銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

2017マイベスト10

2017-12-30 | 映画全般

 

あっという間に今年も残すところ1日となりました。さてみなさんにとってはどんな年だったでしょう。私は後半体調がすぐれず、あまりよくなかったのですが。せっかく観た作品がどんなものだっただけでも記憶に残さなければと今回も好きな作品を挙げておこうと思います。それではいってみましょう!

① ライフ(2017)  ジェイク・ギレンホールや真田さん登場のSF・ホラーサスペンス

② ノーエスケープ 自由への国境(2015) ガエル君主演作品

③ 雨の日は会えない 晴れた日には君を想う(2016) これもジェイク・ギレンホール主演

④ ジェーン・ドウの解剖(2016)  わざわざ大阪まで足を運んだ作品

⑤ ヒトラーのわすれもの(2015)  地雷除去する少年兵のお話

⑥ スイス・アーミー・マン(2016)  ラドクリフ君の怪演が見もの!

⑦ 新感染 ファイナル・エクスプレス(2016) 韓国発ゾンビ映画

⑧ 彼らが本気で編むときは(2017)  生田君が女性に・・・・。

⑨ 沈黙・サイレンス(2016)   マーティン・スコセッシ監督作品。日米俳優豪華共演!

⑩ トンネル 闇に鎖された男(2016) ハ・ジョンウ主演。トンネルに閉じ込められらた男のその先は・・・・?

以下11位~16位は下記のとおり

⑪ ハクソー・リッジ メル・ギブソン監督作品

⑫ ドリーム

⑬ スイート17モンスター

⑭ お嬢さん

⑮ ドクター・ストレンジ  カンパーバッチさん主演作

⑯ マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

ということで残念ながら20作品はなかったけど・・・。こんなところですね。さて来年はどんな作品と出会えるのでしょうか。ゆっくりですが、マイペースでまた更新していきたいと思います。来年も宜しくお願いします。

 

 

Comments (14)

フラットライナーズ(2017)**FLATLINERS

2017-12-27 | 映画:シネコン

 医学生が好奇心で始めた禁断の臨死実験
死後7分
それは、決して超えてはならない領域―。

MOVIX京都にて鑑賞。1990年公開の作品のリメイクらしい。かなり大ヒットしたらしいが・・・・。う~ん今一つです。内容は中々良さそうな感じなのですが。

臨死してから過去に入るようです。それぞれの過去のトラウマに繋がっています。主人公のコートニーは事故で亡くなった妹が現れたり。その妹が事故の発端となったコートニーに恨みを持つというもの。

 コートニーにはエレン・ペイジ

結局のところ妹の亡霊によってコートニーは転落死する。臨死実験と亡霊が繋がるのは発想としては悪くないけど、何故か面白さを感じませんでしたね。

他のメンバー、ジェイミーも同じく別れた恋人との繋がりを臨死実験によって体験。もちろん他のメンバーもそれぞれ皆、臨死実験で何かの形で繋がりを感じるというもの。だけど何故か斬新な感じを受けないのはなんでだろう?

 

 あらすじ(allcinemaより)

医学生のコートニーは、仲間と共に禁断の実験に手を染める。それは意図的に自分の心臓を止めて1分後に蘇生させることで、制御下で臨死状態を体験しようというもの。すると、死後の世界を垣間見た彼女は、突然ピアノが弾けるようになるなど劇的な能力の向上を実感することに。他の仲間たちも次々と臨時実験に挑み、次第にその臨死時間を伸ばしていく一同だったが…。


 

考えたら凄い危ない実験ですよね。蘇生さすのがまた大変で、一秒、争えない!!ほんまにこんなことが出来るのか?と思うけどそこまで凄さを感じない映画でした。何がどう感じないのか?いやあ分からんけど。とにかく物足りなさを感じる作品でした。最後まで期待しながら観ていたけど、結局期待はずれでしたね。


大学の教授役にはキーファー・サザーランド  他にはレイ役でディエゴ・ルナも出演


解説(allcinemaより)

 1990年の大ヒット・スリラー「フラットライナーズ」を「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルデン・オプレヴ監督でリメイク。死後の世界を垣間見ようとする医学生たちの危険な実験の顛末を描く。出演はエレン・ペイジ、ディエゴ・ルナ、ジェームズ・ノートン、ニーナ・ドブレフ、カーシー・クレモンズ。

 

メディア 映画
上映時間 110分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2017/12/22
ジャンル サスペンス/ホラー/SF
映倫 G

オフィシャル・サイト
http://www.flatliners.jp/

 

 

Comment

オリエント急行殺人事件(2017)**MURDER ON THE ORIENT EXPRESS

2017-12-16 | 映画:シネコン

 その日、一等車両は容疑者で満室でした。

東宝シネマズ二条にて鑑賞。う~ん私には合わないなあ。はっきり言って面白くなかったです。皆さんの評判は宜しいようですが。


名探偵エルキュール・ポアロを演じるのは監督でもあるケネス・ブラナーさん


そしてこの人ラチェットを演じるのはジョニー・デップさん。すぐに殺されてしまう。脅迫状を突きつけられる被害者

 
ハバード夫人にはあのミシェル・ファイファー        犬をこよなく愛するドラゴミロフ公爵夫人にはジュディ・デンチ

他にはペネロペ・クルスウィレム・デフォーとかなり豪華人ばかりなんだけど。やはり以前に映画化されているだけにオチを知っているからか?今一つ乗れなかったかな。

あらすじ(allcinemaより)

エルサレムで華麗に事件を解決した名探偵のエルキュール・ポアロは、イギリスでの事件解決を依頼され、イスタンブールでの休暇を切り上げ、急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車する。ほどなくアメリカ人富豪ラチェットから、脅迫を受けているからと身辺警護の依頼を受けるが、これをあっさりと断る。ところが深夜、雪崩で脱線し立ち往生してしまったオリエント急行の車内でそのラチェットが何者かに殺害される。鉄道会社から調査を依頼されたポアロは、列車は雪に閉ざされており、犯人は乗客の中にいると確信、一人ひとりへの聞き込みを開始する。しかしやがて、乗客全員にアリバイがあることが明らかになるのだったが…。

全体に単調な気もするし・・・・。そのせいか途中で睡魔に襲われることしばしば。内容が飛んでしまってえらいことに(汗)


アリバイのある中からどうして犯人を見つけられるのか?!
結局のところ皆が全員何かしらで関わっていたらしいけど。この事件を起こした主犯格はなんと!!

まあそれは観てのお楽しみというところなのかな。2時間超えではなかったけど、ちょっとこの作品はしんどかった。どうも私には合わないような・・・。

解説(allcinemaより)

アガサ・クリスティーの名作ミステリーをジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォーをはじめとする一流キャストの豪華共演で映画化。大雪で立ち往生したオリエント急行を舞台に、密室の車内で起きた殺人事件を巡って、容疑者である乗客全員にアリバイがあるという難事件に挑む名探偵エルキュール・ポアロの活躍を描く。監督はポアロ役で主演も務める「から騒ぎ」「シンデレラ」のケネス・ブラナー。

メディア 映画
上映時間 114分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2017/12/08
ジャンル ミステリー
映倫 G

オフィシャル・サイト
http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie/

 

 

Comment

銅版画工房のカレンダー展2018

2017-12-10 | 銅版画関連

銅版画工房のカレンダー展2018

 

 

ENNEN FACTORYの作品たち

      
H・Tさんの作品                               K・Mさんの作品

               
    M・Sさんの作品                           岸中先生の作品

        
    Y・Tさんの作品                    Y・Nさんの作品

    
    A・Yの作品

京都と大阪の4つの銅版画工房より、一年を彩るオリジナルカレンダー      2017年12月6日(水)~16日(土)12:00~23:00

場所 シェ・ドゥーヴル  大阪市西区阿波座1-9-12   TEL 06-6533-0770

お近くにお出での際はどうぞご覧ください!!

 

 

Comment

ギフテッド(2017)**GIFTED

2017-12-07 | 映画:シネコン

 いちばん
大切なのは、
<愛する>才能。

東宝シネマズ二条にて鑑賞。うるうる状態までなりませんでしたが、中々良いお話でした。主人公フランクを演じるのはクリス・エヴァンス。ヒーローものというイメージがありましたが、姪を愛する役。とても好演していました。また姪メアリー役を演じたマッケナ・グレイスちゃんもこましゃくれた役がとても上手かった!

 
二人の息もばっちり!!姪の面倒を見る叔父のフランク 私もこんな叔父さんが欲しいなあと、、、、。

色々あるけど、小さな幸せ生活、羨ましい!!ところがある日、この生活を脅かす人物が現れる。


それが真ん中にいるおばちゃん。メアリーのおばあちゃん。おばあちゃんの名前はイブリン。メアリーの才能を無駄にはさせないという強硬なイブリン。

もちろんフランクとは衝突。よくあるパターンだけど、やっぱりこういうのどうなるか?ハラハラドキドキもんです。


そして隣に住むのがメアリーの良き理解者ロバータ。ドリームでお馴染みのオクタヴィア・スペンサーが好演していた。

あらすじ(allcinemaより)

叔父のフランクと片目の猫フレッドと暮らす一見ごく普通の7歳の少女メアリー。しかし彼女は数学の才能に著しく秀でた天才少女だった。小学校に通い出すや、すぐにそのことが発覚し、学校側はフランクに天才児の英才教育で名高い私学への転校を勧める。しかしフランクは“普通の子として育てたい”とこれを拒否する。それは、メアリーをフランクに託して自殺してしまった姉の願いだった。ところがある日、メアリーの祖母イブリンが現われ、孫の才能を無駄にすべきではないとフランクと激しく衝突。そのままフランクを相手に裁判を起こしてメアリーの親権を主張するのだったが…。


メアリーの担任ボニー役にはジェニー・スレイトという女優さん。あまり華ある方ではないけど。何故かフランクと良い関係になるのだ。どうして?


メアリーはマックまで使いこなすという凄腕 イブリンが買い与えるのだから、無茶苦茶な英才教育を目指しているんだね。

フランクの思うのはあくまでも普通の女の子として育ってほしいという密やかな願い。ほんまにそれが一番だよね。

 
ただ天才的なメアリーにとっては普通の学校では物足りないようだけどね。

フランクは母イブリンとの裁判に負けてしまい、やむなくメアリーとお別れしなけらばならなくなる。さてこのまま2人は別れ離れになってしまうのか!?
メアリーはこれで良いと思うのか?お話はほぼ分かっていると思いますが・・・・。

途中、裁判の場面で睡魔が襲いヤバかった気を取り直して後半に臨む私(笑)何とか持ち直してラストまで。

 
やっぱりフランクが良いよね?メアリー

解説(allcinemaより)

 「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブ監督が天才少女の葛藤と、彼女の養育を巡る大人たちの対立の行方を綴った感動ドラマ。主演は「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスと本作のキュートな演技で一躍ハリウッド期待の子役スターとなったマッケナ・グレイス。共演にリンゼイ・ダンカン、ジェニー・スレイト、オクタヴィア・スペンサー。

メディア 映画
上映時間 101分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2017/11/23
ジャンル ドラマ
映倫 G

 
マーク・ウェブ監督

オフィシャル・サイト
http://www.foxmovies-jp.com/gifted/

 

 

Comment