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・O・ラッセル 主演 マーク・ウォールバーグ 2010年 アメリカ映画 116分 ドラマ 採点★★★★ よその家族って、とっても奇異な感じに映る事ってありますよねぇ。たまに遊びに行ったりすると、習慣の違いなり考えの違いなりに「うわぁ」ってなるこ...
ザ・ファイター (こんな映画見ました~)
『ザ・ファイター』---THE FIGHTER---2010年(アメリカ )監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ 、ジャック・マクギー ミッキー・ウォードとその兄でかつての名ボクサー、....
映画評「ザ・ファイター」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督デーヴィッド・O・ラッセル ネタバレあり
「ザ・ファイター」 (或る日の出来事)
この映画、興味なくて忘れてたけど…エイミーちゃんが出てたんだっ!