こんな映画見ました~

三寒四温。
そうはいっても、暖かさと寒さの差がありすぎます。。。

愛と青春の旅だち

2017年02月26日 | ア行
『愛と青春の旅だち』
---AN OFFICER AND A GENTLEMAN---
1982年(アメリカ)

監督: テイラー・ハックフォード 
出演: リチャード・ギア 、 デブラ・ウィンガー、 ルイス・ゴセット・Jr 、 デヴィッド・キース
 
 
シアトルに住む青年ザック(リチャード・ギア )。
彼は元兵士の不甲斐ない父と2人で暮らしていた。
母はザックが幼い頃、父の不実が原因で自殺した。
ある日、ザックはかねてからの夢だったパイロットになるため、父の反対を押し切って海軍士官養成学校に入学する。
そして鬼軍曹フォーリーによる厳しい指導のもと、他の士官候補生たちと共に過酷な訓練を受け始めた。
やがて数週間が経ち、公に骨休めすることを許可された候補生たちは地元の盛り場へ。
そこでザックは、町工場で働く女性ポーラ( デブラ・ウィンガー )と出会い恋に落ちるのだが…。

海軍士官学校の新入生と、町工場の娘とのロマンスを軸にし、日本でも大ヒットした青春映画。
士官学校の厳しい訓練の描写は、教官であるL・ゴセット・Jrの好演(アカデミー助演男優賞受賞)もあって迫力あるものになっており、地元の女性がみんな玉の輿を狙って士官候補生に言い寄るくだりなどの興味深い描写が多い。
中でも、主人公の親友が挫折の果てに自殺するシーンなどは胸に迫るものがある。
ただ、そういった側面よりもラブ・ロマンスの方に偏ってしまうのは、こういう作品の常として仕方がないのだが、どうしても歯がゆくなる。だからこそ、若い女性のバイブル的作品になってしまっているのだろうが……。
ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズが歌った主題歌 「Up Where We Belong」 はアカデミー歌曲賞を受賞、全米1位の大ヒットとなった。
 (allcinemaより)
 
 
---------------------------------------------------------------------


先日TV放映されていました。
もう何度も見たことのあるこの映画です。見るつもりでもなかったのですが、やっぱり最後までみてしまいました。
そして、最後にやっぱりウルウルするのですよね~。何でしょネ、これって。
 
昔の鑑賞作品なので、ブログアップしてなかったので今回記事にしました。
主題歌が聞こえてきただけで、何となくキュンとしてしまうのですよね。
 
その前にギアおじいさまを見たばかりだったので、余計見入ってしまったのかも。
今回はポーラの母親に目がいってしまいました。
出番は少なくても、母の気持ちがよく出てたいい役でした。
 
この前に見たときは、シドに感情移入しちゃってました。
始めて見たときはもちろんギアのかっこよさにしびれ、その次はポーラの女心にしびれ、、、。
何回見てるんでしょ私。そのたびに忘れてるシーンも多くて新鮮なのですけど・・・。
 
   
      

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

べネファクター/封印

2017年02月20日 | ハ行
『べネファクター/封印』
---THE BENEFACTOR
  FRANNY---
2015年(アメリカ )

監督: アンドリュー・レンツィ  
出演: リチャード・ギア、 ダコタ・ファニング 、 テオ・ジェームズ
 

リチャード・ギア主演のサスペンスドラマ。
大富豪のフラニー( リチャード・ギア )は親友夫婦を交通事故で亡くして以来、5年もの間ホテルに閉じこもっていた。
そんな中、親友のひとり娘・オリビア( ダコタ・ファニング )と久しぶりに再会した彼は、彼女の幸せそうな姿に生きる希望を見出すが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


日本未公開、レンタルDVDで鑑賞。
リチャードギアとダコタ・ファニングの映画で未公開だったのですね。
そういう私も、今頃になって知った作品です。
 
うんうん、なかなか楽しめました。
これは、このキャストで楽しめる人には面白いと思います・・・。
 
ギアさま、おじいさんになりましたよ。
ダコタちゃん、お母さんになる役ですよ。
と、そんな感想です。
でも、映画は悪くはなかったです。オススメはしませんけどね。
 
 
 
     

 

 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・コンサルタント

2017年02月19日 | サ行
『ザ・コンサルタント』
---THE ACCOUNTANT---
2016年(アメリカ)

監督: ギャヴィン・オコナー  
出演: ベン・アフレック 、 アナ・ケンドリック 、 J・K・シモンズ、 ジョン・バーンサル 、  ジョン・リスゴー 
 
 
 
ベン・アフレックが天才的な会計士にして凄腕の殺し屋という異色のアンチ・ヒーローを演じるクライム・サスペンス。
共演はアナ・ケンドリック、J・K・シモンズ。
監督は「プライド&グローリー」「ウォーリアー」のギャヴィン・オコナー。
 
田舎町で小さな会計事務所を構える物静かな男、クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック )。
他人とのコミュニケーションに問題を抱える一方、数字に対して超人的な能力を発揮する彼は、裏社会と繋がりを持ち、彼らの仕事を請け負っていた。
アメリカ政府当局もその存在には気づいていたが、なかなか正体を掴めずにいた。
そんな中、ウルフのもとに大手メーカー、リビング・ロボ社の財務調査という依頼が舞い込む。
しかし、同社の経理担当デイナ(アナ・ケンドリック)とともに使途不明金の解明に乗り出した矢先、調査は一方的に打ち切られてしまう。
そしてその日から、何者かに命を狙われるウルフだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


ベン・アフレック、かっこ良かったです~。
 
自閉症であり、過去にトラウマがある。頭脳明晰で武術にたけてる、、、。
生活は極めてストイック、、、。そんな主人公を見事に演じています。
 
話の伏線が効いてて、展開にも付いていく事が楽しい運びかたでした。
クリスチャンと弟の子役達がまたハマリ役で、うなるほど二人の過去を上手く演じてます。
 
アナ・ケンドリックも良かったですね。
 
私的には、クライアントの農家での出来事のシーンが好きでした。
クリスチャンの身に起こり得る事を予感させて、ワクワクのシーンでしたヨ。
 
何やらシリーズ化されるという噂もネットで垣間見したが、そうなればいいなあ~!と思っています。
弟ブランクストンはどんな立ち位置にあるのでしょうね。。。
 
      
 
    
 
 

 

コメント   トラックバック (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ヘイトフル・エイト

2017年02月10日 | ハ行
『ヘイトフル・エイト』
---THE HATEFUL EIGHT---
2015年(アメリカ )

監督: クエンティン・タランティーノ 
出演: サミュエル・L・ジャクソン、 カート・ラッセル、 ジェニファー・ジェイソン・リー 、 ウォルトン・ゴギンズ、 デミアン・ビチル、 ティム・ロス 、 マイケル・マドセン 、 ブルース・ダーン
 

鬼才クエンティン・タランティーノ監督が、大雪で小さなロッジに足止めをくらったワケあり男女8人を主人公に描くバイオレンス・ミステリー西部劇。
ひとつの殺人事件をきっかけに、嘘で塗り固められた登場人物たちの間に広がる疑心暗鬼の行方と思いも寄らない素性が次第に明らかとなっていくさまを、緻密な脚本と過激なバイオレンス描写で描き出していく。
出演はサミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン。

南北戦争後のワイオミング。
雪の中を走る1台の駅馬車。
乗っているのは賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル)と手錠をはめられた賞金首の女デイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジェイソン・リー)。
そこへ、馬が倒れて立ち往生していた元騎兵隊の賞金稼ぎマーキス・ウォーレン(サミュエル・L・ジャクソン)が、お尋ね者3人の死体と共に乗り込んでくる。
共にレッドロックを目指す一行は猛吹雪を避け、道中にあるミニーの紳士洋品店に立ち寄ることに。
そしてその途中でもう一人、レッドロックの新任保安官だというクリス・マニックス( ウォルトン・ゴギンズ )を拾う。
ようやく辿り着いたミニーの店にミニーの姿はなく、見知らぬメキシコ人のボブ(デミアン・ビチル)が店番をしていた。
そんな店には他に、絞首刑執行人のオズワルド・モブレー(ティム・ロス)、カウボーイのジョー・ゲージ(マイケル・マドセン)、南軍の元将軍サンディ・スミザーズ(ブルース・ダーン)という3人の先客がいた。
一見、まるで無関係な8人は、ひょんな成り行きから、この店で一晩を一緒に過ごすハメになるのだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


面白かったです~♪
 
これも年末のベスト10に上げてる方多かったですね。
私も映画館で見ていたら、多分上げていたと思います。
 
 クエンティン・タランティーノ 監督の魅力満載でした。
キャストも渋くて、上手くて、腹芸のやり取りがなんとも巧妙で見応えのある作品でした。
 
泥まみれ、血まみれの汚れたシーン、汚い会話が繰り返される映画は、私はあまり好きではないのですが、これはそんな好みに関係なく目をそらさず見てしまいました。
キャストの迫力、展開の見事さ、すべて良かったですっ。
 
 
 
   

 

  

 

コメント (2)   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルックリン

2017年01月31日 | ハ行
『ブルックリン』
---BROOKLYN---
2015年(アイルランド/イギリス/カナダ )

監督: ジョン・クローリー 
出演: シアーシャ・ローナン、 ドーナル・グリーソン 、 エモリー・コーエン
 
 
コルム・トビーンの同名小説をニック・ホーンビィの脚色、「つぐない」「ハンナ」のシアーシャ・ローナン主演で映画化したドラマ。
1950年代を舞台に、アイルランドの田舎からニューヨークのブルックリンへとやって来た移民少女が、新天地と故郷の狭間で揺れ動きながら繰り広げる恋と成長を瑞々しく綴る。
共演はエモリー・コーエン、ドーナル・グリーソン、ジム・ブロードベント、ジュリー・ウォルターズ。
監督は「ダブリン上等!」「BOY A」のジョン・クローリー。
 

アイルランドの小さな町エニスコーシーで姉と母と3人で暮らす少女エイリシュ(シアーシャ・ローナン)。
町の食料品店で働く彼女は、意地悪な女店主にこき使われながらも、どうすることもできな閉塞感に苛まれていく。
そんな妹を心配した姉ローズの力添えを得て、エイリシュは一大決心の末に単身アメリカへと渡る。
過酷な船旅を経て、ようやく新天地となる大都会ニューヨークへと降り立ったエイリシュ。
ブルックリンの高級デパートで売り子として働き、同郷の女性たちと寮生活を送る。
しかしなかなか新生活に馴染めず、辛い日々が続く。
そんな中、ダンスパーティで知り合ったイタリア系の好青年トニー(エモリー・コーエン)と付き合うようになり、少しずつ自信を取り戻していくエイリシュだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


 
劇場上映で見たかった映画でしたが、行けずにDVD鑑賞しました。
いい映画でした。
昨年中に見ていたら、昨年のベスト10入りでしたね。
今年、また一年遅れでベスト10入りかも、、、というくらい好きです。
 
1950年という時代。
小さな町に暮らす少女の閉塞感。そこから抜け出し幸せをつかもうとする努力。
そんな少女エイリッシュをシアーシャ・ローナンが見事に演じていました。
 
移民した人たちが健気に努力して幸せを見つける、、、というある意味小さくてもサクセスストーリーですね。
大統領が変わったアメリカ、これからはどんな人たちが主人公になっていくのだろうか。。。
 
 
 
 
 
 
      

 


 

 

 

コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ネオン・デーモン

2017年01月25日 | ナ行
『ネオン・デーモン』
---THE NEON DEMON---
2016年(アメリカ/フランス/デンマーク )

監督: ニコラス・ウィンディング・レフン 
出演: エル・ファニング、キアヌ・リーヴス 、 クリスティナ・ヘンドリックス、 ジェナ・マローン

「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督がエル・ファニングを主演に迎え、欲望と嫉妬渦巻くファッション・モデルの世界を舞台に、一人の新人モデルがのし上がっていく中で体験する悪夢的恐怖をエロティック&バイオレンスに描いたスタイリッシュ・サスペンス。
共演にクリスティナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン、キアヌ・リーヴス。


美しく純真な16歳の田舎娘ジェシー(エル・ファニング)は、トップモデルになる夢を叶えるためロサンジェルスへとやって来る。
するとその美貌が人々の目に止まり、すぐに事務所と契約できたかと思えば、気難しいことで有名な一流カメラマンのジャックに撮影してもらうことにも成功する。
トップモデルの夢に向かって順調すぎるほどの素晴らしいスタートを切ったジェシーだったが…。
(allcinemaより)

 

---------------------------------------------------------------------


美しいエル・ファニングに出会えたことは嬉しかったです。
初心な少女がロサンジェルスに出てきて、トップモデルにのし上がっていくさまを、エルちゃんは見事に美しく演じてくれてました。
 
思い描いてた美しいシーンよりドロドログチャグチャで、沢山の血を見る映画だとは思わなかったな---。
ホラーかがってる作品だったんですね。。。
 
う~~ん、エルちゃんには悪いけど、好みではなかったです。
 
今回モデルのメイクさんに扮してたジェナ・マローン が良かった!
気色悪い役を見事にこなしてましたね。
子役で、「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」(99)に出演した時の彼女が好きでした。
その後もキャリアを積み、いい女優になりました。
ちょっと可愛いけど偏屈という役がぴったりだと思います。
大きな役に当たるといいなぁ、、、と見ています。
 
もちろん、エルちゃんにも今後期待してます。
 
 
 
 
      
 
      
 

 

 

コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

エクスポーズ 暗闇の迷宮

2017年01月23日 | ア行
『エクスポーズ 暗闇の迷宮』

---EXPOSED---
2015年(アメリカ)

監督: デクラン・デイル
出演: アナ・デ・アルマス 、キアヌ・リーヴス 


キアヌ・リーブス主演のクライムサスペンス。
相棒のジョーイを殺されたニューヨーク市警の刑事・スコッティ(キアヌ・リーヴス )は犯人を追うが、悪い噂のあったジョーイの事件に同僚の協力が得られない。
事件の手掛かりはジョーイが撮った写真に写る謎の美女だけで…。
(allcinemaより)

 
 
---------------------------------------------------------------------


新宿のミニシアターで上映された作品との事。
キアヌ・リーブスがニューヨーク市警の役。これは面白いかも~とレンタルDVDで鑑賞しました。
 
しかし、外れ。。。でした。
でも、すごく嫌という映画ではありません。
謎の美女という役に扮した女優さんが綺麗でした。
 
ファンタジィではなく、少女のトラウマから来る殺人事件。
空想と現実が謎の美女の中で交錯することで起きた事件を、キアヌ扮する刑事が追うという展開です。
 
好みが分かれそう、、、。というより好きな人が少ないのでは?
私は、まあ楽しめたかな。。。
 
 
 
         

 

 

 

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エクストラクション

2017年01月16日 | ア行

 『エクストラクション』
---EXTRACTION---
2015年(アメリカ)

監督: スティーヴン・C・ミラー 
出演: ケラン・ラッツ 、 ブルース・ウィリス 、 ジーナ・カラーノ 

 
  
元CIAの父親をテロリストに誘拐されたCIAエージェントの主人公が、父親を救出するため、テロリストに立ち向かうスパイ・アクション。
主演は「ザ・ヘラクレス」のケラン・ラッツ、共演にブルース・ウィリス、ジーナ・カラーノ。

10年前に組織に妻を殺され、息子ハリー(ケラン・ラッツ )も危うく殺されかけた元凄腕CIA工作員レナード。
ハリーはその後、父の後を追い、CIAに入る。そんな中、レナード( ブルース・ウィリス)がテロリストに誘拐され、彼が移送していた極秘ハッキング装置“コンドル”も奪われてしまう。
コンドルは世界を破滅に導くあまりにも危険な兵器だった。
上司から自宅待機を命じられたハリーだったが、独断で父の救出に乗り出し、やがてCIAエージェントのヴィクトリア(ジーナ・カラーノ )と手を組み、テロリストに立ち向かっていくのだったが…。
(allcinemaより)

 

---------------------------------------------------------------------


息子とともに戦う展開は「ダイ・ハード/ラスト・デイ」で見ましたね。
設定は全然違うのですが、ちょっと重なってしまいます。
 
ブルース・ウィリスがいつまでもこういう役で活躍してくれるのは嬉しいです。
少々無理な役かな、って思いますが、やはり1本でも多く見たいですね。
ジョン・マクレーン役の印象が強く、あの活躍を思い出したいのは、シニア世代だからでしょうけど・・・。
 
映画のお話としては、心ときめくというストリーではなかったです。残念・・・。
 
 
       

 


 

 

 

 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

君の名は。

2017年01月11日 | カ行
『君の名は。』
YOUR NAME.

2016年(日本)

監督:監督: 新海誠 
アニメーション制作: コミックス・ウェーブ・フィルム 

声の出演: 神木隆之介・ 上白石萌音 、 長澤まさみ 、 市原悦子 、 成田凌 、 悠木碧  
 

「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」の新海誠監督が、夢の中で入れ替わる少年と少女を主人公に贈る青春SFファンタジー・アニメーション。
入れ替わりが巻き起こす思春期ならではのコミカルで甘酸っぱい青春模様と、2人を待ち受ける思いも寄らぬ運命の顛末を美しい映像とともに綴る。
声の出演は神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子。

千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。
山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし、都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。ある日、夢の中で自分が東京の男子高校生になっていることに気づき、念願の都会生活を満喫する。
一方、東京の男子高校生・瀧は、山奥の田舎町で女子高生になっている夢を見る。
そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつく。
戸惑いつつも、メモを残してやりとりしながら、少しずつ事実を受け止めていく瀧と三葉。
ところが、互いに打ち解けてきた矢先、2人の入れ替わりは突然起こらなくなってしまう。
そこで瀧は、夢の記憶を頼りに三葉に会いに行こうと決心するのだったが…。
<allcinema>
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


映画友のブログ、昨年暮れのベスト10に入れた方が多かったこの作品。
近くの映画館でまだ上映されていましたので、見に行って来ました。
 
美しい映像に魅せられました。
男女の身体の入れ替わり、時空を超えるシーンなど、アニメならではの夢の世界が楽しい。
話の展開が予想もつかないほど深く、速く、そしてずしりと重い。
 
楽しめました。
 
 
     
 

 

 

 

 

コメント (4)   トラックバック (13)
この記事をはてなブックマークに追加

ボーダーライン

2017年01月10日 | ハ行
『ボーダーライン』
---SICARIO---
2015年(アメリカ )

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 
出演: エミリー・ブラント 、ベニチオ・デル・トロ、 ジョシュ・ブローリン
 
 

メキシコの麻薬組織壊滅を目的とする特殊チームにスカウトされた正義感あふれるFBI女性捜査官が、突然放り込まれた麻薬戦争の最前線で目の当たりにする衝撃の実態をリアルかつ極限の緊張感で描き出した社会派サスペンス・アクション。
主演は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラント、共演にベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン。
監督は「灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。
 
FBIの誘拐即応班を指揮する女性捜査官、ケイト・メイサー(エミリー・ブラント )。
ある日その活躍が認められ、メキシコの麻薬組織“ソノラ・カルテル”の壊滅と最高幹部マヌエル・ディアスの拘束という極秘任務を帯びた特殊部隊にスカウトされる。
こうしてリーダーの特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)やコンサルタントとしてチームに同行する謎のコロンビア人アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)ともに国境を越えてメキシコのフアレスに向かったケイト。
しかしそこで待っていたのは、正義や法の手続きなどが一切通用しない、暴力のみが支配する麻薬戦争のあまりにも深い闇だった。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


キャストに惹かれてDVD鑑賞しました。
女性FBI捜査官が活躍するストーリーも好きなので、ちょっと期待してました。
が、思ってたよりハード。
うひゃ、期待してたとは違う展開・・・。
 
実際の現場ってこんな感じなのかしら、、、。
重い・・・。
面白くなかったわけではありませんが、あまりのめり込めずに終わってしまいました。
 
これも昨年に鑑賞したものでした。感想アップする気になかなかなれず、今になりました。
 
 
 
 
 
       

 

コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

2017年01月06日 | ナ行
『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります 』
---5 FLIGHTS UP---
2014年(アメリカ)

監督: リチャード・ロンクレイン  
出演: モーガン・フリーマン、 ダイアン・キートン 、 シンシア・ニクソン、 キャリー・プレストン
 
 

モーガン・フリーマンとダイアン・キートンというオスカー俳優2人の初共演で贈るハートフル・ドラマ。
原作はジル・シメントの全米ベストセラー『眺めのいい部屋売ります』。
ニューヨークを舞台に、階段がきつくなってきたために古いアパートの5階にある我が家を手放す決断をした夫婦が、愛着のある住み慣れた我が家の売却と新居探しを巡って織り成す悲喜こもごもの人間模様を綴る。
監督は「ウィンブルドン」「ファイヤーウォール」のリチャード・ロンクレイン。

ブルックリンが一望できる眺めのいい部屋に暮らして40年になる仲睦まじい夫婦、アレックス(モーガン・フリーマン)とルース( ダイアン・キートン)。
2人にとってその部屋はまさに理想の我が家だったが、エレベーターがないのが唯一の欠点だった。足腰の弱ってきたアレックスにとって、我が家のある5階まで階段を上るのは容易なことではなくなってきた。
そんな夫を心配したルースは彼を説得し、エレベーターのある住居への買い替えを決めたのだった。こうして明日には、いよいよ購入希望者のための内覧会が開かれようとしていたのだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


新年、まだ新しい映画は見てないので下書きに沈んでしまってる記事アップから始めさせていただきます。
 
このベテラン二人のキャストに魅せられてDVD鑑賞。
うんうん、話も展開もありがちな日常のシーンの映画ですね。
私は楽しめました。
何だか、年のせいかな~、、、最近こういうあまり刺激のないほんわかした映画がいいなぁ。。。
 
私はニューヨークは行ったことがないのですが、これって滞在経験のある方はワクワクだったのではないかな、、、と思います。
 
ダイアン・キートン、いいですね~。
好きです、この女優さん。
 
 
 
 
     
 

 


 

 
 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年こんな映画見ました~

2017年01月04日 | 私のオススメ!
 2016年、見た映画が少なくてベスト10という訳にはいきません。
 
ただ、自分の記録として印象深かった作品を上げておきたいと思います。
DVDも含まれてますので、私が今年見た映画のなかで、のこととさせて頂きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以上です。
 
今年はどのくらい見られるのか分かりませんが、、、。
いい映画に巡り会いたいです。
 
 
 
 
 p.s.
映画とは関係のない話で申し訳ありませんが、毎年、水彩教室で作ってるカレンダーをアップしました。
興味のある方はこちらへ。
興味のない方、スルーして下さいませ。m(__)m
 
 
    
 
 
 
 
 
 


 
コメント (4)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も宜しくお願い致します。

2017年01月03日 | ドラマ

頌春

今年も宜しくお願い致します。

今年はどのくらい映画が見られるかしら、、、と思いながらご挨拶させて頂いてます。
ゆっくり更新のブログですが、どうぞ宜しくお付き合い下さいませ。

元日に近所の氏神様に愛犬と初詣に行きました。

   

 

 

 

 

 

   **--**---------**------〆------**--------**-------**-**

コメント (10)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。

2016年12月30日 | ご挨拶&お知らせ
映画鑑賞が滞り、なかなか更新出来ないでおります。
 
そんなブログですが、立ち寄って下さる方もあり、感謝しております。
今年も本当にありがとうございました。
 
2016年に見たなかでも印象深い映画のリストはまた後日アップさせて頂くことにします。
 
来年もまた出来る範囲で更新していきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。
 
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。       **小米花**
 
 
 
 
 
       
 
 


 
 
 
 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

リスボンに誘われて

2016年12月30日 | ラ行
『リスボンに誘われて』
---NIGHT TRAIN TO LISBON---
2013年(ドイツ/スイス/ポルトガル )

監督:ビレ・アウグスト
出演:ジェレミー・アイアンズ 、 メラニー・ロラン、 ジャック・ヒューストン 、 マルティナ・ゲデック 、 トム・コートネイ 、 アウグスト・ディール 、 レナ・オリン、クリストファー・リー 、 シャーロット・ランプリング

 

パスカル・メルシエの世界的ベストセラー『リスボンへの夜行列車』を「ペレ」「愛の風景」の名匠ビレ・アウグスト監督が映画化したミステリー・ドラマ。
退屈な人生を送る高校教師が、一冊の本との偶然の出会いをきっかけに、作者の素顔を探るべくリスボンの街を旅するさまと、主人公が解き明かしていく作者の波乱の人生を哀愁あふれる筆致で綴る。
主演は「運命の逆転」のジェレミー・アイアンズ、共演にジャック・ヒューストン、メラニー・ロラン。

スイスの高校で古典文献学を教える教師ライムント・グレゴリウス(ジェレミー・アイアンズ)。
5年前に離婚して以来、孤独で単調な毎日を送っていた。
ある日彼は、橋から飛び降りようとする女性を助ける。
しかし彼女はすぐに行方をくらまし、ライムントは彼女が残した本に挟まれていたリスボン行きの切符を届けようと駅へ向かう。
しかし女性の姿はなく、ライムントは衝動的に夜行列車に飛び乗ってしまう。
そして車中でその本を読み心奪われたライムントは、リスボンに到着するや作者アマデウ(ジャック・ヒューストン )を訪ねる。
しかし、アマデウは若くして亡くなっていた。
やがて彼を知る人々を訪ね歩くライムントは、独裁政権下のポルトガルで反体制運動と情熱的な恋に揺れたアマデウの濃密な人生を明らかにしていくのだったが…。
(allcinemaより)

 

---------------------------------------------------------------------


ある高校教師の気まぐれ旅、、、と思って見たら全然違うトーンの映画でした。
意外な面白さを味わうことが出来た驚きと嬉しさでいっぱいの作品でした!
 
まず素晴らしいキャストの好演!
話の展開もテンポよく最後まで引き込まれました。
 
解説にもあるように、「独裁政権下のポルトガルで反体制運動と情熱的な恋に揺れたアマデウの濃密な人生が明らかになっていく」のですが、その展開が素晴らしい。。。
 
若きときの エステファニアを演じたメラニー・ロランと老けたエステファニアを演じたレナ・オリン、アマデウの妹役の シャーロット・ランプリング、と女優たちが本当に良かった!
とにかくキャスト皆がハマリ役で、とても楽しめました。
 
 
 
 
        


 


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加